自動車保険のミカタ

前輪がパンクした車

自動車保険のロードサービスとは?JAFよりも優れているか徹底比較

ドライブ中に突然車が故障してしまい困ってしまったという経験はありませんか?時折発生するのが遠方に旅行中にガス欠になってしまったり、買い物のときにカギを閉じ込めてしまったりといった事故です。

このような時にすぐに現場に駆けつけてくれて必要なサポートをしてくれるサービスがあればいいのに、とだれもが思うことでしょう。

おそらく多くの方はJAFのロードサービスを利用されていると思いますが、自動車保険にも同様のサービスが付帯されています。

自動車保険に付帯されているロードサービスとは、車の故障時の応急修理やレッカー移動などを提供するサービスのことです。ロードサービスについてあまりよく知らないという人は、先ずこのサービスについて理解しておくことをお勧めします。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

ロードサービスとは?

車の事故

自動車保険のロードサービスとは何でしょうか。簡単に言えば車の故障時などのトラブルを専門のスタッフがサポートしてくれるサービスのことを指します。

自動車保険には基本的に無料で付帯されているため、万一の時に助かったという経験をお持ちの方が増えています。ロードサービスがあれば、さまざまなトラブル時にとても役に立ちます。例えば

  • 冬場にバッテリーが上がってしまった
  • キーを車の中に閉じ込めてしまった
  • タイヤがパンクして自走できなくなってしまった
  • ガス欠で車が動かなくなってしまった

といったトラブルです。ほかにもタイヤが側溝に転落してしまい、自力で持ち上げられず立ち往生してしまった、旅行先で車が故障してしまい、帰宅困難になってしまった、といったトラブルにも対応できます。

ロードサービスの中身は保険会社によって異なるので、それぞれの違いを把握しておくことが大切です。ロードサービスは無料で利用できる範囲が決められています。

その点を把握したうえで利用されると利用価値がさらに高まることでしょう。

ロードサービス利用で等級が下がる?

見上げるサラリーマン

自動車保険のロードサービスを利用したいけれど、保険料が上がってしまうのだったら使えない、そう考えてはいませんか?自動車保険から補償を受けると等級ダウン事故とされることがありますが、ロードサービスも同じなのでしょうか。

結論から言えばロードサービスは等級ダウン事故には当たりません。

スーパーワンポイントロードサービスは自動車保険契約者に対するサービスの一環として提供されているので、事故としては判断されません。言い換えれば等級が下がることはないのです。

交通事故でレッカー移動を頼んだら等級が下がったという話がありますが、これは対人、対物、車両保険のいずれかを利用したためです。単独でロードサービスを利用した場合、等級ダウンは発生しないので安心してください。

ロードサービスを利用出来る人の範囲

親子で悩む

自動車保険のロードサービスはだれが利用できるのでしょうか。JAFの場合、会員のみがロードサービスを利用できるわけですが、自動車保険に付帯されているロードサービスもJAF同様契約者のみなのでしょうか。

自動車保険のロードサービスは、基本的に保険の補償対象になる車を運転している、もしくは乗車している人が利用できます。つまり誰でも利用できるのです。ただし、これは運転する車を補償する自動車保険を契約している場合に限ります。

第三者が運転する場合、記名被保険者もしくは契約者の同意を得ているなら補償されます。例えば誰かに車を貸してロードサービスを運転者が利用する場合などが当てはまるでしょう。

ロードサービスが利用出来る場面一覧

パソコンを見ながらメモをする男性

自動車保険のロードサービスは、利用できる場面とそうではないものとに分かれます。もし突然車が故障してしまった場合、ロードサービスの対象になるかどうかを知らなければ慌ててしまうと思います。前もって知っておけばトラブルも防げるはずです。

1.制限時間内での応急修理

ロードサービスには、30分以内の応急修理について無料で対応してくれるサービスが含まれています。作業費用が無料になるということですので、部品代が発生する場合は実費での支払いです。ほかにもスペアタイヤへの交換などが含まれます。

