自動車保険のミカタ

お金と自動車の絵

自動車保険新規加入は6等級から…実は7等級から契約する方法もある!

自動車保険には1から20までの等級が存在し、それに応じて保険料が割引または割増されるのです。保険会社ごとに割引率が異なる場合もありますが、保険料を少しでも安く抑えたいのであれば上の等級を目指すと良いでしょう。

また自動車保険の等級は基本的には6等級から始まりますが、必要な条件を満たしていれば新規の契約でも7等級から始めることが可能です。その他にも契約における注意点をまとめますので、是非とも参考にしてみてください。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

自動車保険新規加入は基本的に『6等級(S)』で契約

自動車保険の説明

新規による自動車保険の契約の場合、最初の等級には大きく分けて2つのパターンが存在します。

  • 6等級
  • 7等級

契約者が以下のような場合に該当するのであれば、6等級から始まるでしょう。

6等級スタートになる条件一覧
  • 中断証明書を発行しておらず契約するつもり以外の自動車を所有していない
  • 自動車保険を解約後に新規で別のものに加入する
  • 等級の引き継ぎのために必要な手続きを行っていない

自動車保険は必要な手続きを行っていれば、等級をそのまま保存できる場合もあります。しかし手続きがなく再び契約を行う場合は新規として扱われるため、たとえ最大の20等級まで上がっていたいとしてもリセットされるのです。

スーパーワンポイント新規契約の場合は年齢や性別、車種などは関係ありません。

7等級から契約する方法もある(セカンドカー割引)

赤い車の絵とサラリーマン

既に自動車を所有する人が新たに2台目を購入した場合、セカンドカー割引が適用される場合もあります。自動車保険にはノンフリート等級が適用されており、複数所有による新規契約は7等級から開始されるため得と言えるでしょう。

契約中の保険会社と新規契約予定の保険会社は同一である必要はありませんが、証券番号などを伝える必要はあります。等級が1つ違うだけでも割引率が異なるため、適用可能であるか保険会社にチェックしてもらうと良いでしょう。

たとえば割引率の違いにより、以下のよう差が生じる可能性もあります。

  • 21歳以上で6等級は3パーセント割増
  • 21歳以上で7等級は11パーセント割引

この場合差は14パーセントとなり、かなり大きいと言えるでしょう。

セカンドカー割引の条件とポイント

ポイント

以下に挙げる条件を満たしていればセカンドカー割引が適用され、2台目は新規であっても7等級から開始されます。

セカンドカー割引が適用される条件一覧
  • 1台目の自動車保険が11等級以上である
  • 1台目と2台目の車種が自家用8車種である
  • 1台目と2台目の所有者が個人である
  • 2台目の自動車保険の加入が新規である

また2台目の自動車の所有者は、以下のいずれかでなければなりません。

2台目の自動車の所有者の条件一覧
  • 1台目の記名被保険者と同一
  • 1台目の記名被保険者配偶者
  • 1台目の自動車の所有者

そして2台目の自動車の記名被保険者は、以下のいずれかである必要があります。

2台目の自動車の記名被保険者の条件一覧
  • 1台目の記名被保険者と同一
  • 1台目の記名被保険者配偶者
  • 上記した者と同居する親族
注意!

所有者が個人に限られることがポイントで、法人契約の場合は適用されません。

新車で保険を新規契約するなら新車割引がある

電卓を使いながら見積書の作成

中古車ではなく新車を購入した場合、新規契約により新車割引が適用される場合もあります。新車割引の特徴をまとめると、以下の通りです。

新車割引の特徴一覧
  • 新車を購入した人に対して保険料を優遇する
  • 自動車保険の開始月が自動車の初度登録年月から25ヶ月以内の場合に適用される

新車であれば必ず適用されるわけではなく、以下のような注意点もあるため事前に理解しておきましょう。

  • 保険会社ごとに割引率が異なる場合もある
  • 軽自動車は適用外となる場合もある

せっかくの新車を事故により破損させたくないなどの理由から、自動車の運転に対して慎重になる人もいるでしょう。そのような理由から新車割引が存在し、割合の相場は5パーセントから10パーセントの間と言われています。

満期で他社への乗り換え新規加入は等級引き継ぎ可能

相談をする男性

加入している自動車保険が満期となり他の保険会社に乗り換える場合、継続更改の新規契約を行うことになるでしょう。加入している自動車保険の満期日と新規契約のものの始期日が同じであれば、等級を引き継ぐことができます。

