自動車保険のミカタ

救急車

交通事故で転院する際の注意点・メリット・デメリット

交通事故で怪我をした場合には、怪我の治療を病院で行います。しかし、その病院が良いかどうかはわかりません。また、事故現場から救急車から運ばれたので、自宅から通院するのが難しいケースもあります。

そんな時に病院を変えたい、と思っても不思議ではありません。ただ一般的な治療とは違うため、相手の保険会社が支払いをしているのに勝手に病院を変わってもいいのかと不安に思う人も少なくありません。

そこで病院を転院できるのかどうか、をしっかりと考えてみましょう。転院先は病院ではなく、整骨院でも大丈夫なのかどうかも解説していきます。病院と一口にいっても様々ですので、自分の有利になるかどうかを考えましょう。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

交通事故の治療先の転院は可能なのか?

診断

前提となるのが、病院を転院するのが可能な点でしょう。結論からお伝えすると、転院するのはいつでも可能です。この時に行うのは、現在通っている病院の主治医から紹介状をもらうことと、相手の保険会社に連絡をすることです。

この時に相手の保険会社からは治療終了を打診されるケースが多いです。しかし怪我の内容であったり、治療の経緯などによっては病状固定にはなりません。被害者とすれば病状固定を打診されると、迷ってしまう可能性も高いでしょう。

しかし、転院を実行することでより良い結果を出すことも可能です。さらに治療終了と言われても、そこで賠償額が決定されるわけではありません。健康保険を使って治療を継続し、その後に賠償額を確定することも可能なので、心配する必要はありません。

転院先は整骨院(接骨院)や鍼灸院も可能

病院を転院すると言っても、その先は整形外科だけではありません。整骨院や鍼灸院などの治療も可能です。1つ注意したいのが、整骨院や鍼灸院を利用するには、医師からの同意を得なくてはいけない点です。

ただ医師によっては整骨院や鍼灸院に転院をして、治療を継続するのに嫌がる人もいます。その点はしっかりと注意しましょう。ちなみに加害者の任意保険会社が認めている場合は、医師の同意がなくても治療費の請求が可能です。

ただ治療費の請求をする時に、認められやすいかどうかの違いがあると覚えておきましょう。ちなみに、整骨院や鍼灸院に通いながら整形外科に通うこともできます。転院を希望するのなら、かかりつけの医師に相談をしてみましょう。

交通事故患者は医師の間で嫌われている理由

話し合い

交通事故の患者は、基本的に医師の間では嫌われているとも言われます。なぜ交通事故患者は嫌われているのでしょうか。その理由としては、手続きが面倒である部分があります。一般的な患者の場合は、請求がそのまま患者にいけば終了です。

しかし交通事故患者の場合は、治療費の請求先でもめることも少なくありません。相手の保険会社がうちに請求をして欲しい、と連絡をしてくれれば問題はないでしょう。ただ、すべてのケースで同じようにはいきません。

また、交通事故患者は相対的に軽く扱われるケースも多いです。重傷であればそうした不安はないでしょう。ですが、軽傷の患者は軽く扱われることも多いのです。

スーパーワンポイントちなみに、弁護士と病院の関係が良くないケースも少なくありません。

近年では弁護士などが交通事故の解決のために、医療現場に踏み込むことが増えました。この時に医療現場の暗黙のルールを破ってしまうことや、第三者の介入を気に入らない医師などが気分を害することが多いのです。

結果的に、医療現場では交通事故の患者が嫌われがちだと言えます。

病院を転院するメリット・デメリット

医師

病院を転院することにメリットもあれば、デメリットも存在します。ただ、自分自身が今の病院をどう思っているのかを、しっかりと考えてみましょう。転院を考えるのなら、様々な理由があるはずです。

その理由はデメリットがあっても、解消すべきものなのでしょうか。またデメリットになる部分を解消する方法があるのか、などもしっかりと考えておくのが重要です。では、病院を転院するメリットとデメリットを紹介していきましょう。

転院するメリット

転院したときのメリットをまとめたので紹介していきます。

1.通いやすさ

転院するメリットの1つが通いやすさでしょう。原則として交通事故の場合は、事故現場から近い場所に運ばれることが多いです。軽傷であれば、自宅近くの病院に通うこともできます。しかし重傷の場合はどうしても、自分では病院を選ぶことができません。

自宅から近くの病院であればいいですが、自宅から離れた場所の病院では通院するのが難しくなります。特に遠方に旅行へ行っていた時、自宅から離れた場所で事故の被害にあった時などが代表的でしょう。

