自動車保険のミカタ

クレジットカードで支払い

損してない?自動車保険の支払いはポイント付きのクレジットカード!

自動車保険は毎年支払うもので、高いと思う人もいるかもしれません。少しでも節約したいと思う人は保険の見直しなどの方法もありますが、ポイント付きのクレジットカードを使うのも1つの方法です。

クレジットカード払いにすることで無駄な手数料を支払わなくて済みますし、手間もかからないですし、ポイントもたまるからです。

ここでは自動車保険の支払いをクレジット払いにすることのメリットをまとめていますので、参考にしてみてください。

たった3分で自動車保険が7万円→約3万円に!
安い自動保険を探す方法はコレ

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

自動車保険の支払いはクレジットカードが圧倒的にお得《支払い方法は5つ》

サラリーマンのチェック

自動車保険を契約したら保険料を支払ってようやく保険が適用となります。その保険料の支払い方法も多様化しており、一般的に今は以下の5つの支払い方法から選ぶことができます。

  • クレジットカード払い
  • 現金払い
  • 口座引き落とし
  • 銀行振り込み
  • コンビニ払い

同じ保険料を支払うのだから、どの方法でも同じだろうと思うかもしれませんが、実はそうではありません。

銀行振り込みやコンビニ払いだと保険料の他に手数料が発生することが多いですし、現金払いだと代理店まで足を運ぶ交通費がかかります。

スーパーワンポイント口座引き落としならプラスの費用はかかりませんが、クレジットカード払いだと手数料などのプラスの費用がかからないだけでなく、ポイントやサービスなどを受けられるので圧倒的にお得なのです。

ポイントが付くクレジットカードなら保険料支払いでポイント付与

車検の見積もり書と電卓

クレジットカードにもよりますが、たいていのものは利用額に応じてポイントが加算されるサービスがあります。

還元率もカード会社によって差がありますが、スタンダードな還元率だと1.5%なので仮に5万円の保険料を支払ったら、750円分のポイントが付く計算になります。

そしてたまったポイントは以下のように使うことができます。

  • ショッピング等で使える
  • 景品と交換する
  • 商品券と交換する

交換率もそれぞれ異なるのでどの方法が一番お得かはわかりませんが、仮にポイントをショッピングなどで使えば750円分お得になるというわけです。

他の支払い方法だと手数料が数百円かかることもあるので、その差額は1,000円以上になるので、クレジットカード払いがかなりお得なことがわかります。

自動車保険会社が特典を用意している場合も

保険について説明する女性

自動車保険の保険料をクレジットカードで支払えば、カード会社のポイントがたまりますが、これはあくまでカード会社のサービスです。実は自動車保険の保険会社がクレジットカード払いによる特典を用意している場合もあるのです。

保険会社の特典としては以下のようなものがあるようです。

  • キャッシュバック
  • ポイント加算
  • ギフトプレゼント

もちろん特典を受けられる条件も保険会社によって異なるので一概には言えませんが、金額にすると300円から500円くらいの特典はつくようです。

クレジットカードのポイント加算と合わせれば、1,000円以上お得になることになります。またこれを機にクレジットカードを新たに発行すれば、さらに数千円相当の特典があるでしょう。

「クレジットカード」と「保険契約者」の名義が違う場合

悩んでいるサラリーマン

自動車保険の保険料をクレジットカードで支払おうと思っても、中にはクレジットカードを持っていない人もしくは持っていてもその保険会社では使えない場合もあります。そういった時に、家族のクレジットカードを利用して支払うという人もいるかもしれません。

このようにクレジットカードと保険契約者の名義が違うケースも少なくないでしょう。クレジットカードは基本的に本人しか使えないのが原則です。ただ家族であれば保険契約者の代わりに支払うというケースも考えられます。

これについては保険会社によって対応は異なり、契約者本人名義のクレジットカードしか使えない保険会社もありますし、逆に同居する家族であればOKとしている保険会社もあります。ですので、よく確認する必要があるでしょう。

自動車保険をクレジットカードで支払う場合はこの3つに注意しろ

自動車保険をクレジットカード払いにするとお得なことがたくさんありますが、その一方で以下の3つの注意点もあるので知っておきましょう。

自動車保険をクレジットカードで支払う場合はこの3つに注意

【注意点1】クレジットカード払い対応の自動車保険かどうか

相談するスーツの男性

自動車保険の保険料はクレジットカード払いが断然お得といっても、それは自動車保険を契約する保険会社によっても異なります。というのも、保険会社によってはクレジットカード払いに対応していないところもあるからです。

ダイレクト型自動車保険であれば、ほぼクレジットカード払いが可能ですので心配いりませんが、代理店型だとクレジットカード払いができないケースがあるかもしれません。

またクレジットカード払いが可能といっても、クレジットカードのブランドによっては対応していないケースもあります。

多くの人が利用しているVISAやMasterCard、JCB等であれば間違いなく使えますが、それ以外だと使えない保険会社もあるかもしれません。ですので、契約前には持っているクレジットカードで支払えるかどうか確認しましょう。

【注意点2】カード会社によって引き落とし日が異なる

カレンダー

クレジットカード払いをする際に注意したいのは、支払った保険料の引き落とし日です。口座引き落としであれば、保険会社が指定された日に口座から支払われます。ですがクレジットカード払いだとカード会社によって引き落とし日が異なるのです。

クレジットカードの引き落とし日はカード会社によって異なりますが、必ずしも自動車保険を契約した月の支払日になるわけではありません。例えばカード会社の引き落とし日が毎月10日だとすると、翌月の10日に保険会社がカード会社に請求します。

そして今度はカード会社が保険料を指定口座から引き落とすことになるので、実際には翌々月の10日になってしまうこともあります。そのため、忘れた頃に保険料が引かれてしまうので、分かっていないと残高不足になってしまうこともあるでしょう。

【注意点3】クレジットカードの名義人

コーヒー片手にタブレットを見る男性

自動車保険の保険料をクレジットカード払いする場合には、クレジットカードの名義人も注意しないといけません。たいていは保険の契約者が自分のクレジットカードを使って支払うでしょうから、何ら問題はありません。

ですが、契約者の配偶者名義のクレジットカードで支払う、もしくは子供の自動車保険を親のクレジットカードで支払うということもあるかもしれません。

自動車保険の保険料をクレジットカードで支払う場合、たいていの保険会社は契約者本人名義か同居の家族名義のクレジットカードしか使えません。

ですので、子供の保険料を別居している親名義のクレジットカードで支払うことはできないのです。もちろん同居しているかどうかは保険会社が知るすべはありませんが、ルールですので守りましょう。

まとめ

クレジットカードで支払い

昔から代理店で自動車保険を加入していた場合には、現金払いや口座振替にしているケースが多いでしょう。ですが今はクレジットカード払いも可能になってきており、そのほうがお得になります。

もちろんクレジットカード払いにもデメリットはあるのですが、その点をよく把握した上でお得になるためにクレジット払いを検討してみましょう。

また保険料は保険会社によっても異なるので、保険の見直しもそのタイミングでするとかなり保険料を抑えられるはずです。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る