自動車保険のミカタ

チェックするビジネスウーマン

車両保険とは何?金額・免責・必要性について解説【まとめ】

自動車保険は、自賠責保険と任意保険の2種類にわけることができます。自賠責保険の加入は法律で定められているため、必ず入らなければなりません。それに対して任意保険は、自分の意思で加入する自動車保険です。

任意保険の主な補償は、下記になっています。

  • 車両保険
  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 人身障害補償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 無保険車傷害保険
  • 自損事故保険

このような任意保険に加入していると、自賠責保険ではカバーしきれない補償額になった場合も安心です。

対人や対物など、任意保険は基本的に相手に対する補償にそなえています。その中で、自分の車の損害にそなえるのが車両保険です。ここでは任意の車両保険について、くわしくまとめたいと思います。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

車両保険とは?保険金額は?

車とお金

車両保険とは、自分が契約した車が損害を受けた時に支払われる保険です。具体的に説明すると、次のような場合が対象になります。

  • 他車との衝突や接触など、事故を起こした場合
  • 車が盗難された場合
  • 台風などの災害で車が損害を受けた場合
  • 火災や爆発で車が破損した場合
  • 駐車中に当て逃げや落書きをされた場合
  • 自損事故を起こした場合

他の車と事故を起こした場合、相手が加入している保険から対物賠償保険は支払われます。しかしその金額は、事故の過失割合によって異なってきます。自分の車を修理するのに、十分な金額が支払われるとは限らないのです。

現実的にも、相手の対物賠償保険だけで自分の車が修理できたケースは少ないようです。そういう場合でも自分の車の修理費用をまかなえるように、自分で車両保険に加入していると安心でしょう。

また車が損害を受けるのは、事故を起こしたときだけはありません。災害による破損など、自分では避けることができない場合もあります。いたずらや落書きといった、悪質な被害にあうこともあるでしょう。

スーパーワンポイント車両保険の金額は、決して安くはありません。つけるとつけないとでは、保険料が倍近く違ってくる場合もあります。車両保険の種類や自動車のグレードによっても、保険金額は高くなります。

車両保険をよく利用する場面

車の事故

車両保険に入らない場合、自動車保険料を大幅に節約することができます。しかし多くのドライバーは、自分の意思で車両保険に加入しています。

それはたとえ自分に落ち度がない場合も、車を修理しないといけなくなることが多いからです。

車両保険を利用する場面には、主に次のようなものがあります。

  • 車同士の事故で、相手が修理代を払ってくれない
  • 新車が盗難にあった
  • 洪水で車が水につかってしまった
  • 駐車場にとめていたら窓ガラスが割られていた
  • 車庫入れの際に自分で壁にぶつけた

中でも車同士の事故で、相手が任意保険に加入していないというケースは少なくありません。修理代を巡ってもめる間、車を修理することができなくて困る人は珍しくないのです。

また台風や大雨などで川が氾濫して、大事な車が水につかったり流されたりすることもあります。

自分で起こす事故以外にも、想定外に車が破損することは十分に考えられるでしょう。いざとなって困らないためにも、車両保険は入っておくに越したことはありません。

フィギュアの車と電卓

事故をしたとき『車両保険』は使うべき?事故有係数を基準に!

車両保険とは? 車両保険には、次の4種類があります。 一般車……続きを読む

車両保険の種類

チェックリスト

車両保険のタイプには、次の4種類があります。

  • 一般車両保険
  • エコノミータイプ+限定A
  • エコノミータイプ
  • 限定A

それぞれの違いは補償内容の範囲にあり、当然保険料も違ってきます。保険会社によっては、タイプの呼び方が変わる場合や扱いのないタイプもあります。

車両保険加入者は、一般車両保険かエコノミータイプ+限定Aの加入者が多いようです。

ではそれぞれの車両保険では、どのような補償が受けられるのでしょうか。車両保険の種類別に、ひとつひとつ見ていくことにしましょう。

一般車両保険(一般条件)

スマホを持つ女性

一般車両保険の補償内容は、主に次のようになります。

  • 他車との追突や接触
  • 台風や洪水などの水害や火災
  • 盗難やいたずら
  • 当て逃げ
  • 単独の自損事故

災害の中では、地震や津波などは補償の対象外になり、別に特約をつける必要があります。

一般車両保険は、車両保険の中で最も補償内容が手厚いため、車両の価値が100万円を超える車や新車におすすめの車両保険です。

また自損事故を起こしやすい、初心者ドライバーの加入者も多いようです。

エコノミー+限定A

スマホを持つ男性

エコノミー+限定Aの補償内容は、一般車両保険にもあった以下の3つです。

  • 他車との追突や接触
  • 台風や洪水などの水害や火災
  • 盗難やいたずら

こちらも台風や洪水は補償されますが、地震や津波は補償されませんので注意が必要です。

エコノミー+限定Aは、車と車の事故の補償を主にするエコノミーと、自分ではどうしようもない災害や事故に対する限定Aを組み合わせた保険です。

車両価格が下がるにつれて、一般車両保険からこちらに変更する人が多いのが特徴の保険です。

エコノミー

パソコンを見る男性

エコノミータイプの車両保険は、保険会社によっては車対車タイプと呼ばれています。文字通り、自車と他車の衝突や追突、または接触のみが対象となります。補償範囲が狭い分、保険料も安くおさえられるリーズナブルな保険です。

