自動車保険のミカタ

70代男性の運転

70代は自動車保険が値上げ!おすすめの保険と選び方にはコツがある!

70代の自動車保険選びでは補償内容に加えて将来的には免許証の返納を考慮することも必要になります。

60代と比べると…
  • 70代の事故率は5%上昇します
  • 保険料が高くなってしまいます

70代になったら自動車保険一括見積もりで保険の見直しをしてみることをお勧めします。

記名保険者を年齢の低い家族に変更する。廃車予定が近い車なら車両保険をはずしておく。そういった補償内容の変更で、保険料をかなり節約することができます。

一括見積もりなら保険内容の変更前後でどれほど保険料に差が出るのか試算することができます。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

70代の自動車保険(任意保険)の平均相場と目安

お金と電卓で保険の見直し

70代の自動車保険を見直す場合、まずしてほしいのが平均相場の把握です。これまで代理店型の自動車保険を契約してきた方の場合、おそらく自分で相場を把握したことはないと思います。代理店が提示したプランを選んで契約するのが簡単だからです。

ここで知っておきたいのが、自動車保険はどれも同じではないという事実です。自動車保険を販売する損害保険会社は営利企業ですから、互いに競争しています。つまり保険料や補償内容がそれぞれ違い、会社ごとに特色を出しているのです。

そこで平均相場を把握することになるわけですが、70代の自動者保険の相場は60代と比較すると若干高くなります。これは保険料率が上がるからです。

  • 35歳以上補償
  • 普通車
  • 夫婦限定
  • 対人対物無制限補償
  • 人身傷害補償3000万円
  • 車両保険(フルカバー)
  • 日常レジャー使用
  • 走行距離年間5000キロ

上記の条件ですと70歳の保険料は5万円~6万円(車両保険あり)、2.5万円~3万円(車両保険なし)になります。

60代・70代の交通事故発生率

チェックするビジネスウーマン

70代の自動車保険選びでは、なぜ保険料が高齢になるにつれて高くなるのかを把握しておく必要があります。

自動車保険は若い年齢層ほど保険料が高くなるというのは分かりますが、年齢が上がれば経験が増えるから安くなるのでは、と考える人がいるからです。

確かに30代~50代にかけて自動車保険の保険料は割安になります。交通事故率が低下する時期でもあるからです。それが60代後半~70代になると、事故率が徐々に上昇するため、状況が一変します。

数値的に考えると、60代と比較して70代の事故率は5%上昇します。アクセルとブレーキを踏み間違えてしまったという事故も急増していますが、ほとんどは高齢者の判断の誤りに起因しているのです。

70代から保険料は高い

上昇するグラフ

前述の通り、70代以降は交通事故率が増加する傾向がみられるため、自動車保険会社もリスクを考慮し、保険料率を上げています。

つまり70歳以降は保険料が高くなってしまいます。70代の方はおそらく大多数の方が年金生活を送っていますから、死活問題になってくるでしょう。

70代の自動車保険選びでは、保険料の上昇を考慮した自動車保険選びが重要になります。少しでも保険料が抑えられればその分だけ生活を楽にすることができるからです。仮に年間保険料を1万円抑えられたとしたら、それだけでも楽になるはずです。

自動車保険はどれも同じではありませんから、できるだけ自動車保険をよく比較して、ニーズに合ったものを選ぶことが大切です。そうすることで保険料が割安な自動車保険を見つけることもできるようになるでしょう。

70代の自動車保険の見直しポイント

チェックリスト

70代の自動車保険を見直す場合、いくつかのポイントを押さえておくことをお勧めします。自動車保険は上手に契約することで保険料を安くすることが可能です。安くする方法を知らずに契約してしまえばその分だけ損をしてしまいます。

知っておきたいのは、長期先払い契約、契約者の変更、保険会社の見直し、代理店型からダイレクト型への乗り換えです。

70代の自動車保険の見直しポイント一覧

【ポイント1】自動車保険の長期先払い契約

電卓で計算しながらメモをする

70代の自動車保険を割安にするために考慮できる選択肢の一つが、長期契約での一括払いです。自動車保険には長期契約という制度があり、1年契約と比較すると保険料が割安な設定になっています。

