自動車保険のミカタ

日本地図を指差し

【都道府県別】自動車保険料ランキング&地域で値段が異なる理由

自動車保険の保険料は都道府県によっても値段が違ってきます。つまり、その他の条件が全く同じだったとしても、地域によって高くなったり安くなったりするのです。

そこで今回はお住い地域の保険料事情をチェックできるように都道府県別の自動車保険料をランキングでご紹介します。

また、どうして地域差があるのかという理由を解説するほか、都道府県別加入率なども取りあげますのでぜひ参考にしてください。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

【全国対応】都道府県別の自動車保険料ランキング

ランキング

まずは都道府県別の保険料を見ていきましょう。ここではランキング形式をとり、保険料の平均相場を合わせて挙げておきます。

なお、自動車保険というのは、補償内容や年齢、等級や免許証の色、車種や特約の有無など、様々な要素をもとに算出されます。そのため、ここで示す平均保険料は地域ごとで比較することを目的とした概算だと思っておいてください。

順位 都道府県 平均保険料
1 愛知県 54,000円
2 岐阜県 52,000円
3 北海道 50,500円
4 大阪府 50,200円
5 京都府 50,000円
6 福岡県 49,800円
7 佐賀県 49,700円
8 鳥取県 49,600円
9 熊本県 49,500円
10 大分県 48,900円
11 東京都 48,500円
12 兵庫県 48,400円
13 石川県 48,100円
14 三重県 48,000円
15 広島県 47,900円
16 静岡県 47,500円
17 千葉県 47,200円
18 滋賀県 47,100円
19 秋田県 47,000円
20 茨城県 46,800円
21 神奈川県 46,700円
22 山口県 46,500円
23 長崎県 46,300円
24 宮崎県 46,100円
25 愛媛県 46,000円
26 福島県 45,800円
27 奈良県 45,700円
28 宮城県 45,600円
29 栃木県 45,300円
30 山梨県 45,200円
31 福井県 45,100円
32 埼玉県 45,000円
33 徳島県 44,900円
34 岡山県 44,800円
35 青森県 44,700円
36 富山県 44,400円
37 高知県 44,300円
38 香川県 43,800円
39 鹿児島県 43,700円
40 和歌山県 43,680円
41 新潟県 43,660円
42 長野県 43,400円
43 山形県 43,230円
44 群馬県 43,210円
45 島根県 42,300円
46 岩手県 41,300円
47 沖縄県 38,700円

自動車保険料の最も高い地域は「愛知」で、最も安いのは「沖縄」となっています。上位と下位では1万円以上の差があります。

自動車保険のために他県へ引っ越すことはないでしょうが、これほど違ってくると不公平な気さえします。

とくに20代、30代といった若い年代のドライバーなど、なかなか保険料が下がらない方にとっては毎月の支払額が数千円でも安い方がいいと感じているはずです。

では、なぜ自動車保険には地域差があるのか。次にそれについてお話しします。

地域によって自動車保険料が違うのはなぜ?

日本地図

どうして地域ごとで自動車保険料が異なるのか。その答えは「地域によって事故の発生率が違うから」です。

近年、自動車保険の多くが「リスク細分型」になっています。これは事故のリスクに応じて保険料を設定するというものです。

保険料の算出で参考にされる9つのリスク要因
(1)年齢
(2)性別
(3)運転歴
(4)営業用、自家用その他自動車の使用目的
(5)年間走行距離その他自動車の使用状況
(6)地域
(7)自動車の種別
(8)自動車の安全装置の有無
(9)自動車の所有台数

若い年齢で車を乗り始めたばかりの頃、どうして保険料が高くつくの?と疑問を抱いたことはありませんか。

これは運転経験が浅いので事故を発生させる確率が高いと見なされているからです。そのため「年齢」がリスク要因に含まれています。

注意!