これらの場合、通院しやすい病院に転院することで、大きなメリットがあります。

2.より良い治療を受けられる

指をさす女医

転院先の病院によっては、より良い治療を受けられる可能性があります。病院にも交通事故患者の対応に詳しいところと、そうでないところの2種類があるからです。

また、医師が得意とする治療が、交通事故にあったものかどうかもあるでしょう。また、病院によって設備も大きく異なります。

大きな病院になると設備も整っていますし、より適切な治療を受けることもできるでしょう。ただし、転院先の病院が必ず良いところとは限りません。ですので、転院先はしっかりと考慮しておく必要があるでしょう。

3.診断書の内容がよくなる

書類

交通事故の被害において、医師による診断書はとても重要な位置づけになります。この診断書の内容次第で、どれだけの補償がもらえるか決まるからです。転院することで医師が変わり、この診断書の判断が変わることがあります。

そもそも診断書の内容は、医師によって大きく異なります。協力的な場合は、自分の症状にあわせた後遺障害診断が可能となるでしょう。反対に医師によっては、妥当ではない診断書になるケースになることもあるのです。

特に大きいのは後遺障害等級認定でしょう。むち打ち症など、交通事故の被害では後遺障害が残ることもあります。この時に申請書を提出し、認められなければ保険金が支払われません。そこで診断書がとても重要になってくるのです。

「良い診断書」が書いてもらえるパターン

相談

転院することで、良い診断書が書いてもらえるかもしれません。そもそも良い診断書とは、どんなものなのでしょうか。それは客観性の高い診断書を意味します。

スーパーワンポイント医師の主観や経験から判断した診断書ではなく、事実を事実として客観的に書かれたものが該当します。

そのために必要なのが、検査が重視されると言っていいでしょう。この検査結果のデータに裏付けられた診断書こそが、良い診断書です。これが実現できそうな病院であれば、転院する必要はありません。

しかし、実現できそうにないのなら、転院した方がいいでしょう。検査データを重視するのなら、大学病院や大きな総合病院が良いと思われるかもしれません。

しかし、一概にそうなるとは言えないのです。経験豊富な医師のいる病院の方が、良い診断書を書いてくれる可能性があるのです。

転院するデメリットと失敗するパターン

転院して失敗するパターンもあるので、デメリットを紹介していきます。

転院にかかる全てのストレス

落ち込む男性

転院をする場合にデメリットも存在します。その代表的なものとして、ストレスが増加することがあげられます。転院することで、すべてが上手くいくとは限りません。改善するケースもあれば、反対に悪化する可能性もあるのです。

そのため転院する先となる病院を、しっかりと下調べするのが大切だと言えるでしょう。初めての病院なら、余計にストレスがかかるかもしれません。そのため転院すれば、すべてが良い方向にいくとは限らないと覚えておきましょう。

転院先の病院が良い病院とは限らない

医者

先述した通りに、転院した先の病院が良い病院とは限りません。交通事故患者に対して協力的な病院もあれば、そうでない病院も多いからです。一般的な患者と比較をすれば、交通事故患者は事務手続きに時間もかかります。

さらに自由診療ともなると、保険診療よりも報酬が大きくなるのです。そのため利益を優先する病院もあります。結果的に、協力的な病院でも、内実は利益のためだけというケースもあるのです。そのため病院選びこそが重要だと言えるでしょう。

複数の医師によって同じ診断がされている

相談する医者

転院をする理由の1つに、診断書が良くないとする場合があります。自分では軽傷ではないと考えているのに、医師から軽傷であると診断されるのが代表的なパターンです。ただ、転院すれば軽傷の判断が覆るのかと言えば、そうでもありません。

反対に転院をしたとしても、複数の医師から軽傷だと判断される可能性もあるのです。結果、交通事故の被害者からすれば、とても不利な診断になるでしょう。これは医師が交通事故の患者を、嫌っている側面があることも一因となります。

一度の受診が悪い結果を生むことも

話し合い

医師が作成する診断書は、交通事故の被害者にとって重要なものとなります。しかし、良い診断書が欲しいからといって転院を繰り返すのも、ギャンブルのようなものです。なぜならたった1人の医師の判断が、望まない結果を生むかもしれないからです。

転院をする中で、かかった医師の1人が不適切な判断をしたとしましょう。この医師の判断は残りますので、結果的に後遺障害が認定されにくくなるのです。

転院をすれば、良い結果になることもあります。反面で悪い結果になるケースもあると、覚えておきましょう。

診断書に非協力的な病院もある

さらにデメリットをあげると、診断書を作るのに協力的ではない病院もある点です。病院の医師は交通事故の被害者に対して、協力的ではないケースも少なくありません。なぜなら下手をすると、裁判に巻き込まれる可能性もあるからです。

