自動車保険のミカタ

並べられた車

個人賠償責任保険とは入るべき?メリット・デメリットを解説!

ショッピング中に高価なものを誤って落としてしまい壊してしまった、自転車走行中に歩行者と接触しケガをさせてしまった、このような場合、賠償はすべて加害者が行うのですが、賠償金を補償してくれる保険があれば加入したいと思うことでしょう。

自動車保険の個人賠償責任保険とはそのようなケースで賠償金を補償してくれる保険のことです。身の回りで起こしてしまった事故を補償するので、個人賠償責任保険という名称がつけられています。

個人賠償責任保険は単独で加入することもできますが、自動車保険とセットにすることで保険料を節約できるというメリットがあります。個人賠償責任保険のニーズは日に日に高まっていますので、まずはこの仕組みについて知っておくことが必要です。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

個人賠償責任保険とは?

人指し指を立てるサラリーマン

自動車保険の個人賠償責任保険とは、前述のように自動車を運転しているとき以外の場面で発生した、他人に対しての賠償責任を補償するための保険です。

  • 他人の所有する動産を損傷させてしまった
  • 身体にケガを負わせてしまった

これらすべて賠償対象になります。自動車保険の個人賠償責任保険は日常生活で発生する賠償責任に対して、あらかじめ補償された保険金の範囲内で補償する保険です。

具体的には水漏れを起こしてしまい階下の住人にも被害が及んだ、子供がキャッチボールをしていて誤って他の家の窓ガラスを割ってしまったというケースなども補償対象になります。

個人賠償責任保険の補償範囲は非常に広く、これまで述べたケース以外にも例えばスキーやスノーボードで滑降しているときに他の人と接触しケガを負わせてしまった、といったケースも補償してくれます。

スーパーワンポイント個人賠償責任保険は国内はもとより海外での賠償責任も補償対象になるものが多いです。

個人賠償保険は保険会社によって名称が異なる

メモをする職員

自動車保険の個人賠償責任保険は、契約する損害保険の自動車保険ごとに名称が違うことがあります。もちろん同じ名称を採用しているところもありますが、名称が違っても、補償内容はすべて同じで、保険金額を変えることもできます。

個人賠償責任保険は自動車保険の特約として扱われることも多いので、他の名称としては個人賠償責任特約と呼ばれることもあります。ほかには日常賠償責任保険などの名称がつけられたこともありました。

保険会社はそれぞれの独自性をアピールするため、名称を変えることがよくあります。名称が違うので違う保険だということにはならないので、まずは補償内容をチェックするとよいでしょう。

個人賠償責任保険はほとんどが特約型

電卓で計算を見積もりを出す

自動車保険の個人賠償責任保険の特徴として、特約でのみ付帯できるという点が挙げられます。これはどのような意味かというと、自動車保険のプランにある個人賠償責任保険単独では基本的に契約できないということです。

損害保険会社では火災保険にこの個人賠償責任保険をセットで販売していますが、その場合も自動車保険と同じ特約型です。つまり単独で契約したいと思う場合、別の保険商品を契約する必要があるのです。

特約は補償を広げるという意味では単独契約と補償内容は変わりませんから心配する必要はありません。特約のメリットとしては保険料が割安だということです。

個人賠償責任保険の必要性

案内をする20代後半の男性

自動車保険の個人賠償責任保険はどうして必要な補償なのでしょうか。その理由として近年増加する自転車事故が挙げられます。自転車による事故は後を絶たず、死亡事故もたびたび起きるようになっています。

自転車事故を起こしてしまった場合、個人賠償責任保険が効果を発揮します。これから個人賠償責任保険の必要性について論じていきます。

  • 自転車事故は増加傾向
  • 高額な賠償請求になることも

自転車と歩行者の事故は10年間減少せず

パソコンとグラフ

自動車保険の個人賠償責任保険で補償されるのが自転車による事故です。自転車と歩行者の事故は年々増加傾向にあり、統計が示すところによると、10年間で減少するどころか徐々に増え続けています。

増加傾向にある自転車事故による損害賠償責任を補償するため、損害保険会社各社は自転車保険を発売し、ニーズを満たすための行動を起こしています。

自動車保険に付帯されている個人賠償責任保険もそれと同じ働きをするので実は非常に有用な補償手段となるのです。

今後も自転車による交通事故は減らないといわれています。その理由として、自動車と違い安全装置が手動であること、スマホを使用しながらのながら運転、歩道を走行することによる歩行者との接触などが頻繁に起きているからです。

自転車事故の高額賠償例

スマホで調べる女性

自動車保険の個人賠償責任保険について考慮していますが、自転車による歩行者との接触事故の増加に伴い、高額賠償事例も増加傾向にあります。

自動車とは違い軽車両だから死亡事故を起こすことなんて稀だ、というのは大間違いです。むしろ自転車も凶器になります。

自転車事故の高額賠償事例として、平成25年に発生した訴訟があります。この事故では11歳の子どもが62歳の歩行中の女性と衝突し死亡させてしまいました。当然親が賠償責任を負うことになるわけですが、賠償額は9500万円と高額になりました。

注意!

