自動車保険のミカタ

おもちゃの車とお金

自動車保険『一括見積もりサービス』とは?【メリット・デメリット】

任意保険で受けられる補償は、被害者の救済だけではなく、あなたや家族の人生を守るものでもあります。安くなるからと安易に補償を外すのではなく、重要性を再確認することが大切です。

もしもの時に、個人では支払うことが出来ない賠償費用を肩代わりしてくれるのが任意保険です。加入した分だけ保険料が上乗せされることになりますが、万が一交通事故の加害者となった場合の万全な備えとして、きちんと押さえておきましょう。

ここでは任意保険で必ず押さえてほしい補償内容について、詳しくご説明します。最低限の補償はそのままに、保険料を節約する方法についてもご紹介しますので、参考にして下さい。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

自動車保険の一括見積もりサービスとは?

オフィス

一括見積もりサービスでは、以下のような多くのメリットを受ける事が出来ます。

  • 保険料を安く出来る
  • 自分の状態に適正な保険を選択できる
  • 比較をする事で知識を増やせる

自動車保険はダイレクト型の参入で飛躍的に安価になり、その人に合った保険を選べるようになりました。今まではどこの保険会社も、営業や高額な会社の維持費用などで自動車保険の費用はどこも大差はありませんでした。

近年規制が緩和され、通販型とも呼ばれるダイレクト型の自動車保険が広まっています。このダイレクト型はネット通販のようなスタイルで、営業や地方の事務所費用などが不要な為安価な保険料で提供できるようになっています。

自動車保険の一括見積もりとは、規制緩和により競争が激化した保険会社の中から自分に合ったものを選ぶ事が出来るサービスです。

自動車保険の比較と見直しができる

スマホを持つ女性

自動車保険の一括見積もりはネット上で完結していますので気軽に自動車保険の比較が出来ます。比較をする事で現状の保険と比較し、かなり保険料の節約が出来るようになります。

また無料で行う事が出来るため、家計の見直しを行う際に固定費の見直しは優先事項の一つで、保険料の見直しも盛んに行われています。

特にデメリットもなくメリットだけのサービスですので、一括見積もりを活用し比較する事で自分に合った保険を選ぶ人が多くなりました。

自動車保険の一括見積もりのメリット&デメリット

スマホを持つ男性

たくさんのメリットがあります。保険料が安価になるだけではなく、自分に適した保険を選ぶ事が出来る点は大きいです。また保険料が安くなる事により、家計のダイエットもする事が出来るようになります。

また必要な保障の見直しもする事が出来ます。その為現在受けている自動車保険のサービスが自分に合っているのか、確認も出来ます。

原付や自転車などの保険も特約でつける事が出来る保険とそうではない保険もありますので、必要な保障の有無は確認しておきましょう。

デメリット

メリットが多いように見えますが、デメリットもいくつかあります。一つは一括見積もりサービスでは自動車の車種、使用目的、加入している保険など個人情報が必要になります。個人情報が流出するリスクを感じる事はデメリットの一つですね。

他にもメルマガが届く場合もあるなど、迷惑と感じるメールが届く事もあるでしょう。

無料のサービスですし、必要情報のおまけという感覚での配信になるのですが、自動車保険一括見積もりだけを目的にしている場合、個人情報が流出していると感じるかもしれません。

注意!

デメリットではありませんが、比較情報はおおまかに保障を受けた場合の保険料が出てきます。細かい特約などは含む事が出来ませんので、注意しましょう。

補償内容や抑えるべき保険に注意

スマホを持つ男性

自動車保険一括見積もりでは価格が安くなる事が最大のメリットであり注目ポイントですが、補償内容にも注意が必要です。

スーパーワンポイント対人賠償責任保険と対物賠償責任保険、人身傷害補償、この三つの補償は最優先で必要な項目ですので、必ず最大補償額は確認しておきましょう。

走行距離の項目が細かく設定される保険は通常の保険と比較し、走行距離が短い場合安くなる傾向があり、保険料が安くなるには理由があります。

また補償額が抑えられている場合も保険料は安くなります。求めている補償内容が入っているか確認しておきましょう。

ただし自動車保険の内容を確認する知識がない場合、万が一の事故の時に補償額が抑えられており、不足してしまうなどという場合もあります。一括見積もりでの比較時は保険の補償内容、補償内容限度額は必ずチェックしておきましょう。

自動車一括見積もりをする前に準備すべきもの

チェックリスト

自動車一括見積もりサービスを使う場合、以下の情報が必要になります。

  • 自動車の車種 必要目的
  • 車の初年度登録年
  • 現在使っている保険
  • 現在の年間走行距離
  • 自動ブレーキの有無

入力は5分程で済ませる事が出来ますので、必要情報は準備しておきましょう。必要目的が通勤手段かレジャー目的であるか、走行距離の長短で大きく保険料負担額は違ってきます。

技術的に安定しているドライバーであり、事故を起こす可能性が低い年齢層である30代から40代のドライバーは一括見積もりで安価になる傾向があります。

入力すると複数の保険会社から年間の保険料が提示され、現在の自分の保険価格と比較をする事が出来ます。

注意!

