自動車保険のミカタ

ストップするサラリーマン

「車のバックライトはすぐ修理しろ!」切れた状態だと違反対象になる

車を運転していると、前を走っている車のバックライトが切れている事に気づくことはあるでしょう。その一方でバックライトは運転している本人はなかなか気が付かないものです。

気づいても片側がついているから大丈夫、と思っている人もいるのではないでしょうか。ですが、バックライトは片側でも切れていれば違反になってしまいます。

ここではバックライトが切れていた場合、どんな違反になるのか、反則金はいくらになるのか解説しています。またバックライトの確認方法や交換費用についても解説しているので参考にしてください。

たった3分で自動車保険が7万円→約3万円に!
安い自動保険を探す方法はコレ

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

車のバックライト(テール・ブレーキランプ)はすぐ修理!違反になる

白バイの後ろ姿

車のバックライトとしてテールランプとブレーキランプがありますが、これらのライトは永久的に点灯するわけではありません。使用頻度にもよりますが、切れてしまうこともあります。

もしもバックライトが切れている場合、後ろの車がブレーキに気づかずに追突してしまったり、暗くて事故を起こしてしまう可能性もあります。

また事故を起こさなくても、バックライトが切れていると道路交通法違反になってしまいます。ただバックライトはなかなか自分では気づきにくいものです。チェック方法としては以下の方法があるので参考にしてみてください。

テールランプ 前照灯をON・OFFして確認
ブレーキランプ① 他の人に確認してもらう
ブレーキランプ② 店舗に駐車して窓に反射させてみる
テールランプ、ブレーキランプ両方 切れる前に交換

切れたままの走行は整備不良で違反点数&反則金

渋滞の起こっている道路

バックライトがくれたまま走行していると、整備不良として警察に止められてしまう可能性があります。そして止められるだけじゃなく、整備不良で違反点数と反則金が課せられてしまいます。

ちなみに普通自動車でバックライトが切れていた時の違反点数と反則金は以下の通りです。

違反点数 1点
反則金 7,000円

たかがこれくらいと思うかもしれませんが、もしこの反則金を期間内に納付しない場合は3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金となってしまうので注意が必要です。

整備不良というと、気づいていても修理しないという箇所もあります。

注意!

バックライトが切れているケースのほとんどは気づかないまま走行していることが多いです。ただいくら気が付かなかったとしても、言い訳にはならないので注意しましょう。

車のバックライトが片側だけ切れている場合

軽自動車

車のバックライトは左右にありますが、ライト自体の平均寿命は同じでも同時に切れることは滅多にありません。そのためバックライトが切れているケースとしては、たいてい片側だけ切れているものです。

両方切れているとなれば、おそらく片側が切れてある程度の期間が経過してもう片方も切れてしまった場合でしょう。片側だけ切れているなら、事故にもなりにくいから違反にはならないだろうと思うでしょうがそうではありません。

道路運送車両の保安基準では、前後左右のライトは両方とも点灯していなければいけないので、片側だけ切れている場合でも違反になります。ですので、バックライトが片側切れていることが分かったらすぐに交換する必要があります。

【車両種類別】バックライトが切れていた際の反則金一覧

車両種別 反則金
普通車 7000円
大型車 9000円
二輪車 6000円
原付もしくは小型特殊車両 5000円

車のバックライトの交換費用

ミニカーと電卓

車のバックライトを交換する際、気になるのはその費用ではないでしょうか。なんとなく高額な費用がかかるのではと思うかもしれませんが、決してそういうことはありません。一般的にバックライトの電球は白熱ランプを使用しているため、高額にはなりません。

ただ新しい車にはLEDを使用するケースもり、それだと若干高くなってしまいます。工賃を含めたバックライトの交換費用は以下の表のとおりです。

  • 白熱電球・LED・電球代
  • 500円程度~3,000円~5,000円
  • 工賃 1,000円程度
  • 合計:1,500円程度~4,000円~6,000円

このように、白熱電球なら工賃を含めても1,500円程度で交換できますので、費用面を気にする必要はありません。

スーパーワンポイントもしバックライトが切れていることが分かったら、早急に整備工場やカーショップなどで交換したほうがいいでしょう。

車のバックライト(テールランプ)の交換タイミング

タブレットとメモ

車のバックライトは自分では確認するのが困難で、気づかないことが多いです。そのため切れたまま走行して安全運転に支障がでてしまったり、警察に止められて反則金を取られてしまうことが多々あります。

一般的に切れたら交換するという人が多いですが、テールランプには寿命があるので、切れそうな時期になったら早めに交換するのが理想です。ちなみにバックライトの寿命は平均で以下の通りです。

白熱電球 約1,000時間から約2,000時間
LED 50,000時間

使用頻度は人によって異なりますので、一概には言えませんが交換のタイミングとしては次のタイミングが望ましいでしょう。

白熱電球 5年から10年
LED ほぼ交換不要

LEDについては、仮に毎日7時間ライトをつけたとしても20年持つ計算ですから、ほぼ交換は不要です。

車保険を使って修理はおすすめしない

ポイント

車のバックライトについてですが、電球が切れていた場合は前述のように数千円、白熱電球なら1,500円程度で交換できます。ただ中には事故により電球だけでなくバックランプカバーまで破損してしまうケースもあるでしょう。

電球だけなら安価な費用で済みますが、カバーまで交換となると片側だけで10万円程かかってしまうこともあります。自動車保険に加入している人なら、それらを修理することも可能です。

ですが、テールカバーとライトを交換するだけなら自動車保険を使うのはあまりおすすめできません。なぜなら、自動車保険を使うと3等級下がってしまうので、その等級にもよりますが総額で10万円から15万円ほど高くなってしまうからです。

ただその他の部位も交換が必要となればもっとかかるので、その際には自動車保険を使いましょう。

まとめ

ストップするサラリーマン

このように気がつかないうちに切れてしまいがちなバックライトですが、放置していると安全走行の妨げになりますし、そもそも警察に止められて違反点数と反則金が課せられてしまうのです。気づかなかったという言い訳も通じません。

バックライトの交換であれば数千円でできますので、もし切れていたなら早急に修理しましょう。また通常は気づかないものなので、電球の寿命が近づいてきたと感じたら、早めに交換するか定期的にチェックしておくといいでしょう。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る