自動車保険のミカタ

かんぽ生命

郵便局(かんぽ生命)の自動車保険がわかる【メリット・デメリット】

自動車に乗る人が必ず加入しなくてはならない保険があります。それが自賠責保険です。自賠責保険は交通事故にあったとき、最低限の補償をするために加入が義務となっています。

しかし、最低限の補償を目的とした自賠責保険では絶対に補いきれない損害があります。そのように超過した損害を補うために、多くの人は任意で加入する保険があります。

それを任意保険と言い、保険会社に保険料を支払うことで有事の際に損害賠償を一定額補償してもらえます。かんぽ生命の自動車保険とは任意保険の一つで、郵便局が損害保険会社と代理店契約を結び、郵便局で自動車保険に加入できる仕組みになっています。

保険料はほかの代理店などと変わりありません。かんぽ生命の自動車保険とはどのような保険なのでしょうか?

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

郵便局(かんぽ生命)の自動車保険とは?

パソコン

かんぽ生命の自動車保険とは5つの損害保険会社の共同保険です。2007年に郵政民営化され、日本郵便株式会社となった郵便局は多くのサービスを始めました。その1つが郵便局でできる自動車保険の加入です。

自動車保険は発展と共に多種多様化してきました。多様化したのは保険会社だけでなく、そこでの種類や手続きなど、本当に必要としている自動車保険を探すのが困難なほど、多くの手段や保険が乱立されました。

郵便局では損害保険の代理店として郵便局の自動車保険を取り扱うことで、個人に必要な保険を提供、提案するものです。

自動車保険に加入する方法で代理店との違いはない

自動車保険という商品が複雑化し煩雑化した昨今を見直し、客である加入者一人一人の需要に沿ったわかりやすい自動車保険を目指しています。

自宅近くにある郵便局で保険に加入することも可能ですし、もしくは担当者が自宅に訪問し手続きをすることも希望すればできるでしょう。

自動車保険に加入する方法は代理店で加入する方法と特筆すべき変更点はなく、必要事項を契約書に記載し署名捺印をして加入します。

郵便局(かんぽ生命)は損害保険会社5社の共同保険

会社

損害保険会社5社の共同で成り立つかんぽ生命の共同保険は、以下の会社で形成されています。

  • 東京海上日動火災保険株式会社(幹事保険会社)
  • 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • 富士火災海上保険株式会社

中でも東京海上日動火災保険株式会社は、幹事保険会社として扱われています。かんぽ生命の自動車保険は、日本でもかなり大手の損害保険会社と提携していますが、ここで間違った解釈をしてはいけないことがあります。

それはこの提携している5社のどれかと契約するわけではないという事です。かんぽ生命の自動車保険は、かんぽ生命が窓口となって販売しているにすぎません。自動車保険の補償は5社で分散します。

東京海上日動火災保険株式会社(幹事保険会社)

東京海上日動
(画像出典:http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/)

かんぽ生命の自動車保険で提携している5社のまとめ役的な立ち位置で、幹事保険会社となっているのが東京海上日動火災保険株式会社です。主に取り扱っているのは、トータルアシスト自動車保険トータルアシスト住まいの保険です。

正式名称は総合自動車保険と、住まいの保険と言います。事業の内容は以下の4つです。

  • 損害保険業
  • 業務の代理
  • 確定拠出金の運営管理業務
  • 自動車損害賠償保障事業委託業務

損害保険業ではいくつかの保険を請け負っています。

  • 火災保険
  • 海上保険
  • 傷害保険
  • 自動車保険

このように自動車保険だけでなくほかにも再保険などを引き受け、保険料として収受した金銭のその他の資産運用を行っています。

また損害保険業と生命保険業にかかわる業務の代理や事務の代行をしています。さらに確定拠出年金の運営管理業務を行ったり、自動車損害賠償保障事業委託業務を担っています。

