自動車保険のミカタ

パソコンと家と車のおもちゃ

【緊急】自動車保険の住所変更は超重要!補償受けれない可能性も…

引越しをしたらさまざまな手続きがあり、新しい生活をスタートさせるにも手間がかかるものです。引越でするべき手続きの1つには自動車保険の住所変更があります。他の手続きに比べ、自動車保険の住所変更は後回しにされがちです。

ですが、自動車保険の住所変更を忘れていると、場合によっては事故を起こしても補償されないケースもあります。

ここでは自動車保険の住所変更の必要性と実際に住所変更をする方法、その他にすべき手続きについてまとめています。

たった3分で自動車保険が7万円→約3万円に!
安い自動保険を探す方法はコレ

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

急げ!自動車保険の住所変更は速やかに行うべし

保険を説明する女性

転勤や結婚、就職その他いろいろな理由で引越しをすることがあるでしょう。引越となるといろいろな手続きや作業が増えてきます。特に電気や水道、ガスなどのライフラインの手続きなどは急いでやらなければいけません。

引越ししたら自動車保険の住所変更も速やかに行う必要があるのですが、どうしても他の手続きよりも重要視されない傾向にあり、後回しになってしまうことも少なくありません。

実際に、急いで住所変更しなくてはいけないわけではないと思ってしまう気持ちもわかります。ただ、後回しにしてしまうと、忙しさから忘れてしまうことも少なくないのです。

注意!

事故はそう頻繁に起こるわけではないからというのもありますが、いざという時に住所変更していないことでさまざまなトラブルになることもあるので注意しましょう。

自動車保険の住所変更手続きを忘れた際の危険性

車の運転中

たかが自動車保険の住所変更手続きを忘れたくらいで、と思う人もいるでしょう。ですが、自動車保険の住所変更をしないことで以下のような危険性がともないます。

  • 補償が受けられなくなる可能性もある
  • 満期のお知らせなどが届かなくなり、保険切れになることも

実際は住所変更手続きを忘れていた状況で事故を起こしても、住所が違うので事故を起こしても補償しません、ということにはならないことが多いです。ですが、必ずしもそうとは言い切れないケースもあるのです。

自動車保険によっては住む地域によって保険料が変わるものもあります。つまり、保険料が高くなる地域に引越したのに、そのままにしていると保険料が支払われていないのと同じ扱いになる可能性もあります。自動車保険の手続きは非常に簡単なので速やかに行いましょう。

自動車保険の住所変更する際に必要なもの一覧

並べられた車のおもちゃとノートと電卓

自動車保険の住所変更をするのは面倒と思う人は少なくありません。おそらく住民票や戸籍謄本などを取得して、車検証やら実印やらいろいろと準備するものがあるのだろうと思うからではないでしょうか。

ですが、自動車保険の住所変更をする際に必要なものはほとんどありません。ちなみに、住所変更をする方法は保険会社によっても異なりますが、主に以下の3つの方法があります。

  • 住所変更の書類に記入して郵送
  • 電話での変更
  • インターネット上で変更

このように、住所変更のみなら簡単にできてしまいます。あえて言えば準備するものとしては保険料が変わる時だけ、口座情報やクレジットカードが必要になることくらいです。ただ、それも保険会社によって変わってくるので、まずは確認してみたほうがいいでしょう。

自動車保険の住所変更以外にも確認すべき『4つの項目』

サラリーマンのチェック

自動車保険の住所変更は比較的簡単にできるのですが、実際に住所変更した場合、他にも確認しておくべきポイントがあります。まずは以下の4つの項目はしっかり確認してみましょう。

自動車保険の住所変更以外にも確認すべき『4つの項目』

【項目1】電話番号やメールアドレスの確認

スマホを触る手元

自動車保険の契約には電話番号を記入することと思います。また、最近はネット保険なども増えていますが、ネット保険の場合はメールアドレスも登録することでしょう。

もし、住所を変更することで電話番号やメールアドレスが変更になる場合にはそちらも変更する必要があります。もちろん、電話番号やメールアドレスが変わってしまったからといって補償が受けられないということはまずありません。

そのため、契約を継続する時にでも変更しても構わないかもしれません。ですが、電話番号やメールアドレスが変わってしまうと、保険の満期などの案内が届かなくなってしまうでしょう。

それにより保険が切れたのを知らずに乗り続けてしまうことも考えられます。そうならないためにも、住所変更と一緒に変更しておきましょう。

【項目2】ナンバープレート(登録)

並べられた車

引越し先が県外となった場合、ナンバープレートの変更も必要となります。もちろんナンバープレートの変更手続きに関しては忘れずにすることでしょうが、自動車保険のナンバープレートの変更手続きも行わないといけません。

なんとなくナンバーが変わってしまうと補償が受けられないのではと思うかもしれませんが、実際は車体番号は変わらないので、万が一事故を起こしたとしても補償は受けられます。ただ、変更していないと事故を起こした時に保険会社の対応が遅れてしまうこともあります。

また、自動車保険ではさまざまな車のトラブルで利用できるロードサービスがありますが、ナンバーを変更していないことで、そのロードサービスの対応にも手間取ってしまうことがあります。

【項目3】使用目的・走行距離区分の変更

話し合いをする夫婦

自動車保険に加入する際、使用目的によって保険料が変わってきます。使用目的としては以下の3つあります。

  • 業務
  • 日常・レジャー
  • 通勤・通学

引越しをした人の中には、これまでは車は休みの日にしか乗らなかったが、引越ししたことで会社に車で通わなければいけなくなったということもあるでしょう。

そうなると、通勤で毎日車に乗ることになり、当然事故を起こすリスクも高くなります。そのために使用目的によって走行距離が変わるので保険料にも差があるのです。

スーパーワンポイントもしも変更せずに通勤で事故を起こしてしまうと使用目的が違うとして保険がおりなくなってしまうこともあるのです。また、年間走行距離が変わる場合にも同じように変更しておかなければいけません。

【項目4】運転者の範囲

車の運転中

保険料を少しでも節約するため、もしくはその車に乗る人の補償範囲を広げるため、運転者の条件を絞って自動車保険に加入することでしょう。誰が乗っても補償されるように設定していると、どうしても保険料が高額になってしまうからです。

引越しはいろいろなケースがありますが、それにより運転者の範囲も変わってくることもあります。例えば、引越しして一人暮らしになれば、本人限定で補償すれば保険料は抑えられます。

逆に一人暮らしから実家に引越した時には、家族が補償されるように範囲を変更しないと補償されないことも出てきます。

また、自動車保険では年齢条件を設定しているケースもあるでしょう。それも引越しで変わってくることがあるので、まずは引越しをして自分の車を誰が乗ることになるのかを確認し、変更を検討しましょう。

まとめ

パソコンと家と車のおもちゃ

このように、後回しにしがちな自動車保険の住所変更ですが、忘れてしまうと万が一の時に補償されないなんてことになりかねません。

また、それに付随するものとして使用目的や運転者の範囲、ナンバーや電話番号も変わってくることもあるでしょうから、その点も確認しましょう。

自動車保険の住所変更はちょっと面倒に思って後回しにする人も多いですが、やってみるとわずか数分で完了することもあります。ですので、忘れる前に引越ししたら早急に変更をしてみましょう。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る