自動車保険のミカタ

楽天

『楽天自動車保険』一括見積もりを試してわかったメリット・デメリット

楽天自動車保険の一括見積もりサービスに注目が集まっています。楽天といえばネットショッピングモール(ECサイト)の大手で、近年さまざまな事業展開を行い、経営手腕がたびたびニュースでも話題になっています。

楽天というネームバリューとネットショッピングモール運営で培った情報発信力は他社を圧倒します。楽天自動車保険の一括見積もりは果たしておすすめだといえるのでしょうか。

評価が分かれるところですが、現在楽天自動車保険の比較サイトは価格コムが運営しています。価格コムはすでに自動車保険の一括見積もりサービスを運営してきた実績があるため、楽天についても概ね高評価になっています。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

【体験レビュー】楽天自動車保険は評判通り?自動車保険一括見積もりを使ってみた!

見積もり

楽天の自動車保険一括見積もりサービスは大型ランキングサイトの価格コムが運営しています。

価格コムにも一括見積もりがあるので、コンテンツにどのような違いがあるのかなどを踏まえて、体験レポを用いて説明したいと思います。

楽天の自動車保険一括見積もりサービスの手順一覧

【手順1】愛車の情報(自動車保険証券を用意)

見積もり1

一括見積もりをするにあたって、用意しておくといいのは保険証券と免許証だけです。どちらも自宅や車に保管してあります。保険未加入者の方は保険証券がないので車検証を準備しておきましょう。

画像のスタートボタンの下には「※本サービスのご利用にあたっては、下記「メールマガジンの購読」がご利用条件となります。」と書いてあります。

これはお持ちのアドレスに、マガジンメールが送られてくるということですが無料なので費用はかかりません。また、マガジンの配信設定もできるので特に問題はありません。

見積もり1-1

スタートボタンを押すと上のページに飛びます。見ての通り、楽天会員でなければ新規登録する必要があります。

先に楽天自動車保険の概容を伝えておくと、価格コムの一括見積もりサービスとほぼ同じです。価格コムの方では登録制はありませんので、こちらを利用するのもいいかもしれません。

トップ

【体験談】価格コムの自動車保険サービスは評判通り?一括見積もりしてみた

【体験レビュー】価格コムは評判通り?自動車保険一括見積もりを使ってみた! ……続きを読む

【手順2】車の付加情報(現在の自動車保険の加入状況)

2-1

最初に現在保険に加入しているかどうかを選択します。ここで紹介するのは「加入者」の場合の流れになりますが、どちらも大まかには同じなので未加入者の方も参考にできるかと思います。

「形式」から車情報を入力していきます。お持ちの保険証券に書いてあるので、探して入力すればオッケーです。

2-2

車のナンバーも「登録番号」として保険証券にあります。

入力内容はこの保険証券の情報と、氏名やアドレスなどの個人情報だけなので、いちいち手間をかけて調べないと分からないような内容はありません。

【手順3】現契約情報

3-1

3-2

このページでは保険内容の情報を選択していきます。

プラン変更を考えている場合、その内容を入力しても問題ありません。

一括見積もりサイトは複数あるので、あらゆるプランでいくつか試算してみて、保険料の相場を感覚的にでも把握しておくとよりお得な保険が見つかるかもしれません。

ちなみにですが、楽天一括見積もりのページと価格コムの仕様はまったく同じです。

【手順4】運転者情報(個人情報入力)

4

「使用目的」や「年間予定走行距離」についてはっきり分からない方は「?マーク」を押すと参考説明がのせてありますが、この項目については大まかであっても問題ありません。

【手順5】保険契約者の情報

5

見積もり結果は複数社から送られてくるので、スマホのアドレスではなく、パソコンのフリーアドレスなどを使うことをおすすめします。フリーアドレスは簡単に作れるので、仕事用にお持ちのアドレスとは別に、こういった用途のために持っておけば何かと便利です。

これですべての入力が完了になります。

注意!

