自動車保険のミカタ

トヨタ「ノア」

【2019年最新】トヨタ『ノア』の保険料はいくら?《平均相場一覧》

トヨタのノアは2001年に登場したファミリー層に人気が高いミニバンです。広々とした車内空間を持つだけでなく、自動ブレーキなど安全性能にも優れていますので、家族向けとして評判の高い理由が頷けます。

また、2014年3代目ノアよりハイブリット車も設定されています。ファミリー層が多いため、万が一の事故に備えて自動車保険を充実させておきたい方もたくさんいらっしゃるはずですが、そんな時に気になるのが保険料。

この記事ではトヨタ『ノア』の自動車保険料相場を年代別、車両保険の有無、保険会社別など様々な角度から紹介し、さらには「充実した補償内容と節約した保険料」というバランスよい保険に加入する方法についても解説します。

ぜひあなたにマッチした保険を見つける参考にしてください。

【トヨタノア】の保険料をCheck!!

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

トヨタ『ノア』自動車保険料相場一覧《2019最新版》

wiki「トヨタ・ノア」
(画像出典:wiki「トヨタ・ノア」)

トヨタ『ノア』の自動車保険料の相場をチェックしていきましょう。以下の内容が保険料を試算するための条件になります。

(条件設定)
運転者限定:本人限定 年齢制限:あり(年代に対応)
年間走行距離:5000キロ 免許の色:ブルー
対人賠償:無制限   対物賠償:無制限
車両保険:有or無

なお、等級については年齢によって変更をしています。年齢が増すごとに等級を上げています。

注意!

これはあくまでも概算です。個人の具体的な条件次第で、保険料は大きく変動します。必ず、見積もり試算を出すことをおすすめします。

【年齢別】20・30・40・50・60代のノアの保険料比較相場《見積もり結果》

年代 等級 車両保険あり 車両保険なし
21歳~ 9 155,000円 65,000円
26歳~ 12 78,000円 35,000円
30歳~ 15 66,000円 30,000円
40歳~ 17 55,000円 21,000円
50歳~ 20 25,000円 19,800円
60歳~ 20 31,000円 27,000円

年齢別に見たとき、20代、30代の若い層と60歳以上の高齢層が保険料が高いのが分かります。これは若いの運転歴が浅いので(60代以上はシニアドライバーのため)、事故を起こしやすいと見なされているからです。こういった年代の方は様々なやり方で保険料の節約に努めなければ、なかなか保険が安いとは実感しにくいです。

トヨタの同じミニバンのなかで比べたとき、保険料の相場はエスクァイアよりも低め、ヴォクシーとは同じくらいといったところです。他の車種と比べても、ノアの保険料は際立って高いということもないと言えるでしょう。とはいえ、どの年代でもやはり、「もっと安くならないのかな」と感じるのが自動車保険です。

保険料の節約でまず実行しなければならないのが「保険会社を変更する」ことです。あとで詳しく説明しますが、保険会社を乗り替えるだけでも2万、3万円ほどの保険料を下げることが簡単にできてしまいます。

【車両保険金額の有無別】ノアの保険料比較相場《見積もり結果》

年代 等級 車両保険あり 車両保険なし
26歳~ 12 78,000円 35,000円

車両保険というのは、お持ちの車が破損した場合の修理費などに対する補償です。この試算では車両保険を付けるかどうかだけで43,000円も違ってきます。ただ、安くなるからといって簡単に外していいのか判断しにくいのが車両保険。

外すタイミングとしての一つの目安は、「支払っている保険料と、車両保険の補償額のバランスが悪くなった時」です。極端な例ですが、年間10万円の保険料を支払っているのに、車両保険の補償額が5万円ほどであれば車両保険を付帯しておく意味がありません。

その反対に、新車購入から3年以内の方は車両保険に入る方が無難だと言えます。それ以降の方は保険料とのバランスを考えて外すかどうかを考えるのがいいでしょう。

『一般型』と『エコノミー型』車両保険タイプによる保険料比較

車両保険には2種類あります。一般型とエコノミー型というもので、このタイプを変更するだけでも保険料は変わります。

年代 等級 一般型をつけた保険料 エコノミー型をつけた保険料
26歳~ 12 78,000円 55,000円

エコノミー型は「自損事故や当て逃げ」「自転車との接触」などのケースが補償されないため、保険料が割り引かれます。この試算ではエコノミーにすると25,000円安くなっています。

どちらにするかは運転歴や運転頻度、その人が事故を起こす可能性などを考慮して決めるのがいいでしょう。初心者ドライバーの方などは電柱やガードレールにぶつける自損事故を起こしやすいですから、最初は一般型を選び、何年かしてエコノミーに変更するというのもいいかもしれません。

