自動車保険のミカタ

営業車

1日自動車保険は法人名義も対象になる?一部条件付きで利用が可能!

自動車を運転する人であれば、保険に加入していざというときに備えることもあるでしょう。1日自動車保険と呼ばれるものがありますが、名義を法人にした場合でも必要となる条件を満たしていれば利用できることもあります。

何かしらの事情により自動車を長期間運転するのではなく、 1日単位で都合の良いときに運転できることはメリットではないでしょうか。法人名義の場合はどのようになるかについて、以下の情報をまとめて紹介します。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

1日自動車保険は法人名義も条件付きで対象になる

弁護士

様々な保険会社から保険商品が開発されていますが、個人だけではなく法人に向けられたものもあります。そのため自動車保険への加入を考える人には、安くて取り扱いやすいという理由から1日自動車保険を希望する人もいるでしょう。

しかしながら1日自動車保険の場合、法人名義の自動車は対象外となることが原則です。保険の内容も個人に向けられたものが多いと言われていますが、以下のような例外も存在します。

  • 使用者欄が個人名である
  • 自動車を賃借契約により個人が借りている

契約の際に必要となる自動車車検証の所有者欄の名義が法人であっても、使用者欄の名義が個人であれば認められる可能性もあります。

実質的な使用者や所有者が個人の場合、例外として保険会社も対応してくれるかもしれません。また1年以上の期間がある賃借契約の場合でも、使用者欄の名義を実質的な使用者である個人にできることもあります。

スーパーワンポイント賃借だけではなく個人が譲り受けた自動車で、自動車検査証上の名義が変更されていなければ同じことが言えます。

【ケース別】法人名義で1日保険を適用する比較表一覧

所有者 使用者 1日自動車保険
通常 法人 法人 対象外
名義残り 法人 個人 利用できる可能性有り
1年以上の賃借契約 法人 個人 利用できる可能性有り
所有権留保条項付売買契約 法人 個人 利用できる可能性有り

【各保険会社別】一日自動車保険の法人名義の約款

保険について説明する男性

約款の内容は保険会社ごとに異なる場合もあるため、加入時は書類の内容をよくチェックして把握しておいてください。

こういう場合はこの保険で大丈夫か、などの悩みがあれば約款の内容をチェックすることで解決する場合もあります。自動車保険の約款には難しい言葉が使われていることもありますが、他の説明書と合わせてチェックすると理解しやすいでしょう。

では約款の具体的な内容はどのようなものか、保険会社ごとの特徴をまとめて紹介します。

一日自動車保険の法人名義の約款一覧
悩んでいるサラリーマン

『1Day保険・ちょいのり保険・ワンデーサポーター』1日保険を比較!

『1Day保険』VS『ちょいのり保険』VS『ワンデーポーター』1日保険を徹底比較……続きを読む

東京海上日動「ちょいのり保険」

東京海上日動
(画像出典:東京海上日動)

もしちょいのり保険に加入するつもりの場合、自動車が以下に該当しないかをチェックしてみてください。

  • 記名被保険者またはその配偶者が所有する自動車
  • 自動車検査証の所有者欄が法人名義である自動車
  • レンタカーおよびカーシェアリングの自動車

これらに該当する自動車は、約款により登録することができないのです。ただし上記で説明した通り例外として認められる条件を満たしていれば、手続き後に登録ができる場合もあるかもしれません。

三井住友海上「1DAY保険」

三井住友海上
(画像出典:三井住友海上)

1DAY保険の場合、約款により以下に該当する自動車は登録ができません。

  • 記名被保険者またはその配偶者が所有する自動車
  • 指定被保険者またはその配偶者が所有する自動車
  • 法人が所有する自動車

三井住友海上が約款の中で定めている法人とは、自動車検査証の所有者欄が法人名義であることです。そのため個人が所有権留保条項付売買契約で購入した場合、法人が所有する自動車としてはならず登録ができることもあります。

自動車の実質的な所有権が個人にある場合、問題ないでしょう。

あいおいニッセイ同和損保「ワンデーサポーター」

あいおいニッセイ同和損保
(画像出典:あいおいニッセイ同和損保)

ワンデーサポーターの場合、約款により以下に該当する自動車は登録ができません。

  • 記名被保険者またはその配偶者が所有する自動車
  • 指定被保険者またはその配偶者が所有する自動車
  • 法人が所有する自動車
  • レンタカーおよびカーシェアリングの自動車
注意!