なお、入力完了後に営業電話がかかってくることはありませんでした。

【手順6】情報確認・入力完了

6

「かんたん5分」と書いてありましたが、時間にして3分ほどで完了できました。

入力確認の際には見積もり可能な保険会社を教えてもらえます。私の場合には6社でした。

【手順7】プレゼント応募のアンケートフォーム

7

最後の入力フォームとしてアンケートがあります。アンケートに答えると、プレゼントがもらえます。詳しくは「楽天の自動車保険一括見積もりのキャンペーン」で説明します。

回答項目は主に、現在の保険会社についての内容で、必須入力はおおよそ20項目ほどです。

7

最後に、欲しい商品を選択すれば完了です。

【手順8】保険会社からのメール&見積もり結果…驚くほど保険料が安くなる!

9

見積もり結果についてはメールないしハガキによって送られてきます。

私の場合には入力完了後、一分も待たずに6社中3社からメールが届き、上のような結果を知ることができました。

見積もりの価格相場は2万~3万円台でした。私の保険料は『72,140円』だったので、無駄な保険料を払い続けていることが分かります。

これは決して稀なケースではなく、今すぐにでも保険の見直しをした方がいい損な契約をしている方が多いです。

楽天自動車保険のメリット&デメリット

チェック

楽天自動車保険の一括見積もりサービスは無料で利用できるサービスですが、やはりメリットとデメリットが混在します。それぞれを比較して検討すればこのサービスを利用してもよいかどうかがわかると思います。

楽天自動車保険のメリット&デメリット一覧

【メリット1】特典プレゼントがもらえる

キャンペーン

あとで詳細を説明しますが、楽天会員となり一括見積もりサービスを使うことで、今ならコシヒカリや牛丼のギフト券をもらうことができます。

価格コムの一括見積もりの方は抽選になりますが、こちらはプレゼントです。無料で見積もりができるうえに、商品までもらえるので、これは大きなメリットと言えるでしょう。

【メリット2】楽天会員による自動車保険満足度ランキング

ランキング

実際に楽天自動車保険を利用した方のアンケートをもとにした保険会社のランキングを調べることができるサービスがあります。

ランキングに表示された保険会社をクリックすると、保険会社についての以下のような情報もチェックできます。

  • 口コミ
  • サービス内容
  • 事故対応
  • 特約の取り扱い
  • 主な割引
  • 会社概要

見積もり結果が出たあと、各自動車保険会社について情報を知りたい方はこのサービスを使うと便利です。

【デメリット1】見積もりを一覧比較できる表がない

メール

楽天自動車保険では、入力後、上のような案内メールしか届きませんでした。見積もり結果の一覧表がないことは大きなデメリットと言えるでしょう。

保険スクエアbang!」のような自動車一括見積もりサイトの場合、以下のようなデータを提供してくれます。

見積もり

各保険会社が横並びとなって最安値から最高値までひと目で分かるうえ、この画像では見えませんが保険内容の概容も表示してくれます。また、そのページから保険会社のサイトへ好きに飛ぶこともできて便利です。

楽天自動車保険の場合、メールボックスから各保険会社の見積もり結果メールを開け、それぞれの金額を把握しながら比較する面倒がありました。これは価格コムについても同じです。

【デメリット2】楽天会員しか一括見積もりサービスが使えない

最初に説明したように楽天会員にならないと楽天自動車保険のサービスは使えません。

楽天はショッピングなど何かと使い勝手がよく、会員登録する価値は十分にありますが、余計な手続きを省きたい場合には別の一括見積もりサイトを使う方が手軽かもしれません。

