自動車保険のミカタ

天秤

車保険の保険会社(ダイレクト型)と保険代理店(代理店型)の違い

自動車を買って運転するとき、もしもの事を考えると不安になりますよね。交通事故にあってしまったら、あわせてしまったらどうしようと考えたとき、運転手なら加入を義務付けられている自賠責保険で賄えるのではないかと考えるでしょう。

しかし実際自賠責保険とは最低限の補償のみを目的とした保険のため、有事の際に降りる保険金は最低限侵害を補いうる程度になります。それでは不都合も多いため、任意保険を探すと種類の多さに驚くでしょう。

任意保険には大きく分けて保険会社に申し込み加入するダイレクト型と、保険代理店に加入の申し込みをする代理店型の2つです。加入しようとしたときの無駄な混乱を避けるためにも、両者の特徴とその違いについて見てみましょう。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

自動車保険会社(ダイレクト型)とは?

スマホを持つ男性

自動車保険会社のダイレクト型保険は、別名通販保険とも呼ばれます。通販型保険はその安い保険料をアピールポイントにして近年拡大してきている保険です。

スーパーワンポイントインターネット自動車保険とも言われ、申し込みの時にわざわざ出向く必要がなくストレスフリーな加入も魅力の一つです。

通販型自動車保険は車の維持費を可能な限り抑えたい、しかし自賠責保険だけでは何かあったときに不安だ、という人にお勧めの保険です。なぜダイレクト型と言われるのでしょうか?

それは契約手続きや加入などを契約者と保険会社の間で直接行うものだからです。電話や電子メール、インターネットを通じて契約者から保険会社に向けてコンタクトを取り申し込みます。

全体の保険の中でのダイレクト型の割合はさほど多くはありませんが、中間手数料が無い分低コストの安い保険金として注目されています。ネットワークを介し直接保険会社とやり取りを行うため、安い保険だという事を覚えておきましょう。

保険代理店(代理店型)とは?

交渉

続いて自動車保険のダイレクト型について見てみましょう。代理店型自動車保険はその名の通り、代理店の担当者が販売しているものを指しています。

  • 朝日火災
  • 共栄火災
  • あいおいニッセイ同和損保
  • ゼネラリ保険
  • AIG損保

このようによくCMでも目にするような会社が代理店型の保険取扱店です。通販型と同じように代理店型の保険も知名度が低いように見えますが、全国の保険の中での割合は、かなり大きいものになっています。

実際に見てみると保険全体で代理店型の保険が占める割合は約9割を超え、自動車保険市場における大きな位置を占めています。また保険代理店では具体的にこのような業務を行っています。

  • 保険証券の交付
  • 保険料の領収と変換
  • 保険料の領収所の発行
  • 保険契約の変更
  • 保険契約の解除
  • 保険契約の締結
  • 保険契約の媒介

これらが一般的な代理店型保険を扱う会社の業務です。代理店型保険会社は契約者と保険会社の間に立ち、保険に関する様々な業務を取り扱うものと覚えておきましょう。

自動車保険会社と保険代理店の大きな違い

スマホを持つ男性

自動車保険会社と保険代理店について、両者がどのような形態で業務を行っているか分かってきたことでしょう。しかしいざ保険会社を見直そうと思っても、結局自動車保険会社と保険代理店どちらから保険に加入すべきか、まだ迷うかと思います。

保険料は定期的に払わなければならず、かなりの負担になることは必至です。しかし保険料を渋っていざという時、資産に大きな打撃を被るのはなんとしても避けたいものです。そこで詳しく自動車保険会社と保険代理店の違いについて見ていきましょう。

申し込み方法の違い

計算

注目すべきは保険に加入する際の申し込み方法の違いについてです。申し込みに手間がかかってしまったり、時間を取られるのは嫌ですよね。そこで両者の申し込み方法を比較してみましょう。

自動車保険の場合は代理店を通して保険会社へ申し込むのと、インターネットを経由して直接保険会社に申し込む方法があります。両者の申し込み方法の違いは、保険会社と保険に申し込む人の間に代理店が入るか否かです。

