自動車保険のミカタ

車と自動車保険

「車両保険を外すタイミングはいつ?」付けるべき方の3つの特徴!

自動車保険に加入する際には車両保険を付けるべきか、外すべきか迷ってしまう人も少なくないでしょう。本来なら万が一の備えて付けておくべきなのですが、車両保険を付けるとどうしても保険料が高くなってしまいます。

ここでは車両保険はどういった時に付けておくべきなのか、そしてどのタイミングで外すべきなのかを解説しています。また車両保険を付ける場合でも、保険料を少しでも安くできる方法もあるので参考にしてみてください。

たった3分で自動車保険が7万円→約3万円に!
安い自動保険を探す方法はコレ

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

車両保険を付けておくべき方の『3つの特徴』

サラリーマンのチェック

自動車保険に加入する場合、車両保険を付けるべきか悩む人も多いでしょう。あくまで参考ではありますが、以下のような3つの特徴がある方は車両保険を付けておいたほうがいいでしょう。

車両保険を付けておくべき方の『3つの特徴』

【特徴1】ローンが残っている

女性の営業トーク

車を購入する際、ローンを組んで購入する人も少なくないでしょう。ローンが残っていると、支払いも厳しいのでむしろ車両保険に加入しないという人もいますが、それは逆でローンが残っている人こそ車両保険に加入すべきです。

もしも事故を起こしてしまい車が全損してしまった場合、車両保険に加入していれば相手がいる事故はもちろん自損事故でも保険金が支払われるので、それをローンの返済に充てることができます。

ですが車両保険に入っていないと、車はなくなってもローンの返済だけが残ってしまいます。さらに車が必要な人は、新たに車を購入しなければいけないので新たにローンを組まなければいけなくなります。

つまりこういったケースでは前の車のローンが終わるまで2台分のローンを支払うことになってしまうのです。

【特徴2】車を頻繁に乗る

2台並んだ車

人によって車を使う頻度は異なります。土日祝日にしか乗らない人もいれば、通勤や買い物で毎日のように乗る人もいます。さらに言えば仕事で車を使用するので、かなりの時間を車に乗る人もいるでしょう。

事故を起こすリスクは年齢などによっても異なりますが、やはり車に乗る頻度が多くなればなるほど事故に遭う可能性は高くなってきます。

いくら自分は安全運転をしていても、もらい事故もあるものです。そういった車に頻繁に乗る人はやはり事故に遭うリスクも高くなるため、車両保険に加入していたほうがいいでしょう。

ほとんどのらない人であれば、車がなくてもいいかもしれませんが、通勤や仕事で車を使う人は、車が買えなくなってしまうと、仕事にも支障が出てしまうのです。

【特徴3】貯金が十分にない

電卓を使って見直し

貯金が十分にない人は、年間保険料が高くなってしまうので、車両保険には加入しないというケースも少なくありません。ですが実際はそういった貯金が十分にない人こそ車両保険を付けておいたほうがいいでしょう。

なぜなら貯金が十分にない人が事故を起こしてしまった場合に、修理費用を支払わなければいけなくなります。ちょっとした傷であれば数万円で済みますが、事故の程度によっては何十万円ものお金を用意しなければいけなくなるのです。

ちょっとしたキズやへこみであれば、そのままで乗ることもできますが、全損になった場合には新しい車を購入する費用も準備できなくなってしまいます。

スーパーワンポイント確かに車両保険を付けると保険料は高くなりますが、それでも2万円から3万円、高くても5万円ほど追加になる程度なので加入したほうがいいでしょう。

車両保険を途中で外すタイミングはいつ?

チェック

車両保険は加入しておくと万が一の時にも安心ですが、相対的に考えると途中で外すという選択肢もあります。実際に多くの人は新車を購入した時には加入するものの、古くなればなるほど外す傾向にあるのです。

それは車両保険で支払われる保険料は、あくまでその車の評価額までしかでません。例えば、10年以上経過して評価額が10万円しかないとします。

その場合に事故を起こしても10万円までしか支払われないのですから、それならば車両保険に加入せずにお金を残しておくという選択肢もあるのです。

ちなみに経過年数による車両保険の加入率は以下の通りです。

3年以内 83.2%(うち7.0%はエコノミー型)
4年から5年 80.8%(うち9.8%はエコノミー型)
6年から7年 75.7%(うち11.0%はエコノミー型)
8年以上 27.2%(うち4.8%はエコノミー型)

