自動車保険のミカタ

車保険をスマホで調べる

1日自動車保険に車両保険は必要?付けるべき理由&不必要な理由【徹底比較】

1日自動車保険には必要に応じて特約を付けることができる場合もあり、車両保険を付けたいと考える人もいるでしょう。補償される内容が充実していた方が、事故を起こしてしまったときのために備えられます。

ただし車両保険が絶対的に必要となるわけではなく、場合によっては付ける必要がないこともあるかもしれません。自分には本当に必要か迷っている人は、以下にまとめる情報を参考にした上で判断してみてはいかがでしょうか。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

1日自動車保険に車両保険は付けられるの?

スーツを着た男性

現在日本国内では3種類の1日自動車保険が販売されており、そのすべてにオプションとして車両保険が存在します。ただし保険会社は複数のプランを用意しているため、選んだプランによっては付けられない場合もあります。

ただし希望すればどの1日自動車保険であっても付けることは可能なため、加入時に保険会社のスタッフに相談すると良いでしょう。基本的なプランと比較すると保険料が高くなりますが、補償範囲が広くなることがメリットです。

1日保険の車両保険は「車両復旧費用保険」

女性の営業トーク

実は自動車保険の車両保険は、以下の通り2つに分けることができるのです。

  • 車両復旧費用保険
  • 一般車両保険

1日自動車保険に付けるものは、車両復旧費用保険という正式名称で呼ばれる場合もあります。車両復旧費用保険の特徴を簡単にまとめると、以下の通りです。

  • 事故により自動車の修理が必要になった場合に修理復旧にかかる費用が支払われる
  • 修理復旧することが前提であり運転中である場合にのみ認められる
  • 300万円の補償上限と15万円の免責金額が存在する

借りていた自動車に関する損害が発生しても、修理復旧を行わないという人もいるかもしれません。その場合の補償の支払いは、以下の通りです。

  • 損害の復旧を目的とした代替車両の購入費用が支払われる
  • 購入費用は修理費用または自動車の時価額を限度とする

また運転中以外は補償の対象外となるため、以下の場合は支払いを受けることができません。

  • 駐停車中に当て逃げされる
  • 自動車を借りている間に起きた盗難

駐停車中などは自動車から目を離すことになるため、被害に遭わないように注意する必要があります。

スーパーワンポイント登録した自動車が300万円以下であれば、時価額を基準に最大限の支払いを受けることができるでしょう。

車両復旧費用保険と車両保険との違い

チェック

まず補償される範囲についてですが、以下の内容は一般的な車両保険であれば補償されるでしょう。

  • 単独でガードレールや電柱に衝突してしまう
  • 他の自動車に衝突または接触してしまう
  • 自動車や歩行者との激突
  • 転落や転覆などのトラブル
  • 火災や爆破に巻き込まれる
  • 台風や竜巻などの天災による被害

車両復旧費用保険の場合、必ず補償されるわけではありません。上記でも説明した通り、被保険者が運転中であることが求められる点で違っています。また免責金額にも違いがあり、車両復旧費用保険では15万円であることが基本です。

一般的な車両保険では0円から5万円など、契約時に任意で設定できる場合もあるのです。つまり車両復旧費用保険では、少額の損害では15万円までの自己負担が存在するのです。

お金と車を天秤にかけた絵

知らないと損する!車両保険に入るべきか4つの基準から判断しよう!

車両保険の必要性を見極める4つの判断基準 車両保険に入るか入らないかを……続きを読む

【各1日保険別】車両保険(車両復旧費用保険)を比較

自動車保険の説明

1日自動車保険の内容は保険会社ごとに異なる場合もあるため、車両復旧費用保険の内容もすべて同じというわけではありません。これから初めて自動車保険の契約をするつもりの人は、比較を行うことをおすすめします。

同じ1日自動車保険であっても、補償内容がより充実しているところを選んだ方が何かと便利ではないでしょうか。サービス内容だけではなくコスト面でも違いが見られるため、比較した上で納得できるものを選ぶと良いでしょう。

悩んでいるサラリーマン

『1Day保険・ちょいのり保険・ワンデーサポーター』1日保険を比較!

