自動車保険のミカタ

悩んでいるサラリーマン

『1Day保険・ちょいのり保険・ワンデーサポーター』1日保険を比較!

自動車保険には1日単位で加入できる1日保険というものがあり、現在取り扱われているものは3種類です。1Day保険ちょいのり保険、そしてワンデーサポーターのいずれかに加入すればいざというときの備えとなるでしょう。

これから初めて加入の手続きを行うつもりの人のために、3種類のサービス内容や特徴などを比較してまとめます。比較した上で必要な手続きを行った方が、後悔のない自動車保険選びができるのではないでしょうか。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

『1Day保険』VS『ちょいのり保険』VS『ワンデーポーター』1日保険を徹底比較

相談するスーツの男性

3種類の1日保険の内容は似通っている部分もありますが、保険会社ごとに規定が存在します。

そのためサービス内容だけではなく、料金に差がある場合もあります。保険料を少しでも安くしたい場合、是非ともチェックしてみてください。

また手続き方法に差がある場合もあり、利便性を重視する人は簡単だと感じるものを選ぶと良いでしょう。1日保険は保険料の安さだけで選ぶのではなく、メリットを感じることができるかなども重要なポイントとなります。

『1Day保険』VS『ちょいのり保険』VS『ワンデーポーター』1日保険を比較

保険料・割引・保険期間を比較

パソコンの画面を見ながら電卓で計算

まず保険料ですが、3種類とも複数のプランが分かれています。プランを保険料で分けた場合、1Day保険とちょいのり保険は以下の通りです。

1Day保険とちょいのり保険の保険料一覧
  • 基本的な500円のプラン
  • 特約が付いた1,500円のプラン
  • 最も充実している1,800円のプラン

そしてワンデーサポーターのプランは、以下の2つに分かれています。

ワンデーサポーターの保険料一覧
  • 基本的な500円のプラン
  • 補償内容が多くなった1,500円のプラン

保険料だけを見ると、3種類の間で大きな差はないと言えるでしょう。ただし割引サービスに関して言えば、1Day保険とワンデーサポーターは有利と言えるでしょう。この2つには以下のような割引制度があるのです。

  • 2回目以降の利用の割引
  • 指定被保険者の追加の割引

また保険期間についてですが、1Day保険とワンデーサポーターは24時間単位です。

しかしちょいのり保険は1日単位であり、たとえば午前10時から翌日の午前10時までの契約では2日分の保険料を支払わなければならないでしょう。

当日の補償内容を比較

電卓とペンとノートで確認

3種類の補償内容を比較すると、すべてに共通している内容は以下の通りです。

3種類の補償内容の共通している内容一覧
  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 対物超過修理費用特約
  • 自損傷害保険
  • 搭乗者傷害保険

しかし以下に挙げる3つの特約は、1Day保険にのみ付いています。

  • 対物賠償超過費用補償特約
  • 車内手荷物等特約
  • 車両復旧費用の免責10万円

補償内容の充実さを考えれば、1Day保険が良いと言えるでしょう。たとえば対物賠償超過費用補償特約は、相手方の自動車の修理復旧費用が時価額より高い場合に利用できます。超過分について最大で50万円の補償が受けられます。

1Day保険に加入する場合、基本の対物賠償補償に特約で自動付帯されるのです。また車内手荷物等特約は車内やトランクに置かれていた手荷物の補償を受けられます。

注意!

財布やスマホなどは対象外となるため注意が必要です。

車両復旧費用の免責では免責金額が15万円から10万円に引き下げられるため、自己負担が軽減されるでしょう。

ロードサービスや特約を比較

自動車保険の説明

まずロードサービスですが、3種類すべてに存在します。どの1日保険に加入していても、以下のようなサービスが受けられるため安心できるでしょう。

  • レッカー搬送
  • バッテリー上がり時のジャンピング
  • ガス欠時のガソリン補給

500円で充実したロードサービスが受けられると考えれば、1日保険にはメリットがあると言えるでしょう。

しかしサービス内容は同じではなく、たとえばレッカー搬送に関しては以下のような差があります。

1Day保険 上限30万円分
ちょいのり保険 上限15万円分
ワンデーサポーター 上限30万円分

1Day保険とワンデーサポーターには、ちょいのり保険の2倍の上限額が設定されているのです。次に特約の比較ですが、以下のものに差があります。

  • 車両保険
  • 弁護士費用特約

たとえば車両保険の場合、ワンデーサポーターには15万円のプランしかありません。また弁護士費用特約に関しても付帯が可能なのはちょいのり保険のみとなります。

前輪がパンクした車

自動車保険の”ロードサービス”とは?JAFよりも優れているか徹底比較

ロードサービスとは車の故障時などのトラブルを専門のスタッフがサポート ……続きを読む

加入手続きを比較~コンビニ・スマホから加入した場合~

コーヒー片手にタブレットを見る男性

1日保険の手続きは保険会社の窓口だけではなく、コンビニやスマホから可能です。コンビニで手続きを行う場合、設置されている機械を使う必要があります。たとえば1Day保険の場合、対応可能なコンビニを利用すると良いでしょう。

