自動車保険のミカタ

保険を説明する女性

自動車保険を乗り替えたい方必見!時期や方法&メリット・デメリット

車に乗っているドライバーの多くは自動車保険(任意保険)に加入しているはずです。そしてほとんど全ての方といっていいほど、「もう少し安くならないの?」と感じるものでもあります。

今の保険で節約のためにやれることは限度があるので、他の自動車保険会社へ乗り換えようか悩んでいる人もいるはずです。ただ、手続きが面倒くさそうだと思って結局そのまま契約更新しがちです。

乗り替えの方法は知っていればそれほど手間でもありませんので、今回は「自動車保険の乗り替え」についての情報をご紹介します。

たった3分で自動車保険が7万円→約3万円に!
安い自動保険を探す方法はコレ

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

自動車保険の乗り替えの手続き

保険料の説明する男性

今から自動車保険の乗り替えの手続きについて紹介します。

乗り換えをするにあたって今の状況について大まかにいえば次の2パターンがあります。

  1. 今の保険が満期前
  2. 今の保険が満期になる

現在契約中の保険がまだ満期になる前に乗り替えたい方、もしくはもうじき満期日だという方のどちらかに分かれるので、この2つに応じた流れを説明したいと思います。

【満期前】自動車保険の乗り替え

並べられた車のおもちゃとノートと電卓

まずは今の自動車保険を満期日よりも前に解約し、新たな自動車保険会社に乗り替える場合の手続きを見ていきましょう。

新たな自動車保険会社に乗り替える場合の手続き

1.自動車保険会社を探す

何よりもまず、自動車保険会社を探すことから始めましょう。どの保険にするかしっかりリサーチする時間を設けましょう。

よくある話が「新しく乗り替えた保険会社も、結局、以前の保険料と変わらない」というものです。このように後悔しないように「一括見積もりサービス」を利用することをおすすめします。

これは複数の保険会社の見積もりを無料で知れるサービスです。ネットのサイトで、ドライバー情報や補償プランを選択し送信するだけで、まとめて見積もりを比較することができます。

どれも大手のダイレクト型保険なので、最安値の保険会社を選んで決めるというのもいいでしょう。この会社にしようと目星をつけたらまだ申し込みはせず、次の手順を先に行うといいでしょう。

2.契約中の保険会社に解約の連絡をする

サラリーマンのスマホ

絶対にこの流れでないといけないということもありませんが、次に、今契約している保険会社に連絡をし、解約する旨を伝えましょう。

このとき、解約手続きとして書類のやり取りなどありますが、とくべつややこしいものでもありません。乗り換え先の保険会社の契約情報を伝えないといけないといったこともありません。

また「解約返戻金」として、先に支払っている保険料のなかから残りの契約期間分を返還してもらえます。

これは単に日数で割った金額が返ってくるわけではないため、日割りの計算よりも少ない金額となります。ただ、大幅に損をするものではなく、若干少なくなる程度です。

そういう面もありますが、途中解約のペナルティなどは設けられていません。

3.選んだ保険会社に契約の申し込みをする

スマホを触るサラリーマン

解約手続きが済んだあと、乗り替えたい保険会社に申し込みをします。一般的に保険会社では「保険始期日の3ヶ月前から申し込みを受け付けている」ところが多いです。

このとき他の自動車保険会社から乗り替えすることを伝えます。

乗り替え手続きの必要書類は?

乗り替え手続きのための必要書類は以下のものになります。

  • 運転免許証
  • 車検証
  • 現在契約中の自動車保険の保険証券

基本的にこの3つさえ準備していれば対応できます。

【満期前】乗り替えの注意点・デメリット

営業マンの説明を受ける家族

これまで説明してきた通り、満期前の解約、新たな保険会社への乗り換えのなかで、特別ややこしい手続きはありません。

ただ、満期前の乗り換えをする際、知っておいた方がいいこと、注意点もあるので説明しておきたいと思います。

途中解約での「解約返戻金」

先に触れたように年間の保険料を前もって支払っている方が途中解約する場合には残り期間分が返還されます。

ただ日数を割るだけの単純計算ではなく、会社それぞれが設定した「短期率」と呼ばれる料率に基づいて計算されて返還される金額が出されます。これは日数で割った金額よりも少ないものになっています。

ただ、大幅に損をするものではなく、若干少なくなる程度です。

事故歴は?途中解約の乗り換えでの「等級」について

書類の上に置かれたミニカー

自動車保険の仕組みに「等級」というものがあります。1等級から20等級まであり、この数字が高くなればなるほど保険料は割安になります。

1年間無事故であれば、翌年から1等級アップします。反対に、事故を起こして保険を利用した場合、その内容次第では1等級もしくは3等級ダウンします。

等級は自動車保険会社を新しく切り替えても引き継ぐことができます。また、逆の見方をすればダウンした等級を保険会社の乗り替えによってリセットすることもできません。

今の保険の契約期間中に事故があった場合も同様です。事故によって等級がこの先ダウンする予定であれば、その等級が乗り換え時に引き継がれることになります。

スーパーワンポイント等級アップというのは1年経ってから行われるので、もし途中解約した場合、現在の等級が引き継がれることになり、等級アップするのは新しい保険の契約日から1年後になります。