上記でも説明しましたが等級が上がるほど保険料は割引されるため、良い等級は引き継ぐことをおすすめします。ただし以下のような注意点も存在するため、事前に理解しておきましょう。

  • 事故ありカウントがされている場合は等級が下がる可能性もある
  • 引き継ぎの手続きを忘れてしまうと割引等級を失ってしまう

もし満期日を過ぎてしまっても翌日から数えて7日間以内に必要な手続きを行えば、今までの等級の引き継ぎが認められるでしょう。

自動車保険新規加入の保険料の相場

電卓で計算を見積もりを出す

保険料は契約者の事情や補償の内容により異なる場合もありますが、相場はおよそ7万円と言われています。ただし保険会社による違いもあるため、4万円以下という安い場合もあれば9万円以上という高い場合もあるため要注意です。

また自動車保険の新規加入による保険料の相場は、以下の通り年齢によって分けることもできます。

20歳以下 およそ14万円
21歳以上 およそ5万7,000円
26歳以上 およそ3万7,000円
30歳以上 およそ3万5,000円

上記のデータは2017年に行われた自動車保険の新規契約者を対象とした調査の結果から出されたものであり、参考にすると良いでしょう。新規契約の条件が同じでも保険料が異なる場合もあるため、年齢は確認しておきましょう。

自動車保険新規加入の際に注意すべきポイント

チェックするビジネスウーマン

これから新規契約を行おうとしている人のために、自動車保険の注意すべきポイントをまとめて紹介します。

正しい知識を持っていればトラブルを回避でき、自分に合った自動車保険を見つけることができるのではないでしょうか。

新規契約は5等級までの事故あり係数適用期間はリセット?

自動車保険のノンフリート等級制度は、契約者を以下の通りに区別しています。

自動車保険のノンフリート等級制度の区別
  • 事故を起こして保険を使った人
  • 無事故で保険を使わなかった人

上記のような区別により保険料の公平性を保っており、以下に該当する契約者は事故あり係数適用期間が適用されます。

  • 前契約の等級が1から5の場合
  • 事故あり係数適用期間が1年から6年の場合

このような場合は前契約の満期日または解約日から13ヶ月間、事故あり係数適用期間が引き継がれることになります。

等級引継ぎ(吐きだし)は家族間で可能!新規より安くなる

50代のサラリーマン

自動車保険の等級は保険会社間だけではなく、家族間で行うことも可能です。良い等級を付けた上で自動車保険に加入する場合、また引き継ぎの手続きにより譲り受ける場合を保険業界では吐きだし新規と言うこともあります。

家族間で引き継ぎを行うためには、相手は以下の場合に限られます。

  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者の同居親族
  • 配偶者の同居親族

保険料を安くするためには家族であっても同居していなければ認められないため、これから進学や就職などで別居する予定の家族がいればタイミングは早い方が良いでしょう。

新規は一括見積もりサイトで保険料比較してお得に加入

メモをする職員

自動車保険を新規で契約する場合、一括見積もりサイトを利用することをおすすめします。保険会社の情報をいちいち調べているのでは時間がかかり、パンフレットを見ただけでは自分に合うものが見つからないかもしれません。

しかし一括見積もりサイトを利用することで、以下のようなメリットが期待できるのです。

  • 無料で利用することができる
  • 複数の自動車保険の情報を一度にチェックできる
  • 保険会社から面倒な営業を受けることがない
  • 見積もりだけで済むため申し込む必要がない
  • 豪華な景品が当たる場合もある

保険料の高さが気になるのであれば、見積もりにより少しでも安いところを探すと良いでしょう。見直すことで保険料が数万円程度安くなる場合もあるため、是非とも利用してみてください。

無駄な保険料を見直せる!
安くてお得な自動車保険を選ぶなら『一括見積もり』を使え

自動車保険一括見積もりの流れ

無駄をなくした高すぎない保険料で、なおかつ、いざという事故にもしっかり対応できるプランがあれば、最も安くてお得な保険と言えるでしょう。



そのような保険を実現するためにはまず、次のポイントをおさえておくことが必要です。


お得な保険プランを実現するためには…
  • 保険内容を見直す前に保険会社を見直す

現在、あなたが加入しているのとまったく同じ内容のプランであるのに、ほかの保険会社では数万単位で保険料が安い可能性があります。別な見方をすれば、同額の保険料なら、より充実した保険にすることだって可能です。

スーパーワンポイント契約中の保険はいつでも解約が可能です。

ただ、問題になってくるのが、いくつもの保険会社に見積もりを作成してもらう手間ひま。4~5万円ほど安くなるから!と言われても、実行するのは大変です…。



そこで役に立ってくれるのが「自動車保険一括見積もり」サービス。これを使えば様々な有名保険会社の見積もり結果を同時に比較し、検討することができます。それも時間はたった3分ほど。



