自動車保険のミカタ

ディーラーでの契約

《STOP》ディーラーで車購入後にそのまま自動車保険の加入はやめて!

ディーラーで車を購入した際、自動車保険の勧誘をされることもあるでしょう。自動車保険についてあまり知識がない人だと、どこでも同じだからと言ってディーラーでそのまま自動車保険に加入するのではないでしょうか。

ですが、ディーラーで自動車保険に加入するのはあまりおすすめできません。ここではディーラーで自動車保険に加入するメリットとデメリットをまとめています。

自分のための保険ですから、しっかりとメリット・デメリットを考えて検討しましょう。

たった3分で自動車保険が7万円→約3万円に!
安い自動保険を探す方法はコレ

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

ディーラーで車購入後にそのまま自動車保険の加入はやめて

ストップするサラリーマン

新車を購入した場合、これまで車を持っていない人はもちろんですが自動車保険に加入するのが一般的です。ディーラーで新車を購入した場合、ディーラーから自動車保険の加入をすすめてくることがあります。

別途保険会社に連絡をして加入するのは面倒ですし、自動車保険はどこでも同じだろうと思っている人は、ディーラーに勧められるがまま加入してしまうかもしれません。ですが、ディーラーで車購入後、そのまま自動車保険に加入するのはやめましょう。

これはディーラーが勧める自動車保険が悪いというわけではありません。たいていは国内大手の損保会社なので信頼性は高いです。ただ保険料は一般的に高いですし、必ずしも自分に合った自動車保険とは限らないのです。

スーパーワンポイント最終的にその自動車保険に加入するとしても、他の保険会社の見積もりも取って比較してからでも遅くはありません。

ディーラーの自動車保険に加入するメリット・デメリット一覧

ディーラーの自動車保険に加入するメリット・デメリット一覧
『2つのメリット』 『3つのデメリット』
事故対応が簡単 ダイレクト保険に比べて保険料が高い
サポートや相談に乗ってくれる 車の乗り換え時や保険の乗り換えの際に気を遣う
担当者によっては知識が少ないこともある

ディーラーの自動車保険は決して悪いものではありません。そのためいろいろなメリットもあるものです。その一方で少なからずデメリットもあります。

大切な保険に加入するわけですから、安易に決めずにメリット・デメリットをしっかり把握しておきましょう。

ディーラーの自動車保険に加入する『2つのメリット』

ディーラーの自動車保険に加入するメリットは主に以下の2つがあります。特に費用面は気にしないという人であれば、ディーラーの自動車保険のほうが何かと便利で安心かもしれません。

ディーラーの自動車保険に加入する『2つのメリット』

【メリット1】事故対応が簡単になる

車の診断

ディーラーで自動車保険に加入するということは、ディーラーが保険代理店になっているということです。一般的に自動車保険を使うような事故を起こした時には、保険会社と修理工場に連絡を入れることになります。

ですがディーラーで自動車保険に加入した場合には、ディーラーに連絡を入れるだけでOKです。もちろんこれは車の修理をディーラーの依頼することが前提となります。事故は滅多にあることではないので、事故を起こすとどこに連絡をすべきかあたふたするものです。

保険会社に連絡すべきか、警察が先か、もしくは修理工場に連絡したほうがいいのかわからなくなることもあります。ですが、そんな時でもディーラーに連絡するだけですから安心です。

【メリット2】オリジナルサポートや相談に乗ってくれる

書類についての説明

自動車保険に限ったことではないのですが、保険に加入する時にはいろいろと分からないことも多いものです。特に初めて自動車保険に加入するという人だと、どれくらいの補償にすればいいのか、どういうケースで補償されるようにすべきか分からない人も多いでしょう。

何もわからずに契約してしまうと、不要な補償や他の保険と重複する部分も出てきて、無駄かつ高い保険料を支払うことにもなりかねません。ですが車を購入する際に自動車保険に加入するとなれば、ディーラーのスタッフは親身になって相談に乗ってくれるものです。