自動車損害賠償保障事業委託業務とは政府の行う自動車損害賠償保障事業のなかで、損害額の調査や損害てん補額の支払い請求を受理することを指します。

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

損保ジャパン日本興亜
(画像出典:https://www.sjnk.co.jp/kinsurance/automobile/)

損害保険ジャパン日本興亜株式会社も、また多くの保険を取り扱っています。

  • 自動車・バイクの保険
  • 火災・地震の保険
  • 海外旅行の保険
  • 怪我・病気の保険
  • 積立金の保険

損害保険ジャパン日本興亜株式会社ではこれらの保険だけでなく様々な取り組みをしています。それは地域貢献プロジェクトです。

国内ではNPOやNGOと共働し生物多様性保全活動「SAVE JAPAN プロジェクト」や、防災人形劇、体験型防災ワークショップ「防災ジャパンダプロジェクト」に力を入れています。

また海外に向けてはインドネシアで交通安全事業やミャンマーでの母子保健事業にも協力しており、さらに災害の多い日本に向けて災害に遭遇してしまったときに役立つ減災や、防災に関する情報を多様な手段で提供しているのです。

例えば公式サイトでは防災に役立つ情報を入手できるスマートフォンのアプリを無料で提供したり、危険予測能力診断や交通安全で知っておきたいアドバイスを掲載したウェブコンテンツも掲載されています。

損保ジャパン日本興亜

自動車保険「損保ジャパン日本興亜」を評価【口コミ・評判・特徴】

損保ジャパン日本興亜の総合評価 総評 保険料の安さ ★★☆……続きを読む

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

あいおい共同損保
(画像出典:https://www.aioinissaydowa.co.jp/personal/product/tough/pdf/tough_kuru.pdf)

次にあいおいニッセイ同和損害保険株式会社について見てみましょう。あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は保険という商品を買う消費者の存在を重視し、その実際の需要に近づけようと取り組んでいます。

消費者一人一人を大切にし、信頼によって選ばれることを目標に「お客様第一の業務運営に関する方針」を策定し、その方針に従って全力のサポートを実践しています。

そのために顧客からの相談や問い合わせ、要望などを社内ネットワークを用いて共有して分析、施策への反映や検証を繰り返して行います。

あいおい

自動車保険「あいおいニッセイ同和損保」を徹底評価【口コミ・評判・特徴】

あいおいニッセイ同和損保の総合評価 総評 保険料の安さ ★……続きを読む

TOUGHというコンセプトを採用しており、迅速かつ頼れる、そして優しいという3つの要素をはらむものです。保険金の支払いや契約の手続きなどの対応全般を迅速に行うことや、高品質で安心感のあるサービスを提供することを念頭に置いています。

さらにはペーパーレス保険証券やベルマーク運動など顧客と共に環境にやさしい社会貢献もしており、まさに早く、頼れる、優しい保険会社と言えるでしょう。

三井住友海上火災保険株式会社

三井住友海上
(画像出典:https://www.ms-ins.com/)

三井住友海上火災保険株式会社の展開している保険も多数あります。

  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 地震保険
  • 傷害保険
  • 旅行、レジャーの保険
  • ネット加入できる保険
  • 法人向けの保険商品

これらが三井住友海上火災保険株式会社の代表的な保険です。主に自動車保険、住まいの保険、傷害保険を見てみましょう。

自動車保険では個人のカーライフに合わせた個人に向けての補償や、初めて自動車保険を契約する人に向けたシンプルで分かりやすい保険を取り扱っています。

また近年では自分の車を持たずレンタカーを借りるのが主流です。そのため車を借りて乗っているときだけ補償する保険や、レンタカーを借りている24時間単位で補償する自動車保険などピンポイントの商品を提供しています。

三井住友海上

自動車保険「三井住友海上」を評価【口コミ・評判・特徴】

三井住友海上の総合評価 総評 保険料の安さ ★★★☆☆3点……続きを読む

住まい、家財の保険では一戸建てと賃貸で異なる火災保険や、地震と噴火や津波による損害を補償する地震保険があります。傷害保険においては交通事故だけでなく、仕事やスポーツ、レジャー中の事故による損害が補償範囲です。