車両保険の免責金額による差額

車両保険の免責金額の設定を変更することでも、保険料が高くなったり安くなったりします。

免責金額とは事故で修理することになった時、どれだけの金額を自己負担するかという額です。

例えば免責を10万円と設定したとします。修理費15万円だった場合、まずはこちらで10万円を自己負担しなくてはなりません。そして残りの5万円を車両保険で補償してもらうという仕組みです。

以下は一般型の車両保険をつけた保険料を免責金額の設定で試算したものです。なお、免責金額をいっさい負担しない「0-0万円」での保険料を78,000円とします。

ちなみに免責金額の表記についてですが「5-10万円」の場合だと「1回目の事故なら5万円を自己負担、2回目以降の事故なら10万円の自己負担」ということを表しています。

10-10万円 5-10万円 5(車対車免0)-10万円 0-10万円
45,000円 59,000円 61,000円 68,000円

免責金額「0-0万円」で78,000円とした場合、これを「0-10万円」とするだけでも1万円安くなりました(※あくまでも試算です)。免責金額をどの設定にするか悩みどころですが「5-10万円」で設定している人が最も多いそうです。

ただ、気をつけておきたいのは自動車保険会社によってこの値段も様々だということです。例えば「10-10万円」という設定で3社の保険料を比較してみましょう。

A社保険料 B社保険料 C社保険料
45,000円 55,000円 80,000円

もしC社で「10-10万円」を選んだとしても8万円の保険料になります。せっかく自己負担を大きくしているのに、保険料全体は安くありません。一方、A社の場合、月々の保険料はかなり安くなるので、自己負担が「10-10万円」の設定にも納得がいきます。

こういう例からも分かる通り、自動車保険会社の見積もりを比較することはかなり重要です。

同じ補償内容で、どれほど保険料が違うかを見比べるためにも「一括見積もりサービス」で試算してみるのがいいでしょう。一度の申し込みで最安値がどの保険会社か知ることができるので、とても便利です。

【自動車保険別】ノアの保険料相場!最安値はどこ?《見積もり結果》

ここでは自動車保険会社別の保険料を見ていきましょう。

(条件設定)
年齢:35歳        等級:15等級
運転者限定:本人限定   年齢制限:30歳以上
使用目的:日常・レジャー  年間走行距離:5000キロ  免許の色:ブルー
対人賠償:無制限     対物賠償:無制限
人身傷害:3,000万円   車両保険:一般型(5-10万円)
弁護士費用特約

保険会社名 保険料の概算
アクサ損害保険(アクサダイレクト) 60,700円
SBI損害保険 62,000円
チューリッヒ保険 65,500円
イーデザイン損害保険 69,000円
セゾン自動車火災保険 72,000円
ソニー損害保険 73,500円
三井ダイレクト損害保険 75,000円

今このような概算を紹介しましたが、もちろん個人によってどの保険会社が1番安いのかは違います。

ただ、上表の全ての保険会社の料金は他と比べてかなり安いと言えるでしょう。これは、「ダイレクト型保険」と呼ばれるものであるからです。ダイレクト型はネットの申し込みでコストのかからない方式のため、保険料が全体的に低くなっています。

代理店型なら同じ条件で試算すると10万円をゆうに超えることもあるので、保険料を見直したい方はまず「ダイレクト型保険への切り替え」から始めることをおすすめします。

スーパーワンポイントダイレクト型保険も代理店型に劣らず事故対応などのサービスも充実しているうえ低価格なので、近年ではこちらが主流になってきています。

トヨタ『ノア』の保険料を安くするなら”一括見積もり”がおすすめ

自動車保険一括見積もりの流れ

自動車保険料の見直しをする際、必ず使ってほしいのが「一括見積もり」というサービスです。これは本当に便利で役立ちますから、おすすめです。

このサービスを使えば、最大20社の有名保険会社の見積もり結果を一括で知ることができます

  • どの保険会社もほぼ同条件で保険料を算出するため、純粋な比較検討が可能
  • 今の保険プランとは違う見積もりを知りたい場合にも、好きに条件を設定することができる

それもスマホで簡単に入力でき、その時間も5分ほどです。5分後には現実的な保険料を比較できるので、かなり便利ですし、保険会社によってはさらにお得に節約できるプランまでも提示してくれます。

もちろん、スマホの入力だけなので電話などの面倒もありません。結果が送られてきてからも営業電話はいっさいかかってきません。

今の保険料よりも3万、4万円ほど安い見積もり結果が出た!ということもざらにある話です。自動車保険のプラン変更や節約を考えている人は絶対に満足すること間違いなしと保証できますよ!

