自動車保険のミカタ

三井住友海上

自動車保険「三井住友海上」を評価【口コミ・評判・特徴】

三井住友海上は損害保険業界で第二位の保険契約料を誇ります。いわゆる日本のメガ損保に分類される企業です。

一つの指標にソルベンシー・マージン比率があります。ソルベンシー・マージン比率が200%を下回ると金融庁による指導が行われるわけですが、三井住友海上はその指標をはるかに上回る800%近い数値になっています。

ソルベンシー・マージン比率はその年の保険金支払い額などに影響されるため、常に一定ではありませんが、高い比率を保っていることから安定した経営を行っていることがわかります。そのような理由もあって高い評価を得ている自動車保険なのです。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

三井住友海上の総合評価

チェックリスト

総評

保険料の安さ ★★★☆☆3点
事故対応力 ★★★☆☆3点
ロードサービス(サポート) ★★★☆☆3点
総合評価 ★★★☆☆3点

三井住友海上はMS&ADグループホールディングスと呼ばれる企業体の子会社という位置づけです。ソルベンシー・マージン比率の高さと、格付け会社による高い評価は、同企業が安定した経営を行っていることを示唆しています。

さらに保険金支払い能力も非常に優れた評価を受けていることから、万一多数の保険金支払い事由が生じたとしても、自動車保険の保険金を受け取れないという心配はしなくても大丈夫でしょう。

スーパーワンポイント三井住友海上はいわゆる従来型の保険販売方式である代理店型を採用しています。代理店型は地域に密着した営業ができること、きめの細かい顧客サービスができるといった利点があります。

総じて三井住友海上の自動車保険は信頼できるでしょう。事故対応力や保険金の支払いにおいても高い評価を得ているため、安心して加入できる自動車保険です。

三井住友海上の顧客満足度

スマホを持つ男性

損害保険会社は顧客満足度調査に特に力を入れています。CSという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これはカスタマーサービスのことです。

CS満足度が高ければ高いほど信頼されている企業ということになります。三井住友海上も顧客満足度調査に力を入れている企業の一つです。

スーパーワンポイント少子高齢化の中で新たな新規顧客を獲得するのは厳しくなっています。そのため、お客様に喜ばれる損害保険会社を目指しているのです。

損害保険会社の信頼は、自動車保険の不払い事件をきっかけに一気に下落しました。負の遺産を解決するため、保険金の支払いスピードを早めたり、お客様の立場に立った事故対応を心がけたりと、問題解決に向けた取り組みは高く評価できます。

三井住友海上はこんな方におすすめ

ペンで説明する女性

三井住友海上の自動車保険はどのような人におすすめなのでしょうか。三井住友海上の自動車保険は代理店型を採用しています。これは各保険代理店を通じて保険商品を販売する、従来方式のことです。

代理店経由で加入する利点は、保険に詳しくない人でも、安心して加入できること、万一の事故対応でも代理店がサポートしてくれることなどが挙げられます。

このことを考慮すると、三井住友海上がおすすめの人というのは、自分で自動車保険を選ぶのが苦手あるいは不安に感じている人や、自動車保険を含め保険商品に関するより詳しいアドバイスが欲しいと考えている人です。

スーパーワンポイントほかにも何かあった時にサポートをしてくれることを希望する場合は、三井住友海上を選択するのが安心でしょう。

三井住友海上ってどんな会社?

会社

三井住友海上は、19世紀の終わりごろに大阪に誕生した損害保険会社大阪保険が前身です。その後住友海上保険という名称に変わりました。対する三井は三井物産が設立した大正保険が前身になっています。

それぞれが別の道を歩みますが、2001年に両社が合併し三井住友海上が誕生しました。現在はあいおいニッセイ同和損保と統合しMS&ADインシュアランスホールディングスという名称を採用しています。

三井住友海上は世界的にトップランクに位置するメガ損保の一つです。安定した経営と他社を圧倒する顧客数で、常に損害保険業界のトップクラスを歩み続けてきました。

スーパーワンポイント日本国内では業界三位の損害保険会社になり、自動車保険をはじめとする損害保険商品を販売しています。

三井住友海上のプランと補償内容

保険

三井住友海上が販売する自動車保険では、GKクルマの保険と、はじめての自動車保険と呼ばれる2タイプの保険商品を用意しています。

GKクルマの保険は補償内容が選べるTAPタイプの自動車保険です。

はじめての自動車保険は新規で自動車保険を契約する人向けに販売されている自動車保険で、シンプルかつ分かりやすい保障内容、割安な保険料を実現しています。

GK クルマの保険

運転中の人

GK クルマの保険は三井住友海上が販売する自動車保険です。リスク細分型を採用した自動車保険で、車の使用状況、走行距離、車種、年式、安全装備などによって保険料が細かく設定されています。