このように8年以上経過した車だと評価額がかなり低くなってしまうため、加入率はエコノミー型を含めても30%以下になっています。

車両保険を外す際の注意点

自動車保険の説明

一般的には前述のように8年以上経過した車は車両保険を外す傾向にあります。ただこれはあくまで一般的なことであり、外さないほうがいい人もいるのです。ですので、必ずしも古くなってきたから車両保険を外すべきとは言い切れません。

ですので、車両保険を外す際には以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 修理する場合にその費用を捻出できるか
  • ローンは完済しているか
  • 事故を起こしやすくなっていないか

車両評価額がほとんどない状態の車は別として、車の修理には数十万円もかかってしまうことがあります。そう考えると、もしその修理費用が容易に捻出できないなら、やはり車両保険は外すべきではないでしょう。また事故を起こしやすい人も同様です。

車両保険を含めた保険料を少しでも安くする『3つの方法』

チェックリスト

車両保険を付けるとどうしても保険料は高くなってしまいます。そのため少しでも保険料を安くしたいと思う事でしょう。そのためには以下の3つの方法があるので検討してみましょう。

車両保険を含めた保険料を少しでも安くする『3つの方法』

【方法1】エコノミー型へ変更する

スマホで調べる女性

一般的な車両保険は他の車との衝突はもちろんのこと、自損事故や当て逃げなどいろいろなケースで保険料が支払われます。ただそれだと保険料がどうしても高くなってしまいます。そんな時にはエコノミー型に変更するのも1つの方法です。

エコノミー型の車両保険とは、対象条件を限定した車両保険で保険料を大幅に安くすることができます。エコノミー型は車と車の事故の時に補償される車両保険で、自損事故では補償されません。

ちなみにエコノミー型が対象となるかならないかは以下の通りです。

他車との事故
自損事故 ×
当て逃げ ×
盗難
台風・洪水・高潮など
火災・爆発
落下物との衝突
転覆・墜落 ×
自転車との接触 ×

【方法2】免責金額を大きく設定する

パソコンで見直しする男性

車両保険には免責金額を設定することができます。免責金額とは保険を利用する際の自己負担額のことです。

例えば免責金額が10万円だと、修理費用が50万円かかった場合にそのうちの10万円は自分で支払い残りの40万円分だけ保険料が支払われるというものです。

このように免責金額を設定することで、保険料を安くできますし、その免責金額を大きくすればするほどさらに安くなります。車両保険の免責金額としては以下の種類があります。

0-0万円 自己負担なし
0-10万円 1回目は自己負担なし、2回目から10万円
5(車対車免0)-10万円 1回目は5万円(ただし車対車は自己負担なし)、2回目から10万円
5-10万円 1回目は5万円、2回目から10万円
10-10万円 1回目から10万円の自己負担
チェックするビジネスウーマン

車両保険の金額と免責とは?いらないかどうか必要性を解説【保存版】

車両保険とは自分が契約した車が損害を受けた時に支払われる!金額は高くなってしまう……続きを読む

【方法3】自動車保険一括見積もりで見直す

重要

自動車保険の金額は仮に同じ補償内容だとしても保険料は異なります。もちろんどこの保険会社が一番安いということは言えず、その人や車の種類、補償内容によっても変わってきます。

ですので、車両保険を付けても少しでも保険料を安くしたいなら、自動車保険一括見積もりで自動車保険を見直してみるのも1つの方法です。

もちろん1社1社見積もりを取ってもいいのですが、毎回同じ情報を保険会社に伝えなければいけないので手間がかかります。

それが自動車保険一括見積もりなら、一度の入力で複数の保険会社から見積もりが取れます。しかも同じ条件で見積もりが取れますので、どこが一番安いのか一目瞭然です。自動車保険一括見積もりは無料で利用できるので気軽に使ってみましょう。

メリット・デメリット

自動車保険が99%安くなる『一括見積もり』のカラクリを完全公開!

補償が同じでも保険会社によって保険料は違う 補償が同じならどこの保険会……続きを読む

まとめ

車と自動車保険

このように車両保険を外すかどうかはタイミングにもよります。車両保険を付けていなくても、万が一事故を起こした時には最低限相手への補償はあるので問題ありません。

ただ車両保険は自分の車に対する保険なので、つけずに事故を起こしてしまうと、金銭的な負担が大きくなってしまいます。ただしその分保険料が高くなってしまいます。

ですので、まずは新車購入時はつけておき、タイミングを見て外すのが望ましいでしょう。また車両保険を付ける場合でも、やり方次第では少しでも安くできることがあるので、そちらも検討してみましょう。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る