同様の理由から、4、50歳で安かった保険料も、60歳以上のシニアドライバーになるにつれて保険料は再び高くなっていきます。

保険会社は加入者が事故に遭えば補償しなくてはなりません。事故リスクに関わらず一律で保険料を設定してしまうと損失になりかねません。そのため、事故を発生しやすい加入者には高い保険料を、その反対は低い保険料を設定するようになっています。

ちなみに保険料を算出する際、どのリスク要因を重視しているかなど、計算方法は自動車保険会社によって異なります。

地域ごとで保険料の算出が変わる「地域別料率」

上の表の9つのリスク要因のなかに「地域」も入っていました。

確かに地域によって、事故に遭う・事故を起こす確率は統計的にいってもばらばらです。実際の事故発生率のほか、交通量、道路の広さ、気候などの条件からもリスクが想定されて保険料の計算がなされます。

例えば、北国のような積雪量の多い地域だと、路面の状態が悪くて事故などが起こりやすいですし、片道6車線のような交通量の多い地域でも事故が発生する可能性も高まります。

それに対して、道がだだっ広く交通量が少ない土地では交通事故が起きにくいです。このように地域ごとの事故リスクで保険料に差をつける仕組みを「地域別料率」といいます。

自動車保険料の「高い県」「安い県」はどこがどう違う?

天秤

自動車保険料は、事故発生率や交通量、気候など地域というリスク要因によっても算出されていると説明しました。全国で見たとき、保険料が高い上位3県は愛知、岐阜、北海道であり、保険料の低いのは島根、岩手、沖縄の3県になります。

ここでは、保険料の高い地域と低い地域、具体的にはどうしてそうなっているのか?という部分をもう少し深く見ていきたいと思います。保険会社は地域差による区別をどのように決めているのかは開示していませんからあくまで推測の範囲ですが、ある程度見えてくるものもあるはずです。

そのためまずは地域ごとの「事故の多さ」に注目して考えてみましょう。

【都道府県別】交通事故件数ランキング

順位 都道府県 事故件数
1 愛知県 39,115
2 大阪府 35,997
3 福岡県 34,862
4 東京都 32,763
5 静岡県 30,244
6 神奈川県 28,540
7 兵庫県 26,791
8 埼玉県 26,276
9 千葉県 18,030
10 群馬県 12,745
11 北海道 10,815
12 茨城県 9,679
13 広島県 8,884
14 宮崎県 8,293
15 長野県 7,949
16 宮城県 7,491
17 岡山県 7,220
18 京都県 7,145
19 佐賀県 6,765
20 鹿児島県 6,564
21 香川県 6,126
22 山形県 5,816
23 熊本県 5,786
24 岐阜県 5,648
25 福島県 5,588
26 三重県 5,441
27 長崎県 5,291
28 沖縄県 5,168
29 山口県 4,918
30 滋賀県 4,876
31 栃木県 4,865
32 奈良県 4,460
33 新潟県 4,304
34 山梨県 4,195
35 大分県 4,131
36 愛媛県 4,097
37 青森県 3,258
38 富山県 3,238
39 石川県 3,198
40 徳島県 3,151
41 和歌山県 2,591
42 岩手県 2,231
43 秋田県 2,034
44 高知県 1,790
45 福井県 1,549
46 島根県 1,282
47 鳥取県 965

ここで挙げたのは実際の交通事故の件数です。

事故の最も多かった県は「北海道」ついで「愛知」「大阪」という順になっています。一方、事故の少なかった県は「福井」「島根」「岩手」という結果です。

保険料の高いベスト3県 事故件数ランキング
(1位)愛知 1位
(2位)岐阜 24位
(3位)北海道 11位
保険料の低いベスト3県 事故件数ランキング
(45位)島根 46位
(46位)岩手 42位
(47位)沖縄 28位

愛知と北海道は事故件数も多いのが分かります。この2県は死亡事故件数も上位にきています。島根、岩手も同じく、事故件数の少なさが保険料に反映されているようです。

ただ、岐阜や沖縄は保険料と事故件数の関連性はそれほど高くないように見えます。沖縄については、保険料の最も安い理由は明確なのであとで解説します。

両方の数値が完全に合致しているわけではありませんが、それでも全体的に見てもよく似た位置にある県が多く、やはり実際の事故件数は重要なファクターとして扱われているようです。

その他の要因は?自動車保険料の高い県(トップ10)

保険料の高いトップ10県
(1位)愛知
(2位)岐阜
(3位)北海道
(4位)大阪
(5位)京都
(6位)福岡
(7位)佐賀
(8位)鳥取
(9位)熊本
(10位)大分

保険料の高い地域は事故件数が多い傾向にありますが、その他の要因にはどのようなものが考えられるのか。

例えば、愛知、福岡、北海道、大阪は全国の車保有台数トップ10入りをしています。車が多い地域では事故も起きやすいという判断があるのかもしれません。岐阜県にはスキー場があるなど積雪量が多く、気候の要因もありそうです。北海道も同様です。