またメーカーによっては独自のオリジナルサポートを受けられる場合もありますし、いろいろとサービスをしてくれることもあります。

ディーラーの自動車保険に加入する『3つのデメリット』

ディーラーの自動車保険は安心して加入できる一方で、以下のような3つのデメリットもありますので、頭に入れておきましょう。

ディーラーの自動車保険に加入する『3つのデメリット』

【デメリット1】保険料がダイレクト保険に比べて高い

電卓と車のおもちゃ

自動車保険の保険料は人によって差はありますが、意外と高くなるものです。よく自動車保険はどこでも同じと言われますが、実際は保険会社によって補償内容も微妙に異なる部分もありますし、保険料も違ってきます。

特にインターネットで手続きをするダイレクト保険に比べると、仮に同じ補償内容にしたとしても保険料が高くなるケースがほとんどです。

保険料はその人やプランによっても異なるのですが、ディーラー保険とダイレクト保険を比べると3割から4割ほど高いといわれます。

注意!

ケースによっては倍近く差が出ることもあります。ですので、少しでも保険料を抑えたいという人はディーラーで自動車保険に加入すると高くなってしまうのでやめたほうがいいでしょう。

【デメリット2】車の乗り換えや保険の変更のとき気を使う

わからない男性

車を乗り換える時、自動車保険に加入したディーラーと同じであれば何の問題もありませんが、場合によってはほかのメーカーの車を購入するときもあるでしょう。車を乗り換えたなら、加入していた自動車保険も車両入替の手続きが必要になります。

つまり新しく車を購入するディーラーではないディーラーで車両入替の手続きをしなければいけなくなるのです。もちろんどの車に乗るにもどの保険に加入するにも本人の自由ですが、やはり気を遣うことは間違いないでしょう。

もしそのディーラーのスタッフが知っている人なら尚更気を遣ってしまうことになります。だからといって保険の契約途中で解約するのは損をしますし、それでもディーラーに連絡しなければいけないので気まずくなるのは同じです。

【デメリット3】担当者が変わったり知識が少ないことがある

悩む男性

ディーラーでは何年も同じ担当者が在籍しているとは限りません。車を購入し同時に自動車保険に加入した時に親身になって相談に乗ってくれた担当者がいなくなることも当然あるものです。

もちろんその担当者がいなくなったとしても、新しい人が担当者になります。ただディーラー保険の担当者が必ずしも親身になって相談に乗ってくれるとも限りませんし、知識が少ない担当者に代わってしまうこともあります。

保険会社も担当者が変わることは当然ありますが、保険会社は保険がメインの仕事ですからたとえ担当が変わっても知識は豊富ですし、いろいろ相談できます。

一方でディーラーは車を売るのが本業ですので、保険の知識が少ない人もいるので、自分に適さない保険になってしまうこともあるでしょう。

自動車の保険料を安くするなら『自動車保険一括見積もり』がおすすめ

重要

自分に合った補償で、なおかつ少しでも保険料を安くするなら、複数の保険会社に見積もりを取るのが一番です。その場合は1社1社見積もりを取るのではなく、自動車保険一括見積もりを取るといいでしょう。

自動車保険一括見積もりを利用するメリットは以下の通りです。

  • 費用がかからない
  • 自宅にいながら見積もりが取れる
  • 自分に合った自動車保険が見つかる
  • 同じ条件で自動車保険を比較できる
  • 短時間で見積もりが取れる

ほとんどデメリットはありませんから、まずは試しに利用してみましょう。

無駄な保険料を見直せる!
安くてお得な自動車保険を選ぶなら『一括見積もり』を使え

自動車保険一括見積もりの流れ

無駄をなくした高すぎない保険料で、なおかつ、いざという事故にもしっかり対応できるプランがあれば、最も安くてお得な保険と言えるでしょう。



そのような保険を実現するためにはまず、次のポイントをおさえておくことが必要です。


お得な保険プランを実現するためには…
  • 保険内容を見直す前に保険会社を見直す

現在、あなたが加入しているのとまったく同じ内容のプランであるのに、ほかの保険会社では数万単位で保険料が安い可能性があります。別な見方をすれば、同額の保険料なら、より充実した保険にすることだって可能です。

スーパーワンポイント契約中の保険はいつでも解約が可能です。

ただ、問題になってくるのが、いくつもの保険会社に見積もりを作成してもらう手間ひま。4~5万円ほど安くなるから!と言われても、実行するのは大変です…。



そこで役に立ってくれるのが「自動車保険一括見積もり」サービス。これを使えば様々な有名保険会社の見積もり結果を同時に比較し、検討することができます。それも時間はたった3分ほど。



