自動車保険のミカタ

会社

【ランキング掲載】参考にしたい!おすすめの自動車保険会社を大公開

自動車保険会社がたくさんあるため、どれを選べばいいか悩んでいる方もたくさんいらっしゃるはず。ここではランキング形式をとりながら、チェックすべき保険会社を紹介したいと思います。

注目してもらいたいのが、通販型と呼ばれるダイレクト型自動車保険

近年規制が緩和され、そのスタイルの保険会社が広まり、定着しました。ネット通販のような運営方法を採用しており、営業や各地域の事務所のような費用などが必要ないため、安い価格で保険料を提供できます

今や従来の代理店型よりも、ダイレクト型の方が人気となっています。ここでは代理店型、ダイレクト型どちらの自動車保険会社についてもランキングで知ることができますのでぜひ参考にしてください。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

【最新2019年版】自動車保険会社のランキング一覧表(ダイレクト型・代理店型の種類分け付き)

電卓と見積もり書を使って見直し

保険会社を選ぶ際、自動車保険会社の種類について知っておく必要があります。

ここでは簡単にだけ説明しておきます。詳しくは「車保険の保険会社(ダイレクト型)と保険代理店(代理店型)の違い」をお読みください。

  1. ダイレクト(通販)型
  2. 代理店型

ダイレクト型はネットや電話で契約してサービスを受けるような形であり、代理店型は店舗のスタッフと直接やり取りするような形です

ダイレクト型・代理店型のメリットとデメリットについては以下になります。

1.ダイレクト(通販型)のメリット・デメリット
  • メリット:代理店よりも価格が安い(契約時の手数料も不要)
  • デメリット:代理店よりも加入条件が厳しい
2.代理店型のメリット・デメリット
  • メリット:直接対面して相談可能
  • デメリット:保険料が高い

この点を踏まえて以下でランキングを見てみましょう。ここでは客観性の高いランキングである「オリコン」を参照しています。

自動車保険(ダイレクト型は☆・非表示は代理店)
1 ソニー損害保険
2 共栄火災海上保険
3 東京海上日動火災保険
4 チューリッヒ保険
5 セゾン自動車火災保険
6 アクサ損害保険(アクサダイレクト)
7 AIG損害保険
8 イーデザイン損害保険
9 損保ジャパン日本興亜
10 日新火災海上保険
11 そんぽ24損害保険
12 三井住友海上火災保険
13 三井ダイレクト損害保険
14 SBI損害保険
15 あいおいニッセイ同和損害保険

ダイレクト型のものには会社名の前に☆をつけておきましたが、半数以上が上位にランキング入りしています。

ネットで簡単に申し込みができるうえ、保険料もかなりお得に済ませられるので、たくさんのユーザーがこのタイプの保険会社を選んでいます

どの会社がベストなのか迷ってしまうのなら「自動車保険一括見積もり」をおすすめします。興味のある方は当サイト体験レポである「自動車保険『インズウェブ』で一括見積もりしてみた【体験レポあり】」を参考にお読みください。

「ダイレクト(通販)型限定」自動車保険会社ランキング

表彰台の上に並ぶ数字

オリコンの別ランキングである「2019年ダイレクト型満足度ランキング」の結果は次のようになっていました。

ダイレクト型満足度ランキング
1 ソニー損害保険
2 チューリッヒ保険
3 セゾン自動車火災保険
4 アクサ損害保険(アクサダイレクト)
5 イーデザイン損害保険

どれも知名度の高い優良会社ですが、利用者の声も気になるところです。

おすすめダイレクト型3社の【口コミ・評判】比較

次のものが「オリコンダイレクト型満足度ランキング」に記載されている上位3つの会社の「保険料」に関する口コミになります。

【ソニー損害保険】

ソニー損保 利用者の声

【チューリッヒ保険】

チューリッヒ 利用者の声

【セゾン自動車火災保険】

セゾン

やはり、価格が安くなったという声が共通しています。当サイトでも実際に各保険会社での見積もりを出してみましたが、払っている保険料の半額ほどの見積額になるほどの安さでした。

スーパーワンポイントネット契約になるとサービスの手厚さが気になるところですが、上の口コミを見ると、担当者の対応の良さという点でも評価されています。
おすすめ記事一覧

「代理店型限定」自動車保険会社ランキング

オリコンを参照とした「代理店型」の満足度ランキングを紹介します。

代理店型満足度ランキング
1 共栄火災海上保険
2 東京海上日動火災保険
3 AIG損害保険
4 損保ジャパン日本興亜
5 日新火災海上保険
6 三井住友海上火災保険
7 あいおいニッセイ同和損害保険

繰り返しになりますが、代理店タイプは価格が高い分、直接相談が可能です。より密な距離でサポートしてもらうことができます。

事故対応の強さを求めるなら代理店の選び方が大事

赤い車の絵とサラリーマン

注意してもらいたのは代理店によってサポートの質にばらつきがあるということです。

代理店なら事故を起こした時にすぐ駆けつけて対応してくれるという話を耳にしますが、そういうサービスをしてくれない代理店もなかにはあります。

注意!

代理店型を使う場合、サポート内容などしっかりリサーチしておくことが肝心になります。

代理店型のメリット・デメリットを深く知りたい方は「【完全版】任意保険の代理店会社とは?メリット・デメリットまとめ!」をお読みください。

おすすめ記事一覧

今から保険会社を変更するならどこがおすすめ?安くて高評価な保険会社を格付けするには

並べられた車

「自動車保険の一括見積もり」を使えば、手間をかけずに複数の保険会社の見積もりを同時に受け取ることができます。自分なりのベストな保険会社を比較検討できるので、とても便利なサービスです。

ネットを使って必要な情報を入力すれば、数分後には見積もり結果を知ることができます。入力時間も早ければ4分ほどで完了です。

上のランキングで紹介した保険会社が具体的な価格やプランを提示してくれるので、会社選びも楽々に行うことができます。

おすすめ記事一覧

まとめ

会社

自動車保険会社のランキングはネットでよく見かけますが、なかには利益目的で情報操作されたものも紛れ込んでいます。そのため、ここでは客観性の高いオリコンを参照させていただき、評価の高い保険会社を紹介しました。

各会社によってサービスの違いを調べることは大切ですが、実際のプランと見積もり額がもっとも気になるところかと思います。

ランキングにある優良な保険会社の見積もりを簡単に比較するには一括見積もりサービスが便利なんで、興味のある方はそちらもぜひ使ってみてください。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る