自動車保険のミカタ

楽天損保

自動車保険「朝日火災」を徹底評価【口コミ・評判・特徴】

朝日火災海上保険はかつて存在した損害保険会社です。2018年に楽天損害保険に名称が変わり、現在は楽天損保になっています。

楽天に経営が受け継がれたものの、従来の朝日火災の経営ノウハウは活かされているため、これまで朝日火災の自動車保険を契約していた人も、特に大きな変化を感じることなく継続することができています。

楽天損保としてスタートした朝日火災の今後は未知数ですが、自動車保険は従来の保険商品がそのまま販売されるため、基本的には朝日火災の自動車保険と同等と思ってもよいでしょう。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

朝日火災(現:楽天損保)の総合評価

チェックリスト

総評

保険料の安さ ★★★☆☆3点
事故対応力 ★★★☆☆3点
ロードサービス(サポート) ★★★☆☆3点
総合評価 ★★★☆☆3点

楽天損保(朝日火災)の自動車保険を評価すると、対人補償、対物補償、人身傷害、車両保険の4つの基本補償がわかりやすく設定されていることに加え、大手損保と比較しても引けを取らない充実した補償が特徴です。

楽天損保(朝日火災)の自動車保険は従来型の代理店型を踏襲していることから、代理店を通じてきめの細かいサポートとサービスが受けられるといえるでしょう。

損保としては中堅に位置するため、いささか不安に感じるかもしれませんが、楽天の傘下になったということもあり、今後は経営基盤が安定することが期待できます。

スーパーワンポイントソルベンシーマージン比率は600%台と他の損保と比較すると低い経営体力ですが、金融庁による是正勧告の基準値である200%を大きく上回っているため、特に心配する必要はないでしょう。

朝日火災(現:楽天損保)の顧客満足度

指をさす女医

楽天損保(朝日火災)の自動車保険はどうなっているのでしょうか。まだ発足したばかりということもあり、まだ楽天損保の名称自体が社会に浸透してはいません。そのため朝日火災という名称のほうがしっくりくるという人も多いかと思います。

朝日火災は郵便局を通じて自賠責保険を販売する手法をとっていました。つまり郵便局とタイアップして保険商品を販売していたわけです。

全国にネットワークを有する郵便局を通じて保険商品を販売していたことから、朝日火災に対する評判は概して良いものが多く、全体的に満足していると答える人が多いです。これは朝日火災の地域密着型経営戦略が功をそうしたことを表しているといえるでしょう。

朝日火災(現:楽天損保)はこんな方におすすめ

選択

楽天損保(朝日火災)の自動車保険はどのような人に向いているのでしょうか。朝日火災は代理店型の自動車保険販売を行ってきました。そのため、保険を熟知した保険外交員を通じて自動車保険を契約することになります。

自動車保険についての知識があまりなく、最適なプランをある程度組み立ててくれると助かる、といった方に向いているのが楽天損保(朝日火災)の自動車保険です。

楽天損保(朝日火災)の自動車保険は今後どのような販売方法をとるかは未知数です。母体の楽天はインターネットによる商品販売を主力にしています。そのため、おそらく今後は通販による自動車保険販売を行う可能性は十分に考えられます。

注意!

ただし現段階ではまだ推測の域を出ません。楽天グループになったことから、楽天会員であれば加入するメリットがこれから出てくるのではないでしょうか。

朝日火災(現:楽天損保)ってどんな会社?

会社

自動車保険を販売する楽天損保(朝日火災)を理解するには、前身の朝日火災について知っておく必要があります。朝日火災は戦後に誕生した損保で、大手銀行が出資し誕生した損害保険会社です。銀行系ということもあり、実質重視の経営が特徴です。

JRとのつながりが強く、鉄道保険部が設置されています。かつては野村ホールディングスが経営権を握っていましたが、その後楽天によるTOBが行われ、楽天損保としてスタートしました。

朝日火災(現:楽天損保)のプラン

ビジネスウーマン

楽天損保(朝日火災)の自動車保険は、ASAP(個人用自動車保険)という名称が付与されています。これは従来の朝日火災が販売していた自動車保険と同じ商品で、経営譲渡後もそのまま販売されていることになります。

楽天損保(朝日火災)の自動車保険には対人補償、対物賠償、人身傷害補償、車両保険の4本柱からなっていて、そのほかに基本補償を充実させる特約類が見られます。

特約類について

特約類には人身傷害補償をさらに手厚くする搭乗者傷害特約、無保険車による事故の被害を補償する無保険車傷害特約、地震や津波による被害を補償する車両地震特約などがあります。