コピー機のモニターを操作して事前登録と加入申し込みを行い、発行された用紙をレジに出して支払いを済ませれば加入の手続きが完了となります。

スーパーワンポイント1Day保険以外の2つの1日保険も、対応可能なコンビニの機械から手続きを行う必要があります。

次にスマホから手続きを行う場合ですが、比較をまとめると以下の通りです。

  • いずれも3大キャリアのスマホから手続きが可能
  • ちょいのり保険のみガラケーから手続きが可能
  • 3種類ともタブレット端末やパソコンからの手続きは不可能

3大キャリアのスマホを使っているのであれば、問題なく手続きができるでしょう。今現在は手続きが可能となるスマホに限りがありますが、将来的には可能となる端末が増えるかもしれません。

1日自動車保険を比較した結果~こんな方におすすめ~

人指し指を立てるサラリーマン

比較した結果をチェックした人は、3種類がすべて同じ内容ではないことがわかったのではないでしょうか。それぞれどのような人におすすめなのか特徴を踏まえた上で紹介しますので、参考にした上で選ぶと良いでしょう。

1日自動車保険を比較した結果~こんな方におすすめ~

1DAY保険(三井住友海上)をおすすめしたい方

三井住友海上公式サイト
(画像出典:三井住友海上公式サイト)

以下のいずれかに該当する場合、1Day保険がおすすめです。

  • 指定被保険者を設定するような機会がほとんどない
  • 自分だけを対象とした契約を継続的に利用する機会が多い
  • ゴルフバックや一眼レフカメラなどの高価な車内手荷物を積むことが多い

趣味のために高価な手荷物を持ってドライブする場合、1Day保険のCプランがおすすめです。Cプランの保険料は1,800円と他のものより高くなりますが、事故を起こし大切な手荷物までそのまま失いたくない人におすすめです。

また指定被保険者のコストは、ちょいのり保険より高く設定されています。そのため指定被保険者を設定するつもりがなければ、1Day保険に加入してみてはいかがでしょうか。

三井住友海上

自動車保険『三井住友海上』を全評価【補償・事故対応・口コミ評判】

三井住友海上の総合評価 保険料の安さ ★★★☆☆3点 ……続きを読む

ちょいのり保険(東京海上日動)をおすすめしたい方

東京海上日動公式サイト
(画像出典:東京海上日動公式サイト)

以下のいずれかに該当する場合、ちょいのり保険がおすすめです。

  • 弁護士費用補償特約を付帯したい
  • 車両免責金額をできるだけ抑えたい
  • 臨時被保険者の設定を行う機会が多い

事故により自分自身に損害が発生した場合、相手に対して損害賠償が請求できることもあります。しかし弁護士への依頼は費用がかかり争いが増すばかりだと考えて、損害賠償の請求をあきらめてしまう人もいるかもしれません。

弁護士費用の補償が受けられるのであれば、請求に対して積極的になれるかもしれません。また臨時被保険者を1名追加するコストは、他の1日保険よりも安い250円です。

臨時被保険者の設定においては、ちょいのり保険が良いでしょう。2回目以降の割引がない代わりに、1回当たりのコストを低くできるのです。

ワンデーサポーターをおすすめしたい方

あいおいニッセイ同和損保
(画像出典:あいおいニッセイ同和損保公式サイト)

ワンデーサポーターは他の1日保険とは異なり、特殊な特約や保険料体系があるわけではありません。保険料体系はシンプルであり上記でも紹介した通り2つしかなく、指定被保険者にかかるコストはちょいのり保険よりも高いです。

しかし特徴がなくデメリットばかりが目立つわけではなく、2回目から4パーセント分の割引が適用されるメリットもあります。また保険料体系は車両保険の有無で分かれているため、シンプルさから選びやすいかもしれません。

特約などを付帯させるつもりがなく最低限の補償で満足できるのであれば、基本的な500円のプランを選んでみてはいかがでしょうか。指定被保険者の設定を行うつもりがなければ、他の1日保険を検討しても良いでしょう。

あいおい

自動車保険『あいおいニッセイ同和損保』を評価【補償・事故・評判】

あいおいニッセイ同和損保の総合評価 保険料の安さ ★★☆☆☆……続きを読む

まとめ

悩んでいるサラリーマン

以上が1Day保険とちょいのり保険、そしてワンデーサポーターの比較となります。どの1日保険が最も良いかは人によって異なるため一概には言えませんが、比較した上で最もメリットが多いと感じたものが良いのではないでしょうか。

たった1日だけの契約であっても万全な補償を希望するのであれば、特約の付帯したときのことを考えると良いでしょう。保険料が高くなってしまってもいざというときの備えとなれば、結果として大きな損害を避けられるかもしれません。

また地域ごとにコンビニの店舗数などに差があるため、どこに住んでいるかによって手続きのしやすさが変わるかもしれません。様々なことを総合的に判断した上で選ぶと、後悔せずに済むでしょう。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る