2.ガス欠時のガソリンお届けサービス

ガス欠で自力走行できなくなった場合に、ガソリンを一定量届けてくれるサービスです。ガソリン10リッターまでは無料で提供してくれる場合もありますので、契約しているサービスを確認してください。

3.レッカー車によるけん引サービス

故障などで自力走行できなくなった場合、一定の距離以内であれば無料でレッカー搬送してくれるサービスです。JAF会員の場合はJAFで利用できる距離にプラスして提供するケースが多くみられます。

ロードサービスが利用出来ない場面一覧

落ち込む男性

自動車保険のロードサービスには利用できるケースとそうではないケースとがあります。これらについても知っておくと何かと役に立つことでしょう。

1.保険契約が切れてしまった場合

まれにあることですが、自動車保険料の未払いにより保険契約が解除されることがあります。この場合、ロードサービスもすべて無効になってしまうので注意してください。

2.法令違反の状態で利用した場合

飲酒運転など法令違反の状態で運転した場合は、ロードサービスを受けることはできません。この場合、レッカー移動などはすべて実費になります。法令順守がロードサービスを利用できる最低条件になるのです。

ロードサービスの料金制度

電卓で計算しながらメモをする

自動車保険のロードサービスの料金制度はどのようになっているのでしょうか。ロードサービスは基本的に無料で提供されるサービスであり、保険会社はあらかじめ定めた範囲内であれば無料でサービスを利用できるようになっています。

ロードサービスはすべて保険料により支えられています。保険料の一部がロードサービスに充てられているので、保険契約者だけがこのサービスを利用できるようになっているのです。

JAFを利用する場合、応急修理などで実費や工賃が発生します。そのため自動車保険のロードサービスも費用が発生すると考えてしまうことがあるわけです。具体的な部分については次の項目で説明します。

1.バッテリー上がり

フロントカー

自動車保険のロードサービスの一つがバッテリー上がりの対応です。バッテリーが上がった場合はジャンピングと呼ばれる作業が必要です。ジャンピングは10分程度で完了する応急処置になります。

ジャンピング費用は基本的に無料にしている保険会社が多いです。ただしすべてが同じというわけではないので、各自動車保険のロードサービスを確認してみることをお勧めします。30分を超えると工賃(保険会社により異なる)が発生します。

2.燃料補給(ガス欠時)

車の走行距離

自動車保険のロードサービスにガス欠時の燃料補給サービスがあります。保険会社によってこのサービスには若干の違いがみられ、ガソリンを無料で10リットルまで給油してくれるかで違いがあるのです。

燃料補給については、1契約年度中1回までに制限しているところがほとんどです。2回目からは実費が発生するので、できるだけガス欠にならないように注意しましょう。

3.タイヤのパンク修理・交換

車の修理

自動車保険のロードサービスにはタイヤパンク時の修理や交換作業も含まれます。このサービスはスペアタイヤへの交換もしくは、所有している車に備え付けのパンク修理剤を利用した応急処置のことを指します。

パンク修理剤がない場合や、スペアタイヤがなく交換できない場合、レッカー移動により最寄りの整備工場での修理になり実費が発生します。費用は各保険会社ごとに異なるので、詳しいことは保険会社に確認してください。

レッカー移動!各社に差があり

メモをする職員

自動車保険のロードサービスに含まれるのがレッカーサービスです。車が故障して自力走行できなくなった場合、最寄りの整備工場や自宅までレッカーけん引してくれるサービスがこれに当たります。レッカー移動サービスを利用する際には注意が必要です。

交通事故時のレッカー移動については保険会社が手配する場合と、警察が手配する場合とがあります。前者の場合、ケースバイケースですが、無料になることもあります。後者の場合はレッカー費用が発生します。

レッカー移動については、あらかじめ無料で移動できる距離が保険会社で定められています。そのため利用前に何キロまで無料かを確かめておくとよいでしょう。

JAF会員の場合は、JAF会員無料レッカー移動分にプラスする形でサービスが提供されることもあります。

注意!

