自動車保険のミカタ

スクエアbang

【体験レポ】保険スクエアbang!は評判通り?一括見積もりしてみた!

自動車保険の一括見積もりサービス「保険スクエアbang!」を使えば、様々な保険会社の見積もり結果を同時に比較し、検討することができます。

見積もりに必要な入力は簡単で、あっという間に見積もり結果が送られてきます。もちろん無料です。個人的には保険料がどれだけ安くなるのかが気になるところでした。

今の保険料が72,140円なのでどの程度安くなるのか、実際に『保険スクエアbang!』の一括見積もりサービスを利用してみたので、その時の体験について書いていきます。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

『保険スクエアbang!』試してみたいけど…しつこい営業電話はないのか?

コーヒー片手にタブレットを見る男性

自動車保険の一括見積もりをしようと思い立った時、まず頭によぎったのが、営業電話。

参考程度に見積もり金額をちょっと知りたいだけなのに、いくつもの保険会社から電話がかかり、いちいちお断り…なんて迷惑ですよね。

調べたところ、営業電話はかかってこないと聞いたので試してみることに。実際に使ってみましたが、電話は一切なしでした。

見積もり依頼はもちろん無料。たとえ保険会社と契約しても、利用者が『保険スクエアbang!』にお金を支払うことはありません。

自動車保険一括見積もりの準備は2つだけ

自動車保険証券

準備物は2点。なお、自動車保険に加入中か、未加入かで用意するものは違います。

  • 加入者⇒保険証券と免許証
  • 未加入者⇒車検証と免許証

実際やると、免許証はゴールドかブルーかと色を確認するだけだったので、書類1点だけでいけます。もちろん手続きはスマホ・パソコンどちらでもオッケーです。個人的にはパソコンの方がやりやすいと思います。

私は加入者なので、その流れを説明します。あとから未加入者の入力についても調べましたが、大まかな流れは同じでした。

たった数分で見積もり結果が分かる

入力も簡単。いきなりスタートしても問題ないですが、事前に保険証券をおさらいで目を通しておくとすらすら進みますよ。

とくに、代理で見積もりするような方は、初めて見る保険証券から必要な情報を探し出すのが案外、大変になります。入力内容についてはあとで紹介しますので、車・契約の情報を前もって把握しておきましょう。

私の場合、のんびり入力しても、5分程度で済みました。手際のよい方だと、あっという間に手続き完了できるはずです。

すべての情報を打ち込んだ直後、1分するかしないうちに見積もり結果がメールで送られてきました。誇張なく、時間も労力もかからず、気軽にできますよ。

主な入力内容

グラフと電卓

複雑な手続きではないと言っても、入力に必要な情報が自動車保険証券のどこに書かれているか分からず、手こずってしまう方もいらっしゃるはず。

見積もりを始める前に入力項目を確認し、保険証券から見つけ出しておけば面倒くささがなくなります。

  • 車名・ 型式
  • 初度登録年月
  • 使用目的 ・年間走行距離 ・装置
  • 保険満期日 ・現契約保険会社
  • 等級 ・事故あり係数適用期間
  • 保険金を請求した事故件数
  • 主に運転される方(記名被保険者)の情報
  • 住所・誕生日・年齢・電話番号・メールアドレス
  • 免許の色

各内容についてはこれから詳しく見ていきましょう。

1,車の製品情報・保険加入状況

見積もり

スタートボタンを押すと上のように車に関する情報入力から始まります。

私はニッサンのノートに乗っていますが、その選択ボタンを押すだけです。全体を通して、じかにタイプするのは名前や住所などごくわずかです。

終始こんな形で進んでいきますが、初度登録年月という文字を目にし、さっそく「何これ?」と立ち止まる方もいるかもしれません。

保険証券は小さな文字であれこれ情報が散らばっていて探しにくい場合もあります。それでも、必ずどこかには書いてあります。

自動車保険証券

契約会社の書類によって形式は違いますが、私の場合だと、こんな感じの位置に記載されています。

見積もり

続いて自動車保険の加入状況を選びます。

注意したいのは、現在の契約状況によっては「一括見積もり」ができない場合もあるということです。

画像下部にあるように、2年以上の契約で加入している方などは希望の保険会社を選んで「直接見積もり」という形になります。

2,車の登録状況・使用状況

見積もり

車のナンバーも直接ガレージまで行かなくても、自動車保険証券に載っています。おそらくどの会社のものであってもナンバーとは書いておらず、「登録番号」がそれにあたるはずです。

見積もり

年間走行距離がぴんとこない方もいらっしゃるかもしれません。もし分からない項目があれば隣の「説明」を押せば丁寧に教えてくれます。実際に使ってみると

日常・レジャーで使用する場合(目安)
あまり使用しない
3,000km以下

といったようにこと細かに説明してくれていました。

3,現在の契約内容・事故

見積もり

車両保険については「付帯している」と押すと、保険金額の記入欄が出てきます。保険証券の「車両」という語句のそばにある何百万円単位で記載されている数字がそれです。

見積もり

事故あり係数適用期間」については自動車保険証券のどこにもその言葉が見当たらなければ「0年」と入力すればオッケーです。

4,契約者情報

見積もり

このページでは氏名・住所を入力すると、アドレスや電話番号の記入欄が出てきます。電話番号という語を見て不安を覚えるかもしれませんが、先述のように電話はいっさいかかってこないので安心してください。