特約類は基本補償をカバーするタイプが中心で、他社にはない、いわゆるユニークな特約は楽天損保(朝日火災)の自動車保険には付帯されてはいません。

ただし、車両地震特約は地震などによる被害を受けて全損した場合、保険金額が全額支払われるため、この点は他社と比較してアドバンテージだといえるでしょう。

朝日火災(現:楽天損保)限定の特約

チェック

楽天損保(朝日火災)の自動車保険には、基本補償をカバーできる複数の特約が用意されています。

競合他社の自動車保険と比較すると、特約内容が限られているような印象を受けますが、基本補償をカバーするという特約の目的を果たしている内容になっているため、概ね安心して契約できる特約内容と言えるでしょう。

ファミリー自転車傷害特約

鍵を渡す

楽天損保(朝日火災)の自動車保険に付帯できる特約の一つがファミリー自転車傷害特約です。この特約の特徴は、記名被保険者と同居の家族が自転車を運転中に歩行者などと接触しケガを負わせたり、死亡に至ったりした場合に賠償金を補償する特約です。

近年自転車による交通事故が増加しているため、そのような状況に対応するために設定できるようになっています。

ファミリー自転車傷害特約で補償されるのは死亡保険金、後遺障害、入院一時金などです。ただし通院について補償対象外になるため注意してください。

スーパーワンポイント必要最低限の補償に限られているため、被害者の通院などの補償を設定したい場合は、自動車保険の特約とは別に保険を契約することになります。

地震・噴火・津波「車両損害」補償特約

計算

地震・噴火・津波「車両損害」補償特約とは、楽天損保(朝日火災)の自動車保険に付帯可能な特約です。

地震や火山の噴火は近年増加傾向にあり、いつ災害に巻き込まれてもおかしくない状況になっています。予想できない自然災害に対応するためには、車両保険をさらに充実させる必要があります。なぜなら車両保険単独では地震や噴火、津波は補償対象外だからです。

この特約では車両が被災した場合、保険金が支払われます。楽天損保(朝日火災)の自動車保険は、仮に補償対象の車両が地震などで全損した場合、保険金額全額が支払われるようになっています。

自損事故傷害特約

事故後の車

楽天損保(朝日火災)の自動車保険では、対人賠償補償には自動的に自損事故傷害特約がセットされます。自損事故傷害特約とは、車を運転中もしくは乗車中に自損事故を起こし、けがをしたり死亡してしまったりした場合に保険金が支払われる特約です。

自損事故の場合、自賠責保険による補償が得られないことから、必要な補償を補うために自損事故傷害特約が活躍します。ちなみに人身傷害補償が適用されないケースでも補償対象になります。

無保険車傷害特約

車の事故

楽天損保(朝日火災)の自動車保険に自動付帯されるのが無保険車傷害特約です。無保険車傷害特約とは、車に搭乗中の人が交通事故により死亡または後遺障害になった場合、相手側が無保険車で必要な補償が得られない時に保険金が支払われる特約です。

日本における任意保険加入率は70%ですから、無保険車である可能性は決して少なくありません。いざというときに必要な補償が得られるのは頼もしいことだと言えるでしょう。

無保険者傷害特約が適用されるのは、死亡もしくは後遺障害になった場合に限られます。それ以外のケガなどの損害は補償対象になりません。そのようなときに備えて、人身傷害補償や搭乗者傷害特約に加入する必要があります。

朝日火災(現:楽天損保)の事故対応

パソコンをする女性

楽天損保(朝日火災)の自動車保険には、無料で事故対応を行う示談交渉サービスが付帯されています。楽天損保(朝日火災)の自動車保険の事故対応は国鉄の特約損保という背景もあり、評価が高くなっています。

迅速な事故対応と、専任スタッフによる示談交渉により、被保険者が交通事故によるストレスをできるだけ軽減できるように配慮されているのです。

全国にある拠点サービスセンターには随時スタッフが常駐しています。専用のフリーダイヤルに電話をすることで24時間365日対応をしてもらうことが可能です。緊急時のレッカー車の手配や、事故対応の方法、救急車の手配なども対応してもらえるため、心強いでしょう。

朝日火災(現:楽天損保)のロードサービス

打ち合わせ

楽天損保(朝日火災)の自動車保険には24時間365日対応可能なロードサービスがセットになっています。

ロードサービスとは、故障時のレッカー移動、緊急修理、キーのとじ込みなどのトラブルに対応してくれるサービスです。例えば旅行先でバッテリーが上がってしまった場合、ジャンピングサービスを提供してくれます。