保険スクエアbang!』や『インズウェブ』といった一括見積もりサイトがおすすめです。

楽天の自動車保険一括見積もりのキャンペーン

特典

キャンペーンは不定期で実施されているので、最新情報は楽天自動車保険のサイトをチェックする必要がありますが、ここ最近行われているキャンペーンは次の通りです。

対象期間は「2019年1月21日~」となっており、予告なくキャンペーンを終了する場合もあると書いてあります。

一括見積もりをしたすべての方にプレゼントされ、商品はお米、すき家牛丼のギフト券、楽天オリジナルぬいぐるみの3点から選ぶことができます。

お米(コシヒカリ)をプレゼント

千葉県産コシヒカリ1等米750gで、見積もり日の翌月末までに到着予定です。

すき家牛丼並盛ギフト券

見積もり日の翌月10日までに到着予定です。

これについてはデジタルチケットで、利用するにはスマホが必要となります。また、プレゼント到着月の翌月末までの有効期限なので注意しましょう。

楽天オリジナルぬいぐるみ

ぬいぐるみ

お米やギフト券のほか、こういうぬいぐるみのプレゼントも用意してあります。

自動車保険一括見積もりの総合評価

チェックリスト

楽天自動車保険の一括見積もりはユーザーからある程度の評価を得ていることがわかります。コンテンツもすべて価格コムが運営している関係上、価格コムの自動車保険一括見積もりと内容は基本的に変わりません。

そのため、サイトの見やすさ、情報の配列などはさすが価格コムといった感じです。ただし楽天の場合、価格コムよりさらに見やすさを追求しています。サポートは価格コムが行っていますが、運営自体は楽天が行っています。

楽天で保険料を比較できる保険会社一覧

ビジネスウーマン

楽天自動車保険の一括見積もりに参加している保険会社は随時変動があります。また、個人の状況、車両情報などによって見積もりしてくれる会社数も変わります。先に書いたように私の場合には6社でした。

  • チューリッヒ
  • 三井ダイレクト損保
  • アクサダイレクト
  • SBI損保
  • イーデザイン損保
  • セゾン自動車火災保険

一括見積もりの参加会社とは別の話になりますが、楽天自動車保険で扱っている損害保険会社の数でいえば16になります。これは価格コムと同じです。

楽天自動車保険を扱っている損害保険会社一覧
  • アクサダイレクト
  • イーデザイン損保
  • SBI損保
  • セゾン自動車火災
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜
  • そんぽ24
  • 東京海上日動
  • チャブ保険
  • チューリッヒ保険
  • 日新火災
  • 富士火災
  • 三井海上
  • 三井ダイレクト損保
  • 楽天損保
  • 全労災

楽天自動車保険ではダイレクト型自動車保険、代理店型自動車保険を選択肢に入れられます。自動車保険と性質が若干異なる全労災の自動車共済も比較対象に入れられるので、保険料重視で比較する場合に最適です。

楽天の自動車保険一括見積もりの特徴と概要

計算

楽天自動車保険の一括見積もりサービスにはどのような特徴があるのでしょうか。概要を簡単に説明すると次のようになります。

  • 自動車保険ランキング
  • 自動車保険の選び方に関するコラム
  • 取り扱い自動車保険と口コミ
  • キャンペーン情報

自動車保険ランキングについては価格コムと連動しているため、内容は価格コムと変わりません。最新のランキング情報が掲載されているので、今売れ筋の自動車保険がすぐにわかるようになっています。

自動車保険の選び方に関するコラムも興味深いコンテンツです。ファイナンシャルプランナーなどの保険のプロが自動車保険についての疑問に答えています。

そのほかにも自動車保険の見直し時期の選び方や保険料の安い自動車保険の落とし穴など、素人ではわかりにくい情報が手に入ります。

キャンペーン情報コーナーでは一括見積もり利用者向けのプレゼントキャンペーンなどが告知されているので、今見積もりするとどれほど得かがわかるようになっています。

楽天の自動車保険一括見積もりの口コミ&評判

スマホを持つ男性

楽天自動車保険の一括見積もりを利用する前にチェックしておきたいのが、サービスを利用したことがある人の口コミや評判です。前もってチェックすることで、自分に合ったサービスかどうかがわかります。