注意点は、レッカー移動については自動車保険によって料金体系が異なることです。無料運搬距離も異なるので保険を乗り換えた場合には注意してください。

ロードサービスのQ&A

相談をする男性

自動車保険のロードサービスを利用する場合、多くの人がどのような疑問を持っているのかを知っておくと、利用前に必要な情報が把握できます。Q&A方式のまとめがあればその点をより簡単に把握できるはずです。

主な疑問点は次の通りです。

  • ロードサービスを依頼するとどんなことを聞かれるのか
  • レッカー車に乗車することはできるのか
  • ロードサービスは本当に必要なのか
  • ロードサービスで補償される臨時費用はどこまで必要なのか

依頼するとどんな事を聞かれる?

40代のサラリーマン

自動車保険のロードサービスを利用する場合、どのようなことを尋ねられるのでしょうか。まずはロードサービスに電話を入れた際の対応を考えてみましょう。

ロードサービスに連絡を入れると、まずは契約している保険会社と保険証券の番号を尋ねられます。携帯しているリーフレットを参考に伝えてください。

故障した現場の住所と状態も簡単に尋ねられます。保険会社によってはGPS装置を無料貸与してくれるところもあるので、大体の住所を伝えるだけで大丈夫なこともあるでしょう。

現場に係員が到着すると、故障の経緯などが尋ねられます。難しいことは尋ねられないので安心してください。あとは現場で作業員がチェックを行います。

来てくれたレッカー車に乗る事は出来る?

黒板の前にいる先生

自動車保険のロードサービスを利用してレッカー車を呼んだ場合、レッカー車に乗車できるのかという疑問が浮かぶと思います。

レッカー車が来てくれても、乗車できなければ整備工場に行くことはできませんし、自分の車がどこに行ったのかもすぐに把握できないからです。

乗車できるかどうかは状況次第です。例えばグループでドライブしていた場合、レッカー車に乗車できる人数は限られます。レッカー車の空いている座席に乗車できる人数であれば、載せてもらえる可能性が高いでしょう。

高速道路で故障してしまった場合、空いている座席に乗車させてもらえますが、乗り切れない人はタクシーなどを手配して送迎してもらうことになります。

ロードサービスはいらないという選択肢も…

話し合いをする夫婦

自動車保険のロードサービスは便利ですが、場合によっては別に利用しなくてもいいと思う人もいるかもしれません。JAFに入会しているのでわざわざロードサービスを頼まなくても十分と考える人は実際に多くいます。

もちろんロードサービスがあれば助かるケースが多いので、あったほうがいいのですが、いらないと思う場合、ロードサービスを外す選択肢はあるのでしょうか。

実はロードサービスを外すオプションというのはありません。なぜなら保険会社が無料で提供するサービスなので、利用しても利用しなくても保険料が変わらないからです。いらないと思う場合は自分の利用したいサービスを利用しましょう。

どこまで必要?ロードサービスと臨時費用サービス

計算をするサラリーマン

自動車保険のロードサービスは本当に必要なのでしょうか?この疑問には賛否両論あるのですが、専門家の意見はロードサービスがあったほうが良いというものが多数を占めています。ただ、実際にどこまで必要なのかという疑問は残ります。

ロードサービスが必要なのは、車が故障した場合などの応急処置です。例えば辺鄙なところで故障してしまった場合、修理工場もガソリンスタンドもないことがあります。このようなときはロードサービスが必要でしょう。

臨時費用サービスについても同様です。あってよかったと感じられるのは、自力走行が不能になってしまい、帰宅するのにかなりの費用がかかってしまう場合です。新幹線や特急、宿泊代も補償されるので、ケースによってはあると助かる補償だといえます。

「ロードサービス」VS「JAF」徹底比較

天秤

自動車保険のロードサービスとJAFのサービスにはどのような違いがあるのでしょうか。場合によってはJAFに加入しないという選択肢も出てくると思いますので、両者の比較が大切になってくることでしょう。

