自動車保険のミカタ

人指し指を立てるサラリーマン

車保険の見積もりはキャンペーン時がお得?【プレゼント&特典満載】

自動車保険の保険料が高いと感じたことはありませんか?自動車保険を見直ししたことがないとしたら、保険料をかなり払いすぎている可能性があります。自動車保険を見直せば年間で1万円以上も保険料を節約できるかもしれません。

しかもちょっとした情報を把握するだけでもっとお得な自動車保険を契約することもできます。ポイントは自動車保険の見積もりキャンペーンをチェックすることです。

一括見積サービスや、各損害保険会社のネット見積もりを活用すると保険料が節約できる以外にプレゼントがもらえることもあります。中には電子マネーなどのポイントがもらえることもあるのでお得は2倍。早速チェックしてみてください。

キャンペーンと保険料節約のダブルでお得

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

一括見積もりキャンペーン一覧表

ビジネスウーマン

  • 保険の窓口インズウェブ
  • 保険スクエアbang!
  • 価格.com自動車保険
  • 楽天自動車保険

一括見積もりサービスのキャンペーン

スマホを持つ女性

自動車保険の一括見積もりはいろいろなキャンペーンを抱き合わせて提供していることが多いです。これをうまく活用すると見積もりをするだけでもお得です。

見直しを考えている方以外でも、試しに見積もりをしてみようという軽い気持ちで申し込んでみるのもありかもしれません。各キャンペーンは定期的に変わるので、最新の情報をチェックしておけばさらに得することもあるので要チェックです。

保険の窓口インズウェブ

インズウェブ
(画像出典:https://www.insweb.co.jp/car/insweb)

自動車保険の一括見積もりを考えているなら保険の窓口インズウェブがおすすめです。ソフトバンクグループの保険代理店であるSBIホールディングス傘下にあるこちらの代理店では、定期的に一括見積もりに合わせたお得なキャンペーンを実施しています。

最大20社の一括見積もりをするだけで保険料を数万円も節約できることさえあります。ソフトバンクグループといえば携帯電話キャリアの大手。資産総額もさることながら顧客数も膨大な数を誇ります。

携帯電話販売で得たノウハウを自動車保険の販売でも生かすことで、顧客に対してよりお得でより手厚い補償の自動車保険を提案してくれます。長年の実績と経験から提供されるサービスは満足度が高いです。

保険スクエアbang!

スクエアbang
(画像出典:https://www.bang.co.jp/)

保険スクエアbang!は自動車保険の一括見積もりを検討している場合、ぜひともチェックしておきたい保険代理店です。取り扱い自動車保険の種類もさることながら、年間400万人もの人が利用する保険サービスだけあって安心感が違います。

自動車保険の保険料を節約したいと思ったら、まずは保険スクエアbang!をチェックしてみましょう。保険スクエアbang!の運営企業はウェブクルーです。来年操業20周年を迎える一括見積もりサービス界の老舗的な存在でもあります。

複数(最大16社)の保険会社が販売する自動車保険の見積もりが取れるので、補償や保険料を比較しながら、自分にとって最適な保険が選べるようになっています。

価格.com自動車保険

価格.com
(画像出典:https://ssl.kakaku.com/kuruma/hoken/step1.asp)

価格.comといえばパソコンやスマホ、家電製品を比較できる一大サイトとして有名です。価格.comが自動車保険の一括見積もりサービスを実施しているというのはご存知でしたか?

価格.comを利用するメリットは、各自動車保険の契約者たちからのコメントをチェックできること。生の声が聴けるので初めての自動車保険選びも安心。

一括見積もりサービスは最大8社から選べるので、気になる自動車保険をチョイスしてあとは必要事項を入力し送信するだけ。

一括見積もりを利用すると抽選でプレゼントがもらえるなどのお楽しみ企画も定期的に実施しています。応募方法も簡単なので、初心者におすすめの一括見積サービスです。

トップ

【体験談】価格コムの自動車保険サービスは評判通り?一括見積もりしてみた

【体験レビュー】価格コムは評判通り?自動車保険一括見積もりを使ってみた! ……続きを読む

楽天自動車保険

楽天
(画像出典:https://insurance.rakuten.co.jp/)

楽天自動車保険は楽天損保が運営する一括見積サービスです。ECサイトとしてのノウハウを生かし、楽天ポイントとの連携を行っているので他の一括見積サービスとは一味違ったお得感があります。

楽天ポイントをゲットできるキャンペーンに加えて、一括見積もりを実施した人すべてがもらえるプレゼントキャンペーンも見逃せません。楽天損保が誕生したことにより、楽天自動車保険は2018年6月から価格.com自動車保険へと引き継がれました。

