自動車保険のミカタ

インズウェブ

自動車保険『インズウェブ』で一括見積もりしてみた【体験レポあり】

有名な一括見積もりサイトといえば『インズウェブ』。

自動車保険の費用をなるべく安く済ませたい方なら、いくつもの保険会社の見積もりを同時に比較できる一括見積もりサービスを試してみようと考えているはず。

今回はメジャーサイトである「保険の窓口インズウェブ」は利用する価値があるか体験してみました。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

【体験レビュー】保険の窓口”インズウェブ”は評判通り?実際に一括見積もりしてみた!

業績

自動車保険一括見積もりの数あるランキングでトップを獲得する『保険の窓口インズウェブ』。

利用者数や満足度が高いということは、評判のいい会社であるのは間違いありません。

それでも、いざ使うとなると面倒なことが起きないか、時間の無駄にならないかと気にはなります。そこで実際に使ってみることにしました。

業績理由

公式ページにはこのように人気の理由が説明されていました。1と2については他の一括見積サイトでも同様のサービスがあります。

たとえ保険会社と契約することになっても、『保険の窓口インズウェブ』に対して支払いが発生することは絶対にありません。また、見積もり結果が入力完了しだい、すぐに分かるのも確実です。

やはり引っかかるのは3です。安くなった平均額は試さない限り、まゆつばもの。ますます本当かどうか知りたくなり、さっそく見積もりをスタートしました。

ちなみに私の現在の保険料は約70,000円です。

1.車の情報

見積もり

説明にあるようにまずは自動車保険証券を用意します。最後までその書類の情報を入力していけば完了できるようになっています。

一括見積サービスを使えない方もいるので必ずチェックしておきましょう。

見積もり

例えば満期日を過ぎている方は、直接保険会社に問い合わせてくださいといった案内が出てきます。

見積もり 最初に入力するのが車の情報です。初めて自動車保険証券を目にする方などは、細かい字でびっしり情報が載っているので探しにくいかもしれませんが、必ずどこかには書いてあります。

2.車の付加情報

見積もり

見積もり

自動車保険加入者か、未加入者かを選択します。当然、その後の手続きの内容は違ってきます。

私は加入者なのでその流れについて話を進めていきますが、大きな流れはどちらも同じです。

見積もり

入力に迷いがちなのが、予想される年間走行距離です。あまりぴんとこない方も多いはず。「悩まれている方」というボタンを押すと、スムーズに選択できるような説明をしてくれます。

その説明の一部が以下です。

見積もり

他の一括見積サイトも使いましたが、確かに「分かりやすさ第1位」だけあって、他よりもより親切なページ設計になっています。

 見積もり

わざわざこんな念入りな選択まで設置されています。

ちなみに、すべての一括見積サイトが同じ選択項目というわけではありません。見積もりできる条件も分からずに入力をスタートしてしまい、後々になってからできないことが判明して徒労だったということもあります。

スーパーワンポイント見積もり初心者の方でも十分に安心して使えます。

3.現契約情報

見積もり

書いてあるように、ナンバーは自動車保険証券の「登録番号」がそれにあたります。

見積もり

事故有係数適用期間」に関しては保険証券にその言葉がなければ「0年」です。

見積もり

このあたりから見慣れない用語が増えてきますが、書類から探して見つけるだけなので途中で次に進めないということはありません。

入力項目数は他サイトよりもわずかに多いという印象ですが、だからといって面倒くさいと感じる分量ではありませんでした。ちなみに私は4分ほどで入力完了しました。

4.運転者情報

見積もり

見積もり

見積もり

婚姻状況や職業など詳しく尋ねられます。ここで注意した方がいいのは選択欄の下から2番目にある「保険契約者との続柄」です。

この辺の内容をあまり分かっていない方は念のために「よくある間違い」で確認してから選んだ方がいいです。

この選択欄では下記のように保険契約者から見た、運転者の続柄を選びます。

見積もり

例えば保険契約者が夫であり、運転者も夫だとします。しかし見積もり入力しているのは妻。この場合だと、妻は無関係であり、運転者の続柄は「契約者本人」となります。

実際の「よくある間違い」ページでは、例のボタンを押せば下の図も変化するので、様々な状況に対応してくれます。

5.保険契約者の情報

見積もり

見積もり

 見積もり

先ほどは運転者の情報でしたが、今度は保険契約者の方の情報を打ち込んでいきます。電話番号やメールも必須です。

見積もり結果の詳細はメールで届きますが複数社から入るので、パソコンのフリーアドレスなどを使うのがおすすめです。なお、入力完了後、電話がかかってくることはありませんでした。