代理店から自動車保険を申し込むときは専門的に自動車保険販売を行っている保険代理店や中古屋、ディーラーや整備工場など主に車を販売しているようなところから申し込みできます。

「代理店型」「ダイレクト型」がわかる早見表

代理店型 ダイレクト型
三井住友海上 三井ダイレクト損保
富士火災 そんぽ24
東京海上日動 セコム損害保険
損保ジャパン日本興亜 ソニー損保
ゼネラリ保険 セコム損害保険
共栄火災 おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)
AIG損保 SBI損保
朝日火災 イーデザイン損保
あいおいニッセイ同和損保 アクサダイレクト(アクサ損害保険)

「代理店型」に申し込むメリット・デメリット

代理店型のメリットとデメリットを解説していきます。

メリット1:保険のプロに対面で相談できる

話し合い

代理店型の保険に申し込むメリットの一つは、保険のプロに面と向かって話し相談できるという事でしょう。代理店型の自動車保険を申し込む場合、実際に店舗に行って直接代理店の担当者と相談して決めるのが一般的です。

相談者が素人であっても分からないことは担当者が教えてくれるので、希望するプランや保険のイメージを伝えればそれに沿った保険を教えてくれます。

最後に保険の内容を決めるのは加入者自身ですが、知識がなく右も左もわからないまま保険を決めることはありません。

メリット2:事故の際に専門家のサポートが受けられる

事故後の車

もし交通事故にあってしまった場合、1人で対応するのはとても困難です。しかし代理店型の保険に加入しておけば安心でしょう。代理店型では事故が実際に起こる前から契約者と専門家で会って相談し、個人に適切な補償内容を勧めてくれます。

それだけでなく事故に巻き込まれてしまった契約者の代わりに、。有利な条件で話が進むように交渉してくれます

プロの分野は素人には理解困難な領域の話になるため、そのたびにいちいち勉強するのは非効率的です。事故対応まで引き受けてくれるのは大きなメリットです。

デメリット1:料金が高い

計算

代理店型におけるデメリットの1つは、保険金として支払う料金の高さです。代理店のメリットである個人にあった細かいサービスですが、そうしたサービスを行う分、一般的な保険会社と契約するよりも保険料が割高になります。

具体的に代理店型保険の料金と、ダイレクト型の保険の料金を比較すると約1.5倍の差があります。

1ヵ月分を考えるとさほど気にならないかもしれませんが、1年以上も続くとなるとその負担は計り知れません。サービスの対価に料金が高いという事を覚えておきましょう。

デメリット2:代理店によって当たり外れが大きい

落ち込む男性

代理店と一口に言っても様々な店舗、種類があります。そのサポート体制や従業員の専門的な知識のレベルなどはピンキリでしょう。

スーパーワンポイント例えば保険を販売するだけ販売しておいて、実際に交通事故になった際は保険会社に丸投げされるという事もあります。

専門家などからは、代理店における優秀な店舗は1割もないという指摘もあるくらい玉石混交の状態です。

よって運が悪ければサポートを受けるために高額の保険料を払ったのに、ろくな補償を得られなかったということも起こり得ます。ここが代理店2つ目のデメリットでしょう。

自動車保険会社(ダイレクト型)のメリット・デメリット

どんなものにでも裏と表があり、良い面があれば悪い面もあります。代理店の保険のように例えば手厚いサービスにメリットを求めれば、別の面で高い保険料という形のデメリットとして表れてしまいます。

しかし良い点と悪い点の両者を理解してこそ初めて、検討という次のステップに行けます。続いてダイレクト型保険のメリットとデメリットを見ていきます。ダイレクト型の保険について知ることで保険に加入するための検討材料にしましょう。

メリット1:ダイレクト型の方が圧倒的に安い

お金

ダイレクト保険型の圧倒的な利点はその安さにあります。代理店と同じ内容の保険でもダイレクト型ならば、とても安い保険料で加入でき補償を受けられます。代理店型の店舗で受けられる保険は、交通事故にあったときの対応をしてくれるとのことでした。

しかしそういったケースでは保険会社より弁護士に相談した方が、支払われる保険金が上がります。確かに初期費用は掛かりますが、それを保険金やその他諸々を合計した金額が下回ることはあまりありません。

高い保険金を払い続け、いざという時は慰謝料などの貰える金額が低い代理店型保険と比較して相対的に収支を見たとき、どちらがお得と言えるでしょうか?