他にもパンクした場合のスペアタイヤへの交換やパンク修理材の充てん作業、オイル漏れや冷却水の補充なども行ってくれます。緊急時は何かとパニックになりがちですが、楽天損保(朝日火災)のロードサービスなら安心してサポートを得られるようになっているのです。

朝日火災(現:楽天損保)の保険料の割引制度

説明をする医師

楽天損保(朝日火災)の自動車保険には各種割引制度が適用されます。例えば衝突軽減ブレーキを装備している車は割引が受けられますし、エコカー割引など、新たに購入する車の多くに装備されている先進装備に合わせた割引が適用されます。

スーパーワンポイント衝突軽減ブレーキ装備の割引やエコカー割引などは、所有している自動車の安全装備に従って自動的に適用される仕組みです。

複数台契約の場合、保険料を割り引くノンフリート複数台契約割引や、ゴールド免許所有者を対象とした割引制度など、交通事故のリスクが小さい保険契約者の保険料負担を割安にする制度が充実しています。

加えて複数年契約をすることで保険料が割り引かれる制度もあるので、長期契約をすることでよりお得に契約できるでしょう。

朝日火災(現:楽天損保)の口コミ・評判

楽天損保(朝日火災)の自動車保険の口コミや評判はどうなっているのでしょうか。口コミはそれほど多くは寄せられていませんが、代理店などを通じて得られる情報を見てみると、比較的良い評価が目立ちます。中でも代理店のサポート体制の良さが高評価を得ていました。

良い口コミ・評判

スマホをもつ女性

「朝日火災はマイナーな会社というイメージがありますが、事故対応時は迅速に対応してくれたのでとても助かりました。事故は起こしたくありませんが、万一の時に心強い存在だと感じました」

「どんな補償を付けたらよいかわかりにくいと感じていましたが、代理店の方の説明がわかりやすく、自分に合った補償が選べたので満足しています」

「ロードサービスを利用してみましたが、対応してくれた方が親切で丁寧に作業してくれたのがよかったです」

悪い口コミ・評判も

落ち込む男性

「事故対応で担当者が決まるまで少し時間がかかりすぎるように感じました。もっと早く担当者が決まるとよいと思います」

「保険料がどれくらい割安になるのかがわかりにくいと感じました」

「代理店以外にも直接契約できないのが残念です」

朝日火災(現:楽天損保)に加入するなら一括見積もり

打ち合わせ

楽天損保(朝日火災)の自動車保険を契約する前に、商品をしっかり検討したいと思われることでしょう。

こちらの自動車保険は代理店型ですから、実際に見積もりを取るには代理店に依頼することになります。それでも他の自動車保険と比較して、より自分の必要にあった補償を選びたいと思うはずです。

そのような方におすすめなのが、一括見積サービスです。一括見積サービスは複数の自動車保険を比較検討できるサービスで、無料で利用できます。必要事項を入力し、あとは送信するだけなので、返答を待っているだけで大丈夫です。

忙しくてなかなか自動車保険の見直しができない、もっと安い自動車保険を契約したい、そのような期待に応えてくれるのが一括見積サービスです。

自動車保険に詳しい人たちも、一括見積サービスを積極的に活用しています。補償内容が変わったり、割引制度が調整されたりすることは時折起こるので、最新の補償内容をチェックするためにも、一括見積サービスは積極的に活用したいところです。

まとめ

楽天損保
(画像出典:https://www.rakuten-sonpo.co.jp/)

楽天損保(朝日火災)の自動車保険は新たにスタートしたばかりです。楽天損保としてスタートして今後どのように商品が充実していくのか、今の段階では未知数です。しかしながらかつての朝日火災の経営ノウハウをそのまま引き継いでいます。

そのため、しっかりした顧客基盤の上に企業経営が成り立っていることは分かります。基本的な補償に加えて、補償を充実させる特約が豊富に用意されていること、JRグループとの強いつながりなど、好材料がたくさんあるのが楽天損保(朝日火災)の自動車保険です。

充実したロードサービス、緊急時の事故対応など、かゆいところに手が届く的確なサポートが十分期待できます。もし今検討中であれば、一括見積サービスを積極的に活用して、楽天損保(朝日火災)の自動車保険の良さをチェックしてみるとよいでしょう。

上に戻る

ページの上に戻る