トヨタ『ノア』の自動車保険(任意保険)に必須の補償内容&特約一覧

サラリーマンのチェック

自動車保険の見直しの際、補償内容や特約の変更についても悩みやすいです。

そこでノアで必須の補償内容や特約、補償内容の付帯率などを今から見てみましょう。

ノアに必須の補償内容は『家族向けのもの』を選ぶこと

加入すべき補償 内容
対人賠償保険 他人を死傷させた場合の補償
対物賠償保険 他人の車やモノを壊した場合の補償
人身傷害保険 自分や同乗者が死傷した場合の補償
車両保険 契約車が事故で壊れた場合の修理代を補償

対人や対物は必ず「無制限」にしておきましょう。この2つは金額の設定を変えてもたいした節約にはつながりませんし、万が一の備えとして無制限にしておくのが妥当です。

一括見積もりサイト『インズウェブ』のデータによると、人身傷害保険は73.8%の人が「3,000万円」、16%の人が「5,000万円」で設定している人が大半です。

この人身傷害保険についてですが、同じような補償範囲の「搭乗者保険」というのがありますので、節約を考えている方は一方を外すなどの見直しをしてみるのもいいでしょう。

搭乗者傷害保険 人身傷害賠償保険
補償範囲 契約の車に搭乗していた全ての人が補償の対象 契約の車に搭乗していた全ての人が補償の対象
車外補償(歩行中・他の車に搭乗中) × 〇(※家族以外は契約の車に搭乗中のみ)
保険金 契約時、症状などで設定された金額が支払われる 実際の損害額が支払われる(通院費、休業損害、精神的損害、葬祭費用など)
支払いタイミング 通院入院の5日経過時点 治療終了後が多いが、示談交渉を待たずに支払われる
金額の上限 症状や部位ごとに補償額が設定されている 3,000万~1億円/無制限

この2つはどちらも死傷した場合の補償になりますが、「歩行中」「他の車の搭乗中」の死傷について大きな違いがあります。

例えばノアに乗るファミリー層の方で、知人の家族と一緒に「知人の車」で出かけることもあるでしょう。その時に事故に遭うと、搭乗者保険の方では保険はおりません。また、歩行中に交通事故に遭ったときも同様です。

搭乗者傷害保険は必ずしも「必須ではない」ので、2つとも付帯している方は片方を抜いた見積もりを試算してみるといいです。

ノアに必須の特約は『3種類』

加入すべき特約 内容
ロードサービス 車のトラブルを対応サポート
個人賠償責任保険 日常の事故でこちらが加害者となった場合の補償
弁護士費用特約 弁護士費用の補償

特約には様々なものがあり、保険会社によっても異なるため、ここでは最低限つけておいた方がいいものだけを紹介します。

この3つのなかでは弁護士費用特約がほんとうに必要か悩みやすいものかもしれません。弁護士にサポートしてもらう事故のケースなどそうあるのか?自動車保険会社がすべてやってくれるんじゃないの?という疑問もあるでしょう。

法律上、自分側が過失割合ゼロの被害者となった場合、契約している保険会社が示談交渉を進めることはできない決まりとなっています。

そうなれば自分だけで相手の保険会社などと交渉しなければなりません。そのため不利な状況になって賠償請求が思うようにいかない可能性も高くなります。

こんな時に役立ってくれるのが「弁護士費用特約」です。自動車保険会社によっては自動付帯されているところも多いです。

トヨタ『ノア』自動車保険の補償&特約の付帯率

補償内容 付帯率
対人賠償保険 無制限:99.5%
5,000万円:0.4%
1億円:0.1%
対物賠償保険 無制限:94%
1,000万円:4%
3,000万円:1.7%
5,000万円:0.3%
人身傷害保険 3,000万円:50%
5,000万円:22%
無制限:19%
なし:5%
1億円:3%
8,000万円:1%
車両保険 一般型:70%
なし:16%
エコノミー型:14%
搭乗者傷害保険 1,000万円:60%
2,000万円:24%
なし:10%
500万円:6%
家族限定特約 夫婦限定特約:40%
なし:36%
家族限定特約:14%
本人限定特約:10%

保険料を左右する車両保険については84%の方が付帯しているようですが、お持ちの車の状態によっては外してしまった方がかなりの節約になります。

車両保険で補償される金額はお車の時価相当額によって決められるので、ノアを長いこと乗り続けていると車両保険の補償額はどんどん少なくなっていきます。

車両保険が役に立たない金額まで落とされている場合には保険料が無駄になります。そのため一度、お持ちの契約書で補償額をチェックしてみてください。

自動車保険料に影響するノアの『車両料率クラス』

サラリーマンのチェック

まずは「車両料率クラス」とは何か?というところから説明します。車両料率クラスとは「車の型式ごとの事故実績によって保険料が変わる」仕組みのことです。

つまり日本中のノアがどれくらい事故を発生させたかという結果が、個人の保険料に影響を与えることになります。そのため、事故の目立つ車種には保険料を高めにかけられることになります。

