自動車保険のミカタ

JA共済

自動車保険『JA共済』 を徹底分析【口コミ・評判・特徴】

JA共済には自動車保険に相当する自動車共済があります。自動車共済と自動車保険の違いについては後述しますが、簡単に言えば運営方法が違うだけで、保障については自動車保険とほとんど変わりません。

つまり保障面だけに絞って考えると、自動車保険の一つとして選択肢の候補に入れることができるのです。JA共済の自動車共済(自動車保険に相当)にはクルマスターという名称がついています。

かつてJA共済の自動車共済というと農協加入者以外の人は加入できないというイメージが強くありましたが、現在は一般の人も条件を満たすことで契約できるようになっています。

スーパーワンポイント※JAの自動車共済は「保障」という言葉を使います。これは「補償」と同じ意味合いを持ちます。以後保障という言葉で表現します。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

共済と車保険は違うの?加入はできるの?

天秤

なぜJA共済の自動車向けの共済は、自動車保険という名称を使用しないのでしょうか。自動車共済と自動車保険にはどんな違いがあるのでしょうか。

まず、共済という名称から理解する必要があります。共済保険というのは、基本的に非営利団体が相互扶助の目的で、保険に似たサービスを提供する場合の保障を指します。

オフィス

マイカー共済や自動車共済について【まとめ】

そもそも共済とは何なのか? 自動車共済が自動車保険と同じように、交通事……続きを読む

農協というのは正式には農業協同組合という名称です。組合という言葉からも、組合員同士が助け合う組織であることがわかります。JA共済の自動車共済はそのような理念のもとに誕生しました。

本来は農協の組合員の自動車事故を保障するために設立されたため、かつては農協の組合員でなければ加入することは難しかったのです。保障面は基本的に自動車保険と変わりません。また、保険料に相当する掛け金を支払うことで契約や成立します。

加入については、農協の組合員であることが条件ですが、農協との取引があれば加入できます。もっと平たく言えば農協に口座を開設していれば契約ができるのです。

JA共済の総合評価

星評価

JA共済の自動車共済は、保障面に関して言えば一般の自動車保険と特に変わりません。言い換えれば自動車保険の選択肢の一つとしてJA共済の自動車共済を選んでも差し支えないということです。

JA共済の自動車共済が他の自動車保険と違うのは、掛け金(保険料に相当)が割安なことでしょう。保障は変わらないのに掛け金が安いので注目を集めています。

知名度に関して言えば、歴史のある自動車共済ですが、一般の自動車共済と比較すると低いのが難点です。やはり農協という特性上、農家などを営んでいなければ加入できないと考えている人が多いからなのかもしれません。

経営安定性について考えると、JA共済は非常に安定した組合です。つまり経営面で心配する必要はほとんどないでしょう。

JA共済の顧客満足度

計算

JA共済の自動車共済を検討する際に参考にしたいのが顧客満足度です。一般の自動車保険と比較すると、どのような評価が出ているのか気になるところでしょう。

JAはここ数年顧客満足度の上昇を目指し、企業努力を続けています。これまでの農協というイメージから、新たな企業としてのイメージを持ってもらうようにしているのです。

若い世代からすると、JA共済という響きに少し田舎臭さを感じてしまうかもしれません。これはかつての農協という言葉の影響力なのですが、このようなイメージを払拭するため、テレビなどを通じた広告に力を入れています。

結果として顧客満足度は微小ながら増加する結果となってきました。それでも一般の自動車保険と比較するとまだ低い状況です。

JA共済はこんな方におすすめ

先生

JA共済の自動車共済はどのような人に向いているのでしょうか。

  1. とにかく自動車保険の保険料を安くしたい
  2. 親族が農協の組合員
  3. 通販型だと不安

もし今契約している自動車保険の保険料が高いと感じているのであれば、JA共済の自動車共済と比較してみるとよいでしょう。JA共済の自動車共済は一般の自動車保険よりも掛け金(保険料に相当)が割安なので、家計を抑えるのに役立ちます。

親族に農協の組合員がいる場合、JA共済を選択肢の一つに入れることができます。その理由は親族や家族が農協の組合員だと、そのつながりを通じてサービスが違うことがあるからです。

保険料を安くしたいけれど通販型(ダイレクト型)だと不安だという人にも向いています。JA共済の自動車共済は各農協が窓口になるわけですが、保険窓口で保障に関するプランの説明や適切な保障の組み立て方などを相談できるからです。

JA共済ってどんな会保険会社?

