自動車保険のミカタ

レンタカーを運転する女性

代車費用特約の必要性は?付けるメリット・デメリット【全まとめ】

車を修理に出してしまえば乗れる車がなくなるわけですから、毎日のように車を使う方はその間代車やレンタカーが必要になります。代車費用特約は、そんな時に代車やレンタカーの費用を補償してくれる特約です。

ただ代車費用特約にもメリット、デメリットがあり、必要性がない方も実際にいます。加入しておけば万が一の時には助かる特約なのですが、よくその内容を確認し、自分にとって必要な特約なのかをしっかり見極める必要があるでしょう。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

自動車保険の代車費用特約(レンタカー費用特約)とは?

補償期間 15日~30日※車の状態によって異なる
保険金額 5,000円~10,000円がほとんど
特約保険料 年間5,000円~15,000円※保険会社によって異なる

車が事故等で修理に出してしまうと、通勤や子供の送り迎えなどで車を使うという方は代車がないと困ってしまいます。そのため、代車やレンタカーを借りる方も多いのではないでしょうか。

自動車保険の代車費用特約とは、そんな時の代車費用を補償してくれる特約です。事故の程度や修理を依頼した工場の混み具合によっては、数週間レンタカーを使う場合も少なくありません。

数週間となるとレンタカー費用も高額になってしまうでしょうから、代車費用特約があると非常に助かります。

スーパーワンポイント代車費用特約を付帯すれば、その分保険料が高くなってしまいます。補償内容や対象となるケースは保険会社によって異なりますから、よく代車費用特約の内容を確認した上で検討してみましょう。

補償内容は「代車を無料手配orレンタカー費用の支払い」

駐車場に並んだ車

代車費用特約は車を修理している期間の代車費用を補償してくれる特約です。補償内容としては主に以下の通りになります。

代車費用特約の補償内容
  • 保険会社が代車を無料手配してくれる
  • レンタカーを手配して、その実費を保険会社が直接支払う
  • レンタカーを手配して、使用した期間分の料金を受け取れる

これらは自分で選択するのではなく、保険会社であらかじめどういう補償方法になるか決まっています。そのため、代車費用特約に加入する際には、どのような対応になるのか事前に確認しておきましょう。

補償金額は1日あたり定額「5,000円~10,000円」

女性の営業トーク

代車費用特約を利用する場合、どんな車両でも借りられるというわけではありません。補償される金額は保険会社や保険金額によって若干異なりますが、たいていは1日あたり5,000円~10,000円となっています。

仮に1日あたり定額5,000円で30日間代車を借りたなら、15万円分補償されることになります。修理費用に関しては車両保険から支払われるので、事故を起こしても負担はないでしょうが、修理に時間がかかれば代車費用も意外とかかってしまいます。

補償期間は基本的に「30日間」

カレンダー

代車費用特約には補償期間が設定してあるため、いつまでも代車費用を負担してもらえるわけではありません。基本的にどこの保険会社も補償期間は30日間ですが、起点がちょっと違います。

  • 事故の翌日から30日間まで
  • 修理に出した日から30日間で、事故の翌日から1年以内

修理に出してから30日間なら大きな損傷でない限り安心です。

注意!

事故の翌日から起点となる保険会社だと、修理に出す時期が遅いと補償されない恐れもあるので注意してください。

【場面別】代車費用特約(レンタカー費用特約)を使える状況

スマホを触るサラリーマン

代車費用特約が使える状況としては以下の3つの条件を満たす必要があります。

  • 車両保険を使って車を修理した
  • 代車としてレンタカーを借りた
  • 保険会社が指定した補償期間内に代車を借りた

逆に、代車費用特約で補償されないケースも挙げておきます。

  • 車両保険を使わずに修理した
  • 知人や整備工場から代車を借りた
  • そもそも代車を使わなかった
  • 無免許運転や飲酒運転など、不法行為による事故
  • 保険会社が指定した補償期間から外れる

よくあるのが整備工場が代車を用意してくれるケースです。この場合は代車費用特約は使えないため、もし整備工場が代車を貸してくれると言ってきたとしても、代車費用特約に加入している場合はその旨を伝えて断ったほうがいいでしょう。

【大手保険会社9社】代車費用特約(レンタカー費用特約)の補償内容比較一覧表

保険会社名 名称 補償内容
ソニー損害保険 事故時レンタカー費用特約 修理期間中のレンタカー費用の実費をお支払い。※保険金額(契約時に設定した金額)が上限
東京海上日動火災保険 レンタカー等諸費用アシスト レンタカー費用を、補償日額5,000円を限度に補償※借り入れた日からその日を含めて15日が限度
チューリッヒ保険 代車提供特約 希望に応じて指定修理工場からの代車とは別の代車を手配・提供
セゾン自動車火災保険 事故時代車費用特約 レンタカー費用(実費)を支払限度日額を限度としてお支払い。支払い限度額は、5,000円、7,000円、10,000円から選ぶことが可能。
アクサ損害保険(アクサダイレクト) 不明 AXAパイロットガレージ(指定修理工場)で修理する場合には、原則的に修理期間中の無料代車の特典を用意
損保ジャパン日本興亜 代車等諸費用特約 損保ジャパン日本興亜の指定するレンタカー事業者のレンタカーを利用した場合に限り、利用開始日からその日を含めて30日が限度
イーデザイン損害保険 事故時レンタカー費用特約 実際にレンタカー利用にかかった金額が補償される。※1日5,000円までの借り入れから30日目までが限度
三井住友海上火災保険 レンタカー費用特約 1日あたり7,000円まで補償。車の程度により借り入れ日数(15日~30日)が異なる。
あいおいニッセイ同和損害保険 ロードサービス費用特約 30日(故障などの場合は15日)を限度に提供。7,000円限度。