注意点としては保険の保障限度額や特約の有無など細かい項目までは比較出来ない点があります。最終的には自分で情報管理しなければいけませんので注意しましょう。

代理店型orダイレクト型にすべきか悩むあなたへ

パソコンの前で落ち込む男性

自動車保険の一括見積もりではダイレクト型と代理店型の保険会社が出てきます。ダイレクト型は通販型とも呼ばれるタイプであり、規制の緩和と同時にこのタイプの保険が出てきた影響で、任意自動車保険は格安になってきました。

ダイレクト型は事業所や営業など人材、場所的コストが抑えられている為保険料を安くする事が出来ており、コストを抑えたい人に人気です。一方代理店型は身近に相談する事務所があり、保険締結時も詳細な説明を聞く事が出来ます。

補償内容、特約の相談など細かい内容まで対応してくれますので、必要な補償を自分の状況を話した上で任せたい場合は代理店型がお勧めでしょう。

スーパーワンポイント代理店のコストがかかる分保険料は割高になりますが、本来は一般的な自動車保険でしたので、高くなったとは感じないかもしれません。

代理店型とは?メリット&デメリット

話し合い

代理店型とは保険会社との間に、代理店が入り契約を行うタイプです。以前は代理店型がメインでしたが、今は保険会社が規制緩和により保険料を自由に設定できるようになった為、ダイレクト型で値段の差が出せるようになりました。

一番のメリットは保険のサポートをしてくれる点でしょう。身近に担当者がいる事になりますので、相談のしやすさも大きなメリットです。またその人に適した保険内容を考えてくれますので、プロに任せたい、そういった人にはメリットが多いサービスです。

また保険契約の他に、事故対応や事故があった際に保険会社にお金を請求するサポートなども行ってくれます。

デメリット

保険会社との間に立って調整してくれますので頼りになる存在ですが、代理店に相談するだけなら無料なのですが、代理店は契約時に手数料を得ています。

その分保険料に上乗せされていますので、ダイレクト型と比較すると高くなります。代理店型は保険サポートを任せる事が出来るメリットがありますが、手数料分毎月の保険料負担が高くなる点がデメリットです。

とはいえ保険の知識がない場合、自分にはどの場面でどういった補償が必要なのか考えてくれる代理店型保険は、なくてはならないものです。

ダイレクト型とは?メリット&デメリット

パソコンを見る男性

ダイレクト型の自動車保険のメリットはいくつかあります。

  • 保険料が格安である事
  • 保険変更時に追加サービスを受けやすい

特に変更してから初年度の保険料は非常に安く、初年度のみ一万円引き、二万円引きをする保険もあります。

一時期ダイレクト型は、保険料が安い事からロードサービスや実際に事故にあった場合保険がおりにくい、などの話がありましたがそういった事はありません。

実際に自動車保険の人気会社のトップはダイレクト型が占めており、満足度も高いです。保険の支払いが渋い、といった話は営利企業ではありますので代理店型でもそういった話はあります。

スーパーワンポイント保険がおりにくいというのは、どちらの対応の保険でもあり得る噂である、と言って良いでしょう。

保険は万が一の時のものですが、実際に事故に合う可能性は低いものです。その為シンプルに安い事が評価のポイントになり満足度も高くなります。

デメリットは自動車保険の知識がない場合、最低限の補償のみで入ってしまい、必要な特約などがあるのか判断出来ない場合がある事でしょう。

自分の状態、必要な保険内容の判断が出来ない場合、万が一の時補償内容が不足する可能性もあります。そのあたりの責任が取れない場合、事故時に不満が出る可能性があります。

代理店型orダイレクト型どちらを選べばいい?