しかしながら車対車の事故しか補償されないため、市場価値の高い車や新車には不向きの保険だといえるでしょう。最初は一般車両保険かエコノミー+限定Aで、数年間乗車して車両価格が下がってきてから、エコノミーに変更するのが一般的です。

限定A

パソコンの前で落ち込む男性

限定Aはアクシデントに対する補償という意味で、補償内容は次の二つです。

  • 台風や洪水などの災害
  • 盗難やいたずら

保険料は比較的リーズナブルなので、主にエコノミーと組み合わせて加入する人が多いようです。

限定Aでは自分ではどうすることもできない災害や災難に対して、保険料が支払われます。ほとんどの災害はカバーできますが、地震と地震による津波や噴火による損害は対象外となり、別途特約を用意する保険会社が増えています。

過失割合で車両保険金額はかわる

天秤

交通事故を起こした場合、車両保険に大きな影響を及ぼすのが過失割合です。過失割合というのは、当事者同士それぞれの事故における責任度合いを表します。ほとんどの交通事故では、被害者であってもなんらかの過失が課せられます。

7対3や6対4といったように過失割合は計算されて、その数字によって支払ってもらえる車両金額も異なってきます。これは過失相殺といって、自分の過失割合の分がもらえる金額から差し引きされてしまうからです。

仮に自分の過失割合が3割で、請求できる車両保険が100万円だったとします。過失相殺で3割分が減額されますので、実際に支払われる車両保険は70万円ということになります。過失割合が大きければ大きいほど、金額は減ってしまうのです。

免責金額がある場合は自己負担も発生

落ち込む男性

車両保険に免責金額を設定している場合には、設定した金額分の自己負担が発生します。

免責金額とは、保険会社がその範囲内の責任は負わない金額という意味で、保険料を安くするために設定するのが一般的です。

金額は保険会社によって異なりますが、車両保険100万円で免責金額と保険料を比較した例をあげてみましょう。

免責金額0円 保険料約12万円
免責金額5万円 保険料約10万円
免責金額10万円 保険料約8万円
免責金額15万円 保険料約6万円

免責金額を0円にすれば自己負担金も0円になりますが、月々の保険料が高くなるということがわかります。

また、免責金額は1回目と2回目で金額設定が変わることが多く、1回目の免責が0円になる免ゼロ特約といった設定ができる保険会社もあります。

保険会社が保険金を支払わなくても良いケース

相談

さらに保険会社の約款に記載されるように、次のようなケースで事故を起こしても、保険金は支払われないので注意しましょう。

  • 無免許運転及び免停期間中の運転
  • 居眠り運転やスピード違反での運転
  • 盗難車両など所有者に無断の運転
  • 飲酒や薬物使用状態での運転
  • 地震や地震による津波や噴火での損害
  • 暴動や戦争での損害
  • 放射能汚染による損害

保険金が支払われないケースは、主に本人に重大な過失があった場合です。携帯電話使用など、法律にひっかかる場合も保険金が支払われないことがあります。本人に非がある場合でも、被害を与えた相手には保険金は支払われます。

被害者側に100%責任がある場合も、保険会社は保険金を支払いません。赤信号を信号無視した場合や、危険なスピート違反での事故がこれにあたります。

車両保険を使うと等級がダウンする

電話する男性

車両保険の保険料の金額は、契約者の事故リスクを示す等級によって安くなったり高くなったりします。だいたい1から20等級で区分されていて、等級が大きいほど保険料の割引率が高くなるのでお得です。

最初に保険に加入した時は6等級で、1年間保険を使わなければ次の年には等級が1つ上がります。しかしながら車両保険を使った場合、1等級~3等級下がってしまい、保険料がアップすることになります。

等級別の割引率はおおまかに次のようになります。

1~3等級 64%~12%の割増
4~6等級 2%~19%の割引
7~10等級 無事故で30%~45%の割引
11~15等級 無事故で47%~51%の割引
16~20等級 無事故で52%~63%の割引

このように長年無事故であるほどに、保険料が安くなることがわかります。少額の保険金しかもらえない場合は、3等級ダウンする車両保険を使ってしまうと、逆に損をしてしまうこともありますので注意が必要です。

車両保険を使うべきか・使わないべきかの判断

ペンで説明する女性

車両保険を使うと等級がダウンするとなると、小さい事故では車両保険を使わない方がいいということになります。車両保険を使うか判断するために、まずはダウン等級数別に事故の種類をまとめてみましょう。

等級が3等級ダウンするのは、次のような時です。

  • 他車との追突や接触
  • 当て逃げされた場合
  • 単独の自損事故

主に対人や対物で事故を起こした場合が、該当するようです。次に等級が1等級ダウンするのは、次のような時です。

  • 盗難やいたずらされた場合
  • 台風や水害、火災などの損害

自分の過失ではない場合は、1等級ダウンになるようです。さらに車両保険を使うと、3等級ダウンでは3年間、1等級ダウンでは1年間有事故割引となるため、割引率が下がります。

よって少額保険金しかおりない場合の1等級ダウン事故では、保険を使う人はあまりいないようです。

車両保険は必要か?