6.保険契約情報・保険に対する希望

見積もり

見積もり

入力完了まであとわずかです。

車両保険金額」は上のように自動算出されるので、変更したい場合は保険会社と相談する形になります。

見積もり

見積もり

ここまではどのサイトでも必ず入力する内容ですが、『保険の窓口インズウェブ』では「保険に対する希望」というのがあります。

見積もり

私の場合には「とにかく価格」を選択しました。また、アドバイスは「希望しない」としておきました。

7.情報確認・入力完了

 見積もり

入力情報に誤りがなければこれで入力は完了となります。

見積もり

7社の保険会社が見積もり請求が可能となっていました。ちなみに他の一括見積もりサイトを使いましたが、上の7社という結果は変わりませんでした。

「見積もりをget」を押すと次のページに移ります。

見積もり

入力が完了した直後にはもう見積もり結果を確認することができます。本当に早いです。

その時は7社中6社の見積もり結果を待たずに見ることができました。

8.見積もり結果

見積もり

それぞれの保険会社の見積もり内容がずらりと並んだページに飛びます。

私の場合、最も安かったのはチューリッヒのネット専用自動車保険で、26,890円。最高値でも37,030円でした。

私が払っている保険料は約70,000円ですので、最初に触れた「平均30,879円/年の節約」とインズウェブが謳っているのは嘘ではありませんでした。すぐにでも契約を変えるべきだと痛感させられる結果となりました。

ちなみに以下のようなメールが届きます。

見積もり

各保険会社ごとの見積もりに関するメールです。こちらも、メールが送られてきたのはこの時とハガキ配送のお知らせの時ばかりで、営業メールがひたすら届くということもありません。

9,ハガキによるプラン案内

ハガキ

ハガキ

メールが届いてから三日後に自宅にハガキが届きました。どの保険会社のハガキも、私が入力した条件とは違ったプランまで案内してくれていました。

上のように依頼プランよりもさらに価格設定を下げたプランまで紹介してくれたので、まだ安くできるのかと驚きです。

『保険スクエアbang!』と体験比較してみた

『インズウェブ』と並んで有名な一括見積もりサイトである『保険スクエアbang!』も実際に使ってみました。両方のサイトを比較し、使いやすさや見積もり結果などについて報告します。

入力項目(内容と数量)

入力項目は内容の点でほぼ変わりありませんが、『インズウェブ』の方がやや詳しく入力する必要があります。

例えば『保険スクエアbang!』では

  • 居住形態
  • 婚姻状況
  • 職業

といった入力はする必要がありませんでした。細かく情報を教えることで見積もり結果の精度があがるのかと思いきや、あとで説明しますがそうでもないようです。

見積もり可能な保険会社

両方を使うまで、紹介される保険会社に違いがあるのだと思っていましたが、結果はどちらもまったく同じ7社からの提案でした。

それぞれの公式ページを調べれば

  • インズウェブ:最大20社
  • 保険スクエアbang!:最大19社

という数で見積もりしてもらえます。有名な保険会社の見積もりはすべて、どちらを使っても知ることができます。

見積もり結果

これもまたサイトを変えたからといって、見積もり結果が変化するというわけではありませんでした。

よく考えれば当然かもしれませんが、いずれにせよ、この二つのサイトについていえるのはどちらも何ひとつ不安を抱くことなく、信用して使えるということです。

『インズウェブ』のメリット・デメリット

『インズウェブ』のメリットはやはり、その使いやすさだと思います。

一括見積もりの初心者であっても、困らず使えるようなページデザインになっており、入力中に煩わしさを感じることはありませんでした。また、保険会社同様、見積もり完了後に連絡してくることもありません。

運営会社についても、SBIホールディングス株式会社という大企業です。もともとは誰もが知っているソフトバンクグループの金融関連企業として設立されました

そういう点でも安心して利用でき、かなり信頼性の高いサイトであることが分かります。

まとめ

一括見積もりのどのサイトを使えばいいか迷ったら、まずは『インズウェブ』を使うことをおすすめします。

信頼性も高く安心して利用できますし、手続き面でもシンプルで何一つ面倒はありません。使い終わればそれっきりでも全然問題ないので、十分に満足できること間違いなしです。

上に戻る

ページの上に戻る