自動車保険のミカタ

壊れた車

任意保険の『人身傷害賠償保険』とは?無制限にすべき?必要性を解説

自動車を運転する人は誰でも、必ず強制保険といわれる自賠責保険に加入しなければなりません。それとは別に加入の義務はありませんが、多くのドライバーは任意保険にも加入しています。任意保険の一例です。

  • 人身傷害補償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 無保険車傷害保険
  • 車両保険

一般的に自動車保険と呼ばれているのは、任意保険をいくつか組み合わせたプランのことをいいます。自賠責保険の補償は被害者にしか適用されないため、自分の補償をカバーするために任意保険はあります。

事故を起こした場合、相手に対する賠償責任と同様に重要になってくるのが、自分自身や同乗者への補償でしょう。人身傷害賠償保険とはどのような補償のある保険なのか、くわしくまとめてみたいと思います。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

人身傷害保険とは?

保険

人身傷害保険とは、人身傷害補償保険という名前で販売している保険会社もあり、契約の自動車に乗っている人の補償をしてくれる保険です。運転手だけでなく、同乗者が怪我をしたり死亡した場合にも、保険金を受け取ることができます。

また、自分の車以外の車に乗って事故に合った場合にも、補償が受けられます。さらに自転車に乗っている時や、歩行中に自動車事故に合っても対象です。

人身傷害保険は過失割合にかかわらず損害を受けた分、保険金を受け取れるのが特徴です。

スーパーワンポイント例えば100%の過失があったとされた事故で、自賠責保険や相手の賠償保険から保険がもらえない場合でも、保険金が受け取れます。

仮に自分の過失が20%だったとしても、過失相殺されて賠償金は80%しか受け取れません。

また過失割合が影響する保険は、示談が終わってからでないと賠償金を受け取ることができませんが、人身傷害保険は示談を待たずに保険金が入ってきます。

人身傷害保険には補償範囲にバリエーションがある

ビジネスウーマン

人身傷害保険の補償範囲には、次のようなバリエーションがあります。

  • 契約の自動車に乗車中の事故の場合は、搭乗者全員が補償対象
  • 契約の自動車以外の車に乗車中の事故の場合は、記名被保険者及びその家族が補償対象
  • 自転車や歩行中の事故の場合は、記名被保険者及びその家族が補償対象

上記のように記名被保険者と家族は、全ての場合において保険金を受け取ることができます。家族以外の人は、契約の車に乗っている場合のみ、保険金を受け取ることができます。

主に上記の3つ全てをセットにした人身傷害保険を基本として、補償の範囲を契約の自動車に乗っている時のみにする特約がある保険会社もあります。

また契約の自動車に搭乗中のみが基本で、契約以外の車や歩行中の事故が特約になる保険会社もあります。

人身傷害補償保険の補償範囲

チェックリスト

人身障害補償保険は、記名被保険者と家族は手厚い補償を受け取れますが、ここでいう家族とは下記のとおりになります。

  • 被保険者本人
  • 被保険者の配偶者
  • 被保険者及び配偶者が同居している親族
  • 被保険者及び配偶者が別居中の未婚の子

また契約の自動車以外の他の車とは、主に次のような車になります。

  • 自家用普通乗用車
  • 自家用軽四輪乗用車
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用普通貨物車
  • 自家用軽四輪貨物車
  • 自家用小型貨物車
  • キャンピング車

二輪自動車や原動機付自転車や上記以外の車種は、保険会社によっては補償の対象外となり、保険金を受け取ることはできません。

またバスやタクシーは乗車中の事故は補償の対象になりますが、運転していた場合は対象外になります。

人身傷害補償保険のメリット

保険

加入するメリットは、次のようなものがあります。

  • 過失割合にかかわらず、損害が全額補償される
  • 示談交渉中でも保険金を受け取ることができる
  • 治療費だけでなく休業補償も受けることができる
  • 家族全員が補償対象なので、大家族ほどお得

保険金を受け取る時に最も厄介なのが、どんなに大きな怪我を負っても、過失割合による相殺が発生することでしょう。過失割合の率によっては、大きく賠償金を減額されることもあります。

人身傷害補償保険に加入していれば、過失が何%であっても100%の補償をしてもらえるのが一番のメリットでしょう。さらに過失割合を決定する示談交渉が長引いた場合でも、治療費や休業補償をを受け取ることができるので安心です。

また、自分だけでなく家族の補償もしてくれるところが、もうひとつのメリットです。また家族が1人でも10人でも保険料は同じですので、家族が多い人ほど受けるメリットは多いと言えるでしょう。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険との違いは?

天秤

この2つの違いがわからないという人も多いかもしれません。実際にどちらも契約をしている車に同乗している人に対する補償なので、補償が重なるところもあります。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の両方に加入している人もいますが、人身傷害保険のみに加入しているという人も少なくありません。ただ両方に加入すると、保険料が高くなるというデメリットはあります。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の大きな違いには、保険金の金額や仕組みにあります。また保険金の支払タイミングも、それぞれ違っています。似ているようで異なる、この2つについて詳しく説明していきましょう。

事故後の車

『搭乗者傷害保険』は必要?いくらもらえるのか解説!