大阪、京都、福岡などは都心部の交通量が多い地域というのが共通しています。地方にある県では気候のほか、山道や入り組んだ細い路など舗装整備などが反映されているのでしょうか。そのほか、トラックや運送など流通路としての活発さという点も交通事故に関係しそうなので、そういうものも参考にされているのかもしれません。

その他の要因は?自動車保険料の安い県(トップ10)

保険料の安いトップ10県
(47位)沖縄
(46位)岩手
(45位)島根
(44位)群馬
(43位)山形
(42位)長野
(41位)新潟
(40位)和歌山
(39位)鹿児島
(38位)香川

沖縄県だけは際立って保険料が安いですが、これは「沖縄料率」と呼ばれるものが適用されているからです。

これは簡単にいうと、沖縄県は保険料を安く算出しますといった仕組みです。なぜそうなのかは公式的には発表されていませんが、地域の事故リスクだけでなく行政的な配慮が関わっているのかもしれません。

岩手、島根、和歌山などは事故件数が少ない地域です。香川、島根、和歌山は車保有台数の少ない県トップ10に入っています。

気候的な点からいえば南の地方がぱっと見て多いような印象もありますが、長野、新潟、山形など東北、北陸といった積雪量の多い地域も含まれています。

【都道府県別】自動車保険加入率

最後に、地域ごとの自動車保険加入率に注目してみてましょう。

損害保険協会「自動車保険 都道府県別加入率」
(画像出典:損害保険協会「自動車保険 都道府県別加入率」)

事故を起こして保険料の支払いが多い県は保険料が高くなるため、地域ごとの自動車保険の加入率も参考にされている可能性があります。

自動車保険会社の立場からすると、どれだけ事故が多発する地域でも誰も自動車保険に入っていなかったら補償して損失になることもありません。その反対に、たとえ事故件数の少ない地域でも保険加入率が高ければ、補償する確率は高まります。

データを見ると「愛知」「岐阜」は加入率が高めであり、「岩手」「島根」は低い値ですので、保険料ランキングと呼応した結果になっています。こういう面も関連しているかもしれません。

保険料が高い!地域に限らず自動車保険を安くする方法とは?

自動車保険の見積もり

自動車保険の都道府県ランキングを紹介しましたが、保険料の高い地域にお住いの人にとっては嬉しい話ではありません。

保険料は地域のほか、年齢や事故歴など様々な要素を総合して算出しているため、年齢がまだ若い方、事故で等級の低くなった方などにはかなり耳の痛くなる話題です。だからといって、少しでも安くしようと保険料の安い地域に引っ越すわけにもいきません。

自動車保険を少しでも節約するためにはまず「自動車保険会社を乗り替える」ことから始めなくてはなりません。これが最も手っ取り早く、そして大幅に保険料の下がる方法になります。むしろ、今の契約のまま「車両保険をはずす」などの細かな変更だけではそれほど値段は安くなりません。

一度、複数の保険会社の見積もりを比較してみてください。そしたら「こんなに保険料って違うものなの?」ときっと驚くでしょう。

一括見積もりを使えば、補償内容を同じ条件にしたまま複数の見積もりを比較できますのでぜひ一括見積もりで試算してみてください。

無駄な保険料を見直せる!
安くてお得な自動車保険を選ぶなら『一括見積もり』を使え

自動車保険一括見積もりの流れ

無駄をなくした高すぎない保険料で、なおかつ、いざという事故にもしっかり対応できるプランがあれば、最も安くてお得な保険と言えるでしょう。



そのような保険を実現するためにはまず、次のポイントをおさえておくことが必要です。


お得な保険プランを実現するためには…
  • 保険内容を見直す前に保険会社を見直す

現在、あなたが加入しているのとまったく同じ内容のプランであるのに、ほかの保険会社では数万単位で保険料が安い可能性があります。別な見方をすれば、同額の保険料なら、より充実した保険にすることだって可能です。

スーパーワンポイント契約中の保険はいつでも解約が可能です。

ただ、問題になってくるのが、いくつもの保険会社に見積もりを作成してもらう手間ひま。4~5万円ほど安くなるから!と言われても、実行するのは大変です…。



そこで役に立ってくれるのが「自動車保険一括見積もり」サービス。これを使えば様々な有名保険会社の見積もり結果を同時に比較し、検討することができます。それも時間はたった3分ほど。