以下が、実際に保険スクエアbang!を試した時の結果です。


見積もり

一括見積もりの結果
  • 【契約中だった保険料】約72,140円
  • 【見積もりの最安値】アクサダイレクト27,620円
  • 【見積もりの最高値】三井ダイレクト損保39,380円

最高値の見積もりであっても、契約中の保険料との差額は3万円以上。最も安い保険料と比較するとなんと今より『44,520円』も安くなります。



これは決して稀なケースではありません。大多数の方が見積もりをすると、現在の保険料の高さに驚く結果となるでしょう。



見積もり額は現在の保険内容、希望条件をもとに算出されますが、保険会社によっては補償内容や特約などの変更を想定したより節約できる保険プランまでも教えてくれます


自動車保険一括見積もりについて
  • 一括見積もりサイトで入力するだけ
  • すべて無料
  • 入力は自動車保険証券の内容・氏名やメールアドレスなど
  • たった3分ほどの入力
  • 入力後、リアルタイムで見積もり比較
  • 営業電話なし!電話のやり取り不要

「自動車保険一括見積もり」サービスを提供するサイトは複数ありますが、当サイトで紹介しているのは信頼性が高いところのみです。



保険スクエアbang!』は株式会社ウェブクルーという大手企業が運営していますし、『インズウェブ』のSBIホールディングス株式会社はソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたものです。



安全に使える便利なサービスなので、使わなければ損!と断言できます。無駄な保険料を毎年支払い続ければ、その金額は数十万、数百万となっていきます。



ぜひ早いうちに、どこよりも安く、どこよりもお得な保険を調べて加入してください。

最後に当サイトがおすすめする自動車保険一括見積もりサイトをランキングで紹介しておきます。どれを使かえばいいか迷った方は参考にしてください。


【編集部おすすめ】日本で最初の自動車保険比較サイト『保険スクエアbang!』

『保険スクエアbang!』
  • 最大19社の見積もりが可能
  • 大手優良企業「株式会社ウェブクルー」が運営
  • 1998年からの実績があって安心して使える

業界トップクラスの利用者数『保険の窓口インズウェブ』

インズウェブ

『保険の窓口インズウェブ』
  • 最大20社の見積もりが可能
  • ソフトバンクグループの金融関連企業が運営
  • 利用者数900万人突破

一目でわかる!参加中の大手保険会社の比較一覧表

参加保険会社 保険スクエアBang! インズウェブ
アクサ損害保険
イーデザイン損害保険
セコム損害保険
ソニー損害保険
チューリッヒ保険
三井ダイレクト損害保険
SBI損害保険
セゾン自動車火災保険
Chubb損害保険 ×
あいおいニッセイ同和損害保険
楽天損害保険
共栄火災海上保険
損保ジャパン日本興亜
東京海上日動火災保険
日新火災海上保険 ×
三井住友海上火災保険
AIG損害保険
全労済 ×
リロケーション・インターナショナル ×
シースタイル ×
福島銀行 ×
神奈川県民共済生活協同組合 ×
Life&Style ×

『保険スクエアbang!』と『保険の窓口インズウェブ』ではどちらも有名どころの保険会社が参加しています。



保険会社は信頼できる一括見積もりサイトでなければ提携しないため、『保険の窓口インズウェブ』と『保険の窓口インズウェブ』が安全な証明であると言えます。



当サイトではどちらの一括見積もりサイトも利用しましたが、見積額に大きな違いはありませんでした。ただ、日本初の比較サイトなので保険スクエアbang!の方が信頼感は上です。



どちらか迷っている方は、保険スクエアbang!を選択すれば間違いありません。


(※SBI損保含む大手損保16社を無料比較)

まとめ

ディーラーでの契約

ディーラーで車を購入した際に一緒に自動車保険に加入すれば、別途保険会社に見積もりを取ることもないですし、スタッフに相談しながら契約できるので安心です。

ですが、ディーラー保険は保険料が高くなることが多いですし、車を乗り換えた時などに面倒なこともあります。

ですので、少しでも自動車保険の保険料を抑えたい人は、ディーラーで自動車保険の勧誘をされてもはっきりと断りましょう。ダイレクト型自動車保険なら間違いなくディーラー保険よりも安くできますし、手続きも意外と簡単です。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る