自動車保険のミカタ

セコム

自動車保険『セコム損保』を全て評価【補償・事故対応・口コミ評判】

セコム損保は、警備保障のセコムが出資して設立した損害保険会社です。セコムは警備保障企業としてのノウハウを活かし、損害保険事業を展開しています。そのうちの一つが自動車保険です。

損害保険業界では中堅に位置しますが、独自の補償やサービスを展開することで他社との差別化を図っています。セコム損害保険の自動車保険は、加入価値のある保険なのでしょうか。

自動車保険の補償は他の損害保険会社と比較しても遜色ない補償内容になっています。セコムならではのセキュリティーに加えて、万一交通事故に遭った場合の現場駆け付けサービスなど、他社にはないサービスが魅力です。

▼セコム損保に加入する前に必ずやるべきこと▼

自動車保険『セコム損保』まとめ
  • 警備保障企業としてのノウハウを活かしている
  • 独自の補償やサービスを展開
  • 他社にはないサービスが魅力
  • 他の損害保険会社と比較しても遜色ない補償内容
  • セコム損保と他の自動車保険を比較するなら一括見積もりがおすすめ

(※セコム損保含む大手損保16社を無料比較)

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

セコム損害保険の総合評価

チェックリスト

保険料の安さ ★★☆☆☆2点
事故対応力 ★★★☆☆3点
ロードサービス(サポート) ★★☆☆☆2点
総合評価 ★★★☆☆3点

セコム損保は経営面での不安を感じさせる要素はありません。その理由として、保険会社の経営安定性を示す指標である格付け会社の格付けは、スタンダードプアーズ社が安定的とするAの評価を付与しています。

また、保険金準備高など損害保険会社の体力を表す指標であるソルベンシーマージン比率は650%を上回っています。金融庁による是正勧告ラインである200%を大幅に上回る比率です。

補償内容は基本的に他の損害保険会社の補償内容と変わりません。しかも基本的な補償とは別に、警備会社のセコムが事故現場に駆け付けるサービスも提供しているため、補償内容は他社よりも手厚いと考えてもよいくらいです。

これらのことを踏まえると、セコム損害保険の自動車保険は契約価値の高い保険といえるでしょう。

(※セコム損保含む大手損保16社を無料比較)

セコム損害保険の顧客満足度

家族で話し合い

セコム損保の自動車保険を契約している人は自動車保険の補償やサービスに対してどのような気持ちを抱いているのでしょうか。気になるのが顧客満足度だと思います。

顧客満足度調査によると、セコム損害保険の自動車保険は事故対応に強い保険という評価が高いのが特徴です。警備会社の持つノウハウを、事故対応などに活かしていることが評価につながっています。

盗難に強い保険という意見もあります。これは日ごろから警備会社として安全を見守っている姿勢が評価されているからでしょう。

セコムのステッカーを貼っているだけでも、盗難に遭いにくいという評価もあるほどです。顧客満足度調査によれば、たいていの契約者が補償内容に満足していると答えています。

セコム損害保険の自動車保険は”こんな方におすすめ”

チェック

セコム損保の自動車保険はどのような方に向いているのでしょうか。セコム損害保険の自動車保険は、代理店による販売と通販による販売という2通りの方法を採用しています。

そのため代理店による補償内容の説明や提案を受けたい人でも安心して相談できるというメリットがあります。ダイレクト型にしたいけれど、補償の組み立てに自信がない、そのような人に向いているでしょう。

ダイレクト型も用意されているので、ある程度保険に関する知識があるなら、保険料が割安な申し込み方法が選べます。

補償については基本的な部分だけでなく、詳しい点もわかるのであれば、ダイレクト型を選んでもよいかもしれません。結論から言えば万人向けの自動車保険だといえるでしょう。

(※セコム損保含む大手損保16社を無料比較)

セコム損害保険ってどんな会社?