スーパーワンポイントつまり初期費用や実際の時期に巻き込まれた、引き起こした場合に保険料が圧倒的に安くなるのはダイレクト保険なのです。

メリット2:契約時の手数料がかからない

ダイレクト保険と代理店型保険の違いに、サービスの手厚さ以外にも他の要素がありました。次に注目したいのは契約手続きの過程です。代理店型の保険手続きには代理店が途中で介入するため、仲介手数料として負担が保険金に加算されます。

一方、ダイレクト型保険なら仲介となる代理店や担当者はいません。ネットワークや電子メール、電話を介することはありますが、基本は加入希望者と保険会社が一対一で交渉します。つまり手数料がかからないのです。

そういった仲介手数料による負担が軽減されるという点が、ダイレクト保険のメリットでしょう。

デメリット1:加入の条件が若干代理店型より厳しい

話し合い

保険に加入するためには条件が存在します。保険会社も慈善団体ではないので、一定の利益を得なければなりません。例えば保険に加入させたのはいいけれど、その契約者が事故ばかり起こし、多額の保険金を支払うのは最悪の展開でしょう。

保険会社もそのような状況を避けるため、申し込みに条件を課します。具体的に直近の契約中の事故件数やノンフリート等級などが審査の際の判断材料になります。しかしこの基準は代理店よりもハードルが高くなります。

保険会社側は条件を課すことで支払いリスクを減らそうとします。もちろん代理店も多少の条件があります。しかし有事の際の支払いリスクを一社で請け負う保険会社は、代理店よりも慎重になる必要があります。よって加入条件が厳しくなるのです。

デメリット2:事故の際にある程度対応が必要

交通事故

ダイレクト型の保険は加入者と保険会社の間に何も仲介は無い状態で契約をします。代理店型なら細かいサービスを納得いくまで検討、加入ができますが、ダイレクト型の保険では細かいサービスを受けることができません。

直接的に保険についての基礎的な知識や、手段などを教え一緒に考えてくれるのが代理店型とするならば、ダイレクト型保険は間接的にアドバイスを受ける事しかできません。

有事の際の安心感やサービスは、ダイレクト型保険では得られないことを覚えておきましょう。

代理店型とダイレクト型(保険会社)の比率

グラフ

ダイレクト型保険と代理店型保険の2つについて良い点、悪い点を見てきました。まだまだ決めかねている人はどちらが人気なのか気になるでしょう。ここではダイレクト型保険と代理店型保険の加入率について見てみます。

自動車保険加入率における代理店型の割合は、全体の約9割以上となっています。そのため、国内での代理店型保険は主流であると言えるでしょう。

スーパーワンポイント反対に90年代後半から始まったダイレクト型保険は、1割以下のシェア率となっています。

ダイレクト保険はシェア率が低いから信用できないのではないかと考えられても、仕方無いでしょう。しかし2000年度には1%だったのが、2012年には6.6%に上がっている事を考えるとだんだん保険の乗り換えが進んできているとも言えます。

またダイレクト保険が導入されたばかりという事を考えると、今後の伸びしろもあることが読み取れます。

ダイレクト型(通販型)は販売好調で増収

上昇するグラフ

ダイレクト型自動車保険は年々成長を遂げています。それに伴いダイレクト型保険を導入した企業の業績も増収につながっており、順調な成長をしています。

スーパーワンポイントダイレクト型保険を販売する保険会社が出した決算を見てみると、9社中7社が前年度を上回る結果を上げました。

特に正味収入保険料を前年と比較したときに出る差が、2桁以上になっている会社もあり、特筆すべき上昇幅と読み取れます。増収傾向の原因は、やはり実感のない好景気にあると考えられます。節約志向が高まり、保険においても安さを求めたのでしょう。

また保険についても、インターネットで検索すれば独学でもある程度判断はできます。このような要因が折り重なって、ダイレクト型保険の加入率を上げたのでしょう。

代理店型とダイレクト型(保険会社)どちらを選ぶべき?