ただ楽天自動車保険のノウハウはそのまま生かされていて、一括見積もりで保険料が安くなったと感じる人が続出。これが人気を得るもととなり、自動車保険の乗り換えを検討している人たちの注目を集めています。

楽天

『楽天自動車保険』一括見積もりを試してわかったメリット・デメリット

【体験レビュー】楽天自動車保険は評判通り?自動車保険一括見積もりを使ってみた! ……続きを読む

保険会社のキャンペーン

保険

自動車保険の一括見積サービスとは別に、各損害保険会社も自動車保険の見積もりを行った顧客に対してプレゼントなどのキャンペーンを実施しています。

損害保険会社のキャンペーンは常に変動するため、最新のキャンペーン情報をチェックしておくことが大切です。

一括見積サービスと並行して保険会社のキャンペーンを活用すればダブル、トリプルのお得感があります。それぞれの特徴をよく調べておきましょう。

おとなの自動車保険

おとなの自動車保険
(画像出典:https://www.ins-saison.co.jp/otona/)

おとなの自動車保険はセゾングループの損害保険会社セゾン自動車火災の保険商品です。セゾン自動車火災はネットや郵送によるダイレクト型自動車保険の販売を行い、契約者を増やしています。

セゾンカード保有者向けのキャンペーンに加えて、新規契約者向けの割引サービスやプレゼントキャンペーンなども実施しています。

セゾン自動車火災のおとなの自動車保険はダイレクト型という特性を活かし、割安で手厚い補償を提供しています。おとなの自動車火災の評価は高く、他社の自動車保険からの乗り換えも増加しています。

新規契約者向けのキャンペーンは随時更新されているので、早めに自動車保険の見積もりと契約をしてしまいましょう。

チューリッヒ

チューリッヒ
(画像出典:https://www.zurich.co.jp/)

チューリッヒ保険はスイスの損害保険会社でダイレクト型自動車保険の草分け的な存在になっています。テレビコマーシャルを通じて大々的に宣伝しているので名前を聞いたことがあるという人は多いと思います。

日本での広告を利用した販売戦術が功を奏し、契約者数を年々伸ばしている外資系の損害保険会社です。

チューリッヒ保険の自動車保険は補償内容だけを見ても、他の自動車保険と遜色は全くありません。保険料が割安で見積もりをした多くの人が保険料の安さと補償の手厚さに驚いています。

キャンペーンは保険料を割引くサービスに加えて、クオカードなどをプレゼントする企画も実施しています。まずは見積もりをして保険料がどれだけ下がるかチェックしましょう。

SBI損保

SBI損保
(画像出典:https://www.sbisonpo.co.jp/car/)

SBI損保はソフトバンクグループグループの損害保険会社です。携帯電話キャリアとしてのノウハウに加えて圧倒的な資金力で他のダイレクト型自動車保険を凌駕する勢いを見せています。

自動車保険は2006年から販売を開始し、インターネットでの契約が可能なダイレクト型自動車保険が好評を得ています。SBI損保の自動車保険の見積もりを取る際に同時にチェックしておきたいのがキャンペーン情報です。

キャンペーンは定期的に変動することから、まずは見積もりを行って今どんなキャンペーンがあるかを確認します。

条件の良いキャンペーンがある時に申し込むのが最適な方法です。インターネットから申し込みを行うと、もれなく保険料が割引されるキャンペーンも見逃せません。

SBI損保

自動車保険『SBI損保』の全てを評価【補償・事故対応・口コミ評判】

自動車保険『SBI損保』の総合評価 保険料の安さ ★★★★☆……続きを読む

イーデザイン損保

イーデザイン損保
(画像出典:https://www.edsp.co.jp/)

イーデザイン損保とは東京海上日動グループに属するダイレクト型自動車保険を販売する会社です。テレビコマーシャルで認知度が高まり、インターネット経由で手軽に見積もりや契約ができる方法が若い人たちに受け入れられています。

インターネット契約割引に加え、家族や友人への紹介制度などもあるので、積極的に活用すればお得感が高いです。イーデザイン損保のキャンペーンは不定期で実施されています。

そのため自動車保険の見積もりを取る際に、ホームページをチェックしてどんなキャンペーンが行われているかを確認してください。うまくキャンペーンの時期に申し込みや見積もりができれば保険料だけでなく、プレゼントがもらえるかもしれません。

三井ダイレクト損保

三井住友海上
(画像出典:https://www.ms-ins.com/)

各損害保険会社は自動車保険の一括見積もりとは別に、見積もりなどでプレゼントなどがもらえるキャンペーンを実施していることがあります。そのうちの一つが三井ダイレクト損保です。

三井ダイレクト損保は三井住友海上が所属するMS&ADホールディングスの傘下にある損害保険会社で、ダイレクト型自動車保険をはじめとした通販型保険商品の販売を行っています。

