自動車保険のミカタ

車の運転中

【自動車保険】等級が下がるデメリット&保険料アップを防ぐ方法も!

自動車保険には等級が存在し、経済的に余裕がない人は苦しんでしまうかもしれません。事故を起こし保険を使うと割引サービスを受けられなくなり、それどころか割増されてしまう可能性もあるため注意する必要があります。

等級が下がる(ダウン)ことはデメリットであると覚えておき、安全な自動車の運転を心がけると良いでしょう。ただし等級ダウン後の保険料アップを防ぐ方法もあるため、以下の情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

自動車保険の等級が下がるデメリットは「保険料アップ」

電卓とメモを保険

事故に遭い自動車を修理しなければならない場合、金銭的に余裕がない人は修理費をすぐには用意できないかもしれません。

しかし自動車保険に加入している人は、保険会社から支払われる保険金を使うことができるでしょう。必要な費用をすぐに用意できることはメリットかもしれませんが、保険を使えば等級に影響します。

スーパーワンポイント自動車保険には複数のものが存在するものの、事故に遭わず保険を使わなければ翌年度に等級が1つアップすることが原則です。

保険を使うと等級が下がる(ダウン)ため、保険料がアップしてしまうのです。自動車保険は最初は6等級から始まることが基本であり、たとえば事故により5等級や4等級になってしまえばその分多くの保険料を支払う必要があります。

割引率が高い状態で保険に加入していれば、支払いによる負担も最小限になるかもしれません。保険料アップというデメリットにより苦しまないためにも、保険を使うかどうかの判断は慎重に行うべきでしょう。

等級が下がるだけじゃない「事故有係数」のデメリット

チェック

自動車保険の等級が下がるもう1つのデメリットは、事故有係数が適用されることです。事故有係数とは2013年10月から導入された制度であり、事故を起こしてしまった人にのみ適用される保険料の割引率のことを言います。

以前までは事故の有無に関係せず一律の割引率が適用されていたのですが、現在は同じ等級でも扱いが以下の2つに分かれています。

  • 無事故等級
  • 事故有等級

自動車による事故を起こしてしまった人は、無事故の人と比較すると保険料の割引率が低くなるのです。事故有係数が適用される期間は、以下の通りです。

事故有係数が適用される期間は一覧
  • 3等級ダウン事故の場合は翌年度から3年間
  • 1等級ダウン事故の場合は翌年度から1年間

割引率や割増率に関しては、保険会社ごとに異なるでしょう。

自動車の傷

交通事故で自動車保険を使うと等級が下がる!事故有扱いは期間はいつまで?

事故で自動車保険を使うと等級が下がる 自動車保険の内容は保険会社ごとに……続きを読む

事故後いくら上がる?等級ダウン後の保険料金額シミュレーション

ソニー損保のシミュレージョン
(画像出典:ソニー損保公式サイト)

上記画像のシミュレーションは、保険料7万円、等級は9等級、事故の種類は3等級ダウンで行いました。

自動車保険を使ったら必ず3等級下がる?3種類の下がり方がある

チェックするビジネスウーマン

等級が下がるきっかけは事故により保険を使うことにありますが、下がる(ダウン)等級には差があります。自動車保険の世界では、以下の通り3つの種類の事故が存在するのです。

3つの種類の事故一覧

このうち等級が下がる(ダウン)可能性があるのは、3等級ダウン事故と1等級ダウン事故の2つです。ノーカウント事故に該当する場合は等級には影響がないため、保険料アップなどのデメリットを心配する必要はありません。

さらにノーカウント事故以外に事故を起こしていなければ、翌年度には等級がアップするでしょう。事故の内容や状況などにより扱いが異なるため、自動車保険を使ったからといって必ずしも3等級下がる(ダウン)わけではないのです。

3等級ダウン事故

チェックするサラリーマン

以下のような事故の場合、3等級ダウン事故に該当するでしょう。

  • 建物などに自動車をぶつけてしまい車両保険金が支払われた
  • 事故の相手や相手の自動車に損害を与えてしまい対人賠償保険金や対物賠償保険金が支払われた
  • 1等級ダウン事故やノーカウント事故に該当しない場合に保険金が支払われた

過失によりトラブルとなった場合、3等級ダウン事故に該当すると覚えておくと良いでしょう。

自動車の運転に注意していたとしても、相手に過失がなく自分の無過失を証明できなければ3等級ダウン事故として扱われるかもしれません。

注意!