今の保険の満期日に合わせて乗り替えた場合にはアップした等級からスタートされるので、こちらの方がお得です。

ただ、現在の保険がかなり高くて今すぐ解約した方が良さそうな場合には、等級がそのままでもすぐに乗り替えた方がお得になるケースもあるでしょう。

【満期を迎える】自動車保険の乗り替え

サラリーマンのチェック

今の自動車保険を満期日を迎えるタイミングで乗り替えする場合の手続きを見ていきましょう。

満期日を迎えるタイミングで乗り替えする場合の手続き

1.契約中の保険会社の契約内容をチェック

今の保険会社の満期日に合わせて新たな会社へスイッチする場合、「自動更新」の契約になっていないかどうかを確認しましょう。

通常、満期日の解約ではわざわざこちらから連絡を入れる必要はありません。ただし、契約内容が自動継続する保険プランになっているときにはこちらが連絡しない限り、解約にはなりませんので注意が必要です。

そのため契約中の内容をチェックし、自動更新であれば解約の旨を伝えましょう。

2.自動車保険会社を探す

タブレットとメモ

次に、自動車保険会社を探しましょう。もし保険を大幅に節約したいと考えている人はダイレクト型保険をおすすめします。代理店型とは違って、ネット契約となるので余計なコストがかからず、保険料は格段に安くなります。

自分に合ったダイレクト型保険を探す方法は「一括見積もりサービス」が便利です。大手の保険会社の見積もりを一括して比較できるサービスです。もちろん無料ですし、ネットのサイトで、ドライバー情報や補償プランを選択し送信するだけなので簡単です。

3.選んだ保険会社に契約の申し込みをする

乗り替えたい保険会社に申し込みをしましょう。通常、保険会社では「保険始期日の3ヶ月前から申し込みを受け付けている」ところが多いです。

乗り替え手続きの必要書類

乗り替え手続きのための必要書類は以下のものになります。

  • 運転免許証
  • 車検証
  • 現在契約中の自動車保険の保険証券

基本的にこの3つさえ準備していれば対応できます。

【満期・満期後】乗り替えの注意点・デメリット

スーツを着た男性

満期日を迎えてからの乗り換え、あるいは満期が過ぎてからの乗り替えの際に、知っておいた方がいいこと、注意点をいくつか説明したいと思います。

等級は引き継がれるの?

自動車保険には等級という仕組みがあります。1等級から20等級まであり、この数字が低いと保険料は割高に、数字が高いと割安になります。

1年間無事故であれば翌年から1等級アップし、反対に事故を起こして保険を利用した場合、その内容次第では1等級もしくは3等級ダウンします。

「満期前の乗り換え」の解説でも触れましたが、等級は自動車保険会社を新しく切り替えても引き継ぐことができます。また、逆の見方をすればダウンした等級を保険会社の乗り替えによってリセットすることもできません。

ちなみに今の保険を満期日を待たずに途中解約した場合、そのときの等級が引き継がれるため、乗り換え後の新たな保険開始日から1年経つまで等級アップはされません。

そのため満期日に合わせて乗り換えた方がアップした等級を引き継げるのでお得になります。

事故歴はどうなる?現在の保険で事故があった場合の乗り換え

ビジネスマン

今の保険の契約中に事故歴があり、等級が下がってしまう場合にはその等級が引き継がれてしまいます。

等級という仕組みは各保険会社のルールではなく、自動車保険のルールと捉えておくと分かりやすいかもしれません。

自動車保険の乗り換えはいつまで?満期日が過ぎたあとはどうなるの?

現在の等級をそのまま引き継ぐためには「満期後から7日以内に乗り換え」なければなりません。

もし満期日から7日を過ぎると、6等級からスタートになります。そうなると保険料の割引率が小さくなるので、等級の高い方は気をつけましょう。

ただ、あとで説明するようにこの7日以内という期間を延長することも可能です。

5等級以下の場合には満期後7日を過ぎてもそのまま引き継がれる

5等級以下の方が満期後から7日以内に乗り換えなければ、同じように6等級からスタートすることができるのか?