JAFは、会員料金が発生するロードサービスです。会員であれば無料もしくは割安な価格でサービスが受けられます。非会員の場合はすべて実費になるのでかなり高額になってしまいます。

会員の場合

年会費 4000円
基本料金 無料
作業料金 30分まで無料
レッカー移動 15キロまで無料
ガス欠の場合 実費(ガソリン代)

非会員の場合

基本料金 日中(8-20時)8230円、夜間(20-8時)10290円
作業料金 9300円/時間
レッカー移動 720円/キロ
ガス欠 実費(ガソリン代)
注意点 基本料金はすべてのケースで発生

自動車保険のロードサービス

基本料金 無料
作業料金 30分まで無料
レッカー移動 基本無料(保険会社により無料距離が異なる)
ガス欠の場合 無料(1年度1回まで)

場面別のサービス内容と費用一覧

電卓とメモを保険

自動車保険のロードサービスとJAFとを比較すると、自動車保険のロードサービスのほうが優位性が高いことが分かると思います。

作業内容と料金はそれぞれ個別に定められていて、自動車保険のロードサービスは各社によって異なります。

作業内容 JAF会員 JAF非会員 ロードサービス
バッテリー上がり 無料 基本料金+作業料金 無料
スペアタイヤ交換 無料 基本料金+作業料金 無料
ガス欠の場合 実費 基本料金+実費 無料(1契約年度につき1回まで)
キーのとじ込み 無料 基本料金+作業料金 無料
側溝への落輪 無料 基本料金+作業料金 無料
宿泊費用 保証なし 保証なし 最大1万円程度まで補償
帰宅費用 保証なし 保証なし 2万円~無制限
レッカー移動 15キロまで無料 基本料金+720円/キロ 無料(保険会社により異なる)

それぞれの補償内容を具体的に比較すると自動車保険のロードサービスは無料で利用できるサービスが多岐にわたることが分かるでしょう。

このほかに、JAFとロードサービスの連携により、レッカー移動を無制限無料としているところもあります。

ロードサービスは通販型の一括見積もりを推奨

パソコンとノートでメモを取る

自動車保険のロードサービスは、利用者にとってメリットが多いサービスであることがよくわかると思います。自動車保険契約者だけでなく、補償対象になる同乗者や第三者も利用できるので、利用メリットは非常に高いのが特徴的です。

ロードサービスは自動車保険によってそれぞれ異なっています。各社のサービスを比較しながら最適なものを選ぶのが最善なのですが、すべてを調べるのは時間も労力もかかってしまうことでしょう。

そのような場合におすすめなのが一括見積もりサービスです。複数の自動車保険を一括で比較できるだけでなく、ロードサービスの内容も比較することができます。

つまりより手厚い補償の自動車保険、保険料の割安な自動車保険に加えて、サービスの手厚いロードサービスを選ぶことが可能です。サービスは無料なので、利用するのが一番だといえるでしょう。

おもちゃの車とお金

自動車保険『一括見積もりサービス』とは?【メリット・デメリット】

自動車保険の一括見積もりサービスとは? 一括見積もりサービスでは、以下……続きを読む

まとめ

前輪がパンクした車

自動車保険のロードサービスはいざというときに役に立つサービスです。損害保険各社は自動車保険契約者へのサービスの一環としてロードサービスを無料で提供しています。ロードサービスはJAFの補償と比較しても手厚いものが多くなっています。

帰宅費用や宿泊費用までワイドに補償してくれるのがロードサービスならではの特色ですから、旅先や出張先で車のトラブルに見舞われたとしても、帰宅費用の面で心配する必要はありません。

最適なロードサービスを見つけるためにも、一括見積もりサービスを活用するのが最善です。JAFとの連携により手厚いサービスが得られるところもありますから、上手に比較して最適な補償を手に入れましょう。

インズウェブ

自動車保険『インズウェブ』で一括見積もりしてみた【体験レポあり】

【体験レビュー】保険の窓口"インズウェブ"は評判通り?実際に一括見積もりしてみた……続きを読む

上に戻る

ページの上に戻る