以下が、実際に保険スクエアbang!を試した時の結果です。


見積もり

一括見積もりの結果
  • 【契約中だった保険料】約72,140円
  • 【見積もりの最安値】アクサダイレクト27,620円
  • 【見積もりの最高値】三井ダイレクト損保39,380円

最高値の見積もりであっても、契約中の保険料との差額は3万円以上。最も安い保険料と比較するとなんと今より『44,520円』も安くなります。



これは決して稀なケースではありません。大多数の方が見積もりをすると、現在の保険料の高さに驚く結果となるでしょう。



見積もり額は現在の保険内容、希望条件をもとに算出されますが、保険会社によっては補償内容や特約などの変更を想定したより節約できる保険プランまでも教えてくれます


自動車保険一括見積もりについて
  • 一括見積もりサイトで入力するだけ
  • すべて無料
  • 入力は自動車保険証券の内容・氏名やメールアドレスなど
  • たった3分ほどの入力
  • 入力後、リアルタイムで見積もり比較
  • 営業電話なし!電話のやり取り不要

「自動車保険一括見積もり」サービスを提供するサイトは複数ありますが、当サイトで紹介しているのは信頼性が高いところのみです。



保険スクエアbang!』は株式会社ウェブクルーという大手企業が運営していますし、『インズウェブ』のSBIホールディングス株式会社はソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたものです。



安全に使える便利なサービスなので、使わなければ損!と断言できます。無駄な保険料を毎年支払い続ければ、その金額は数十万、数百万となっていきます。



ぜひ早いうちに、どこよりも安く、どこよりもお得な保険を調べて加入してください。

最後に当サイトがおすすめする自動車保険一括見積もりサイトをランキングで紹介しておきます。どれを使かえばいいか迷った方は参考にしてください。


【編集部おすすめ】日本で最初の自動車保険比較サイト『保険スクエアbang!』

『保険スクエアbang!』
  • 最大19社の見積もりが可能
  • 大手優良企業「株式会社ウェブクルー」が運営
  • 1998年からの実績があって安心して使える

業界トップクラスの利用者数『保険の窓口インズウェブ』

インズウェブ

『保険の窓口インズウェブ』
  • 最大20社の見積もりが可能
  • ソフトバンクグループの金融関連企業が運営
  • 利用者数900万人突破

一目でわかる!参加中の大手保険会社の比較一覧表

参加保険会社 保険スクエアBang! インズウェブ
アクサ損害保険
イーデザイン損害保険
セコム損害保険
ソニー損害保険
チューリッヒ保険
三井ダイレクト損害保険
SBI損害保険
セゾン自動車火災保険
Chubb損害保険 ×
あいおいニッセイ同和損害保険
楽天損害保険
共栄火災海上保険
損保ジャパン日本興亜
東京海上日動火災保険
日新火災海上保険 ×
三井住友海上火災保険
AIG損害保険
全労済 ×
リロケーション・インターナショナル ×
シースタイル ×
福島銀行 ×
神奈川県民共済生活協同組合 ×
Life&Style ×

『保険スクエアbang!』と『保険の窓口インズウェブ』ではどちらも有名どころの保険会社が参加しています。



保険会社は信頼できる一括見積もりサイトでなければ提携しないため、『保険の窓口インズウェブ』と『保険の窓口インズウェブ』が安全な証明であると言えます。



当サイトではどちらの一括見積もりサイトも利用しましたが、見積額に大きな違いはありませんでした。ただ、日本初の比較サイトなので保険スクエアbang!の方が信頼感は上です。



どちらか迷っている方は、保険スクエアbang!を選択すれば間違いありません。


(※SBI損保含む大手損保16社を無料比較)

まとめ

お金と自動車の絵

自動車保険の等級は6等級から開始されたとしても、事故を起こさないようにする努力を続けていれば上がるでしょう。もし2台目の自動車を所有するのであれば、7等級から開始できるかチェックすることをおすすめします。

保険料が高いからという理由で加入する予定ではなかった人でも、割引率が変わることで前向きに検討できるのではないでしょうか。セカンドカー割引の適用については、保険会社に早めに相談すると手続きがスムーズに進むでしょう。

またセカンドカー割引に関する相談相手は、自動車保険に詳しいファイナンシャルプランナーを選ぶこともおすすめです。新規契約する自動車保険選びについて迷っている人に対して、適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る