タブレットを使う男性

代理店型、ダイレクト型共に自動車保険のタイプにはそれぞれメリットデメリットがあります。安さだけに拘る場合はダイレクト型一択になりますが、安心感が欲しい場合は代理店型がお勧めです。コストも大幅に高くなるわけではありません。

何かあった時に保険会社に直接ではなく、代理店を挟む事で得る安心感は大きいでしょう。

自己で責任が取れ、知識もあるので何が必要な保険であるか判断できる場合は、その分の費用を省いたダイレクト型がお勧めになりますので、その人に合っているかが大切です。

担当者がいる安心感を望むなら「代理店型」

話し合い

自動車保険の代理店はサポートとして保険契約の締結の他、保険内容を一緒に考え必要な保険の提示も行ってくれます。加えて事故があった際に保険料の代理請求も行ってくれますので、担当者の存在は安心感があるでしょう。

保険金請求時にお金を請求する、とあって抵抗感がある場合もありますので事務的に対応してくれる代理店型は万が一の時の安心感が強く、プロに任せる事が出来る点は大きなメリットです。

特に事故後は保険会社と交渉する気力もない場合も多いですので、代理で行ってくれる点は大きいです。

スーパーワンポイント代理店型は保険料が高めではありますが、本来はその保険料設定が当たり前でした。

代理店型を選択し続けたとしても大幅には安くならない、というだけで保険料が上がるなど現状が変わるわけではありません。そのままが良いという人は代理店型がお勧めですね。

満足度・保険料の安さなら「ダイレクト」

ペンで説明する女性

ダイレクト型の自動車保険の最大の特徴は、満足度の高さと保険料の安さです。代理店型と比較し3割ほど安い事も珍しくはありません。4割引き位になったという人もおり、毎月の保険料の支払い負担をかなり減らす事が出来ます。

一般的に自動車保険の毎月の目安は5000円程とされており、軽自動車最安で3000円台になる場合もあります。

その為5000円より高い場合はダイレクト型に変更する事で費用を安くする可能性は高く、3000円台の場合は逆に保険を変更しても保険料を安くする可能性は低くなります。

スーパーワンポイントダイレクト型は顧客獲得に力を入れており、変更後初年度のみ保険料割引が入る会社も多いです。その為定期的に保険会社を変更し毎年の保険料を安くしている人もいます。

保険料を安くしたいのが最優先であれば一括見積もりでダイレクト型を選びましょう。

保険料は安いですが、ロードサービス、事故対応の満足度は非常に高く保険会社の満足度ランキングで常に上位に入っています。安く実用性も高い保険としてダイレクト型は認知度、顧客数も増えており年々利用者は増加傾向にあります。

「代理店型」「ダイレクト型」が一目でわかる早見表

代理店型 ダイレクト型
三井住友海上 三井ダイレクト損保
富士火災 そんぽ24
東京海上日動 セコム損害保険
損保ジャパン日本興亜 ソニー損保
ゼネラリ保険 セコム損害保険
共栄火災 おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)
AIG損保 SBI損保
朝日火災 イーデザイン損保
あいおいニッセイ同和損保 アクサダイレクト(アクサ損害保険)

自動車保険会社は見直すべき?

スマホ

以前の自動車保険は保険会社が保険料を決める事が出来ず、どの会社も同じような価格帯でしたが、現在は同じ保障内容でも大きく保険料は異なるようになりました。自動車保険の一括見積もりで比較を行うと、年間保険料が数万円違う事も珍しくありません。

見直しをする事で保険費用をかなり削減出来ますし、保険料が安いとはいえ事故時の対応が悪いわけではありません。逆にダイレクト型の顧客満足度は高く、上位三位をダイレクト型の保険会社が占めています。

ダイレクト型の自動車保険は走行距離や自動ブレーキの有無など条件が細かいですが、その分安全性が高いドライバーは保険料が安く設定されています。

一括見積もりを利用して家計の負担を減らす

書類

自動車保険は事故に合わない場合等級が上がるにつれ保険料は安くなりますが、事故がないからといってキャッシュバックがあるわけでもなく、安い事で家計負担は軽くする事が出来ます。

自動車保険は自動車を所有している場合、必ず契約をしなければいけませんし、万が一の時の保障として必須なものです。

保険料は固定費の一つであり、なくす事は出来ません。一括見積もりでの費用削減は負担なく行う事が出来る為、家計の負担は積極的に減らしていきましょう。

保険会社を変えても等級は引き継げる

自動車保険の保険料を決めるポイントの一つに、ノンフリート等級があります。6級から始まって無事故なら一年に一回上がっていき、最大20等級まであります。逆に事故を起こした場合、等級は3ランク下がり3年間等級が上がる事はありません。