高額賠償事例は、ほかにも数千万円を超える賠償事例が多々生じています。しかも6000万円を超える事例が増加しているので、自転車事故の重さがよく理解できると思います。

自転車事故には個人賠償責任補償特約が有効

並べられたたくさんの自転車

自動車保険の個人賠償責任保険は自転車事故にも有効です。個人賠償責任保険に加入していたことで、子供が起こした自転車による事故での賠償金をカバーできたという人もいます。保険は万一の時のお守りのようなものなのです。

自動車保険の個人賠償責任保険は契約者に加えて同居の家族、別居の子供も補償対象になるので、万一自転車事故を起こした場合でも、相手のケガの治療や慰謝料なども補償できます。

ただし自動車保険の個人賠償責任保険は補償額が少ない場合があるので、万一に備えてある程度高額な補償額の設定も考慮しておいた方がよいでしょう。

個人賠償責任補償特約で補償されるケース

電卓とパソコン

自動車保険の個人賠償責任保険には、あらかじめ補償範囲が定められています。補償範囲内の事故であれば個人賠償責任保険で補償されます。補償範囲が分かっていれば、いざというときに慌てずに済むでしょう。

個人賠償責任保険で補償されるのは相手に対して損害を与えた場合に限られます。相手に対する損害は、動産や人間、動物も含まれます。日常生活で起こりうる賠償事故が基本的には補償されると考えておけば良いでしょう。

具体的な事例は次の通りです。

  • 自転車走行中に歩行者と衝突し相手にケガをさせてしまった。
  • 買い物中に陶器製品を誤って床に落としてしまい破損させてしまった。
  • 子供が野球をしていて近所の家の窓を割ってしまった。
  • お風呂の水を溢れさせてしまい、階下に漏水し、天井の壁紙を張り替えなければいけなくなった。

これらの事例は一例ですが、ほかにも相手に対する損害を与えた事故は補償対象になりえます。詳しいことは約款を確認するとよいでしょう。

補償されないケース

落ち込む男性

自動車保険の個人賠償責任保険は補償されないケースもあります。補償されるケースでは基本的に相手に対する賠償が補償対象になりました。補償されないケースでは自分や家族などへの賠償が補償対象外になります。

例えば家族の所有しているものを誤って壊してしまった、仕事中にミスをしてしまい、会社に損害を与えてしまったといった場合です。自分と関係する相手への損害は補償対象外になるので注意してください。

ほかにもけんかや騒擾、他人から借り受けたものを破損させてしまったという場合はすべて補償対象外になってしまいます。借り物などは慎重に扱うようにして、賠償責任を負わないようにするのが最善の防衛策になることを覚えておきましょう。

個人賠償責任補償特約で補償される人の範囲

チェックするビジネスウーマン

自動車保険の個人賠償責任保険の補償範囲はどこまでなのでしょうか。例えば限定条件を設定している場合、補償されるのは家族や夫婦までに限定されるのでしょうか。年齢についても、年齢条件が適用されるのか知りたいと思いませんか?

補償されるのは

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者もしくは配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者もしくは配偶者の別居の未婚の子供

となっています。まず記名被保険者というのは、自動車保険の補償の中心になる人のことを指します。

記名被保険者の年齢により保険料が変わってきます。記名被保険者と契約者とは別に設定することもできますが、一般的には記名被保険者と契約者が同一な場合がほとんどです。家族は同居しているのであればすべて補償対象です。

年齢条件や運転者限定条件を設定していても同じですべて補償対象になります。別居している子供については未婚という条件を満たしていれば補償対象になるのです。

個人賠償責任補償特約の保険料

お金と電卓で保険の見直し

自動車保険の個人賠償責任保険は保険会社によって異なります。これは補償内容も関係してきますが、保険会社の機密事項に相当する理由は非公開とされています。各社の保険料を調べてみると、どこで契約するのが良いかが見えてくるでしょう。

自動車保険にはダイレクト型と代理店型があります。代理店型のほうが個人賠償責任保険の保険料は割高になります。それでも年間保険料は2000円前後です。ただし補償額により保険料は変わってきますので、見積もりを取ることをお勧めします。

ダイレクト型に関して言えば年間保険料は1800円程度が相場です。この場合も保険金額は1億円程度と手厚い補償になっています。ちなみに保険料は毎年改定されるので目安としてとらえておくとよいでしょう。

