自動車保険のミカタ

紙に書かれたまとめ

【基礎知識】任意保険の完全ガイド!これを読めば全部がわかる!

車の保険には、任意保険と自賠責保険の2種類があります。全ての人に加入義務があるのは「自賠責保険」、個人の意思で加入するのが「自動車保険」と呼ばれる任意保険です。

この2種類では補償内容がまったく異なります。何を補償してくれるかといった適用範囲、どれくらい補償してくれるかといった限度額など、その違いをしっかり押さえたうえで任意保険の加入を検討する必要があります

例えばこちらが交通事故を起こしてしまった場合。その後悔に輪をかけて、保険の入り方が失敗だったという後悔まで訪れるかもしれません。そうならないためにも、任意保険の基礎をきちんと身につけておきましょう。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

任意保険(自動車保険)と自賠責保険の違い

相談するスーツの男性

まずは任意保険と自賠責保険の概要について説明しておきます。

最初に触れたようにこの2つの保険は加入義務の有無で分けられますが、重要な違いは以下のような補償範囲です。

  • 任意保険(自動車保険):身体の損害、車の損害、物の損害
  • 自賠責保険:相手の身体の損害

ここでは大まかにまとめて説明していますので、詳しく知りたい方は「【保存版】自動車保険「任意保険」とは?メリット・デメリットまとめ」や「自賠責保険とは?補償や任意保険との違いに関する全知識【まとめ】」をお読みください。

自賠責保険は「相手の身体」の損害を補償するためにあります。相手のけがや死亡に対してということです。

注意!

例えば交通事故で、こちらが加害者となって誰かを負傷させたとします。その時、自賠責を使って賠償できますが、こちらの車の破損などに関しては「自賠責保険」から保険金が払われることはありません。

自賠責の補償限度額は定められています。傷害だと120万円、後遺障害だと4,000万円、死亡だと3,000万円。

事故によっては、こちらに請求される金額が自賠責の限度額を上回ることがあります。その場合、超過分は自己負担となります。そのため、任意保険では超過分を補償する「対人賠償保険」というものがあります。

そういう知識がないまま任意保険に未加入でいると、とんでもない損害額を自分ひとりで抱え込まなくてはならないことだって生じるのです。

任意保険の種類(車両保険や対物賠償保険など)

チェックするビジネスウーマン

任意保険の補償範囲は身体の損害、車の損害、物の損害といいましたが、具体的にどのような種類があるのかを挙げていきます。

  1. 対人賠償保険(他人の身体)
  2. 対物賠償保険(他人の車や物など)
  3. 搭乗者傷害保険(ドライバーや同乗者)
  4. 自損事故保険(単独事故)
  5. 人身傷害補償保険(ドライバーや同乗者)
  6. 車両保険(契約対象の車)
  7. 無保険者傷害保険(相手からの補償不十分)

主な補償内容はこの7種類となります。

この一覧だけでは理解できないものもたくさんあるかと思います。「3.搭乗者傷害保険」と「5.人身傷害補償保険」などはどちらも運転手や同乗者に対する補償になります

そういった違いなど詳しい内容は以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめ記事一覧

「入らない・入ってない」はあり?任意保険の加入率(種類別)

パソコンとグラフ

現在、自動車保険の加入率は74.3%です(損害保険料率算出機構「自動車保険の概況(2017年度)」調べ)。統計によれば未加入者はおよそ10%ほど。

補償内容ごとの加入率は以下のようになっています。

補償 普及率
対人賠償保険 74.3%
対物賠償保険 74.4%
搭乗者傷害保険 27.9%
人身傷害補償保険 68.7%
車両保険 43.8%

(出典:損害保険料率算出機構「自動車保険の概況(2017年度)」)

保険加入の際、どのようなプランにするのかという参考にはなるかと思います。「搭乗者傷害保険」の数値が低いのは、先に述べたような「人身傷害補償保険」と近い範囲の補償だからでしょうか。

所有する車の修理費などを補償してくれる「車両保険」の加入率が低いのは意外な気もしますが、購入したのが中古車だったり愛車の年数がずいぶん経っていたりなどの事情が関係しているのかもしれません。

しかし、あまり安易に補償範囲を決めてしまうのもよくありません。例えばの話ですが、以下のようなケースを想定してみましょう。

未加入者との事故

車の事故

補償範囲は慎重に考えた方がいいかもしれません。例えば未加入者の相手と事故を起こし、こちらが被害者だったとします。大けがをし、さらには車も大破したとします。当然、こちらとしてはすべての損害を補償してもらうように働きかけます。

ところが、相手は自賠責のみの未加入者。けがに関しては自賠責で支払われます。ただ、車の損害に対しては保険金が出ません。こちら側にしても、加入している任意保険の補償範囲が狭いとします。なので、自分の保険を使うこともできません。