スマホをもつ女性

代理店型保険とダイレクト型保険は根本的な部分では同質ですが、いざ加入するとなると様々な部分に無視できない異なる点が見えてきます。

代理店型保険には代理店型保険の選ばれる理由があり、ダイレクト型保険にはダイレクト型保険の選ばれる理由があります

結局のところどちらが良い保険なのでしょうか?答えはありません。どちらのメリットを重視し、どちらのデメリットを軽視できるか、という個人の見解やイメージの結果によります。両者の特長について一度まとめてみましょう。

満足度や保険料の安さを望むならダイレクト

ペンで説明する女性

ダイレクト型保険のポイントは保険料の安さです。仲介業者を挟まず直接担当者と顧客で連絡を取り合い保険に加入するため、従来の代理店型保険では考えられなかった仲介料の削減ができます。

この仲介料を実際に見てみると、定期的に支払う保険料の中で多少の負担に見えるかもしれません。しかし1年、2年と続くことで負担がないダイレクト型保険と仲介料込みの代理店型保険の間に生じる差は大きなものとなります。

またダイレクト型保険は安いだけでなく、満足度も高くなります。細かなサポートはあまり期待できませんが、近年では保険だけでなくサポートに力を入れようとしている動きもあります。安くて安心な保険料を選ぶならダイレクト型保険を選ぶべきでしょう。

担当者がいる安心感を望むなら代理店型

指をさす女医

代理店型保険の重要なポイントはなんと言っても安心感でしょう。直接保険会社とやり取りを行うダイレクト型保険と異なり、保険会社と顧客の間に仲介として代理店が入るのが、代理店型保険というものです。

保険について右も左もわからないし、かといって勉強している時間もないという人や、初めて保険を検討してみたけど難しくて読解不可能という人に懇切丁寧に教えてくれるのが、代理店型保険会社なのです。

直接担当者に会って相談できるのは大きなメリットと言えるでしょう。また長い間自動車保険会社の中で高いシェア率を誇ってきたという実績もあります。

スーパーワンポイント保険に関しては自信がなく、安さよりも安心感を得たいという人におすすめなのが代理店型の保険でしょう。

保険会社は一括見積もりサービスを使って選ぶ

タブレットを使う男性

代理店を使わない、もしくは代理店型の保険かダイレクト型の保険か決めかねている人で、新しく自動車保険を探して加入しようとしている人には一括見積もりサービスがおすすめです。

一括見積もりサービスでは複数の保険会社、保険の内容などを一括で比較し、保険料の確認や検討材料の獲得ができます。この方法を用いると通常の場合よりも保険料が安くおさえられることが魅力です。

スーパーワンポイント自動車保険の中には同じ条件、同じ補償を得られるとしても保険会社によっては保険証に大幅な差ができることがあります。そのため、近年では複数の保険会社の保険を一括で見比べるサービスがメジャーになってきています。

手間がかからないという特徴もあり車検証や保険証、免許証があれば簡単に見積もりができます。その時間は平均20分から30分程度で見積もりができてしまい、なおかつ保険会社ごとに料金の比較も可能です。探すのが手間だと考える人もいるでしょう。

しかし、その少しの手間で今後何年もの保険料負担を減らせるかもしれません。保険を決めかねている人は一度使ってみるのも手です。

まとめ

ビジネス姿の女の子

自動車保険は主に手続きの違いで大きく2つに分かれます。1つは保険会社、ダイレクト型保険で1つは保険代理店による代理店型保険です。両者の大きな違いは加入の際に保険会社との間における代理店の有無です。

ダイレクト型保険は仲介となる代理店が無いため保険金の負担を抑えることができ、一方代理店型保険は仲介手数料が必要な代わりに相談できる専門家がいるという安心感があります。

スーパーワンポイントどちらも一長一短ではありますが、迷っているなら一括見積もりサービスを使ってみましょう。

利用すると数ある保険会社と保険内容を比べ、確認できます。そのため保険料は低額でさらに個人に適した、自分に合っている保険を選ぶための判断材料となり得ます。

これらを参考にして、まずは自分の手の届く範囲で動いてみることが大切です。

上に戻る

ページの上に戻る