会社

JA共済の自動車共済(自動車保険)を検討する際に知っておきたいのが、JA共済とはどんな企業なのかということです。JA共済というのは愛称で、正式には全国共済農業協同組合連合会のことを指します。

いわゆる保険業法のもとに組織されてはいないため、保険という名称を名乗ることはできませんが、保険法のもとに管理されています。JA共済の企業規模は損保業界をしのぐ強力な地盤から成り立っています。

共済金などを含む総資産は50兆円を超え、いわゆる超優良企業並みの経営体力を有する団体です。本来は農協の組合員たちが出資して設立された企業体ですが、のちに農業をいとまない人も加入するようになりました。

JA共済のプラン

計算

JA共済の自動車共済はクルマスターという愛称がついています。保障内容は一般の自動車保険とほとんど変わりません。名称の違いがある程度でその点さえ気にならなければ、必要十分な保障が設定できるようになっています。

主な保障は次のようになっています。なおJA共済の場合、補償ではなく「保障」という言葉を使用しています。基本的に保障と同じ意味合いです。

相手に対する保障(示談交渉サービスがセット) 対人保障、対物保障、対物超過修理費用共済金
運転者及び同乗者の保障 人身傷害保障、傷害定額給付保障
車の保障 車両保障、車両諸費用保障
特約類 地震等車両全損時給付特約、車両超過修理費用保障特約、弁護士費用保障特約、季節農業用自動車保障特約

地震による車両の損傷などに対して保険金が支払われる特約が付帯できるなど、一般の自動車保険と同じもしくはそれよりも手厚い保障を設定できるようになっています。

JA共済の車両保険

書類

JA共済の自動車共済には一般の自動車保険同様、車両保険に相当する車両保障を付帯できるようになっています。車両保障は保障範囲を選択することで掛け金を割安にすることも可能です。主な保障は次の通りです。

  • 自損事故(車庫入れに失敗したなど)
  • 車同士の事故
  • 盗難
  • 火災や台風、洪水など地震や津波噴火を除く自然災害による損害
  • いたずらや落書きなど

このうち保障範囲を限定した損害限定担保と呼ばれるプランがあります。これは一般の自動車保険の車対車+Aといった特約に相当するもので、主に相手がいる損害についてのみ保障されます。

このほかにも修理期間中の代車やレンタカーの利用や、陸送費用、宿泊費用や帰宅費用などを保障する車両諸費用保障特約も用意されています。

JA共済の事故対応

弁護士

JA共済の車両共済は一般の自動車保険同様、24時間365日対応可能な事故対応コールセンターを設置しています。交通事故が発生した場合、コールセンターに連絡することで、事故の初期対応を含め、必要なサポートが受けられるようになっています。

JA共済の自動車保険は全国にネットワークがあることから、きめ細かい、迅速なサポートが得られるでしょう。

スーパーワンポイントコールセンターに事故報告が入ると、その後は交通事故処理に向けて専門的な知識を持つ示談交渉担当者が選任されます。

自動車共済の対人、対物保障には示談交渉サービスが自動付帯されているので、このサービスを利用することで、プロの交渉担当が介入し、事故処理をいち早く行うようにしているのです。

共済金の支払い等はすべて示談が成立したのちに支払われますが、治療費など当面必要な費用については、その都度状況に合わせて約款に従い給付されます。

被害者は治療費を支払う必要がありませんし、人身傷害保障をセットしている場合、運転者や同乗者の治療費などもすべて保障されます。

JA共済のロードサービス

話し合い

JA共済の自動車共済は自動車保険と同様、ロードサービスが付帯されています。ロードサービスは契約者すべてが利用できるようになっていますので、故障時などに役立ちます。主なサービスは次の通りです。