事故が起きた場合、安い費用であれば保険会社を呼ばず自腹で修理する人もいますが、これは等級が下がり支払い負担が高くなる事を避ける為です。

この等級ですが保険会社を変えたからといって、最初から上げなおしという事はなく引き継がれます。

【推奨】自動車保険の一括見積もりサービス厳選2社

パソコン

自動車保険の一括見積もりサイトは複数ありますが、以下の二つのサイトは人気が高いサイトです。

  • 保険の窓口(インズウェブ)
  • 保険スクエアbang(ウェブクルー)

自動車保険のマニュアルなど保険選びのヒントとなる情報も掲載されており、安くなった実例も掲載されています。

20社ほどの保険会社から一括見積もりで保険料の比較を行う事が出来、保険料が安くなった喜びの声も多いサイトです。

一度に多数のサイト検索可能でネット上で完結しますので気軽に比較しやすく、数分で自動車保険の比較を終了する事が出来ます。

1位:保険の窓口(インズウェブ)

インズウェブ(画像出典:保険の窓口「インズウェブ」)

保険の窓口インズウェブは、利用者900万人を突破した自動車保険一括見積もりサイトの中でも満足度と使いやすさ、利用者数と安心度やわかりやすさでトップの人気サイトです。

スーパーワンポイント20社から保険会社の比較を行う事が出来、大半の保険会社の保険料比較を行う事が出来ます。

準備に必要なものは車検証のみです。初めての場合は自動車の形式だけでも一括見積もり比較が可能。入力に必要な時間は5分程必要ですが、リアルタイムで保険料の一覧を見る事が出来ますので、比較が行いやすくわかりやすいでしょう。

車購入時保険も決めるものですが、ディーラーの場合選択肢も少なく、どの保険会社が良いか比較は難しいものです。

ですがサイトを活用すると保険料負担を減らす事が出来ますので、驚くほど安くなったと喜びの声も多いです。

保険の窓口(インズウェブ)の特徴

特徴の一つに保険加入時に重視する点を選択、とにかく価格を選択した場合最安値の見積もりを提示してくれます。補償と価格のバランスなどといった選択も可能であり、ユーザーが大切にしたいポイントを踏まえて教えてくれますので納得感も強いです。

また保険の窓口インズウェブの特徴として、ネット上で自動車保険だけではなくバイク保険や火災保険の一括見積もりを行う事も出来ます。

生命保険や学資保険の一括資料請求なども行う事が出来ますので、加入している保険自体の見直す機会にもなるでしょう。

SNSの口コミや評判(3選)

2位:保険スクエアbang(ウェブクルー)

スクエアバン(画像出典:保険スクエアbang!)

保険スクエアbangは、自動車保険一括見積もりサイトで二位の実績を誇るサイトです。最大17社の見積もりが可能であり、保険の窓口同様にリアルタイムでの一括見積もりを行うことが出来ます。

スーパーワンポイント予約機能も備えており、好きなタイミングで見積もり結果を見る事が出来ます。

自動車保険は満期のタイミングで変更を行うのですが、そのタイミングを忘れる人も多いでしょう。

その為、満期日お知らせメールで変更や更新を忘れる事を防いでくれます。無料で使用出来るシステムですので、保険選びのサポート機能の充実さは評価が高いです。

簡単に比較ができる

必要情報の入力に必要な時間は最短で5分程で、車検証と保険証、免許種など資料を準備しておくと速やかに行う事が出来ます。

希望の補償内容と補償可能金額、希望の特約など細かい仕様も選択可能であり、7項目全て入力する事で比較情報を見る事が出来ます。

メールだけでなく、郵送で送ってもらう事も出来ます。注意点として、下記などの一括見積もりは行う事が出来ません。

  • キャンピングカー
  • 普通貨物車
  • 営業車やバイク

保険スクエアbangでは自家用車のみが対象となっており、3ナンバーや7ナンバーの車両は見積もり出来ませんので気をつけましょう。

保険一括見積もりサイトの最大のメリットである手軽に比較を行う事が出来る、その点で評価の高いサイトです。

同じ条件下での比較になりますので、保険料の比較もしやすいです。代理店型、ダイレクト型に関わらず多数の保険会社の比較が出来ますので、一度やってみて損はないサイトでしょう。

「保険の窓口」「保険スクエアbang」を比較

天秤

「保険の窓口」「保険スクエアbang」はそれぞれ自動車保険一括見積もりサイトで上位のサイトです。紹介可能な保険会社も保険の窓口が20社保険スクエアbangが17社と非常に多いです。