搭乗者傷害保険とは? 搭乗者傷害保険とは、運転者を含めて事故にあった車……続きを読む

支払われるタイミングが違う

電卓とグラフ

まず搭乗者傷害保険は、通院や入院を5日以上した場合、前もって定められている保険金を受け取ることができます。搭乗者傷害保険は治療に対するお見舞金の意味合いもあるため、支払がスピーディなのが特徴です。

それに対して人身傷害保険は、治療費を受け取ることができるのは治療が終わってからになることが多いです。実際にかかった治療費が損害額になりますので、例え示談交渉中でも、治療費や休業補償などの保険金を受け取ることはできます。

支払のタイミングとしては、搭乗者傷害保険の方が保険金を早く受け取ることができます。しかし人身傷害保険も、被保険者の治療費の負担を減らすために、治療中の病院への支払を保険会社が先に行ってくれる場合もあります。

支払われる金額の仕組みに違いがある

オフィス

搭乗者傷害保険は、支払われる金額があらかじめ決まっているのが特徴です。保険内容によって異なりますが、部位や症状の重さによって決められた金額か、もしくは怪我の度合いにかかわらず一定額のお見舞金という保険会社もあります。

一方で人身傷害保険は、契約の金額を上限として治療費や休業による損害金などが支払われます。保険金額は3000万円~無制限と契約内容によって異なり、重度の後遺症が残った場合には介護料も補償してもらえる手厚い保険もあります。

さらに人身傷害保険は、精神的損害として治療費に加えて損害金を受け取ることもできます。通院や入院一日につきプラスされるシステムで、保険会社によっては入院給付金が付く場合もあります。

補償の重複について

パソコン

契約している自動車で起こした事故の場合、人身傷害保険からも搭乗者傷害保険からも保険金を受け取ることができます。ただ内容が重複するため、人身傷害保険のみに入っている人も多いようです。

また家族を含めて2台以上の車を所有している場合に、知らず知らずに補償の重複になることがあります。例えば1台目の車に人身傷害保険を付けていて、2台目の車にも人身傷害保険を付けたとします。

この場合では、契約車以外の他の車に乗車中の事故と、自転車や歩行中に合った事故の補償が重複してしまいます。2台目の車の人身傷害保険は、契約車に乗車中のみの特約をつけることで、補償の重複をさけることができますので確認してください。

人身傷害補償保険は無制限にするのがベスト?

医者

人身傷害補償保険の上限は、3000万円~1億円や無制限と保険料に応じて設定することができます。当然保険金の上限が上がるほど、保険料も高くなってしまうので、いくらで設定するかは悩むところだと思います。

実際に人身傷害補償保険に加入している人のうち、約半分は保険金を3000万円に設定しているようです。しかしながら万が一、重度の後遺症が残ってしまい働くことができなくなった場合には、3000万円では心もとないと思う人は多いでしょう。

しかし3000万円の保険に加入していた場合、重度の後遺症が残り介護が必要になった時には、6000万円を限度として保険金が支払われます。

スーパーワンポイント倍額条項という基準がある保険会社のみ適用されますので、約款で確認してみてください。

若者が事故に合って重度の後遺症が残ってしまった場合には、損害金は1億円以上かかってしまうこともあります。さらに自分の過失割合が大きく、相手からの賠償金が少ないケースもあります。

最悪のケースを考えれば、やはり人身傷害保険は無制限にするのがベストかもしれません。自分が加入している生命保険で補償がカバーできるのであれば、3000万円に設定して保険料をおさえる方がよいでしょう。

人身傷害補償保険の注意点

ペンで説明する女性

人身傷害補償保険は、次のような場合には補償されませんので注意して下さい。

  • 補償範囲外の車を運転中
  • 故意や大きな過失によって
  • 無免許運転や飲酒、薬物使用状態
  • 犯罪や自殺行為が原因
  • 盗難車など被保険者の承諾なしに運転していた場合
  • 危険物を積載する業務などによって損害が生じた
  • 戦争や暴動など
  • 地震や地震にともなう津波によって
  • レースやラリーなどの競技試験などに関係して損害が生じた

主に上記があたります。正常な状態での運転中でない場合には、当然のことながら保険金は支払われません。

注意!

暴動や地震などが起こった場合に、乗車中であっても補償の対象にはならないので、注意しましょう。

さらに最も注意すべき点は、補償範囲外の車を運転していた場合には補償はされないというところです。

人身傷害保険は自転車や歩行中の事故は補償されますが、バイクに乗っていた時の事故は補償されないので気をつけましょう。

保険はバランスで判断する

計算

人身傷害保険は、事故が起こった場合に自分や同乗していた人の補償をするために加入する保険です。自分に過失が多い場合でも、手厚い保険金が受け取れて安心なところが、最大のメリットでしょう。

しかしながら補償を手厚くすればするほど、保険料が高くなってしまうというデメリットもあります。また保険はそもそも万が一のことに備えるものであって、何も起こらないにこしたことはありません。

どんな保険を選ぶかの判断は、次の3つのバランスが重要です。

  • 運転技術や乗車頻度から、事故の起こる確率が高いか低いか
  • 補償の内容が適切かどうか
  • 保険料の金額に無理がないか

車に乗る頻度に合わせた補償内容と保険料をしっかり確認して、保険を選ぶようにしましょう。

まとめ

書類

人身傷害保険は、自分や同乗者に対する補償をしてくれる保険であって、加入のメリットがたくさんあることがわかりました。自分だけでなく家族が他の車に乗っていて事故に合った場合も、補償されるところはおおいに魅力的です。

また過失割合に関係なく、保険金の限度内で手厚い補償が受けられるのも、ドライバーにとっては最大の安心だといえます。休業中の補償や給付金が受け取れる保険を選んでおくと、さらに安心は深まるでしょう。

一方で補償を手厚くすると保険料が高くなるため、。本当に自分に必要な補償内容を見定める必要もあります。任意保険の中でも人身傷害保険は、自分や家族を守るために絶対に不可欠な保険であることはまちがいないでしょう。

上に戻る

ページの上に戻る