スーパーワンポイント交通事故を起こしにくいと判断されると大幅な割引が得られる仕組みです。自動車保険がわかりにくいという人でも、わかりやすいよう補償がシンプルに分類されています。

GK クルマの保険は相手に対する賠償、けがの補償、車の補償、ロードサービスが基本です。それぞれ基本補償が設定されていますが、補償範囲を広げるために、特約が充実しています。

将来的に普及が予測される自動運転車にも対応した補償内容になっています。

はじめての自動車保険

はじめての自動車保険は、車離れが進む若年層を対象に三井住友海上が販売する自動車保険です。

GK クルマの保険との違いは、補償内容がさらにシンプルになっているだけでなく、割安な保険料で契約できるよう、補償内容を簡素化しています。

スーパーワンポイント車は維持費がかかるから大変、だから乗りたくない、そのような人におすすめの自動車保険です。

はじめての自動車保険の補償内容は、基本部分がGK クルマの保険とよく似ています。ただし特約が限られているため、より充実した補償を求める人には不向きです。

とにかく割安な保険料で自動車保険を契約したい、補償のことはよくわからないけれど、安心できる自動車保険を契約したい、そのような期待に応えてくれます。

三井住友海上特有の補償内容

パソコンとグラフ

三井住友海上の自動車保険には他社には見られないユニークな補償もあります。例えば搭乗者傷害倍額払特約は交通事故でけがなどをした場合、保険金額を補償額の2倍にして支払います。

万一交通事故でけがをした場合でも、安心して治療が受けられるというのは心強いでしょう。

しかも通常契約保険金額までが上限になるケースが多い中で、三井住友海上は車に乗る人に手厚い保障を提供してくれます。ほかにも傷害補償、記名被保険者同僚災害特約があります。

傷害補償

寝てる人

三井住友海上の自動車保険では、万一運転手や搭乗者がケガをした場合の治療費などを補償する傷害補償が選べます。

スーパーワンポイント傷害補償は主に人身傷害補償、搭乗者傷害特約がありますが、それに加えて重度後遺障害時追加特約があります。

人身傷害保険は設定した保険金を上限とし、相手方との示談を待たずに治療費や入院費などの補償が得られるものです。

重度後遺障害時追加特約とは交通事故で重い障害が残ってしまった場合、その後の生活で必要な自宅のバリアフリー化、障がい者向けの福祉車両などの購入費を補償する特約です。

補償額は上限が被保険者一名に対して500万円まで補償されます。搭乗者傷害特約は人身傷害補償をさらに手厚くする補償で、入院または通院時の費用を補償する特約です。

記名被保険者同僚災害特約

交渉

三井住友海上の自動車保険は法人向けの特約も用意しています。その一つが記名被保険者同僚災害特約です。この特約を付帯すると、万一業務中に交通事故を起こし、搭乗中の同僚が死傷した場合、賠償額を補償します。

勤務中の事故の場合、労災が適用されるため、自動車保険が適用されないこともありますが、記名被保険者同僚災害特約を付帯していれば、補償額が少ない場合なども手厚い補償が得られます。

対物賠償限度額「10億円」特約

お金

三井住友海上の自動車保険には対物補償が設定されていますが、いわゆる10億円の壁があります。

かつては対物賠償額が10億円を超える場合、積載中の荷物の発火や爆発などの特殊な事例において、補償額が無制限でも10億円を限度として補償するという特約がありました。これは現在では撤廃されています。

現在では先ほどのような事例の場合、30億円を限度として補償するように約款が変わっているのです。

三井住友海上の事故対応

交通事故

三井住友海上の事故対応はどのようになっているのでしょうか。三井住友海上の自動車保険は、業界でも迅速な事故対応をとることで知られています。

万一交通事故が起きた場合、24時間体制で事故受け付けを行っています。交通事故の状況に合わせて適切な対応の仕方をアドバイスしたり、レッカー車や被害者と加害者双方のけがの治療のための医療機関などの手配も行っています。