三井ダイレクト損保の自動車保険に関するキャンペーンは不定期ではあるものの、契約者の中から豪華賞品が当たるキャンペーンを実施していることがあるので、最新の情報をWEBでチェックすることをお勧めします。

またインターネット割引などの特典もあるので保険料を下げたい場合見逃せない保険商品です。

乗合保険代理店

電卓とパソコン

保険用語の乗合保険代理店とは複数の損害保険会社を取り扱っている代理店のことを指します。中には生命保険と損害保険の両方を取り扱っている代理店もあるため、自動車保険の見積もりと合わせて生命保険や医療保険の見直しをすることも可能です。

駅前型の保険代理店などは乗合保険代理店に含まれます。代理店独自のキャンペーンを実施していることが多く、店舗で見積もりを取るだけでキャラクターグッズやクオカードなどがもらえることもあります。

保険のビュッフェ

保険のビュッフェ
(画像出典:https://www.hoken-buffet.jp/)

保険のビュッフェはいわゆる乗合型代理店の一つで、駅前やショッピングモール内に支店を展開することで、保険をより身近に提供するサービスを実施しています。

店舗にはファイナンシャルプランナーが在籍しているので、いつでも気軽にプロの意見を聞くことができ、補償内容に加えて、将来の生活設計などの相談も気軽にできるというメリットがあります。

保険のビュッフェでは無料の自動車保険見積もりサービスも実施しています。複数の自動車保険の中から最適なプランや保険商品をチョイスできるので、初めての人でも安心です。

定期的にオリジナルグッズのプレゼントキャンペーンを実施しているので、ホームページでどんなキャンペーンをしているかチェックしてみましょう。

ガソリンカード

財布に入ったカード

ガソリンカードのWEBサイト経由で自動車保険の見積もりを行うという方法もあります。これは意外と知られていないサービスで、実はねらい目です。

ガソリンカードにはクレジットカード一体型のものや、各種ポイントカードと連携しているものなどがあり、それぞれ自動車保険の見積もりや契約に際してポイントの付与などのキャンペーンを実施しています。

キャンペーン内容は各ガソリンカードで異なるので、それぞれのWEBサイトをチェックしたり、カード発行会社から送られてくる毎月の情報誌などをチェックしたりするのがおすすめです。

もしかしたらポイントがもらえたり、オリジナルグッズがもらえたりするかもしれません。

シェルPontaカード

シェルポンタカード
(画像出典:http://www.showa-shell.co.jp/carlife/cardservice/ponta/credit-ponta.html)

シェルPontaカードは昭和シェル石油が発行するポイントカードです。クレジットカード一体型で、ローソンなどでも使えるPontaのポイントがたまります。

シェルのガソリンスタンドで給油を定期的にしているなら、シェルPontaカードは絶対に入会しておきたいツールです。入会時のポイントプレゼントや豪華プレゼントキャンペーンもあります。

シェルPontaカードに入会した後はインズウェブをチェックしてみましょう。インズウェブとは自動車保険の一括見積もりができるサービスで、Pontaカード会員限定でプレゼントがもらえるキャンペーンが実施されていることがあります。

かつてはケンタッキー・フライド・チキンのクーポンがもらえるなど、見積もりだけでもプレゼントがもらえるキャンペーンを実施していました。

一括見積もりなら2重キャンペーンが可能

パソコン

自動車保険をもっとお得に契約したいと思う場合、おすすめなのが一括見積サービスの併用です。一括見積もりをするだけでも、キャンペーン特典がもらえることがありますし、抽選で豪華賞品が当たることもあります。

一括見積もりと合わせて、他のダイレクト型自動車保険の見積もりを取ると、さらにキャンペーン特典がもらえることもあります。

つまり一括見積もりサービスを活用すれば、保険料を抑えることができるだけでなく、プレゼントがもらえる、いわばキャンペーンの2重取りが可能です。

せっかく自動車保険の見直しをするのですから、できればお得に契約をしたいと思うはずです。最新のキャンペーン情報をチェックしておくのがキモです。

無駄な保険料を見直せる!
安くてお得な自動車保険を選ぶなら『一括見積もり』を使え

自動車保険一括見積もりの流れ

無駄をなくした高すぎない保険料で、なおかつ、いざという事故にもしっかり対応できるプランがあれば、最も安くてお得な保険と言えるでしょう。



そのような保険を実現するためにはまず、次のポイントをおさえておくことが必要です。


お得な保険プランを実現するためには…
  • 保険内容を見直す前に保険会社を見直す

現在、あなたが加入しているのとまったく同じ内容のプランであるのに、ほかの保険会社では数万単位で保険料が安い可能性があります。別な見方をすれば、同額の保険料なら、より充実した保険にすることだって可能です。