それならお得ですが、等級のデータは記録されているため、5等級以下の場合には13カ月間はその等級が引き継がれてしまいます。例えば3等級の方なら意図して空白期間を作って乗り換えても、やはり3等級からのスタートです。

「中断証明書」で等級を引き延ばすことが可能

並べられた資料

たとえば今の車を廃車にし、新車を納車するような場合であれば保険を解約してから新たな保険に乗り換えるには空白期間ができてしまうこともあります。

そうなると先に述べた「満期後から7日以内に乗り換え」ができず、せっかく高い等級が引き継げないことになります。

そのため「中断証明書」を取得することで、乗り換えの空白期間がしばらく続いても、等級をそのまま引き継げるような制度があります。もちろん、今の保険会社を中断、再び継続する場合も同様です。

「中断証明書」があれば10年間は等級を引き継ぐことができます。この「中断証明書」の申請先は解約する保険会社です。

注意!

中断証明書の申請ができるのは7等級以上の方で、「廃車、譲渡、返還等、海外渡航」などの理由も必要です。例えば「妊娠による中断」などは保険会社によって対応が異なります。

早割(早期割引)サービスがある自動車保険会社も

保険開始日の1ヶ月以上前に契約を済ませると、自動車保険が割引になる制度があります。すべての保険会社ではありませんが、ダイレクト型保険でこの制度をとっているところが多いです。

例えばダイレクト型保険の大手である「チューリッヒ保険会社」では「保険始期日の45日前までに契約申込みをした場合、年間保険料が500円割引になります。(クレジット分割払い(当社11回払い)でご契約の場合は年間で480円割引となります。」となっています。

自動車保険の乗り替えのタイミング・時期はいつがベスト?

スーツ着た男女が悩む

自動車保険の乗り換えの手続きで見てきたように、乗り換え時には「等級」などにも影響があるため、理想的には「満期に合わせて乗り換える」というのがベストだといえるでしょう。

ただ、途中解約することで等級アップが遅くなってしまいますが、それでも今の保険料が無駄な支払いになっている場合には、早めに乗り換えた方が結果的に節約になることもあります。

契約手続き自体は保険始期日の3ヶ月前から申し込みを受け付けているところが多いので、なるべく早めに準備にとりかかると満期日が近づいてから慌てて手続きするようなことも避けられます。

自動車保険の乗り換えで失敗せずに安いものにする方法は?

女性の営業トーク

自動車保険の乗り換えで何よりも大切なポイントは自分に合った安い自動車保険を探すことです。

もちろん乗り換えのタイミングなども大事ですが、もし保険料が今とほとんど変わらない乗り換えになってしまっては手続きの手間ひまも何もかも無駄になってしまいます。

そのため、保険会社選びには徹底してこだわりましょう。まず現在、代理店型保険に加入している方はダイレクト型保険に切り替えることをおすすめします。これだけでも今よりもはるかに保険料を節約することが可能です。

今ダイレクト型保険の方は他の会社の見積もりをとって比較してみてください。今と同じ補償内容なのに、思った以上に安い保険会社を見つけられるかもしれません。

代理店型からダイレクト型へ、あるいはほかのダイレクト型を検討しているどちらの場合にも「一括見積もりサービス」で複数の自動車保険会社の見積もりを比較検討すると、自分にぴったり合った保険が見つかりやすいので、ぜひ試してみてください。

Pickup Contents!!

事故車、故障した愛車を
必ず買取する専門業者『ハイシャル』

ハイシャル

事故車、故障車、走行距離15万km以上の過走行車、年式が古い車は中古車市場では全く価値がありません。そのため買取業者やディーラーで買取はほぼ不可能だ。それどころか処分費用が請求されることも…。

しかし、ハイシャルならどんな車も0円以上での買取保証。事故車でも想像以上の価格が付くことも!

自分の愛車がボロボロなのをわかっているが、少しでも高い価格で売るならハイシャルがおすすめ。ネットからカンタン20秒で無料依頼ができるのでとても便利ですよ♪

ハイシャル
愛車の価格をチェックする

※廃車費用無料(レッカー引取代・書類手続き代行)

まとめ

保険を説明する女性

今回は自動車保険の乗り換えについての情報を解説しました。「満期前の乗り替え」については、途中解約することでのペナルティなどは設けられていません。年間払いした方は「解約返戻金」が返還されます。

途中解約した場合、現在の等級が引き継がれることになり、等級アップするのは新しい保険の契約日から1年後になりますので注意が必要です。

「満期を迎える乗り替え」については、契約内容が自動継続する保険プランになっているときにはこちらが連絡しない限り、解約にはなりませんので注意が必要です。

また、現在の等級をそのまま引き継ぐためには「満期後から7日以内に乗り換え」なければなりません。ただし保険会社の定めた条件に合った場合、「中断証明書」を取得することで今の等級を延長することができます。

自動車保険の乗り換えのタイミングは「満期に合わせて乗り換える」というのがベストだといえるでしょう。ただ、今の保険料が無駄な支払いになっている場合には早めに乗り換えた方が結果的に節約になることもあります。

何よりも大切なポイントは自分に合った安い自動車保険を探すことです。「一括見積もりサービス」で複数の自動車保険会社の見積もりを比較検討すると、自分にぴったり合った保険が見つかりやすいので、ぜひ試してみてください。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る