セコム
(画像出典:https://www.secom-sonpo.co.jp/)

自動車保険を販売するセコム損保とはどんな会社なのでしょうか。セコム損害保険の前身は1950年に設立された東洋海上火災です。その後1998年にセコムが買収し、損害保険事業を展開するようになります。

現在ではフコク生命との事業提携を結び、生命保険事業も展開しています。企業規模は中堅ですが、資本金は168億円、総資産は1800億円と安定した経営を行っていることがわかります。

セコム自体は保険会社経営の経験がまだ少ないですが、提携する富国生命などが資本参加しているため、経営に関して言えば不安材料はありません。セコムの警備保障事業を活かした保険商品の販売を行う、堅実な会社といえるでしょう。

スーパーワンポイント自動車保険会社の総合ランキングはこちらの記事で解説しています。

セコム損害保険の基本的なプランと補償内容

補償内容
(画像出典:https://www.secom-sonpo.co.jp/anshinmycar/compensation/)

セコム損保の自動車保険は、基本的な補償プランと補償を充実させる特約部分から成り立っています。

補償は相手に対する補償、運転者や搭乗者への補償、車に対する補償、特約の4つの柱で成り立っています。時代のニーズに合わせた手厚い補償が得られるのがセコム損害保険の自動車保険の特徴です。

相手に対する補償 これには対人、対物補償が含まれます。そのほかにも個人賠償責任事故など、交通事故とはかかわりのない日常生活での賠償責任もカバーできます。
運転者や同乗者への補償 人身傷害保険に加えて、搭乗者傷害保険も選択できます。基本は人身傷害保険ですが、補償内容を手厚くできるという特徴があります。
車の補償 車両保険を基本とする補償が付帯できます。加えて盗難車両の追跡を行うセコム独自のサービスも提供しています。
特約類 基本補償ではカバーできない部分を補償するのが特約類です。弁護士費用特約やファミリーバイク特約などを付帯できます。

セコム損害保険限定の特約

車保険の見直し

セコム損保の自動車保険は基本補償を充実させる特約を付帯できます。特約は自動付帯のものと、契約時に付加するものとに分かれます。

対物超過修理費用特約(自動付帯) 交通事故で相手の車が破損し修理する場合、車両の時価総額が修理価格を下回る場合でも、超過分の修理費用を50万円を限度に補償する特約です。
無保険車事故傷害特約(自動付帯) 万一交通事故の被害に遭った場合、加害者が無保険で補償が受けられない時に補償を提供します。(基本は人身傷害保険から先に補償されます。)
被害者救済費用等補償特約 車の欠陥や不正アクセスにより悪用された場合、無過失の事故についての賠償額を補償する特約です。
弁護士費用特約 相手の過失が10割の場合など、示談交渉サービスを利用できない場合、示談交渉で弁護士に依頼する際の費用を補償する特約です。
身の回り品補償特約 トランクなどに保管しておいた荷物が盗難や振動で破損した場合の修理費用、再取得費用などを補償する特約です。
個人賠償責任特約 日常生活で物を落として破損させてしまった、自転車で歩行者と衝突しケガを負わせてしまったといった場合に損害を補償する特約です。

セコム損害保険の車両保険

自動車保険の見積もり

セコム損保の自動車保険に付帯できる車両保険は、基本補償は他社の車両保険とほぼ同じですが、セコム独自の補償も設定されています。

車両保険を契約することで、例えば車庫入れに失敗した場合の修理費用、交通事故で全損した場合の再購入費用などが補償されるため、万一に備えて加入しておくことをお勧めします。

セコム損害保険の自動車保険には盗難された場合に備えて盗難車両を追尾する追跡装置の貸与が含まれます。

追跡装置にはGPSが内蔵されているため、今どこに車があるのかといった情報をGPSで把握できるようになっているのです。セコムの警備員を盗難車両のある場所へ派遣するサービスも利用できます(上限は5万円)。

セコム損害保険の車両保険の補償範囲

補償範囲
(画像出典:https://www.secom-sonpo.co.jp/anshinmycar/compensation/syaryo.html)

