自動車保険のミカタ

スリーマンセル

事故対応中に自動車保険を解約&変更するメリット・デメリットとは?

自動車保険を解約するタイミングは契約者ごとに異なるかもしれませんが、事故対応中であっても特に問題ありません。ただし知識がない人は保険金が支払われるのか、また担当者と気まずくならないかなどを気にするかもしれません。

事故対応中に自動車保険を解約または変更することはメリットとして働くのではなく、デメリットとなる場合もあります。もしも事故を起こしてしまったときのことを考えて、解約や変更のタイミングを検討してみましょう。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

事故対応中(事故後)に自動車保険を解約・変更できるのか?

タブレットを見て悩む老夫婦

自動車保険の契約期間中に事故を起こしてしまった場合、どのような内容のものに加入しているかが重要になります。そのため事故が起きた後に解約や変更をしたとしても、それ自体が保険の受け取りに影響するわけではありません。

保険会社ごとに対応が異なる場合もありますが、事故対応中に自動車保険を解約または変更することはできます。

スーパーワンポイント事故の相手にケガや自動車の破損などの損害を負わせたとしても、示談交渉中に解約を申し込むこともできるでしょう。

無理をして事故対応中に保険を乗り換える必要はそこまでないかもしれませんが、事故をきっかけに内容を見直すことは良いかもしれません。納得できる自動車保険に加入することが、事故後のためにもなるのではないでしょうか。

ただし事故を起こした後から新たに自動車保険に加入しても、保険金は支払われません。事故の直後に自動車保険に加入して保険金を請求することをアフターロスといい、処罰の対象となる可能性もあるため要注意です。

事故対応中・示談交渉中に解約して保険金は請求できる?

案内をする20代後半の男性

上記で説明したアフターロスに該当しなければ、事故対応中や示談交渉中に解約して保険金を請求しても問題ないでしょう。保険金は保険会社から支払われるものであるため、それを請求しても気にする必要はないでしょう。

また請求後に契約者ではなくなるからという理由で、保険会社の担当者が手を抜くのではないかと気にする人もいるかもしれません。社内研修がしっかりと行われているところであれば、きちんと対応してもらえるはずです。

もしいい加減な対応をされた場合、以下のようにすることをおすすめします。

  • 別の担当者に変えてもらう
  • 担当者の上司にクレームを伝える

解約は契約者の申し込みがきっかけとなるため、保険会社の担当者から拒否されたという理由で請求できなくなるわけではありません。

事故対応中(示談交渉中)に保険を解約・変更するメリットはない

人指し指を立てるサラリーマン

どのようなタイミングで自動車保険を解約するかについては、契約者の自由と言えるでしょう。しかし事故対応中の解約や変更には、特にメリットはないのです。不要と感じたら支払いを避けるために、解約することは良いでしょう。

強いてメリットを挙げるとすれば、等級が下がってしまっても保険料が高くなるのを回避できるかもしれないことです。自動車保険の契約期間中に事故を起こしてしまうと、等級が下がり保険料が割増される可能性もあります。

1年間無事故で保険を使わなかった場合、翌年度に等級が1つ上がり保険料が割引されます。事故対応中に解約しても等級のメリットは期待できませんが、保険料がより安い保険会社に乗り換えれば結果的に良いかもしれません。

事故対応中(示談交渉中)に保険を解約するデメリットと注意点

チェックするサラリーマン

自動車保険を事故対応中に解約することには、以下のようなデメリットがあります。

  • 解約により等級がリセットされてしまう
  • 等級が著しく低い場合は解約後の加入が難しくなる

等級は1から20まで存在し、高くなるほど保険料は割引されます。たとえ20等級まで上がっても、中断の手続きがなければその後は6等級となります。

注意!

等級は契約者のステータスであり、低い場合は悪く見られるかもしれません。

等級が低いと保険会社から事故のリスクが高いと判断され、新規加入を拒否される場合もあります。次に注意点ですが、以下の内容を意識すると良いでしょう。

  • 解約返戻金を受け取れるかどうかチェックする
  • 解約後に新規契約する場合は中断証明書を発行する

一般に月単位で計算される解約返戻金は、解約のタイミングが悪いと受け取れなくなってしまう場合もあります。また解約後に再び自動車保険に加入する場合、中断証明書を発行して今までの等級を保存することをおすすめします。

事故後に自動車保険を乗り換える方は多い

40代のサラリーマン

人それぞれ事情や考え方が異なるため、すべての人が事故対応中に解約を選ぶとは断言できません。しかし事故により以下のようなトラブルが発生すれば、メンタル的に影響を受けるのではないでしょうか。

  • 大切にしていた愛車が破損してしまう
  • 自分または相手がケガをしてしまう
  • 自分に過失がある場合は損害賠償の責任を負う可能性もある

さらに上記でも説明しましたが、事故により保険を使えば等級が下がってしまいます。デメリットになることばかりが重なれば、現状を変えたいと思うかもしれません。そのため事故後に乗り換える人は、多いと言われています。

事故対応中であっても今後の保険料が高くなってしまうことを気にする人は、素早く判断するのかもしれません。

事故後は”自動車保険の見直し”を必ず行う

スマホで調べる女性

等級が下がってしまうと保険料が高くなりますが、加入している自動車保険の特約により補償が付帯されていればさらに高くなるでしょう。経済的に余裕がない契約者にとって、保険料の支払いは負担になってしまう場合もあります。

どのような補償が付帯されているかは、自動車保険の内容ごとに異なるでしょう。保険料を少しでも安く抑えたいのであれば、余計な補償が付帯されていないかなどを見直して保険会社に相談することをおすすめします。

損しないために!一括見積もりサイトで保険料比較が必須

インズウェブ

事故対応中の解約を考えているのであれば、一括見積もりサイトの利用をおすすめします。自動車保険は加入の条件や補償内容が同じであっても保険料が異なる場合もあるため、複数のものを比較してから選ぶと良いでしょう。

一括見積もりサイトには、以下のようなメリットが期待できるのです。

  • 無料で利用できる
  • 必要な情報を入力するだけで簡単に利用できる
  • 複数の保険会社の自動車保険を一度にチェックできる
  • 保険料を安く抑えることができる

加入している自動車保険から新たに乗り換えることで、保険料が数万円程度安くなる場合もあります。加入している自動車保険が自分には合わないと感じているのであれば、損をしないためにも保険料の比較を行うと良いです。

まとめ

スリーマンセル

事故対応中や示談交渉中に解約することが悪いわけではないため、新しい自動車保険を探している人は乗り換えても良いでしょう。場合によっては損をしてしまうリスクがあると理解し、慎重に手続きを行うことをおすすめします。

メリットよりもデメリットや注意点の方が多いため、信頼できる周囲の人やファイナンシャルプランナーなどに相談することもおすすめです。何よりも事故を起こさず安全運転に努めることが、損をしない方法ではないでしょうか。

ただし注意しているつもりでも天候などのトラブルが原因となり、予期せぬ事故が起きてしまう可能性もあります。いざというときのための自動車保険の解約と変更は、運転を行う人にとって重要なことと言えるでしょう。

インズウェブ

自動車保険『インズウェブ』で一括見積もりしてみた【体験レポあり】

【体験レビュー】保険の窓口"インズウェブ"は評判通り?実際に一括見積もりしてみた……続きを読む

上に戻る

ページの上に戻る