以下が、実際に保険スクエアbang!を試した時の結果です。


見積もり

一括見積もりの結果
  • 【契約中だった保険料】約72,140円
  • 【見積もりの最安値】アクサダイレクト27,620円
  • 【見積もりの最高値】三井ダイレクト損保39,380円

最高値の見積もりであっても、契約中の保険料との差額は3万円以上。最も安い保険料と比較するとなんと今より『44,520円』も安くなります。



これは決して稀なケースではありません。大多数の方が見積もりをすると、現在の保険料の高さに驚く結果となるでしょう。



見積もり額は現在の保険内容、希望条件をもとに算出されますが、保険会社によっては補償内容や特約などの変更を想定したより節約できる保険プランまでも教えてくれます


自動車保険一括見積もりについて
  • 一括見積もりサイトで入力するだけ
  • すべて無料
  • 入力は自動車保険証券の内容・氏名やメールアドレスなど
  • たった3分ほどの入力
  • 入力後、リアルタイムで見積もり比較
  • 営業電話なし!電話のやり取り不要

「自動車保険一括見積もり」サービスを提供するサイトは複数ありますが、当サイトで紹介しているのは信頼性が高いところのみです。



保険スクエアbang!』は株式会社ウェブクルーという大手企業が運営していますし、『インズウェブ』のSBIホールディングス株式会社はソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたものです。



安全に使える便利なサービスなので、使わなければ損!と断言できます。無駄な保険料を毎年支払い続ければ、その金額は数十万、数百万となっていきます。



ぜひ早いうちに、どこよりも安く、どこよりもお得な保険を調べて加入してください。

最後に当サイトがおすすめする自動車保険一括見積もりサイトをランキングで紹介しておきます。どれを使かえばいいか迷った方は参考にしてください。


【編集部おすすめ】日本で最初の自動車保険比較サイト『保険スクエアbang!』

『保険スクエアbang!』
  • 最大19社の見積もりが可能
  • 大手優良企業「株式会社ウェブクルー」が運営
  • 1998年からの実績があって安心して使える

業界トップクラスの利用者数『保険の窓口インズウェブ』

インズウェブ

『保険の窓口インズウェブ』
  • 最大20社の見積もりが可能
  • ソフトバンクグループの金融関連企業が運営
  • 利用者数900万人突破

一目でわかる!参加中の大手保険会社の比較一覧表

参加保険会社 保険スクエアBang! インズウェブ
アクサ損害保険
イーデザイン損害保険
セコム損害保険
ソニー損害保険
チューリッヒ保険
三井ダイレクト損害保険
SBI損害保険
セゾン自動車火災保険
Chubb損害保険 ×
あいおいニッセイ同和損害保険
楽天損害保険
共栄火災海上保険
損保ジャパン日本興亜
東京海上日動火災保険
日新火災海上保険 ×
三井住友海上火災保険
AIG損害保険
全労済 ×
リロケーション・インターナショナル ×
シースタイル ×
福島銀行 ×
神奈川県民共済生活協同組合 ×
Life&Style ×

『保険スクエアbang!』と『保険の窓口インズウェブ』ではどちらも有名どころの保険会社が参加しています。



保険会社は信頼できる一括見積もりサイトでなければ提携しないため、『保険の窓口インズウェブ』と『保険の窓口インズウェブ』が安全な証明であると言えます。



当サイトではどちらの一括見積もりサイトも利用しましたが、見積額に大きな違いはありませんでした。ただ、日本初の比較サイトなので保険スクエアbang!の方が信頼感は上です。



どちらか迷っている方は、保険スクエアbang!を選択すれば間違いありません。


(※SBI損保含む大手損保16社を無料比較)

まとめ

日本地図を指差し

今回は都道府県の保険料ランキングを紹介しました。地域別料率という仕組みによって地域ごとに自動車保険料が変わるという話です。

実際の事故件数だけでなく、その地域の交通量や気候などから事故リスクを割りだして保険料の算出がされます。近年、このような「リスク細分型」保険がスタンダードになっているため、ある意味、地域による保険料の高さは受け入れるしかありません。

ただ、そのほかの工夫により、保険料は数万円単位で安くなります。それが最後に解説した一括見積もりサービスによる保険会社の見積もり比較です。

自動車保険を乗り替えるだけで、今後の支払いが大きく違ってくるので、保険の見直しを考えることをおすすめします。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る