自動車保険のミカタ

黒板に書かれたまとめ

今さら聞けない!自賠責保険(強制保険)とは何か分かりやすく徹底解説

自賠責保険は法律で加入が義務付けられています。加入せずに車を運転しただけでも、罰せられることになります。

一年以下の懲役、または50万円以下の罰金。加えて、違反点数6点、免停となってしまいます。そのほか、加入していなければ車検を受けることもできません。

自賠責保険について必ず理解しておかなくてはならないのは法律のためだけではありません。自賠責そのほか車の保険に関する内容を熟知しているかどうかで、万が一の事故時の状況ががらりと変わってきます。

ここでは自賠責保険の仕組みや加入場所、補償額や保険料から、賠償金の請求方法や後遺障害補償などに至るまで、自賠責に関するさまざまな記事を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

 

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

自賠責保険の基礎知識

メモをする職員

自賠責保険の基礎知識を詳しく知りたい方は「自賠責保険とは?補償や任意保険との違いに関する全知識【まとめ】」を読んでください。

ここではその記事のなかでどのような内容を扱っているかを紹介したいと思います。

自賠責保険の基礎知識一覧

自賠責保険と任意保険の違い(物損事故・対物賠償保険など)

自動車に関する保険は主に2種類あり、その違いをきっちりおさえておきましょう。

  1. 自賠責保険(強制保険)
  2. 自動車保険(任意保険)

自賠責とは違い、自動車保険の加入はあくまでも任意です。

保険はなるべく余計なものには加入したくないと思ってしまうものですが、自動車保険に関しては慎重に選択するべきです。この二つの保険では役割がまったく異なっているからです。例えば自賠責保険の場合、対人補償のみになります。

自賠責がどのようなものかを詳しく知ることで、任意保険に加入するかどうかを検討した方がいいでしょう。

自賠責の加入手続き(入り方/保険料/車検証/自賠責保険証明書/損保保険会社)

電卓とメモを保険

自賠責はどこで加入できるのか。

基本的には、車の購入時もしくは車検時に加入することになります。車を買った店や車検を受ける店のほか、損害保険会社の支店でも可能です。

必要書類として車検証なども準備しないといけないので、それについてもチェックしておきましょう。

補償の限度額一覧表

自賠責保険はあらかじめ補償額が定められています。

死亡時、傷害による損害、後遺障害による損害の補償額についての内容を一覧表にしているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

保険料はいくら?軽自動車などの車種と12か月や25か月など期間別料金表

お金と電卓で保険の見直し

自賠責保険の保険料も法律で定められています。一般的な自動車保険とは違い、事故歴の有無などが金額に影響することはありません。

自賠責保険の保険料は車種と保険期間によって異なります。以下の記事では一覧表を設けてあるので、具体的な保険料を調べることができます。

おすすめ記事一覧

加害者請求に関する知識(支払いの流れ/返金・払い戻しなど)

計算をするサラリーマン

自賠責保険には事故の加害者側が保険会社へ請求することができる加害者請求という制度があります。

基本的に加害者が被害者に対して損害賠償の支払いを済ませてから、自賠責保険へ保険金の加害者請求をするという流れです。

そのため、任意保険を利用して被害者への支払いを済ませたのちに、任意保険会社から自賠責保険へ請求をかけるという方法が利用されることが多いです。

以下の記事では具体的な加害者請求方法や流れについて詳しく解説しています。そのほか必要書類については「請求前に確認を!自賠責保険請求に必要な全ての書類一覧【まとめ】」を併せてお読みください。

おすすめ記事一覧

 被害者請求に関する知識

書類

被害者請求は、交通事故の被害者側が自賠責保険の会社に行なう請求のことです。

注意したいポイントは、被害者自身が加入している保険会社ではなく、加害者が加入している自賠責保険に請求する、ということです。相手側に請求するため、手続きをどうやって行えばいいか不安な点もあります。

補償の請求手続きは法によって手順が定められています。そのため、例えば交通事故に遭った後、慰謝料が支払われるまでの期間、医療費等は基本的に本人負担となります。

以下の記事では支払い時期などの流れについて説明しています。これには被害者請求だけでなく加害者請求のパターンも記載しているので、両方のチェックが可能になっています。

おすすめ記事一覧

休業損害や治療費はどれくらい?受け取り金額をケース別で解説

電卓で計算しながらメモをする

自賠責保険は人身補償に限定されており、死亡、後遺障害、ケガにより被害を被った場合に補償が適用されます。

例えば交通事故でケガの治療のために入通院した場合、自賠責保険から入通院に関わる慰謝料が支払われます。入通院慰謝料の計算式は2通りあります。それぞれ計算した値のうち少ないほうの額が慰謝料になります。

  1. 入通院にかかった期間×4200円
  2. 実入通院日数(入院日数+通院日数)×2×4200円

上のように計算式だけではなかなか理解しづらいものを、以下の記事では具体的な例を合わせて詳しく解説しています。

おすすめ記事一覧
受け取り金額をケース別で解説一覧

後遺障害の慰謝料について

スマホを持つ白いシャツの男性

後遺障害とは、負傷後に医師による治療を受けたものの、何らかの障害が残ってしまう状態のことです。

後遺障害は重さによって、障害等級というものが定められています。14等級~1等級があり、数字が小さくなるほど傷害が重くなります。例えば「一手の親指以外の手指の指骨の一部を失った者」なら14級で、保険金額は75万円といった形です。

自動車保険のプロが解説!自賠責保険の後遺障害補償の全て【まとめ】」では障害の内容や保険金額などを詳細に述べています。そのほか以下の記事も併せて参考にしてください。

おすすめ記事一覧

傷害慰謝料・死亡補償額について

パソコンのグラフをチェック

傷害の補償と一口にいっても、傷害に関わる費用は様々にあります。診察料や応急手当費用、休業損害など多岐にわたって傷害と関わりがあります。

傷害による補償には主に4つの事柄の補償が含まれています。

  1. 治療関係費
  2. 文書料
  3. 休業損害
  4. 慰謝料

以下の記事では傷害による支払い対象となる損害を一覧にしています。また、休業損害の算出方法や、死亡事故の損害賠償についても紹介しています。

おすすめ記事一覧

まとめ

黒板に書かれたまとめ

法律で加入義務がある自賠責保険ですが、それについて深く知ることで、任意保険である自動車保険の扱い方も変わってくるはずです。

交通事故が起きた時、どのような立場、どのような状況になったとしても、万全の態勢で臨めるように今のうちからしっかり準備しておくことが大事です。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る