保険会社 保険料(目安) 補償額
ソニー損保 1200円 1億円
セコム自動車保険 1000円 3億円
チューリッヒ 2500円 1億円
セゾン自動車保険 1500円 無制限

個人賠償限度額は無制限と1億円で約4万円差

家計をつける女性

自動車保険の個人賠償責任保険は保険会社によって保険料が異なることをお話ししました。中でもセゾン自動車保険の特約保険料は年間1500円程度で無制限補償という他の自動車保険とは比較にならない手厚い補償が用意されていることが分かります。

前述の事例はダイレクト型を中心に取り上げましたが、代理店型と比較するとその差は歴然です。

例えば代理店型の自動車保険に個人賠償責任保険を付帯し、無制限補償を設定した場合、ダイレクト型で見積もりを取った場合(1億円)では年間保険料に4万円近くもの差が出たという事例があります。

おそらく極端な事例だと思いますので、うのみにしなくても良いのですが、比較検討することは大切です。

天秤

車保険の保険会社(ダイレクト型)と保険代理店(代理店型)の違い

自動車保険会社(ダイレクト型)とは? 自動車保険会社のダイレクト型保険……続きを読む

個人賠償責任補償の注意点

チェックリスト

自動車保険の個人賠償責任保険を契約している場合、いくつかの注意点を知っておくことをお勧めします。知っているのと知らないのとでは大違いだからです。

例えば重複の契約がある場合、補償は倍額にはならず、どちらか一つの契約を選ぶことになります。火災保険の個人賠償責任保険とは重複する事例も多々あります。ほかにも使用しても等級ダウンしないことを覚えておきましょう。

別で賠償保険の契約をしていないか(重複防止)

パソコンを見ながらメモをする男性

自動車保険の個人賠償責任保険を契約する際の注意点は、補償の重複です。補償の重複はかなりのケースで起きているので、まずは今契約している損害保険の補償内容をチェックしてみるとよいでしょう。

よくあるのが火災保険に付帯されている個人賠償責任保険との重複です。賃貸住宅にお住いの場合、ほぼ確実に火災保険が付帯されているでしょう。もし付帯されている場合は、どちらか一つにまとめてください。

同居の家族が自動車保険を契約している場合も同様です。契約は一つでいいので、重複している場合は保険料の節約のためにも特約を外しておきましょう。保険証券を見れば特約の契約状況が分かります。

使用しても等級は下がらない

黒板の前にいる先生

自動車保険の個人賠償責任保険の別の注意点は、個人賠償責任保険を利用すると等級ダウンになるのではという心配です。等級ダウンすると保険料が上がってしまうので、それは困るとだれもが思うでしょう。

自動車保険の個人賠償責任保険は利用しても等級ダウン事故にはなりませんので安心してください。利用をためらう必要はないので、賠償責任が生じた場合、問題なく利用できます。

個人賠償付きのお得な自動車保険は一括見積もりで

タブレットを使う男性

自動車保険の個人賠償責任保険を付帯したいと思っても、保険料が上がるのが心配だという人も多いと思います。生活はますます複雑になりますし、増税など生計を圧迫する要素が次々と押し寄せるからです。

そのような時代だからこそ、今必要なものをより割安な値段で契約し、出費を減らす工夫が必要になります。自動車保険の個人賠償責任保険を付帯しても割安になるプランはいくつもありますが、大切なのは比較検討することです。

複数の自動車保険を比較すると、前述の事例のように年間数万円もの保険料の差があることに気づく場合さえあります。より割安でかつ補償が充実している自動車保険を契約できれば、そのほうがいいに決まっています。

どうやって複数の自動車保険を比較すればよいのでしょうか。ポイントは一括見積もりを利用することです。

おもちゃの車とお金

自動車保険『一括見積もりサービス』とは?【メリット・デメリット】

自動車保険の一括見積もりサービスとは? 一括見積もりサービスでは、以下……続きを読む

一括見積もりを利用することで、複数の自動車保険をまとめて比較できます。しかもネット環境があればいつでも依頼できるので、忙しい人でも簡単で便利です。

まずは試しに一括見積もりで比較検討してみるのはいかがでしょうか。

まとめ

並べられた車

自動車保険の個人賠償責任保険は、自転車による事故や誤って他の人の物品を破損させてしまった場合の賠償金を補償してくれる頼もしい保険です。補償の内容を見てみると、やはりあったほうが良い特約だということに気づかれたことでしょう。

近年自転車事故が増加していますから、万一の事態に備えて自動車保険の個人賠償責任保険を付帯しておくのはとても大切です。お子さんが事故を起こしてしまった場合も補償対象になるからです。

自動車保険の個人賠償責任保険は等級ダウンにカウントされません。もしもっと割安なものを選びたいと思うのであれば、一括見積もりを活用しましょう。ニーズに合った補償がきっと得られます。

上に戻る

ページの上に戻る