かつては10年契約もありましたが、今では平均すると3年契約が一般的です。

長期先払い契約を行うためには、長期契約を取り扱っている自動車保険を契約する必要があります。長期契約が可能なのはすべて代理店型自動車保険です。仮に3年の長期契約を行った場合、1年契約と比較すると3年で2~3000円ほど割安になります。

ただしダイレクト型では長期一括払いが選べないので、保険料を大幅に下げたいという人にはあまりメリットがない方法です。もし代理店型自動車保険を続けたい場合はこの選択肢も考えてみましょう。

【ポイント2】記名保険者を変更する

書類に記名をする

70代の自動車保険を見直す際にできる他の手段として、記名被保険者の変更があります。記名被保険者を変更することで保険料が割安になることがあるので、一度見積もりを出してチェックしてみることをお勧めします。

例えば配偶者が70代に達していない場合、記名被保険者を配偶者に変更することで料率が若い世代のものになります。具体的には60代の料率が適用されることにより、保険料がより割安になるというわけです。

この方法は家族に変更できる場合に限られます。同居している他の家族が契約者よりも若ければ若いほど保険料が割安になるので、試してみる価値は十分にあるといえるでしょう。

【ポイント3】保険会社の見直し

グラフと電卓

70代の自動車保険の見直しで軸となりうるのが保険会社の見直しです。統計的に70代は代理店型自動車保険を契約しているケースが多いです。これは長年代理店型自動車保険を契約してきた背景があり、それに慣れているからでしょう。

もし代理店型自動車保険を契約しているなら、他の自動車保険と比較してみることができるかもしれません。もちろん代理店型同士で比較する方法もありますし、前述のようにダイレクト型に変更する方法もあります。

70代の契約者の場合、20年、30年と同じ自動車保険を契約している場合が多いです。一度他の保険会社の見積もりを取り、今契約している自動車保険と比較してみると、意外な事実に気づかされることが多いと思います。

ダイレクト型自動車保険に入る

フィギュアの車と電卓

70代の自動車保険の見直しでは、保険会社の見直しを検討することの必要性が高いことをお話ししました。他の保険会社と比較する場合、ダイレクト型自動車保険も選択肢に入れてみるとよいでしょう。

ダイレクト型自動車保険は、代理店を介さない直販方式の自動車保険です。代理店手数料が発生しない分、保険料が割安になっています。インターネットを利用できるのであれば、代理店型よりもダイレクト型のほうが断然安くなります。

ダイレクト型への切り替えに不安を感じている場合は、家族に手伝ってもらい、一度ダイレクト型自動車保険の見積もりを取ってもらうことができるかもしれません。見積もりを取るだけでも、年間1万円以上節約できたという声が多くみられます。

天秤

車保険の保険会社(ダイレクト型)と保険代理店(代理店型)の違いとは?

自動車保険会社(ダイレクト型)とは別名通販保険 自動車保険会社のダイレ……続きを読む

自動車保険をやめる場合は中断証明書を取ろう

メモをする職員

70代の自動車保険選びではもしかしたら免許証の返納を考慮し、今の自動車保険を解約することを考えている方もいるかもしれません。70代後半になると判断力はさらに鈍りますから、免許証の返納も考えるのは時の流れといえるでしょう。

もし免許証の返納を機に自動車保険を解約したいと考えているのであれば、その前に中断証明書を発行してもらうことをお勧めします。10年間は今契約している自動車保険の割引等級が維持されるからです。

後になって家族が新たに自動車保険に加入する場合には中断証明書を活用し、譲渡することができます。こうすることで、家族の自動車保険料を割安にできるでしょう。

70代の自動車保険の正しい選び方

調べるサラリーマン

70代の自動車保険を見直す際には、選択方法をしっかり覚えておくことが大切です。70代になると保険料率が上がり、自動車保険料も軒並み上昇します。70歳を迎えていきなり保険料が上がったのを確認しびっくりされる方も少なくありません。

日本は超高齢化社会が進行しています。これからますます高齢者が増加し、交通事故発生率も上昇することが予想されているのです。

注意!

