自動車保険のミカタ

軽自動車

軽自動車の任意保険料の相場が全てわかる【等級・年齢・車種・損保別】

軽自動車の任意保険の保険料の相場はどれくらいなのか。維持費節約のためにも知っておきたい人も多いでしょう。

この記事では軽自動車の保険料の平均相場を等級、年齢、車種など様々なカテゴリーから見ていきたいと思いますが、自動車保険の相場は参考にしにくいものだ、と頭の片隅に入れておいてください。

なぜなら、保険料を算出するとき、等級一つ違うだけでも金額が変動しますし、自動車保険会社によっても3万、4万円の開きがあるからです。つまり、平均相場はない、とも言えるので、個人の設定による現実的な見積もりを知ることが大切です。

保険料を節約したいという人は平均相場をチェックしたのち、無料でできる自動車保険一括見積もりで試算してみてください。今の保険料は損してる!と感じるような、驚くほど安い保険を見つけることができるでしょう。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

【車種別】軽自動車による任意保険の平均相場を比較

軽自動車

最初に、車種別による年間保険料の相場を見てみましょう。

「車種」ごとでどれほど保険料に違いがあるのかということですが、どの軽自動車でも、同条件の設定、同じ保険会社で見積もった場合、保険料は「同額」になります(多少の差が出ることもありますが、著しい差はありません)。

車種 車両保険あり 車両保険なし
スズキ『ワゴンR』 60,700円 26,300円
ダイハツ『タント』 60,700円 26,300円
ニッサン『モコ』 60,700円 26,300円

【条件設定】
年齢:26歳以上 年間走行距離:3000㎞ 運転者限定:本人限定
対人賠償:無制限 対物賠償:無制限
車両保険:あり 等級:10等級 免許の色:ブルー
運転者の年齢制限:26歳以上

つまり軽自動車の場合、保険料を決定するときに車種は関わりがないということです。

これは普通車の保険料で計算材料とされる「型式別料率クラス」というものがないからです。型式別料率クラスとは「車種ごとの事故実績」によって評価付けする制度です。それが「対人賠償」「対物賠償」「傷害(人身傷害・搭乗者傷害)」「車両保険」の4項目の算出に関わっています。

例えば、ある年、E11という型式のニッサン『ノート』が日本中で交通事故や盗難などを多発させたとします。すると翌年、自分がいくら無事故だったとしても、その車種に乗っていたなら保険料は値上がりしてしまいます。

軽自動車には「型式別料率クラス」がないので、車種が保険料に影響しません。そのため、最安値の自動車保険会社を探すのが節約の近道ということです。

スーパーワンポイント軽自動車も、2020年1月1日までに「型式別料率クラス」が導入予定です。

【自動車保険会社別】軽自動車の任意保険の年間保険料ランキング

会社

軽自動車に乗る全ての人に共通した保険料の節約術は「自動車保険会社を乗り替える」ことです。

【条件設定】
年齢:26歳以上 年間走行距離:3000㎞ 運転者限定:本人限定
対人賠償:無制限 対物賠償:無制限 人身傷害:3,000万円
車両保険:あり 等級:10等級 免許の色:ブルー
運転者の年齢制限:26歳以上
弁護士費用等特約など

保険会社名 保険料の概算
アクサ損害保険(アクサダイレクト) 約58,000円
SBI損害保険 約60,000円
チューリッヒ保険 約60,000円
イーデザイン損害保険 約61,000円
セゾン自動車火災保険 約62,000円
ソニー損害保険 約62,000円
三井ダイレクト損害保険 約65,000円
東京海上日動火災保険 約72,000円
AIG損害保険 約73,000円
日新火災海上保険 約73,000円
損保ジャパン日本興亜 約75,000円
三井住友海上火災保険 約75,000円
あいおいニッセイ同和損害保険 約77,000円
共栄火災海上保険 約78,000円
楽天損害保険 約78,000円
セコム損害保険 約80,000円
富士火災海上 約85,000円
全労済 約87,000円
JA共済 約88,000円

この試算はほぼ同条件での見積もり結果ですが、最安値約58,000円、最高値約88,000円と3万円ほどの大きな差額があります。保険会社の選び方で、月々の支払額、ひいては3年後、10年後の出費額は雲泥の差です。

最安値の保険会社を選び、なおかつ、車両保険を外すなど保険プランを調整すればさらに節約することも可能です。また、現在の保険料を払うのであればより充実した補償内容にすることだってできるでしょう。

この表に関して注意してもらいたいのが、どこの自動車保険会社が最安値なのかは個人によって違います。そのため、かならず自動車保険一括見積もりで、比較検討してください。