指定被保険者またはその配偶者が所有する自動車については、指定被保険者が運転している場合に限られます。その他の部分に関しては、他の自動車保険と内容的に似ているのではないでしょうか。

1日自動車保険以外で法人名義の自動車を借りる際の対策

チェック

法人名義で新たに加入の手続きを行う場合、自動車を借りる際にしておくと良い対策方法が存在します。1日自動車保険が認められない場合でも、以下に挙げる対策が代替案となることもあるため参考にしてみてはいかがでしょうか。

対策方法は大きく分けて3つ存在するため、まずはできそうなものから試してみると良いでしょう。1日自動車保険以外にも法人にとって良い選択肢があると覚えておけば、加入できなかったときでも冷静にいられるかもしれません。

1日自動車保険以外で法人名義の自動車を借りる際の対策覧

他車運転特約で対応できる可能性あり

車の運転中

今現在加入している自動車保険がある場合、以下の条件を満たしているかチェックしてみてください。

  • 他車運転特約が付いている
  • 自分や家族名義の自動車の自動車保険の被保険者に該当している

これらの条件を満たしている場合、他車運転特約が利用できるかもしれません。特約の名称は保険会社ごとに異なる場合もありますが、借りていた自動車で事故を起こしたとしてもその自動車が被保険自動車とみなされることもあります。

自動車保険にはこのような特約が基本補償となっているものもあり、契約時に自動的に付いていることもあるのです。特約の有無を確かめたい人は手元の資料をチェックするか、保険会社に連絡をして契約内容を確かめてもらいましょう。

既に法人名義の車で加入している保険を使う

赤い車の絵とサラリーマン

もしも借りる予定の法人名義の自動車で事故を起こしてしまった場合、元々かけられている自動車保険を使うつもりで契約するのです。ただし大きな事故は命に関わる可能性もあるため、安全運転に努めることが良いでしょう。

しかしいざというときに備えようとしても、1日自動車保険に加入できなければ困ってしまうのではないでしょうか。法人名義の自動車保険でも運転者の年齢条件などが存在することもあるため、事前に内容を把握しておくと良いです。

ドライバー保険で対応する

70代男性の運転

サービス性の高い保険会社であれば、1日自動車保険と似た内容のドライバー保険が取り扱われていることもあります。ドライバー保険には、以下のようなメリットが期待できます。

  • 対人や対物に関する補償が手厚い
  • 等級制度が適用され保険料が安くなる場合もある

長期的な保険料コストを考えた上で新規加入を行う場合、ドライバー保険の方が向いているかもしれません。

ただし法人名義の自動車を借りて運転しても対応されるとは限らないため、内容は事前に確認しておく必要がありますよね。またドライバー保険には、以下のような特徴もあります。

  • 契約期間が1日単位ではない
  • 車両補償が付いていない

1日自動車保険と比較した上でメリットがあると感じた場合、加入することをおすすめします。

運転中

ドライバー保険とは?自動車保険との違い【全メリット・デメリット】

ドライバー保険とは他人の車を運転して事故を起こしてしまった際に賠償金を支払う保険……続きを読む

まとめ

営業車

法人名義の自動車のために1日自動車保険に加入する場合、上記で紹介した通り満たすべき条件が存在します。一般的な自動車保険を比較して気軽に登録できない場合もありますが、1日単位だからこそ便利に感じる人も要るでしょう。

もし個人を名義にできる場合、状況をよく考えた上で登録のための手続きを行ってみてはいかがでしょうか。初めて加入する場合はいきなり長期的な契約をするのではなく、1日単位のもので様子を見ることもおすすめです。

事故を起こさないことが重要ですが、自動車保険はいざというときの備えです。法人であっても個人であっても保険を使わないことで将来的に得をする可能性もあるため、自分にあった自動車保険を探して安全運転に努めると良いでしょう。

コンビニ

3分でわかる!当日にコンビニで1日自動車保険に入るやり方と全手順!

コンビニで1日保険に入るやり方と全手順 1日自動車保険はあらかじめ車を……続きを読む

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る