交通事故はトラブルなしに、収まるケースばかりではありません。示談が長引くこともあれば、裁判にまで発展するケースもあります。そのため病院として表立って口にはできなくても、暗黙のルールとして非協力的なケースもあるのです。

主治医の説得とリスクについて

診断書を作ってもらうとしても、転院をするとしても、主治医を説得する時にリスクが伴うことが多いのです。特に弁護士などの第三者をはさむと、余計にこじれる可能性があります。なぜなら医師にもプライドがあるからです。

特に大きな病院で働いている医師ほど、プライドを高く持っています。医師としては患者に対して、正当な判断をしたと考えているのです。そのため自分の判断を覆されるとなると、いい気分にはなりません。

そのため医師を説得するとしても、100%納得をして行ってくれる人はいないのです。そうした前提を、しっかりと覚えておく必要があります。診断書だけではなく転院をするにしても、リスクを考えた上で説得を行うようにしてください。

注意!

診断書の結果によって、被害の賠償額は数百万円単位で異なってきます。1000万円単位で変わることもあるので、被害者からすれば重要な問題です。そのため説得をするのは、リスクを伴った上で行うものだと認識しておいてください。

良い転院先を探す方法

話し合い

ここまで転院をするデメリットをあげてきました。しかし、デメリットを理解した上で、良い転院先を探すのも重要なことでしょう。

  • 情報収集をしっかりする
  • 医師のレベルを確認する

この2つが大きなポイントになります。情報収集をする時は、口コミなどに頼るのも悪くありません。他にもインターネットを使って、悪評があるかどうかも調べてみましょう。基本的に医師は非協力的なものだと考えた上で、対処をするべきです。

また、病院そのものが交通事故被害者に対して、協力的であるかどうかを考えましょう。いくら医師が優れていたとしても、病院そのものが診断書を作成してくれないのでは、意味がありません。

そのため病院そのものの評判も、しっかりと確認しておきましょう。

治療費打ち切りを言われても転院は有効か?

先生

交通事故の治療は長引くこともあります。短期間で治療できる、もしくは完治までの期間がはっきりしているのなら、治療費の打ち切りが宣告される可能性は低いでしょう。

注意!

反対に、いつ完治するのかわからない症状については、ある程度の期間が過ぎれば治療の打ち切りが宣告されます。

この治療費の打ち切りが宣言された場合、被害者の保険会社が治療費の支払いをするのが終わります。この時の対応としては、病院や医師にかけあって判断を覆してもらうか、自身の健康保険を使って支払いをするかの2つです。

この時に医師の判断などを考えると、転院を考えるのも1つの方法でしょう。自分自身で治療がまだ終わっていないと判断するのなら、継続して治療をすべきです。この時に健康保険を使った支払いをした時、後から相手の保険会社に請求することも可能です。

転院の「2つのリスク」を事前に理解しよう

ペンで説明する女性

交通事故で負った怪我を治療する上で、転院をするのも方法の1つです。しかし、転院をすることで得られるメリットもあれば、リスクを背負うこともあります。

  • 転院が良い結果につながるとは限らない
  • 転院後に病院から手のひらを返される

この2つのリスクは、転院をする上で考えるべきです。逆に言えば、この2つのリスクをクリアできなければ、転院をすべきではないとも言えるでしょう。これらの問題をスムーズに解決するには、弁護士などに相談するのも1つの方法です。

ただし、場合によってはすぐに転院を考えるべきでしょう。特に転院をしないままで、ストレスを抱えるようなら、前向きに考えておいてください。

スーパーワンポイントちなみに、リスクが起こりにくいのは通院距離の問題です。自宅から遠いので近くに転院したい、というのは円満に解決できる理由になります。

まとめ

交通事故で負った怪我を病院で治療する場合、転院をするのも1つの方法です。その理由は様々ですが代表的なものをあげます。

  • 通院に時間がかかる
  • 医師とあわない
  • 病院の対応が良くない

これらの理由があるのなら、転院を考えてみましょう。ただし、転院をするのにメリットとデメリットが存在します。メリットからまとめましょう。

  • ストレスを解消できる
  • 通院時間を短縮できる
  • 良い医師に診断書を書いてもらえる

反対にデメリットもまとめます。

  • 良い病院に転院できるとは限らない
  • 診断書を悪く書かれるリスクがある
  • 病院が手のひらを返すことがある

以上が転院をする時のデメリットです。こうしたリスクがあることを踏まえた上で、転院をするなら事前にしっかりと情報収集をしておきましょう。

上に戻る

ページの上に戻る