節約したいなら代理店型からダイレクト型(通販型)の自動車保険に

サラリーマンのスマホ

現在、代理店型の保険に加入しているなら、ダイレクト型の自動車保険に切り替えることをおすすめします。

  • 代理店型=店舗で担当者と対面する契約
  • ダイレクト型(通販型)=ネットや電話で契約

代理店型は店舗を置く一般的な運営方法ですが、自分と保険会社の間に代理店を挟むため、そのコスト分も保険料に含まれて値上がりしてしまいます。

ダイレクト型は自分と直接に保険会社と契約を結ぶため、代理店型と比べて圧倒的なほど保険料が安くなります。

【ダイレクト型】
アクサダイレクト、チューリッヒ、三井ダイレクト損保など

【代理店型】
東京海上日動、AGI損保、三井住友海上など

上の表でいえば、価格の安い上位の保険会社は全てダイレクト型が占めています

ダイレクト型はいざという事故のときに不安をいう人もいますが、テレビCMでもお馴染みのダイレクト型保険はサポート面でもかなり充実しており、よっぽど信頼できる代理店と契約を結んでいない限り、ダイレクト型でも十分に頼りになります。

【等級別】軽自動車による任意保険の保険料平均相場

車保険の見直し

自動車保険会社の選び方が保険料の損得を大きく左右すると説明しましたが、「等級」についてもその影響力はかなり強いです。

「等級(ノンフリート等級)」とは事故歴に応じて保険料を割引ないし割増する仕組みです。1等級~20等級まであり、数字が高くなるほど保険料の割引率が高くなります。

初めて自動車保険に加入すると「6等級」からスタートします。1年間無事故であれば次の年に1等級上がります。

以下は一部抜粋した等級ごとの割引率です。

等級 無事故の割引率 事故ありの割引率
20等級 63% 44%
15等級 51% 33%
10等級 45% 23%
6等級 19% 19%
3等級 ※割増12% ※割増12%

現在の等級が、前年無事故で等級アップした人は左の割引率を、事故によって等級ダウンした人は右の割引率を参考にしてください。

このように同じ等級でも、ダウンした場合とアップした場合では割引率が違うので注意しましょう。

あとで示す等級別の相場表はアップした場合の「無事故の割引率」を条件とした概算です。ダウンした人はそれよりも少し保険料が高くなると捉えて参考に使ってください。

では、等級による保険料の相場を見てみましょう。

軽自動車の自動車保険【等級】による保険料シミュレーション

それでは等級ごとの保険料のシミュレーションを見ていきましょう。以下が条件設定とします。

【条件設定】
年齢:26歳以上 年間走行距離:3000㎞ 運転者限定:本人限定
対人賠償:無制限 対物賠償:無制限
車両保険:あり 等級:10等級 免許の色:ブルー
運転者の年齢制限:26歳以上

等級 車両保険あり 車両保険なし
20等級 39,400円 17,100円
19等級 39,400円 17,100円
18等級 41,400円 18,000円
17等級 43,500円 18,900円
16等級 44,500円 19,300円
15等級 46,500円 20,200円
14等級 48,000円 20,800円
13等級 51,100円 22,200円
12等級 53,100円 23,000円
11等級 56,700円 24,600円
10等級 60,700円 26,300円
9等級 63,300円 27,400円
8等級 69,900円 30,300円
7等級 71,900円 31,200円
6等級 80,000円 34,700円
5等級 86,100円 37,300円
4等級 93,000円 41,000円

この結果は簡略化した計算で、現実の見積もりとは大きくかけ離れている可能性もあります。必ず一括見積もりで試算して、具体的な金額を出してみてください。

もし「車両保険なし」にすれば、20代で等級が低い人でもさほど保険料の高さを感じにくいかもしれませんが、「車両保険あり」にすると金額も大幅に増えてしまいます。節約したい人はこの辺りの設定で悩むのではないでしょうか。

車両保険による保険料の差は大きいけど、車両保険は必要か?

車両保険

車両保険は、契約している車が損害を受けた場合、その修理費用などを補償してくれる保険です。他の車との接触事故だけでなく、当て逃げ、盗難、電柱へ衝突するような自損事故、台風での損害など、様々な場面でカバーしてくれます。

補償してくれる金額は、お持ちの車の時価相当額(今の価値)で設定されるため、例えば10年経過した車の場合などでは、いくら修理費が高くついても、車両保険の補償額は微々たるほどにしか支払われないこともあります。

そうなれば毎月支払っている車両保険ありの保険料はかなり損をしてしまいます。つまり、保険料のコストと補償のバランスがとれるかどうかが、車両保険の必要性のひとつの判断基準となります。

軽自動車でも新車であれば車両保険に加入した方がいい

車両金額

軽自動車も新車の場合には車両保険に加入した方がいいでしょう。

軽自動車は車体が弱く、事故の際に修理不可でローンだけが残ってしまう可能性が普通車と比べて高くなります。想像以上に修理費が高くなってしまうケースも多いです。

おすすめなのは車両保険のプランは免責を「5‐10万円」「10‐10万円」など高めに設定し、

  • 新車1年目~3年目は「一般型」タイプ
  • 新車4年目~5年目は「エコノミー型車両保険(車対車+限定A)」タイプor加入を外す
  • 新車6年目~7年目は基本、加入を外す