良い口コミ&評判

さすが楽天の自動車保険一括見積もりサービスだけあって、選べる保険会社が多いのがうれしいですね。10社の見積もりを取って比較できました。おかげで保険料をかなり節約できたので助かりました。

楽天パンダのぬいぐるみがもらえるキャンペーンがあったのが決め手になりました。ラインスタンプも気に入っているので、これはとてもいいキャンペーンだと思います。これからも続けてほしいなと思いますね。

見積もりサイトへのアクセスの前に自動車保険のコラムを確認して保険選びができるのがいいと思いました。自分で選ぶことになるので、知識がないのは不安です。それが解決できたのでお勧めしたいですね。

悪い口コミ&評判

楽天の自動車保険一括見積もりサービスだと思っていたら、価格ドットコムのサイトに飛ばされました。楽天がやっているように見せかけて実は違うんですね。それならわざわざ楽天を名乗らなくてもいいのではと思います。

いろいろな会社が選べるのはいいのですが、多く選択しすぎてどの保険会社がいいのかかえって煩わしくなってしまいました。多いというのはいいようでそうでもないですね。できれば3社くらいに絞れるといいのかなと思います。

コンテンツを見ていて思ったのですが、価格コムの一括見積もりサイトと同じ構成です。価格コムの自動車保険ランキングはあてにならないと聞いていたので、これはやばいなと思いました。

『保険スクエアbang!』と『保険の窓口インズウェブ』がおすすめ

相談

楽天自動車保険の一括見積もりを検討している場合、ほかにも一括見積もりサービスがあることをご存知でしょうか。

楽天自動車保険の一括見積もりサービスは実質的に価格ドットコムと同じになりますが、それらよりも専門的かつ評価の高い一括見積もりサービスである『保険スクエアbang!』や『保険の窓口インズウェブ』がおすすめできます。

保険スクエアbang!(※編集部おすすめ)

スクエアbang

当サイト編集部がおすすめする『保険スクエアbang!』の一括見積もりサービス。

保険スクエアbang!は、顧客満足度が高いだけでなくファイナンシャルプランナーによる充実した保険コンテンツなど、初めて自分で自動車保険を選ぶ場合でも、失敗しないための工夫が盛りだくさんです。

実際に編集部で保険スクエアbang!を体験してみたところ、「72,140⇒27,620円」になり、44,520円も節約になりました。

『保険スクエアbang!』
  • 最大19社の見積もりが可能
  • 大手優良企業「株式会社ウェブクルー」が運営
  • 1998年からの実績があって安心して使える

『保険の窓口インズウェブ』

インズウェブ

インズウェブは保険の窓口が運営する自動車保険一括見積もりサービスです。

利用者数は900万人と他の一括見積もりサービスを圧倒しています。しかも保険料を安くできたと感じる人が続出しています。

『保険の窓口インズウェブ』
  • 最大20社の見積もりが可能
  • ソフトバンクグループの金融関連企業が運営
  • 利用者数900万人突破

まとめ

楽天

楽天自動車保険の一括見積もりサービスを見てみると、運営は楽天株式会社ですが、サイトのサポートや作成は価格ドットコムが担当しているため、楽天の純粋なサービスというわけではないということに気づかれたことでしょう。

もちろん価格ドットコムは信頼できるサイトですから問題ないのですが、楽天の独自性が薄れているのは残念なことです。

楽天の自動車保険一括見積もりサービスを利用する際には、良い口コミとそうでないものを比較することに加えて、メリットとデメリットも把握しておきましょう。できれば他の一括見積もりサービスの内容も確認してから決めることをお勧めします。

スクエアbang

【体験レポ】保険スクエアbang!は評判通り?一括見積もりしてみた!

『保険スクエアbang!』試してみたいけど…しつこい営業電話はないのか? ……続きを読む
インズウェブ

自動車保険インズウェブは評判通り?一括見積もりしてみた【体験談】

【体験レビュー】保険の窓口"インズウェブ"は評判通り?実際に一括見積もりしてみた……続きを読む

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る