話し合い

加入していても使わないこともあるのなら、車両保険は本当に必要なのでしょうか。実際に対人や対物の賠償保険の加入割合が70%以上なのに対して、車両保険の加入者は43%と少なめです。

車両保険は自分の車の補償をしてくれる保険ですので、高額な車や新車にはつけておいた方が良いです。自分で事故を起こす心配がなくても、市場価値のある車は盗難に合う可能性も高いということも考える必要があります。

またローンで新車を購入した人は、特に車両保険には入っておくことをおすすめします。逆に年季の入った中古車は、特に車両保険に入る必要はないといえるでしょう。

スーパーワンポイント車の市場価値は10年が一般的ですので、それ以上経過すると保険を見直していいと思います。

車両保険を安くする方法

車両保険に加入していれば、思いがけない損害を受けた場合にも安心であることがわかります。しかし保険料の支払時期になると、もっと車両保険を安くできないのか頭を抱える人も多いのではないでしょうか。

車両保険を安くする方法には、次のようなものがあります。

  • 更新時には自分に必要な補償範囲だけチェックして加入する。
  • 免責を付けて、保険料を節約する。
  • 同じ補償で保険料の安い保険会社に加入する。

もしものことがあった場合に手厚い補償内容は安心ですが、保険料を高くする原因にもなります。

では具体的に、どうやって保険料をチェックしたらいいのでしょうか。保険の更新時に検討するべきポイントを、個別にまとめてみることにしましょう。

補償範囲の限定&免責を付ける

交渉

車両保険に加入している人のほとんどは、損害をフルにカバーしてくれる一般車両保険か、エコノミータイプ+限定Aを契約しています。保険料をできるだけ抑えたい人には、エコノミータイプ+限定Aはおすすめです。

エコノミータイプ+限定Aには、当て逃げや自損事故の補償はついていません。しかし自宅に駐車スペースがある人は、当て逃げされるリスクは低くなります。さらに運転に自信のある人は、自損事故のリスクも低いでしょう。

ベテランドライバーで事故の少ない人は、免責金額を高く設定して保険料を下げる方法もあります。仮に事故を起こして免責金額を自己負担することになっても、それまでに節約した保険料でまかなえることが多いからです。

お得に車両保険を加入する方法

グラフメモ

では実際に車両保険を一般車両保険からエコノミータイプ+限定Aに変更して、保険料を安くした人の加入例を見てみましょう。加入者の基本データは、次のようになります。

  • 30代男性
  • 等級20等級、ゴールド免許
  • 車両保険金額370万円
  • 免責金額1回目0円、2回目以降10万円

車両保険の補償範囲と免責金額を見直したことで、保険料は約9000円下がりました。

見直しのポイントとして、この男性は常に安全運転を心がけているために、今まで一度も事故を起こした事がないところにあります。免責金額は1回目から10万円に設定すると、さらに保険料を節約することができます。

エコノミータイプ+限定Aを選んだ理由は、自宅のガレージがあるため当て逃げされる確率は低いと判断したところにあります。また慎重な性格なので、単独事故を起こしてもさほど大事にはならないという自己分析でした。

加入は一括見積もりで賢く選ぼう

先生

さらに車両保険を安くするために重要なのは、同じ補償を提供しつつ保険料の安い保険会社に加入することです。どこで加入しても同じだろうというのは間違いで、実際に比較してみると金額の違いは理解できるはずです。

かといって、保険会社ひとつひとつに資料請求をして見積もりをとるのは、とても骨の折れる作業でしょう。そこでおすすめなのが、ネットで複数の保険会社から一括見積もりがもらえるサイトを利用する方法です。

一括見積もりを利用すると、次のようなメリットがあります。

  • 希望を入力するだけで簡単に保険料がわかる
  • お客様満足度の高い保険会社が多い
  • 一度に複数の見積もりをとるので比較しやすい
  • 実際に保険料が大幅に節約できた人が多い

一括見積もりサイトを利用して、保険料を見直した人の中には、なんと年間で5万円以上安くなった人もいます。

平均でも約3万円の保険料が節約できたという実績がありますので、興味のある人はぜひ試してみてください。

まとめ

メモをする男性

任意の車両保険についてまとめてみましたが、重要なポイントは保険の補償内容を正しく理解することにあります。理解することによって、本当に自分に必要な補償内容が見えてくるでしょう。

また車両保険の等級と保険料の割引率の比較も、見逃してはいけないところです。長い目で見たときに、トータルで得をするようによく考えて保険を選び、保険を使わなくてはいけません。

スーパーワンポイント特に初心者ドライバーにとっては、車両保険は強い味方になるはずです。

決して安くない保険料を節約するための方法もいろいろあるので、保険会社任せにせずに、自分で保険料を比較検討するのも大切です。

事故を起こさないのが一番ですが、いざというときに頼りになる保険は、きちんと選びましょう。

上に戻る

ページの上に戻る