富士火災海上保険株式会社(現:AIG損保)

AIG損害保険株式会社
(画像出典:https://www.aig.co.jp/sonpo/personal/product/auto)

1918年に設立した富士火災海上保険株式会社は、2018年に統合しAIG損保が誕生しました。それにより始めた新しい商品が一つ上の自動車保険ベリエストです。ベリエストでは24時間365日常在している富士火災社員が初期対応状況を知らせます。

48時間以内に担当スタッフが自宅に来てくれるなど、事故対応に力を入れ、自信をもった保険サービスを売りにしています。個人に向けての保険は主に5つあります。

  • 海外旅行保険
  • 自動車保険
  • 火災保険・地震保険
  • 医療保険
  • 傷害保険

これらの中でほかの会社では目立たなかったのが医療保険でしょう。医療保険には実費補償型と引受基準緩和型の2種類あります。実費補償型の医療保険では入院にかかる諸費用や、治療費の自己負担額に備えられる医療保険です。

一方、引受基準緩和型の医療保険は健康状態や過去の傷害、病気についての告知を簡単にすることで基準をやわらげ、持病の有無や既往症の有無にかかわらず加入しやすくなっています。

さらに加入時に発病していても特定の条件を満たせれば、保険金の支払い対象になることができます。

共同保険のメリット・デメリット

メリット・デメリット

ここまで共同保険を構成する主体である各保険会社について見てきましたが、わざわざ共同保険にする意味はあるのでしょうか?一般的に自動車保険にしろ火災保険にしろ1社の保険会社で取り扱っています。

ですが、同じ商品を保険会社同士が共同で販売することはさほど珍しくありません。共同保険によるメリットはリスクの分散ができるという点が挙げられるでしょう。保険商品は常に利益が出るとは限りません。

共同保険では、保険金支払いによる過度な出費負担を分散します。一方で特筆すべきデメリットはありません。

あえて挙げるとするならば、利益も分散されてしまうという点でしょうか。しかし着実な利益確保と有事の際の負担軽減は、安定感を大幅に有しているといえるでしょう。

郵便局(かんぽ生命)の自動車保険に加入する方法

相談

かんぽ生命の任意加入型の自動車保険は、5社と郵便局による共同保険です。1人1人に分かりやすく、それぞれに適した保険を提供することを目的としています。またこの共同保険におけるメリットはこれだけではありません。

かんぽ生命の共同の自動車保険におけるメリットは前述しましたが、その安定感や種類の豊富さは他の追随を許さないほどに大きな利点となります。そのような保険が選べるのであれば、加入したいと考える人も多いでしょう。

それでは実際に加入するにはどのような手続きを踏み、どこで申請や審査をすればよいのでしょう?次はどの郵便局で加入できるのか、そしてかんぽ生命の自動車保険に加入するときに必要な書類について見ていきます。

どの郵便局で加入できるの?

スマホ

全国に展開しネットワークを有する郵便局で自動車保険に加入するときは、郵便局の窓口か郵便局の担当セールスマンを通して行います。保険会社と直接交渉することはなく、間接的に郵便局が窓口になってくれるため、選ぶ時間のロスを減らせるでしょう。

自動車保険に加入したい時は、基本的に自宅の近くにある郵便局で加入できます。これが1つのかんぽ生命の自動車保険の強みで、全国展開している郵便局で手続きを行うことで、転勤族でも安心して継続的に更新や確認が可能となります。

もしくは担当のセールスマンがいるため、担当者に自宅を訪問してもらい手続きをすることができます。保険が必要だけど諸事情で動けなかったり、家から出られないこともあり得るでしょう。そういった人に向けてのサービスとなります。