緊急修理サービス 30分以内の応急修理、油脂類の補充、タイヤの交換作業などは無料です。
レッカー移動サービス 100キロ以内のけん引、レッカー移動は無料です。

一般の自動車保険に付帯している、故障により自走できなくなった場合などの交通費や宿泊費の補償は、ロードサービスには含まれません。

この場合、車両保険に付帯できる車両諸費用保障特約を利用します。車両保険を付帯していない場合、この補償はありません。

JA共済の保険料の割引制度

相談

JA共済の掛け金を割り引くいくつかの割引制度が用意されています。一般の自動車保険と変わらない割引制度ですので、該当する場合は保険料をさらに節約できます。

農業用貨物車割引 農業用の車両の場合に保険料を割り引きます。
自賠責セット割引 農協の自賠責共済とセットで契約する場合に割引されます。
複数契約割引 複数台の契約がある場合に割引されます。
ASV割引 衝突軽減ブレーキなどを装着する車が割り引かれます。
ゴールド免許割引 ゴールド免許保持者は掛け金が割り引かれます。
運転者限定割引 家族や夫婦など運転者を限定する場合に割り引かれます。
年齢限定割引 運転者の年齢を限定することで割引がされます。

JA共済の口コミ・評判

スマホを持つ女性

JA共済の口コミや評判をチェックすることで加入の是非を検討してみましょう。

良い口コミ

「今まで契約していた自動車保険よりも掛け金が安くなったのでとても助かりました。補償内容も今までと変わらないのでうれしいです。少しだけですが貯金ができるようになりました」

「農協の窓口はあちこちにあるので、何か相談がある時には気軽に行けるのがうれしいですね。担当者が直接自宅に来て共済のことを説明してくれるのでそれも助かっています。保険代理店に頼まなくても大丈夫になりました」

「事故対応がしっかりしていたのがよかったです。交通事故を起こしてしまったとき、担当者の方が示談交渉をしっかりしてくれたおかげでしこりを残さず解決できました。心強いなと感じました」

悪い口コミ

「民間と比較するのも何なのですが、やっぱりサービスの質が落ちると思います。農協の窓口はちょっと田舎くさい感じがするので窓口に行くのが恥ずかしいなと思うこともよくあります。もっとスマートにサポートしてくれるといいのですが」

「事故対応が遅いのが気になりました。私は被害者だったのですが、示談交渉に来た担当の人が少し癖のある人で、それが面倒でした」

「共済金は出るのですが、補償内容が少し物足りないです。ロードサービスが思ったよりも充実していないので、旅先で故障したときは自腹で電車に乗って帰ってきました。これはさすがにちょっと、という感じです」

JA共済に加入する必要書類と手続きの流れ

打ち合わせ

JA共済の自動車共済を契約する場合、一般の自動車保険とは契約方法が異なります。まずは手順をよく覚えておくことが大切です。ちなみに農業従事者でなくても加入は可能です。

1.出資金の支払い:農協の組合員になるため、出資金を支払う必要があります。出資金は組合によって異なるので、まずはJAの窓口で尋ねてみることが必要です。出資金を支払うと組合員として認定されるため、契約手続きができるようになります。

スーパーワンポイント出資金を支払う際、運転免許証などの本人確認書類が必要です。また、共済金の引き落とし口座として農協に口座を開設することもできます。その場合、印鑑も合わせて持参しましょう。

2.窓口で契約相談:JAの窓口で契約に関する相談を行います。もしくはライフアドバイザーと呼ばれるスタッフが自宅にお伺いして要望に応えます。

3.保障内容を決定する:自動車共済の保障内容について話し合い、納得したうえで保障内容を決定します。この際に見積書などもあわせて発行してもらえるので、他の保険と比較したい場合は資料を持ち帰ることができます。

4.契約の申込み:JA共済は加入の是非に関する審査を行います。審査に通ると契約締結となり、保険証券に相当する共済証書が発行されます。

まとめ

JA共済
(画像出典:https://shiryo.ja-kyosai.or.jp/car/lp01.html)

JA共済の自動車共済は、一般の損害保険が販売する自動車保険と基本的には変わりません。共同組合である農協が責任を持って保障するため、保障に関しては特段心配する必要はないでしょう。

交通事故時の対応や他の保障面も、実績のある農協がすべてサポートを行います。農協は非常に大きな組織で、損害保険会社にとっては脅威の存在であるということも覚えておきましょう。

共済金の割引サービスや特約類もかつてと比較すると充実しています。ロードサービスや車両保険に付帯できる特約類もますます手厚い保障になっています。

自動車保険と比較検討する場合、保険料だけでなく、補償面もチェックして最終的に判断を下すとよいでしょう。

上に戻る

ページの上に戻る