メールに関しては、入力完了後、いくつかの保険会社から見積もり結果がいっせいに送られてくることや、そのページ構成などの理由から、スマホのアドレスよりも、パソコンのフリーアドレスなどの方がいいかもしれません。

5,車の所有者・おもな運転者

見積もり

見積もり

5つ目のページに移って80%入力済み。

ちなみに、画像右上に「一時保存する」とありますが、何か用があって時間がかかりそうな場合はこまめに一時保存した方がいいです。しばらく入力画面を放置しておくと、また最初からやり直しになるので注意しましょう。

6,補償内容

見積もり

見積もり

見積もり

あくまで見積もりですから、補償内容や特約についてよく分からない方はひとまず、自動車保険証券と同じ選択をしておくか、右手にある「参考データ」を見て決めるといいでしょう。

次の画像は対物賠償保険の参考データです。

見積もり

このようにどの項目の参考データにも、見積もり利用者の設定状況が紹介されています。このデータをもとに暫定的に選んでおくだけでもいいでしょう。

7,最終確認・メルマガチェック

見積もり

完了までもう間近です。

見積もりを受け取る」と出てきますが、その下にスクロールします。

見積もり

私の場合には7社から見積もりしてもらえるとのことでした。ちなみに画像の保険会社の下にある「ご案内する損害保険代理店」は『損害保険見直し本舗』となっています。

私はそのことを確認していなかったので、あとでその名からメールが送られてきた時、「代理店って、保険スクエアbang!じゃないの?」と不思議がってしまいました。

調べると『損害保険見直し本舗』は保険スクエアbang!を運営している株式会社ウェブクルーの関連子会社だということでした。怪しい代理店でも保険会社でもないので問題ありません。

話を戻します。内容確認が済んでも、必ず下までスクロールしましょう。というのも、最後の方に「メルマガ情報」がチェックされた状態で設置されています。

見積もり

おそらく多くの方がこのサービスを不要なはずなので、チェックをはずすことを忘れないようにしましょう。

8,入力完了・今後の流れ

見積もり

入力完了後、まもなく見積もりをチェックすることができます。

このままボタンを押せばメールボックスにとび、『損害保険見直し本舗』から届いた一括見積もり、各保険会社からの個別の案内を見ることができます。

見積もり

見積もりに関するメールないし郵便物は届きますが、その後に営業電話も営業メールもありません。

このサービスを無料で、しかもスピーディに利用できるので本当に便利です。

9,メール・見積もり結果

見積もりメール

見積もり手続き後、『損害保険見直し本舗』とともに四社の保険会社から案内メールが届きました。

残りの保険会社についても、翌日にはメールが届きました。19時を回っていたので、日中ならより速い対応だと思います。

見積もり

最も安いアクサダイレクトで「27,620円」、最も高い三井ダイレクト損保でも「39,380円」。現在の保険料が「72,140円」なので「44,520円」も安くなり、おおよそ半額の値段で契約できることを知りました。

保険はどんどん内容も変わってきて保険料も安くなっています。ただ、契約を変えないとそのまま払い続けてしまい大損することが今回の結果からよくわかりました。

「1年に一回の更新時や交通事故後に保険を見直さないと損する」と言われますが、これは本当なんですね。

スーパーワンポイントちなみに保険会社によっては、ネットからの申し込みによる「インターネット割引」というのがあります。その額は10,000円から20,000円とのこと。

各保険会社の案内メールを確認してみると、上の額はネット割引の適用後の値段となっていました。もちろんネットでの申し込みであっても、分からない点は電話で相談できます。

見積もりから本契約まで手軽に、何よりもお得に手続きできることが分かりました。

10,ハガキによるプラン案内

ハガキ

ハガキ

メールが届いてから四日後に自宅にハガキが届きました。

ハガキを開けると、入力した条件とは別のプランについても書いてありました。保険会社によっては、見積もり結果よりもさらに価格の安いプランを提示してくれています。

本契約で内容を詰めていくことにより、まだまだ安くなる可能性があるのかもしれません。

『インズウェブ』との体験比較

インズウェブ

『保険スクエアbang!』と同じく知名度の高い一括見積もりサイトといえば『インズウェブ』。

こちらの方も体験してみたので両方のサイトを比較したいと思います。入力項目や見積もり結果など、どのような違いがあったかを報告します。

見積もり可能な保険会社

紹介された保険会社についても、その数にしても、まったく同じ結果でした。

大手の保険会社の見積もりはすべて、どちらを使っても知ることができます。それぞれの公式ページを調べれば

  • インズウェブ:最大20社
  • 保険スクエアbang!:最大19社

という数で見積もりしてもらえます。

見積もり結果

見積もり結果も、同一でした。サイトが違えば、見積もり結果に影響が出るのではないかと思っていましたが、その辺は心配なく使えます。

『保険スクエアbang!』のメリット・デメリット

人指し指を立てるサラリーマン

入力に手間がありませんでしたし、個人的には見積もり結果の比較一覧表がとても見やすい印象でした。

『保険スクエアbang!』の運営会社は株式会社ウェブクルーです。あまり聞きなれない社名かもしれませんが、ボクシングの内藤選手のスポンサーになるなど大手の企業です。

信頼性が高く、気兼ねなく使えるサイトです。

まとめ

『保険スクエアbang!』を使ってみて思ったのは、何一つ心配や不安もなく、手間を感じることもなく、これだけ便利なサービスが使えるのかということでした。

一括見積もりを利用しようか悩んでいる方にはぜひとも使ってほしいおすすめサイトです。

上に戻る

ページの上に戻る