セコム損保の自動車保険に付帯できる車両保険は、あらゆる事故を補償する一般車両保険と、補償範囲を絞り込んだ車対車事故+限定危険タイプに分かれています。

それぞれの補償範囲が異なるため、あらかじめ補償範囲を把握し、適切な補償を契約することをお勧めします。また、保険料を抑えたい場合は補償範囲が小さい車対車事故+限定危険タイプを選ぶとよいでしょう。

一般車両保険の補償範囲
  • 車同士の接触
  • 火災や爆発
  • 盗難(身の回り品は除く)
  • 台風、洪水、高潮
  • 落書きやいたずら
  • 物体の落下や飛来
  • 自転車との衝突※
  • 車庫入れの失敗や電柱などへの衝突による自損事故※
  • 当て逃げ※
  • 墜落や転覆※

※は一般車両保険の補償範囲

車両保険はあらかじめ決められている保険金額の範囲で補償を決定できます。さらに免責金額を増額させることで保険料を割安にすることも可能です。また、車対車免責ゼロ特約を付帯することで、車同士の衝突事故に限り免責金額を0にすることもできます。

(※セコム損保含む大手損保16社を無料比較)

セコム損害保険の『事故対応』の評判は?

車の事故

セコム損保の自動車保険には、交通事故時にスピーディーに対応するためのコールセンターが設定されています。

スーパーワンポイント交通事故が起きた場合、速やかに人命救助や警察への通報を行ったのち、コールセンターに連絡することで適切なサポートが得られるようになっているのです。

セコムは警備会社としてのノウハウがあるため、交通事故時に警備員を現場に派遣するサービスも提供しています。このサービスを利用することで、例えば事故車のレッカー移動や緊急時の応急処置などのサポートも得られます。

全国に設置したサービスセンターには24時間365日スタッフが常駐しサポートに当たっています。仮に自宅近くにサービスセンターがないとしても、事故処理担当者が速やかに対応に当たるよう手配されているのです。

交通事故で心配になるのが事故後の処理経過でしょう。初期対応完了安心コールサービスは、事故後の初期対応が完了したことを知らせるサービスで、いち早く情報を提供することができます。

(※セコム損保含む大手損保16社を無料比較)

セコム損害保険の自動車保険に付帯されている『ロードサービス』

ロードサービス

セコム損保の自動車保険には契約者向けのロードサービスが付帯されています。ロードサービスは万一車が故障した場合に専門のスタッフが駆け付け、応急処置やレッカー移動を行うサービスです。

レッカーけん引サービス 100キロまでのレッカー車によるけん引を行います。JAF会員の場合は15キロプラスされます。
緊急修理サービス 故障時などの緊急修理を行うサービスで、30分以内の作業が無料になります。(キーとじ込み時の鍵開けサービス、バッテリーのジャンピング、落輪したときの引き上げ作業など)
ガソリン配達サービス 保険契約年度中1回に限り、ガソリン10リットルを無料で補充するサービスです。
故障相談サービス 自宅ガレージで故障した場合など、整備士に相談できるサービスです。

セコム損害保険の保険料の割引制度

電卓とグラフ

セコム損保の自動車保険は保険料を割り引く制度もあります。割引制度を活用することで、自動車保険料を抑えられるでしょう。主な割引サービスは次の通りです。

使用目的別割引制度 車の使用目的が日常使用やレジャー使用の場合、保険料が割り引かれます。
年齢別割引 年齢ごとに保険料が割り引かれます。
限定割引 運転者を限定することで保険料を割り引きます。
ゴールド免許割引 記名被保険者がゴールド免許取得者の場合、保険料が割り引かれます。
安全装備割引 衝突安全ブレーキなどの安全装備を装着している場合、保険料が割安になります。
新車割引 新車登録から一定期間の間保険料が割り引かれます。

セコム損害保険に加入した方の口コミ&リアルな評判

口コミ

セコム損保の自動車保険を契約する前に、口コミや評判をチェックしておけば自分に合った保険かどうかがわかります。

セコム損保の”良い口コミと評判”

「セコムの警備員が交通事故の際に現場に来てくれたおかげで、パニック状態になっていた私も安心して事故の対応に当たることができました。あれがなかったら大変だったと思います」