スーパーワンポイント三井住友海上の事故対応は、顧客サービス満足度調査で96%を超える人から満足したという回答が得られています。これは三井住友海上の事故対応がスピーディかつ親切で丁寧だからです。

国内221カ所に、事故処理を迅速に処理し保険金の支払いを行うお支払いセンターを設置しています。

例えば旅行や帰省など遠方で交通事故を起こしてしまったり、巻き込まれてしまったりした場合でも、最寄りのセンターが対応することで、スピーディな事故対応を可能にしているのです。

三井住友海上のロードサービス

車の事故

三井住友海上の自動車保険には万一の車の故障やトラブルに対応するロードサービスが付帯されています。

例えばバッテリーが上がってしまった、キーを閉じ込めてしまった、旅先でガス欠になってしまった、このようなトラブルにも迅速かつ無料で対応します。

スーパーワンポイントレッカー移動のサービスは500キロまで補償されるため、旅先での故障や事故でも多額の費用を支払う心配がありません。

車が故障してしまい自宅に帰ることができなくなった場合、旅行先での宿泊費用や公共交通機関の費用を補償するサービスもあります。

さらに注目できる特約がレンタカー費用サポートです。車が自走できなくなった場合、最大30日までレンタカー費用を補償します。

三井住友海上の保険料の割引制度

車とお金

三井住友海上の自動車保険には複数の保険料の割引制度が用意されています。そのうちの一つがノンフリート等級割引で、無事故期間が長くなればなるほど等級がアップし、保険料が割り引かれる仕組みです。

スーパーワンポイント年齢別の割引制度を用意しているため、年齢に応じた保険料の割引が受けられます。

これらはリスク細分型自動車保険の基本的な部分ですが、優良ドライバーほど割安な保険料で契約できるようになっています。

他にもゴールド免許割引や新車購入時の新車割引、自動ブレーキシステムを装備した車に適用されるASV割引など、安全装備に対する割引制度も充実です。

三井住友海上の口コミ・評判

スマホを見て喜ぶ男性

三井住友海上の自動車保険を検討している場合に気になるのが口コミや評判です。事前に口コミや評判をチェックしておけば、安心して契約ができるでしょう。

口コミ1

代理店を通じて契約したため、日曜日や祝日でも代理店の担当者が対応してくれるのでとても助かっています

口コミ2

愛車にいたずらをされたことがありましたが、その時も代理店の担当者がすぐに駆け付けてくれて、修理工場の手配などをしてくれました。契約してよかったと思っています

口コミ3

交通事故を起こしてしまったときに、担当のオペレーターが気遣ってくれたのがよかったです。その後の担当者もすぐに決まり、示談に向けた話し合いなどをスムーズに進めてくれました。大手だけあってさすがだなと感じました

三井住友海上に加入するなら一括見積もり

オフィス

三井住友海上の自動車保険を選ぶ際、できれば割安な保険料で契約したいと思うはずです。もちろん自分で代理店を回って選ぶこともできますが、時間や労力がかかってしまいます。

仕事でなかなか見積もりを取りに行くこともできない、という人もいることでしょう。そのような人におすすめなのが一括見積です。

スーパーワンポイント一括見積とは、複数の自動車保険を比較できるサービスです。同じ補償内容で設定した場合、最も割安な保険料の保険会社を探したり、補償がより手厚い自動車保険を探したりすることができます。

無料で見積もりができますし、回答は電話やメールでもらえるので、忙しい人でも空いた時間を活用するだけでOKです。保険のプロも一括見積が一番割安に契約できる方法だと推薦しているほどです。

まとめ

三井住友海上
(画像出典:https://www.ms-ins.com/)

三井住友海上の自動車保険は伝統と歴史があり、補償内容も手厚く信頼できる自動車保険です。長年にわたる経験により蓄積されたノウハウが補償内容に活かされています。

顧客満足度に力を入れることで、よりお客様の目線に立ったサポートを行っていること、シンプルな補償内容にまとめることで、わかりやすい自動車保険を実現していることなど、良い点を挙げるとしたらきりがないほどです。

手厚く、しかも充実した補償を求めるのであれば、三井住友海上の自動車保険は十分選択肢に入る保険だといえるでしょう。

上に戻る

ページの上に戻る