スーパーワンポイント利用者数も保険の窓口900万人、保険スクエアbang300万人以上とかなりの人に利用されています。

入力する項目は両サイト共類似しており、必要時間はそう変わりなく、リアルタイムで見積もり比較が出来るようになっています。

それぞれのサイトで見積もりを依頼すると異なる保険会社からの見積もりを得る事が出来ますので、一括見積もりで比較を考える場合、同時利用が理想です。

保険の窓口(インズウェブ)の方がおすすめな理由

先生

保険の比較は複数サイトの活用がベストですが、保険の窓口、保険スクエアを比較した場合、利用者数満足度共に保険の窓口インズウェブが優れており、時間を節約したい場合は保険の窓口の利用がお勧めでしょう。

利用者数も900万人以上と多く、わかりやすさに関しても評価が高いです。

また利用者数、満足度に関しても保険の窓口の方が上位に位置しており、見積もり後の結果の他、アドバイスやキャンペーンのメールも送られてきます。

スーパーワンポイントアフターフォローに関しても保険の窓口の方がお勧めですね。一括見積もりでの見やすさも評価が高いです。

保険料を安く出来る、その点が保険一括見積もりサイトの最大アピールポイントですが、保険の窓口はその点も大きく、平均節約額3万円以上となっています。

自動車保険は必須の保険であり固定費ですので、毎年と考えるとかなりの節約が期待出来ます。

注意!

注意として自動車保険の満期日の三か月以上前に見積もり依頼を行った場合、見積もり結果がほぼこない、という事です。

保険の窓口インズウェブは満期日の一年前から見積もり可能となっていますが、実際は満期日に近い程対応保険会社は多くなります。

タイミングは三か月前を目安に行った方が良いでしょう。

無料の一括見積もりサービスを使って賢く選ぶ

パソコンをする女性

自動車保険の一括見積もりサービスは無料で使える保険見直しサイトです。複数ありそれぞれのサイトに特徴があります。見積もりは情報さえ控えておけば3分程で入力完了しますので、手間もあまりかかりません。

最大クラスの一括見積もりサイトは20社の保険会社から比較する事が出来ますので、上位サイトである保険の窓口、保険スクエアのみでも多くの保険会社の情報を入手する事が出来ます。

ただ複数ある見積もりサイトは、どこでも同じ保険料が出るわけではありません。

サイトによって保険料が異なる場合もある

サイトによって検索条件が異なる為、同じ保険会社でも保険料が異なるケースもあります。

その為きちんと保険料の比較を行いたい場合は複数の一括見積もりサイトを使用し、比較を行いましょう。そうする事でより家計のスリム化を行う事が出来ます。

自動車保険の知名度の高い会社は、ほぼ一括見積もりサイトに参加しており、料金の差も驚く程出てきています。

スーパーワンポイント見積もり比較を行い良い保険を選ぶことで毎月の負担を軽減出来、その分のコストを家計に回す事が出来るようになる為、必須の手法と言えるでしょう。

複数の一括見積もりサービスを使うのがベスト

パソコン

自動車保険の一括見積もりサービスは保険の窓口、保険スクエアを代表として複数提供されています。サイトごとに比較可能な会社数が異なりますので、複数サイトで情報比較をする事で最安値の保険会社を探す事が出来ます。

見積もりサイトは各サイトに特色があり、一括見積もりをする際の条件も異なる場合もあります。

またキャンペーンを行っている場合もあり、その場合サイトを通して申し込みをする事で品物を受け取る事が出来ます。

スーパーワンポイント多くの場合、金券かそれに代わるポイントである場合が多いですね。

情報を入力するだけで、自分の条件下での年間保険料を提示してくれます。そこから各保険会社のHPから細かい項目の条件を加えていく事で、ベストな保険を選ぶ事ができるようになります。

その結果、多くの場合年間保険料を抑える事が出来ています。

まとめ

グッジョブ

自動車の任意保険の保険料はここ数年で大きく変化しました。ダイレクト型の出現により今までの保険料から3割以上安くなる事も珍しくありません。景気は改善せず収入が増えない時代ですので、保険会社を変更しコストを抑える人は増えてきています。

そして保険料を安くする最適な方法として、一括見積もりサイトの利用者も増加しています。

スーパーワンポイント400万以上の利用があるとされており、自動車保険全体の割合もダイレクト型が増えていっています。人気も高く満足度も保険会社の中でトップです。

万が一の時の事故対応もきちんと行ってくれますので、安いと悪い、という事もありません。ダイレクト型が周知され個人の選択で知識があれば保険料を安く出来る、そういった認識が広まってきたのです。

今後も一括見積もりサイトは自動車保険選びの強い味方として、活用されていくでしょう。

上に戻る

ページの上に戻る