4種類の必要書類を集める

書類

かんぽ生命の自動車保険は全国各地で手続きできるため、すぐにでも検討したい人もいるでしょう。いざ加入するときに何を準備していけばよいのでしょうか?かんぽ生命の自動車保険に加入申請する、必要な書類を見てみます。

まずは運転免許証です。もちろん自動車保険なので免許の有無でドライバーかどうかを判断します。また車検証によって過去に事故がなかったかなど審査をして、保険金の補償をしてもよい人間なのかどうかを見極めるのでしょう。

また現在保険に加入している場合には保険証券も必要になります。保険料を無駄に払うことも避けたいですし、保険商品を提供する側からも可能な限り、必要最低限に抑えたいと考えるので手続きの際には重要です。

注意!

最後に同意を示すために印鑑が必要なので、忘れないようにしましょう。

郵便局(かんぽ生命)のメリット・デメリット

選択

様々な特長をかんぽ生命の自動車保険は持っています。例えば5社による共同保険を主体としたリスク分散や、郵便局のネットワークを生かした安定したサービスの提供です。

そんな様々な特長のあるかんぽ生命の自動車保険ですが、ほかに類を見ないメリットや反対にデメリットを有しています。利点が大いに越したことはありませんが、もちろん問題となる点も存在します。

これから加入を検討する人にとっては、この情報が分かれ目になります。どこが良くてどこが悪いのか見てみましょう。

メリット

先生

まずかんぽ生命の自動車保険におけるメリットですが、近くの郵便局で相談しながら自動車保険に加入できるということでしょう。先述したように郵便局では過去に長い間地域で培われた、ネットワーク網があります。

なので地域の特色などを把握している職員も多く、気軽に保険の内容を相談できるという利便性の高さも利点になっています。さらに家族全員の保険もまとめられるだけでなく、どこへ引っ越しても継続的に安定した補助やサービスを受けられます。

膨大な郵便局ネットワークを裏付ける具体的な数値として全国に1495局の郵便局で、かんぽ生命の自動車保険を取り扱っています。この地域ネットワークの広さと個人や地域に密接したサービスが、かんぽ生命の自動車保険のメリットと言えるでしょう。

デメリット

指をさすビジネスマン

注意したいのが、すべての郵便局で自動車保険に加入できない点です。そのため、まず郵便局に行く前に保険に対応しているのか否かの確認をしましょう。また、かんぽ生命の自動車保険はほかの自動車保険に比べると保険料が割高になります。

郵便局が仲介に入っているため、直接保険会社と交渉し契約するよりもお金がかかります。さらに郵便局はただの窓口に過ぎません。いざ事故にあってしまったり、故障してしまったときは郵便局が窓口になりません。

そして、郵便局の自動車保険だからと言ってほかには無い特別な補償を受けるといったこともできません。一般的にかんぽ生命の自動車保険は郵便局が窓口として働くだけ、という事を覚えておきましょう。

郵便局(かんぽ生命)と他の保険会社との違い

天秤

郵便局が窓口となり、全国のネットワークを生かしながら商品を提供するかんぽ生命の自動車保険は、他の保険会社と何が違うのでしょうか?

郵便局は全国に支店を持っており、かんぽ生命の保険を展開してはいるものの郵便業務が主な業務なのに変わりはありません。

そういった背景を踏まえると郵便局で加入する自動車保険と、一般の保険会社で加入する自動車保険に何か差があるのではないかと考えるでしょう。しかし実際は何も変わりありません。

郵便局で加入できる自動車保険は郵便局と契約しているというわけではありません。郵便局を窓口にして損害保険会社の自動車販売を委託されているだけなのです。つまり保険の内容、補償共に一般的な保険会社と同じと言っても過言ではないでしょう。

郵便局(かんぽ生命)の自動車保険はお得なのか?