自動車保険の代車費用特約(レンタカー費用特約)の保険料は”高い”

パソコンの画面を見ながら電卓で計算

自動車保険の代車費用特約に加入する際に支払う保険料は意外と高いと言われています。保険会社によっても若干異なりますが、たいてい4,000円から6,000円くらいかかってしまうケースが多いです。

レンタカーを借りて1日5,000円×30日分補償されれば15万円にもなりますから、そう考えるとお得な感じもします。ですが、事故はそう頻繁に起こるものでもありませんし、仮に修理に出したとしても30日間もかかるケースは稀です。

実際は1週間程度で直ってくることが多いですし、整備工場で代車を用意してくれるケースも多いので要らなかった、というケースもあります。

もちろん万が一に備えるものですから、つけていたほうが安心ですが、保険料が高くなるので、その点をよく考えてみる必要があります。

代車費用特約(レンタカー費用特約)の必要性は?付けるメリット・デメリット

メリットとデメリットを指差し

自動車保険を契約する際、代車費用特約を付けるかどうか悩む方も多いかと思います。付けていれば安心ですが、保険料も安くないですから、必要性がないかもと考えても不思議ではありません。

ここでは代車費用特約のメリット・デメリットをまとめています。※気になるところをクリックすれば移動します。

代車費用特約のメリット・デメリット

【メリット1】指定した車(グレード)を使用できる

車を指差すサラリーマン

代車は整備工場でも貸してくれることもありますが、整備工場はあくまで会社にある代車を貸すのでグレードの指定はできません。たいていはコンパクトカーになることが多いようです。

大勢乗れるワンボックスカーや高級車、外車などは準備していないでしょう。代車費用特約を利用すれば、指定したグレードの車を使用できるのがメリットです。

契約している車両と同等のグレードのレンタカーを借りられることが多く、日常生活にも支障が出ないでしょう。

【デメリット1】保険料の負担が大きい

家計簿

代車費用特約のデメリットともいえるのが、保険料の負担が大きいという点です。

万が一に備えるものですから、使わないケースももちろんありますが、状況によってはなくても何とかなることが多く、その割に年間5,000円前後かかるのですから、負担は大きいでしょう。

【デメリット2】100%希望した車が借りられるとは限らない

青色の中古車

代車費用特約では、保険会社が準備した代車を使用するケースもあり、自分が希望した車に乗れない場合もあります。レンタカーは自分で選ぶことができますが、補償金額を超える場合は借りられないか超過分は実費負担となります。

【デメリット3】代車費用特約を使う”場面”は翌年の等級がUP

サラリーマンのチェック

代車費用特約は車両保険に付帯している特約なので、使う場面としたら車両保険を使って車を修理するケースとなります。

基本的に車両保険を使うケースは、自分に過失があるのですから代車費用特約を使った場合も翌年の等級は1等級または3等級ダウンします。ただ、代車費用特約自体はノーカウント事故取り扱われます。

そのため、稀に保険金を受け取っても等級が下がらないノーカウント事故に相当する場合は、代車費用特約を使っても翌年の等級がUPします。とはいえ基本的にはダウンすることが多いでしょう。

ロードサービス代車提供サービスと代車費用特約の違いは何?

スーツを着た男性

ほとんどの自動車保険にはロードサービスが付帯しています。ロードサービスの内容をチェックしてみると、その中に代車提供サービスも含まれています。これがあれば代車費用特約に加入しなくてもいいのでは?と思うかもしれません。

ですが、ロードサービスの代車提供サービスは、事故に遭ってその車を運転して帰宅できない場合に使用できます。そのため、基本的に事故現場からレンタカーを借りて帰宅するためですので、補償は1日程度になってしまいます。

あくまで緊急時の移動手段として利用できるもので、修理している期間レンタカーを借りられる代車費用特約とは異なります。ただこちらも便利なサービスですから、事故を起こした時に備えこういったサービスがあることは頭に入れておくといいでしょう。

事故を起こして悩む女性

事故付随費用補償特約は必要?ロードサービスとの違い【損保9社比較】

自動車保険の『事故付随費用補償特約』とは? 自動車事故による車の損傷度……続きを読む

代車費用特約(レンタカー費用特約)が必要な人・不要な人

サラリーマンのチェック

代車費用特約はその人によって必要だったり、要らない特約だったりします。まずは必要な人をまとめてみましょう。

代車費用特約(レンタカー費用特約)が必要な人
  • 通勤等で毎日のように車を使う人
  • 通勤や買い物等に行くために、バスや電車などの公共交通機関が整っていない地域の人
  • 福祉車両のような普通自動車とは違う車に乗っている人
  • 荷物を多く積んだり、人を多く乗せるケースが多い人

このように、車がないと生活に支障が出る方やワンボックスカーや特殊な車などに乗っている方は付帯しておいた方がいいでしょう。反対に上記のどれにも当てはまらないのであれば代車費用特約は不必要だといえます。

まとめ

レンタカーを運転する女性

代車費用特約は加入しておけば修理の際にレンタカーを借りられるので、車を修理に出していてもこれまでと同じような生活が送れます。

そのため、車がないと生活に支障が出るという方や、整備工場などで代車を借りられないような場合は加入しておいた方がいいでしょう。ただ、代車費用特約は意外と保険料が高く、そこまでの価値はないかもしれません。

特に修理の際は整備工場で代車を出してくれることが多いので、それで間に合わせることもできます。ですので、事故の時には本当に代車がなくてはいけないのか、よく考えてから加入しましょう。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る