少子化に伴い、若年層の契約者が減少するため、自動車保険の負担はより重くなっていくでしょう。

リスクに対処するためには、事前に防衛策を張り巡らしておくことが大切です。また保険料を割安にするだけでなく、補償もしっかり見極めておきましょう。これらの点で十分な補償を得るために、特約を付帯することも検討すべきなのです。

限られた年金で自動車保険料を支払い続けるためには、必要な補償を厳選し、不必要なものは削り落とさなくてはいけません。そのためにも、今どの補償が必要なのかを吟味し、保険会社を比較して最適な補償を組み立てることが求められるのです。

高齢者だからこそ付帯しておきたい特約

黒板の前にいる先生

70代の自動車保険選びでは特約を付帯して補償を充実させることが大切です。特に判断力が鈍る世代でもありますから、万一の判断ミスによる事故でも十分カバーできる補償を用意しておくようにしてください。

例えば対物補償に対物車両超過修理補償特約は必須の特約の一つです。これは事故を起こしてしまい修理費用が発生した場合、車両の時価を修理費用が上回った場合に、超過分を補償してくれる特約です。

スーパーワンポイント対物車両超過修理補償特約があれば万一判断ミスで事故を起こしてしまった場合でも、自己負担を減らせます。

ほかにも弁護士費用特約は欠かせません。こちらの特約は被害者になった場合に限られますが、弁護士に示談交渉を依頼することで、賠償金を増やせる可能性が高くなります。

弁護士

車保険【弁護士特約】とは?使えない?加入すべき必要性と注意点!

弁護士特約とは?弁護士特約が使える時は『示談交渉』 弁護士特約とは具体……続きを読む

70代におすすめの自動車保険ランキング

表彰台の上に並ぶ数字

70代の自動車保険選びでは自動車保険を比較し、適切な補償を確保することが大切です。自動車保険はどれも同じではなく、それぞれ補償内容に違いがあり、保険料も異なります。保険料が上がる70代はしっかり見極めることが大切なのです。

自動車保険選びは難しいと感じている人も多いでしょう。そのため代理店にすべてを任せてあとはサインするだけという人もいます。しかしこれでは代理店の思うがままに保険を契約させられるため、かえって損をしていることがあるのです。

もちろん良心的な代理店も多いですから、契約者の状況をよく考えたプランを提案してくれるのですが、それでも他の自動車保険と比較してみる価値は十分にあります。

そこでお勧めの自動車保険は次のようになります。

代理店型 東京海上日動
三井住友海上
損保ジャパン日本興和
ダイレクト型 そんぽ24
イーデザイン損保

一括見積もりで自分に合った安い保険を選ぶ

人指し指を立てるサラリーマン

70代の自動車保険選びで一度試してほしいのが一括見積もりサービスです。

一括見積もりサービスとは、複数の自動車保険の見積もりを同時に行い、それぞれを比較して最適なプランを選択するという方法です。

一括見積もりを利用すると、今まで契約していた自動車保険の保険料が高かったことに気づく人が多いです。

無駄な保険料を見直せる!
安くてお得な自動車保険を選ぶなら『一括見積もり』を使え

自動車保険一括見積もりの流れ

無駄をなくした高すぎない保険料で、なおかつ、いざという事故にもしっかり対応できるプランがあれば、最も安くてお得な保険と言えるでしょう。



そのような保険を実現するためにはまず、次のポイントをおさえておくことが必要です。


お得な保険プランを実現するためには…
  • 保険内容を見直す前に保険会社を見直す

現在、あなたが加入しているのとまったく同じ内容のプランであるのに、ほかの保険会社では数万単位で保険料が安い可能性があります。別な見方をすれば、同額の保険料なら、より充実した保険にすることだって可能です。

スーパーワンポイント契約中の保険はいつでも解約が可能です。

ただ、問題になってくるのが、いくつもの保険会社に見積もりを作成してもらう手間ひま。4~5万円ほど安くなるから!と言われても、実行するのは大変です…。



そこで役に立ってくれるのが「自動車保険一括見積もり」サービス。これを使えば様々な有名保険会社の見積もり結果を同時に比較し、検討することができます。それも時間はたった3分ほど。



以下が、実際に保険スクエアbang!を試した時の結果です。


見積もり

一括見積もりの結果
  • 【契約中だった保険料】約72,140円
  • 【見積もりの最安値】アクサダイレクト27,620円
  • 【見積もりの最高値】三井ダイレクト損保39,380円