「交通事故の際の対応が速く、翌日には事故処理担当者が決まったので助かりました。初期対応や経過状況も連絡してくれたので、安心できました。ここまで親切に対応してくれる保険はほかにないと思います」

「保険金の支払いがスムーズで、車が全損扱いになった時に保険金がすぐに支払われました。こんなに早く保険金が振り込まれるとは思ってもいませんでした」

セコム損保の”悪い口コミと評判(悪評)”

「オペレーターの対応は良かったのですが、事故処理担当の方が事務的な対応だったのが残念でした。もっと親身に対応してくれると思っていたので期待を裏切られたように思いました」

「保険金の支払いはきちんとしていただけたのですが、保険金の額に納得できませんでした。対応してくれた方の説明がわかりにくく、もっとわかりやすく説明してくれたら納得できたかもしれません。残念です」

「保険料が高いのが難点です。割引サービスはあるのですが、ほかのダイレクト型と比べてしまうと保険料がどうしても割高になってしまうので、家計をもっと軽くしたいのにそれができません」

(※セコム損保含む大手損保16社を無料比較)

セコム損害保険に加入するなら”一括見積もり”で保険料を必ず比較しよう!

自動車保険一括見積もり

セコム損保の自動車保険を契約する前に、ぜひともお勧めしたいのが、一括見積サービスを利用して他の自動車保険と比較することです。

セコム損害保険の自動車保険だけを契約したいという場合は必要ないかもしれませんが、他の自動車保険と比較すると、今の補償に対する保険料が適切かどうかがわかります

より割安で補償の手厚い自動車保険を探したいと思っている場合も、一括見積サービスを利用することで、どの自動車保険が割安なのか、補償がよいかが一目でわかります。

スーパーワンポイント一括見積とは無料で利用でき、申し込みはインターネットからできるので、わざわざ代理店まで足を運んだり、いくつもの保険会社に問い合わせたりして時間を無駄にしないサービスです。

保険のプロは一括見積が最も割安に自動車保険を契約できる方法だと口々に述べています。もし新たに保険を契約することを考えているのであれば、あるいはこれから乗り換えを考えているのであれば一括見積が断然お勧めです。

これを使えば様々な有名保険会社の見積もり結果を同時に比較し、検討することができます。それも時間はたった5分ほど。

以下が、実際に保険スクエアbang!を試した時の結果です。

見積もり

一括見積もりの結果
  • 【契約中だった保険料】約70,000円
  • 【見積もりの最安値】アクサダイレクト27,620円
  • 【見積もりの最高値】三井ダイレクト損保39,380円

最高値の見積もりであっても、契約中の保険料との差額はおよそ3万円。

これは決して稀なケースではありません。大多数の方が見積もりをすると、現在の保険料の高さに驚く結果となるでしょう。

見積もり額は現在の保険内容、希望条件をもとに算出されますが、保険会社によっては補償内容や特約などの変更を想定したより節約できる保険プランまでも教えてくれます

自動車保険一括見積もりについて
  • 一括見積もりサイトで入力するだけ
  • すべて無料
  • 入力は自動車保険証券の内容・氏名やメールアドレスなど
  • たった5分ほどの入力
  • 見積もり結果は入力後わずか1分
  • 結果はメール(ハガキ)のみで、電話のやり取り不要

「自動車保険一括見積もり」サービスを提供するサイトは複数ありますが、当サイトで紹介しているのは信頼性が高いところのみです。

保険スクエアbang!』は株式会社ウェブクルーという大手企業が運営していますし、『インズウェブ』のSBIホールディングス株式会社はソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたものです。

安全に使える便利なサービスなので、使わなければ損!と断言できます。無駄な保険料を毎年支払い続ければ、その金額は数十万、数百万となっていきます。

普段忙しくてなかなかいくつもの自動車保険を比較する時間がない、そのような方でも一括見積を活用すれば、仕事の合間や、帰宅してから申し込みをすれば大丈夫です。後は送られてくる資料を比較して、自分に合った自動車保険を選ぶだけです。