損害を受けた相手に対する賠償責任を負うだけではなく保険料が割増となれば、その後の生活に大きく影響する場合もあるでしょう。

1等級ダウン事故(盗難・災害・飛び石・悪戯)

人指し指を立てるサラリーマン

以下のような事故の場合、1等級ダウン事故に該当するでしょう。

  • 自動車の盗難被害に遭った
  • 台風や洪水などの災害による被害に遭った
  • 火災や爆発による被害に遭った
  • 自動車が飛来中または落下中の飛び石と衝突した
  • 落書きなどのいたずらによる被害に遭った

過失による事故ではなく、自然災害や注意していても防ぐことが困難なトラブルなどが該当すると覚えておくと良いでしょう。故意に自動車を破損させたのではなく、偶発的な原因があれば1等級ダウン事故として認められるでしょう。

以前は等級据え置き事故と呼ばれていましたが、2013年4月1日以降から廃止されました。保険料の割引率を考えれば、3等級ダウン事故よりはましと言えるでしょう。

ノーカウント事故(等級が下がらない場合)

電卓を使いながら見積書の作成

以下のような事故の場合、ノーカウント事故に該当するでしょう。

  • 人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険が支払われた
  • 無保険車傷害保険が支払われた
  • 個人賠償責任保険が支払われた
  • ファミリーバイク特約や弁護士費用特約が適用された
  • ロードアシスタンスサービスが適用された

上記した保険や特約などを使った場合、等級が下がる(ダウン)ことはありません。ただし保険会社により、ノーカウント事故として扱われる内容が異なる可能性もあります。

自動車保険(車両保険)を使う?使わない?判断基準について

重要

たとえば事故により自動車を修理したい場合、自動車保険を使うことが必ずしも良いとは限りません。上記でも説明した通り保険料アップというデメリットがあるため、翌年度のことを考えて使いたくないという人もいるでしょう。

自動車保険を使うか使わないかについては、以下の内容を判断基準にすることをおすすめします。

  • 保険を使った場合の保険料アップの金額
  • 保険を使わなかった場合の保険料ダウンの金額
  • 支払われる保険金と修理費の差額

契約している保険会社に連絡すれば、保険を使う場合と使わない場合の保険料を比較してもらえるかもしれません。比較の結果将来的に得をするのであれば、保険を使わずに自費で修理すると良いのではないでしょうか。

車保険の見直し

等級によって割引率は変化する!自動車保険の等級別料率制度【一覧】

車保険はノンフリート等級別料率制度で割引率が変化する そもそも自動車保……続きを読む

等級ダウン後の保険料アップを防ぐ方法(一括見積もり)

お金と車を天秤にかけた絵

自動車保険の等級ダウン後に保険料アップを防ぎたい人には、一括見積もりのサービスを利用することをおすすめします。保険料をチェックするために保険会社にいちいち連絡を入れていては、時間がかかり面倒ではないでしょうか。

インターネットを利用した一括見積もりのサービスでは、複数の保険会社の情報を一度にチェックできる場合もあるのです。一括見積もりには、以下のようなメリットが期待できます。

  • 複数の保険会社の保険料を比較することで安いところが見つかる
  • 自分に合った補償があるものを選びやすくなる

内容の良い新しい自動車保険が見つかれば、たとえ等級が下がったとしても保険料が年間で数万円程度安くなる可能性もあるでしょう。

無駄な保険料を見直せる!
安くてお得な自動車保険を選ぶなら『一括見積もり』を使え

自動車保険一括見積もりの流れ

無駄をなくした高すぎない保険料で、なおかつ、いざという事故にもしっかり対応できるプランがあれば、最も安くてお得な保険と言えるでしょう。



そのような保険を実現するためにはまず、次のポイントをおさえておくことが必要です。


お得な保険プランを実現するためには…
  • 保険内容を見直す前に保険会社を見直す

現在、あなたが加入しているのとまったく同じ内容のプランであるのに、ほかの保険会社では数万単位で保険料が安い可能性があります。別な見方をすれば、同額の保険料なら、より充実した保険にすることだって可能です。

スーパーワンポイント契約中の保険はいつでも解約が可能です。

ただ、問題になってくるのが、いくつもの保険会社に見積もりを作成してもらう手間ひま。4~5万円ほど安くなるから!と言われても、実行するのは大変です…。



そこで役に立ってくれるのが「自動車保険一括見積もり」サービス。これを使えば様々な有名保険会社の見積もり結果を同時に比較し、検討することができます。それも時間はたった3分ほど。