『1Day保険』VS『ちょいのり保険』VS『ワンデーポーター』1日保険を徹底比較……続きを読む

1DAY保険(三井住友海上)の車両復旧費用保険

三井住友海上
(画像出典:三井住友海上)

三井住友海上から販売されている1DAY保険ですが、補償内容は以下の通りです。

  • 衝突や接触などの事故が発生した場合に補償される
  • 記名被保険者または指定被保険者が運転していた借用自動車に損害が発生している必要がある
  • 被保険者が実際に負担した費用のうち修理費の額から免責金額を差し引いた額が支払われる

代替となる自動車を購入する場合も補償されますが、いずれかのうち低い額の方から免責金額が差し引かれます。

  • 修理費
  • 代替となる自動車の購入費用または借用自動車の時価額

これらの内容は、他の2つの1日自動車保険と共通している部分もあります。また他の2つと比較してどれに加入するか決める場合、1DAY保険を基準にするとわかりやすいかもしれません。

ちょいのり保険(東京海上日動)の復旧費用補償特約

東京海上日動
(画像出典:東京海上日動)

東京海上日動から販売されているちょいのり保険を他の1日自動車保険と比較すると、車両補償に違いがあることがわかります。ちょいのり保険の車両補償には、2種類のプランがあるのです。

  • 10万円の免責金額が設定されている車両補償ありプランのプレミアム
  • 15万円の免責金額が設定されている車両補償ありプランのスタンダード

また三井住友海上の1DAY保険と比較すると、以下の内容はほぼ同じと言えるでしょう。

  • 補償される場合
  • 代替となる自動車を購入する場合

車両復旧費用保険の免責金額は15万円であることが基本ですが、ちょいのり保険では10万円に引き下げられるのです。免責金額の引き下げについては、他のものより有利と言えるでしょう。

ワンデーサポーター(あいおいニッセイ同和)の車両復旧費用保険

あいおいニッセイ同和損保
(画像出典:あいおいニッセイ同和損保)

あいおいニッセイ同和から販売されているワンデーサポーターは、他の1日自動車保険よりもあっさりしているかもしれません。

公式ホームページをチェックしても、借りた自動車が壊れた場合に補償されることしか書かれていません。ワンデーサポーターには、契約のためのプランが以下の通り2種類存在します。

  • 500円のベーシックプラン
  • 1,500円のワイドプラン

この2つの違いは車両復旧費用保険の有無だけであり、オプションとして付けたい場合はワイドプランを選ぶと良いです。あっさりした内容かもしれませんが、以下の通り他のものを共通している部分もあります。

  • 駐停車中の自動車は補償の対象外
  • 300万円の補償上限

内容がシンプルであるため、比較的難しく考える必要がないかもしれません。

1日保険に車両復旧費用保険は必要?必要じゃない?

重要

基本的な補償内容に車両復旧費用保険を付けることで、より安心できる人もいるかもしれません。個人で考えた上で車両復旧費用保険を付けることは自由かもしれませんが、登録する自動車の状態をチェックして判断すべきでしょう。

たとえば登録する自動車が中古であり、15年から20年近く経過した個体である場合を考えてみてください。

注意!

事故により中古の自動車が全損してしまったとしても、1日自動車保険では車両の価値分のみ補償されることになります。

法律により決められた価値の決め方を減価償却と言いますが、それにより自動車の価値が低くなる可能性もあります。自動車の価値が低くなると補償される金額に影響する場合もあるため、付けてもあまり意味がないこともあります。

しかし車両復旧費用保険を付けていない状態で事故が発生した場合、大変な思いをするかもしれません。過失割合などの問題が解決しなければ相手からの支払いを受けられない場合もあり、過失割合のある事故ではメリットとなるでしょう。

まとめ

車保険をスマホで調べる

車両復旧費用保険を付けるべきかどうかは、加入を考えている人の状況や自動車の状態によって左右されるでしょう。あまりにも状態の悪い中古車に乗っている場合、補償が乏しくなり保険料が無駄に高くなってしまうかもしれません。

紹介した3種類の1日自動車保険はいずれも500円から加入できますが、金銭的に余裕があれば車両復旧費用保険を付けてみてはいかがでしょうか。オプションとして付けるだけで1,000円以上高くため、割高に感じる人もいるでしょう。

しかしいざというときの備えがないことで、大きく損をしてしまう場合もあるのです。いざというときのためのコストパフォーマンスを考えれば、検討した上で車両復旧費用保険を付けることは無駄ではないでしょう。

コンビニ

3分でわかる!当日にコンビニで1日自動車保険に入るやり方と全手順!

コンビニで1日保険に入るやり方と全手順 1日自動車保険はあらかじめ車を……続きを読む

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る