セコム損保に加入前には必ず一括見積もりで比較することをおすすめします。どこよりも安く、どこよりもお得な保険を調べて加入しましょう。

最後に当サイトがおすすめする自動車保険一括見積もりサイトをランキングで紹介しておきます。どれを使かえばいいか迷った方は参考にしてください。

【編集部おすすめ】日本で最初の自動車保険比較サイト『保険スクエアbang!』

『保険スクエアbang!』
  • 最大19社の見積もりが可能
  • 大手優良企業「株式会社ウェブクルー」が運営
  • 1998年からの実績があって安心して使える

おススメNo.2  業界トップクラスの利用者数の『保険の窓口インズウェブ』

インズウェブ

『保険の窓口インズウェブ』
  • 最大20社の見積もりが可能
  • ソフトバンクグループの金融関連企業が運営
  • 利用者数900万人突破

一目でわかる!参加中の大手保険会社の比較一覧表

参加保険会社 保険スクエアBang! インズウェブ
アクサ損害保険
イーデザイン損害保険
セコム損害保険
ソニー損害保険
チューリッヒ保険
三井ダイレクト損害保険
SBI損害保険
セゾン自動車火災保険
Chubb損害保険 ×
あいおいニッセイ同和損害保険
楽天損害保険
共栄火災海上保険
損保ジャパン日本興亜
東京海上日動火災保険
日新火災海上保険 ×
三井住友海上火災保険
AIG損害保険
全労済 ×
リロケーション・インターナショナル ×
シースタイル ×
福島銀行 ×
神奈川県民共済生活協同組合 ×
Life&Style ×

『保険スクエアbang!』と『保険の窓口インズウェブ』ではどちらも有名どころの保険会社が参加しています。

保険会社は信頼できる一括見積もりサイトでなければ提携しないため、『保険の窓口インズウェブ』と『保険の窓口インズウェブ』が安全な証明であると言えます。

当サイトではどちらの一括見積もりサイトも利用しましたが、見積額に大きな違いはありませんでした。ただ、日本初の比較サイトなので保険スクエアbang!の方が信頼感は上です。

どちらか迷っている方は、保険スクエアbang!を選択すれば間違いありません。

(※セコム損保含む大手損保16社を無料比較)

みんな気になる自動車保険『セコム損保』のQ&A

Q&A

ここではセコム損保に加入前の方、そして現在加入中の方が気になるQ&Aをまとめています。

セコム損保のホームページから、契約内容の変更手続きができますか?

ンターネットによりお申込みいただいたご契約については、当社ホームページから、以下の契約内容の変更手続きができます。

  • ご契約者の住所と電話番号の変更
  • Eメールアドレスの変更
  • 記名被保険者(主に運転される方)の住所変更

※上記に該当しない契約変更手続きについては、セコム損保コールセンターにお申し出ください。

初めて自動車保険に加入するのですが、インターネットで手続きできますか?

当ウェブサイトの『お取扱いの範囲』の内容に加え、以下の条件をすべて満たす場合に、当ウェブサイトでお申込みが可能です。(団体扱契約を除く)

まとめ

セコム
(画像出典:https://www.secom-sonpo.co.jp/anshinmycar/)

セコム損保の自動車保険は、警備会社のセコムが独自のノウハウを活かして販売を展開する商品です。代理店型とダイレクト型の2種類から選択できるので、保険料を割安にしたい場合にもこの保険は一役買ってくれるでしょう。

しかも事故対応は警備会社とタイアップして行われるので安心感が違います。これは他の損害保険にはない非常にユニークなサービスです。

車両保険に自動でついてくる追跡サービスも見逃せません。自動車の盗難事件は年々増加傾向にありますから、被害を最小限に食い止めるためにもこのサービスは大活躍してくれるでしょう。

警備保障と損害保険という、一見畑違いに思える分野を見事に融合させているのがセコム損害保険の自動車保険です。

(※セコム損保含む大手損保16社を無料比較)

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る