以下が、実際に保険スクエアbang!を試した時の結果です。


見積もり

一括見積もりの結果
  • 【契約中だった保険料】約72,140円
  • 【見積もりの最安値】アクサダイレクト27,620円
  • 【見積もりの最高値】三井ダイレクト損保39,380円

最高値の見積もりであっても、契約中の保険料との差額は3万円以上。最も安い保険料と比較するとなんと今より『44,520円』も安くなります。



これは決して稀なケースではありません。大多数の方が見積もりをすると、現在の保険料の高さに驚く結果となるでしょう。



見積もり額は現在の保険内容、希望条件をもとに算出されますが、保険会社によっては補償内容や特約などの変更を想定したより節約できる保険プランまでも教えてくれます


自動車保険一括見積もりについて
  • 一括見積もりサイトで入力するだけ
  • すべて無料
  • 入力は自動車保険証券の内容・氏名やメールアドレスなど
  • たった3分ほどの入力
  • 入力後、リアルタイムで見積もり比較
  • 営業電話なし!電話のやり取り不要

「自動車保険一括見積もり」サービスを提供するサイトは複数ありますが、当サイトで紹介しているのは信頼性が高いところのみです。



保険スクエアbang!』は株式会社ウェブクルーという大手企業が運営していますし、『インズウェブ』のSBIホールディングス株式会社はソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたものです。



安全に使える便利なサービスなので、使わなければ損!と断言できます。無駄な保険料を毎年支払い続ければ、その金額は数十万、数百万となっていきます。



ぜひ早いうちに、どこよりも安く、どこよりもお得な保険を調べて加入してください。

最後に当サイトがおすすめする自動車保険一括見積もりサイトをランキングで紹介しておきます。どれを使かえばいいか迷った方は参考にしてください。


【編集部おすすめ】日本で最初の自動車保険比較サイト『保険スクエアbang!』

『保険スクエアbang!』
  • 最大19社の見積もりが可能
  • 大手優良企業「株式会社ウェブクルー」が運営
  • 1998年からの実績があって安心して使える

業界トップクラスの利用者数『保険の窓口インズウェブ』

インズウェブ

『保険の窓口インズウェブ』
  • 最大20社の見積もりが可能
  • ソフトバンクグループの金融関連企業が運営
  • 利用者数900万人突破

一目でわかる!参加中の大手保険会社の比較一覧表

参加保険会社 保険スクエアBang! インズウェブ
アクサ損害保険
イーデザイン損害保険
セコム損害保険
ソニー損害保険
チューリッヒ保険
三井ダイレクト損害保険
SBI損害保険
セゾン自動車火災保険
Chubb損害保険 ×
あいおいニッセイ同和損害保険
楽天損害保険
共栄火災海上保険
損保ジャパン日本興亜
東京海上日動火災保険
日新火災海上保険 ×
三井住友海上火災保険
AIG損害保険
全労済 ×
リロケーション・インターナショナル ×
シースタイル ×
福島銀行 ×
神奈川県民共済生活協同組合 ×
Life&Style ×

『保険スクエアbang!』と『保険の窓口インズウェブ』ではどちらも有名どころの保険会社が参加しています。



保険会社は信頼できる一括見積もりサイトでなければ提携しないため、『保険の窓口インズウェブ』と『保険の窓口インズウェブ』が安全な証明であると言えます。



当サイトではどちらの一括見積もりサイトも利用しましたが、見積額に大きな違いはありませんでした。ただ、日本初の比較サイトなので保険スクエアbang!の方が信頼感は上です。



どちらか迷っている方は、保険スクエアbang!を選択すれば間違いありません。


(※SBI損保含む大手損保16社を無料比較)

まとめ

車の運転中

自動車保険の等級が下がる(ダウン)ことを甘く見るのではなく、どのような影響が及ぶかを日ごろから考えると良いでしょう。保険料の支払いができなくなれば、いざというときに必要な保険金を受け取れなくなるかもしれません。

保険を使わない方が良い場合もありますが、いざというときのために備えがあると安心できるのではないでしょうか。使うかどうか判断が難しいときは、保険会社などの相談相手がいることを思い出し冷静に行動できると良いです。

なるべく保険を使わないことが等級を維持する方法となりますが、それ以前に事故を起こさないように安全運転を意識するべきです。自動車保険に加入しているからといって、事故を起こしても良い理由にはならないでしょう。

インズウェブ

自動車保険インズウェブは評判通り?一括見積もりしてみた【体験談】

【体験レビュー】保険の窓口"インズウェブ"は評判通り?実際に一括見積もりしてみた……続きを読む

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る