スーパーワンポイント契約中の保険はいつでも解約が可能です。

ただ、問題になってくるのが、いくつもの保険会社に見積もりを作成してもらう手間ひま。4~5万円ほど安くなるから!と言われても、実行するのは大変です…。



そこで役に立ってくれるのが「自動車保険一括見積もり」サービス。これを使えば様々な有名保険会社の見積もり結果を同時に比較し、検討することができます。それも時間はたった3分ほど。



以下が、実際に保険スクエアbang!を試した時の結果です。


見積もり

一括見積もりの結果
  • 【契約中だった保険料】約72,140円
  • 【見積もりの最安値】アクサダイレクト27,620円
  • 【見積もりの最高値】三井ダイレクト損保39,380円

最高値の見積もりであっても、契約中の保険料との差額は3万円以上。最も安い保険料と比較するとなんと今より『44,520円』も安くなります。



これは決して稀なケースではありません。大多数の方が見積もりをすると、現在の保険料の高さに驚く結果となるでしょう。



見積もり額は現在の保険内容、希望条件をもとに算出されますが、保険会社によっては補償内容や特約などの変更を想定したより節約できる保険プランまでも教えてくれます


自動車保険一括見積もりについて
  • 一括見積もりサイトで入力するだけ
  • すべて無料
  • 入力は自動車保険証券の内容・氏名やメールアドレスなど
  • たった3分ほどの入力
  • 入力後、リアルタイムで見積もり比較
  • 営業電話なし!電話のやり取り不要

「自動車保険一括見積もり」サービスを提供するサイトは複数ありますが、当サイトで紹介しているのは信頼性が高いところのみです。



保険スクエアbang!』は株式会社ウェブクルーという大手企業が運営していますし、『インズウェブ』のSBIホールディングス株式会社はソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたものです。



安全に使える便利なサービスなので、使わなければ損!と断言できます。無駄な保険料を毎年支払い続ければ、その金額は数十万、数百万となっていきます。



ぜひ早いうちに、どこよりも安く、どこよりもお得な保険を調べて加入してください。

最後に当サイトがおすすめする自動車保険一括見積もりサイトをランキングで紹介しておきます。どれを使かえばいいか迷った方は参考にしてください。


【編集部おすすめ】日本で最初の自動車保険比較サイト『保険スクエアbang!』

『保険スクエアbang!』
  • 最大19社の見積もりが可能
  • 大手優良企業「株式会社ウェブクルー」が運営
  • 1998年からの実績があって安心して使える

業界トップクラスの利用者数『保険の窓口インズウェブ』

インズウェブ

『保険の窓口インズウェブ』
  • 最大20社の見積もりが可能
  • ソフトバンクグループの金融関連企業が運営
  • 利用者数900万人突破

一目でわかる!参加中の大手保険会社の比較一覧表

参加保険会社 保険スクエアBang! インズウェブ
アクサ損害保険
イーデザイン損害保険
セコム損害保険
ソニー損害保険
チューリッヒ保険
三井ダイレクト損害保険
SBI損害保険
セゾン自動車火災保険
Chubb損害保険 ×
あいおいニッセイ同和損害保険
楽天損害保険
共栄火災海上保険
損保ジャパン日本興亜
東京海上日動火災保険
日新火災海上保険 ×
三井住友海上火災保険
AIG損害保険
全労済 ×
リロケーション・インターナショナル ×
シースタイル ×
福島銀行 ×
神奈川県民共済生活協同組合 ×
Life&Style ×

『保険スクエアbang!』と『保険の窓口インズウェブ』ではどちらも有名どころの保険会社が参加しています。



保険会社は信頼できる一括見積もりサイトでなければ提携しないため、『保険の窓口インズウェブ』と『保険の窓口インズウェブ』が安全な証明であると言えます。



当サイトではどちらの一括見積もりサイトも利用しましたが、見積額に大きな違いはありませんでした。ただ、日本初の比較サイトなので保険スクエアbang!の方が信頼感は上です。



どちらか迷っている方は、保険スクエアbang!を選択すれば間違いありません。


(※SBI損保含む大手損保16社を無料比較)

まとめ

サラリーマン

自動車保険の見積もりはやらないよりはやったほうが断然お得です。もし見積もりを取るなら一括見積もりを必ず選択してください。

一括見積もりをしないと、キャンペーンでもらえるはずのプレゼントがもらえなくなってしまうので、それだけでもかなり損をしてしまいます。ここでも紹介した通り、複数のサービスを必ずチェックしましょう。

キャンペーンは一括見積サービスに加えて、各ダイレクト型自動車保険のホームページ、ガソリンカードやポンタなどのポイントカード経由でも利用できます。とにかくできるだけ多くの情報を集めておくことが大切です。

ダイレクト型を契約するだけで数万円の保険料が節約できることがありますし、それに加えてプラスアルファのプレゼントももらえるのでお勧めです。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る