最高値の見積もりであっても、契約中の保険料との差額は3万円以上。最も安い保険料と比較するとなんと今より『44,520円』も安くなります。



これは決して稀なケースではありません。大多数の方が見積もりをすると、現在の保険料の高さに驚く結果となるでしょう。



見積もり額は現在の保険内容、希望条件をもとに算出されますが、保険会社によっては補償内容や特約などの変更を想定したより節約できる保険プランまでも教えてくれます


自動車保険一括見積もりについて
  • 一括見積もりサイトで入力するだけ
  • すべて無料
  • 入力は自動車保険証券の内容・氏名やメールアドレスなど
  • たった3分ほどの入力
  • 入力後、リアルタイムで見積もり比較
  • 営業電話なし!電話のやり取り不要

「自動車保険一括見積もり」サービスを提供するサイトは複数ありますが、当サイトで紹介しているのは信頼性が高いところのみです。



保険スクエアbang!』は株式会社ウェブクルーという大手企業が運営していますし、『インズウェブ』のSBIホールディングス株式会社はソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたものです。



安全に使える便利なサービスなので、使わなければ損!と断言できます。無駄な保険料を毎年支払い続ければ、その金額は数十万、数百万となっていきます。



ぜひ早いうちに、どこよりも安く、どこよりもお得な保険を調べて加入してください。

最後に当サイトがおすすめする自動車保険一括見積もりサイトをランキングで紹介しておきます。どれを使かえばいいか迷った方は参考にしてください。


【編集部おすすめ】日本で最初の自動車保険比較サイト『保険スクエアbang!』

『保険スクエアbang!』
  • 最大19社の見積もりが可能
  • 大手優良企業「株式会社ウェブクルー」が運営
  • 1998年からの実績があって安心して使える

業界トップクラスの利用者数『保険の窓口インズウェブ』

インズウェブ

『保険の窓口インズウェブ』
  • 最大20社の見積もりが可能
  • ソフトバンクグループの金融関連企業が運営
  • 利用者数900万人突破

一目でわかる!参加中の大手保険会社の比較一覧表

参加保険会社 保険スクエアBang! インズウェブ
アクサ損害保険
イーデザイン損害保険
セコム損害保険
ソニー損害保険
チューリッヒ保険
三井ダイレクト損害保険
SBI損害保険
セゾン自動車火災保険
Chubb損害保険 ×
あいおいニッセイ同和損害保険
楽天損害保険
共栄火災海上保険
損保ジャパン日本興亜
東京海上日動火災保険
日新火災海上保険 ×
三井住友海上火災保険
AIG損害保険
全労済 ×
リロケーション・インターナショナル ×
シースタイル ×
福島銀行 ×
神奈川県民共済生活協同組合 ×
Life&Style ×

『保険スクエアbang!』と『保険の窓口インズウェブ』ではどちらも有名どころの保険会社が参加しています。



保険会社は信頼できる一括見積もりサイトでなければ提携しないため、『保険の窓口インズウェブ』と『保険の窓口インズウェブ』が安全な証明であると言えます。



当サイトではどちらの一括見積もりサイトも利用しましたが、見積額に大きな違いはありませんでした。ただ、日本初の比較サイトなので保険スクエアbang!の方が信頼感は上です。



どちらか迷っている方は、保険スクエアbang!を選択すれば間違いありません。


(※SBI損保含む大手損保16社を無料比較)

まとめ

70代男性の運転

70代の自動車保険選びでは、保険料が割高になることを踏まえて、複数の自動車保険を比較して最適かつ割安な自動車保険を選ぶことが成功のカギを握るようになります。そのために必要な補償をよく吟味することが大切です。

ダイレクト型を含め、幅広い補償を検討することができるでしょう。それに加えて特約についても再吟味して、十分な補償を用意しておけば、万一の際にも自己負担分をかなり減らせるはずです。

そのほかにも一括見積もりサービスを活用し、補償が手厚く、保険料が安い自動車保険を選べるでしょう。さらには免許証の返納を見越して中断証明書を取得することも考慮できます。

人指し指を立てるサラリーマン

車保険の見積もりはキャンペーン時がお得?【プレゼント&特典満載】

一括見積もりキャンペーン一覧表 保険の窓口インズウェブ 保険……続きを読む

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る