それでも、相手に修理代等を払えと請求します。しかし、その相手に支払い能力がなかった場合、どうしても要求通りの賠償額には至りません。そういったケースもあり得ますし、補償を選ぶのは吟味した方がいいかもしれません。

おすすめ記事一覧

自動車保険の保険料の相場・見積もり金額をネットで簡単に知るには

電卓とペンとノートで確認

できる限り、リアルに保険料の相場を知りたければ「一括見積もりサービス」を使うことをおすすめします。

やり方はサイトで入力するだけ。5分もあれば複数の有名な自動車保険会社から見積もりを教えてもらうことができます

相場情報をネット検索で探し回るよりもラクなうえ、正確な情報を知ることができます。

必要なものは保険証券だけ(車の情報・等級・年齢・保険料・補償内容などを記載した証書)

一括査定をするにあたって準備しておくのはお持ちの保険証券のみです。そこに記載されてある情報を打ち込んでいくだけです。保険の未加入者の方は免許証だけ用意すればオッケーです。

興味のある方は一度、当サイトが実際に一括見積もりを体験したレポート「自動車保険『インズウェブ』で一括見積もりしてみた【体験レポあり】」を参考にお読みください。

自動車保険の種類「ダイレクト(通販)型」と「代理店型」を比較

保険と虫眼鏡

自動車保険会社には2種類あります。

  1. ダイレクト(通販)型:ネットや電話で契約してサービスを受ける
  2. 代理店型:店舗のスタッフと直接やり取りする

詳しくは「車保険の保険会社(ダイレクト型)と保険代理店(代理店型)の違い」をお読みください。

ダイレクト(通販)型はネット通販のような運営方法を採用しています。営業・各地域の事務所のような費用等が必要ないため、安い価格で保険料を提供できます。近年では従来の代理店型よりも、ダイレクト型の方が人気となっています。

ダイレクト(通販)型と代理店型それぞれのメリット・デメリットを比較することで、ダイレクト型が人気な理由を探ってみましょう。

ダイレクト(通販)型と代理店型のメリット

自動車保険の説明

【メリット】

  • ダイレクト(通販)型:代理店よりも価格が圧倒的に安い(契約時の手数料も不要)
  • 代理店型:直接対面して相談可能

保険料の費用重視で選ぶなら確実に「ダイレクト型」です。保険加入者と保険会社の間に代理人を挟まないため、驚くほどの価格で保険に加入できます

身近な距離でサービスを受けたいのなら、直接話し合うことのできる代理店型がおすすめです。とはいえ、代理店選びが大事です。代理店によってはまともなサポートをしてくれない可能性もあるので注意が必要です。

ダイレクト(通販)型と代理店型のデメリット

ファイルをチェックする女性

【デメリット】

  • ダイレクト(通販)型:代理店よりもサービスの距離が遠い
  • 代理店型:保険料が高い

事故の際、サポートの距離が遠くなってしまうのが「ダイレクト型」のデメリットと言えるでしょう。

代理店のスタッフが事故現場まで駆けつけてくれるようなサービスは受けられません。ただ、24時間体制の電話の事故受付サポートなどがあるので、まったく何もしてくれないわけでもありません

スーパーワンポイント本来、事故があれば自分で対応するのが普通ですから、そう思える方なら電話だけでも十分なサービスだと思えるはずです。

おすすめ記事一覧

継続?乗り換え?おすすめ任意保険ランキングは参考になるか

ポイント

ここでは、オリコンによる「2019年ダイレクト型満足度ランキング」の結果を紹介しておきます。

ダイレクト型満足度ランキング
1 ソニー損害保険
2 チューリッヒ保険
3 セゾン自動車火災保険
4 アクサ損害保険(アクサダイレクト)
5 イーデザイン損害保険

テレビCMなどでお馴染みの優良な保険会社ばかりですが、個人によってどこの会社が最もマッチするのかはランキングや会社情報を調べるだけでは分かりません。

そういった意味でも、一括見積もりサービスの利用をおすすめします。

例えば上の5つの会社のなかで、自分にとって一番安い保険料をいっせいに比較することができます。また、保険会社がより安いプランを教えてくれたりもするのでとても便利です。

保険会社選びで迷っているなら、ぜひ使ってみてください。

まとめ

紙に書かれたまとめ

自動車保険はややこしいので遠ざけたくなりますが、最低限の知識だけは必ず理解しておかなくてはなりません。

保険会社の選び方にせよ、補償内容の選び方にせよ、きちんと情報を把握してから決めるように心掛けましょう。そうすれば万が一の事故の時にも、無事である時にも、損も後悔もしなくて済むでしょう。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る