電卓とメモ

結局のところ、かんぽ生命の自動車保険はお得なのでしょうか?先ほども出てきた話題ですが郵便局の自動車保険は保険料が高くなります。郵便局は代理店として自動車保険を扱っています。

つまり仲介者である郵便局の利益にもなるように保険料が設定されているので、保険料が高額になるのです。

よって自動車保険の保険料を安くしたいのであれば、郵便局の自動車保険で契約をすると、普通に保険会社と契約するより余計に保険料を取られるため損になります。

具体的にかんぽ生命の自動車保険の保険料は、保険会社と直接契約する通販型と比較すると20%から50%程度高額になります。

スーパーワンポイント自動車保険の自動車保険料を安くするためには、各保険会社の保険料を一括で見積もって比較、判断できる一括見積りを使うことをお勧めします。

保険料を安くするなら通販型(ダイレクト型)

オフィス

保険料を安くしたいのであれば郵便局で保険加入の手続きを行うよりも、ダイレクト型の自動車保険に加入した方が安くて済みます。インターネットからの加入申し込みができる保険やダイレクト型にしかない特別な割引が受けられるでしょう。

相談や見積もりは主に電話や電子メールを用いてのものが基本となります。加入者自身が保険についての情報収集をしたうえで担当者に質問したり、相談や見積もりを依頼することが要求されます。

本人が納得できるまでプランを練り直すことができるのが魅力ですが、情報収集の手間などが面倒で時間的なコストがかかるかもしれません。申し込みはインターネットを使ってもできるので、わざわざ出向く必要がなくなります。

保険料と内容を比較するなら「一括見積もりサイト」

スマホを持つ男性

実際に保険に加入しようと考えた場合、保険料が安く補償の手厚い保険会社を探したいと思うことは当然です。しかし保険会社は実際に何件もあり、保険の内容も多様性がある為1つ1つ探していくのはとても効率が良いことではありません。

個人にあった適切な保険を探してくれる郵便局の保険に加入する場合は、普通に保険料を払うよりも高額の保険料を支払わねばなりません。そこで活用したいのが一括見積サイトでしょう。

一括見積サイトがお得

いくつもの保険会社の保険料を一括で検索、比較、検討を可能とし、実際の保険料に近い形での見積もりが出てくるため最善の選択を可能にします。安い保険会社を探そうと考えたとき、実際に見積もってみることが重要です。

新規で保険加入を考える場合も現在任意保険に加入している場合でも、一括見積もりの保険金の金額を参考にすれば保険料を安くすることができるでしょう。

手間がかからない為効率よく、なおかつ無駄なお金も掛けない、一括見積もりを使わない手はありません。

まとめ

かんぽ生命
(画像出典:https://www.jp-life.japanpost.jp/index.html)

郵便局、かんぽ生命の自動車保険は5つの損害保険会社からなる共同保険を商品にしたものです。全国展開している郵便局特有のネットワークを用いて、契約しようとしている人に近い位置での商品提供が強みです。

また契約者1人1人にあった補償形態や保険を選んでくれる点だけでなく、相談に乗ってくれるという点で一般の保険会社にはないメリットと言えるでしょう。加入するときも家の近くの郵便局でできますし、自宅に担当者を招いて契約することもできます。

保険料を安くするなら一括見積サイトがおすすめ

忘れてはいけないのは、郵便局が単なる窓口に過ぎないという点でしょう。5社の代理店として郵便局が位置しているので、一般的な保険会社が提供する保険より高額になってしまいます。

また交通事故や怪我など有事の際の窓口は郵便局ではなく、直接的に幹事保険会社である東京海上日動火災保険会社に連絡を取らねばなりません。さらに保険会社の担当者に比べ郵便局の担当者の方が専門的な知識に乏しいという問題点もあります。

保険料を低額に抑えつつ安い保険料の商品を探す場合は、一括見積もりを試してみるのが最適です。様々な種類の保険を一括で見比べることができ、手続きもネットで簡単に出来ます。

つまり保険料を安く抑えるためには実際の見積もりをして、比較検討のうえで通販型保険に加入することが正解です。

上に戻る

ページの上に戻る