といった判断です。

もちろん個人の状況で、新車6年目、7年目でもローン事情などの理由から外さない方がいい場合もあります。

車両保険に加入する人は車両保険のタイプや免責の変更、自動車保険会社の乗り換えでコストカットしましょう。

「等級が低い」「1等級ダウンした」「3等級ダウンした」場合の節約方法

ポイント

まだ若い人だと、いくら無事故で数年乗っていても、等級はそれほど高くないので、保険料の高さに困ってしまいやすいです。また、事故を起こした人で等級ダウンした人も、保険料が上がるのは悩ましいところです。

節約術としてよく耳にするのが、車両保険を外すなどの「補償範囲の見直し」や、運転者の年齢制限などの「条件の変更」などですが、そういう対策をすでにしている人も多いはずです。

誰もができて、そして誰にでも有効な節約方法は先にも触れたように「自動車保険会社を変える」というものです。とくに事故して等級が下がった人はかならず、自動車保険の見直しが必要です。

次の表を見てください。

見積もり

これは実際に当サイトで保険スクエアbang!という一括見積もりサービスを試した時の結果です。
この時に契約中だった保険料は72,140円でした。上の見積もり結果の最高値のものと比較しても差額は約3万円です。これは珍しいケースではありません。
等級は低いけど、どうにか保険料を抑えたい!という人は必ず、一括見積もりで試算しましょう!

【年代別】軽自動車の任意保険の保険料の目安

年代別

最後に年代別での軽自動車の保険料相場を見ておきましょう。

ご存知のように、運転経験の浅い若者のほうが事故を発生させる可能性が高いとされるため、年齢が低いほど、保険料は高く設定される傾向にあります。

【条件設定】
年齢:「21歳~」「26歳~」「30歳~」「40歳~」 年間走行距離:3000㎞
運転者限定:限定なし
対人賠償:無制限 対物賠償:無制限
車両保険:ありorなし 等級:10等級 免許の色:ブルー
運転者の年齢制限:「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」「35歳以上」

年代 車両保険あり 車両保険なし
21歳~ 110,300円 47,800円
26歳~ 66,500円 28,800円
30歳~ 63,600円 27,600円
40歳~ 42,800円 19,500円

40代50代にかけて保険料が格安になるので、今の保険料が高く感じた人は無駄な保険料を支払っている可能性もあります。

上の表では保険内容の「年齢条件」を各年代に合わせて限定しています。年齢条件とは補償する運転者の範囲を年齢によって限定することで割引できる仕組みであり、「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」「35歳以上」といった選択ができます。

こういう細かな条件を調整することでも節約につながります。すでに26歳であるのに、年齢条件を以前のまま「21歳以上」にしているといった状況であれば損してしまうので、保険の見直しチェックはしておきましょう。

自動車保険一括見積もりサービスで月々の保険料を試算しよう

自動車保険一括見積もりの流れ

価格の安さと保険内容の充実がバランスよくとれた、コスパの優れた保険を探したい人はまず「一括見積もり」サービスを使いましょう。

一括見積もりサービスとは、最大20の保険会社の見積もり結果を一括で知ることができます。

  • どの保険会社もほぼ同条件で保険料を算出するため、純粋な比較検討が可能
  • 今の保険プランとは違う見積もりを知りたい場合にも、好きに条件を設定することができる

それもスマホで簡単に入力でき、その時間も5分ほどです。5分後には現実的な保険料を比較できるので、かなり便利ですし、保険会社によってはさらにお得に節約できるプランまでも提示してくれます。

もちろん、スマホの入力だけなので電話などの面倒もありません。

今の保険料よりも3万、4万円ほど安い見積もり結果が出た!ということもざらにある話です。自動車保険のプラン変更や節約を考えている人は絶対に満足すること間違いなしと保証できますよ!

まとめ

軽自動車

今回は軽自動車の自動車保険の平均相場を以下のような分類で紹介しました。

  • 車種別
  • 自動車保険会社別
  • 等級別
  • 年代別

軽自動車は普通車と違って「型式別料率クラス」がないので、車種が保険料に影響しません(軽自動車も、2020年1月1日までに「型式別料率クラス」が導入予定)。

しかし、年齢条件や等級など少し条件の違いでも保険料は大幅に変動することもあります。とくに自動車保険会社によって数万円単位で保険料が異なります。

そのため、ご自身の状況に合った現実的な見積もりを調べ、そのうえで自動車保険会社をどこにするか、補償内容をどのように調整するかを考え、節約しつつも役立つ保険を作りましょう。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る