車両料率クラスの評価項目は「対人賠償」「対物賠償」「傷害(人身傷害・搭乗者傷害)」「車両保険」で、それぞれ1~17の17段階でわりふられます(参照:損害保険料率算出機構「2020年1月1日以降の型式別料率クラスの仕組み」)。

この数値が高くなればなるほど、保険料も割高になります。

損害保険料率算出機構で検索したところ、日産ノートの料率クラスは次のようなものになりました。

日産ノート 型式:E12
(補償内容と料率クラス)
対人:9      対物:7     搭乗者:8      車両:4

17クラスのうち8~9はちょうど真ん中あたりと捉えておいていいでしょう。ノートの保険料は車両保険が4など比較的割安になります。

ではノアを見てみましょう。なお、保険始期2020年1月1日~12月31日の料率クラスです。

ノアの型式 対人賠償責任保険 対物賠償責任保険 搭乗者傷害保険 車両保険
ZRR70W 6 7 7 7
ZRR75W 4 7 3 7
ZRR80W 5 5 7 7
ZRR85W 1 5 7 6
ZWR80W 3 6 7 9
AZR60G 10 8 10 6
AZR65G 5 7 4 5
ZRR70G 5 7 6 6
ZRR75G 1 7 3 7
ZRR80G 3 5 8 7
ZRR85G 5 5 7 7
ZWR80G 7 7 8 9

型式によって当然ばらつきはありますが、全体的に見たとき、それほど数値は高くありません。車両料率クラスによる保険料の影響は少なく、型式によっては割安と言えるでしょう。

あくまでも個人的な見解ではありますが、ノアはファミリーカーとして乗られることが多く、安全運転への意識も高いため、事故発生率も低いのかもしれません。また、安全性能が充実した装備であるのも関係あるのかもしれません。

この型式別料率クラスは1年に1回見直されています。

トヨタ「ノア」の3つの特徴&保険料との関係性

タブレットとメモ

ノアの車両料率は平均的、もしくは低めの数値であると言えそうですが、さらに、保険料の算出の際に割引につながる特徴も持っています。

トヨタ「ノア」の3つの特徴&保険料との関係性

この3つの特徴について見ていきましょう。

ノアのハイブリッドカーはエコカー割引の対象

ノアにはハイブリットカーのタイプもあり、この場合は保険料の割引対象となります。

  • ハイブリット
  • 電気自動車(燃料電池自動車)
  • メタノール自動車
  • 天然ガス自動車

こういった車が「エコカー割引」の対象になります。

ただ、自動車保険会社によってはエコカー割引が実施されていなかったり、電気自動車のみが割引の対象だったりと様々ですので確認が必要です。有名な保険会社のなかで、ハイブリットカーにエコカー割引を適用しているのはおよそ半数の割合です。

割引率についても一様ではなく、例えば損保ジャパン日本興亜は3%割引、ソニー損保では1,000円割引となっています。全体で見ると3~5%割引のところが多いです。

注意!

気をつけないといけないのは、「保険の開始月が車の初年度登録から13カ月以内」などという条件があることです。会社によって「25カ月以内」と期間の長さも一様ではありません。

ノアはASV割引で保険料が安くなる

ASVとは「Advanced Safety Vehicle」のことで、先進安全自動車のことを意味します。衝突被害軽減ブレーキ(AEB)といったシステムが搭載された自動車のことをいいます。

ノアにも自動ブレーキなどの安全運転をサポートする装置が搭載されており、国土交通省認定の「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」です。

これは車の販売から3年間のみ受けられる割引になります。自分が購入し納車してから3年間ではないので注意が必要です。新しいモデルでないと適用されません。割引は9%です。

新車販売から3年間に事故データをためる間はASV割引が適用され、4年目からはその事故実績によって評価される型式別車両料率クラスへと移行される流れです。

ノアは安全システム「Toyota Safety Sense C」を装備

「Toyota Safety Sense C」とはトヨタが提供する衝突回避支援パッケージのことです。簡単に言うと、自動ブレーキのことで、2種類のセンサーによって事故を回避してくれるシステムです。ノアにも装備されています。

このように安全性能の高い車種だと評価されると、事故リスクが少ないと見なされ、保険料の算出の際にも良い影響を与えてくれます。

まとめ

トヨタ「ノア」
(画像出典:トヨタ「ノア」)

今回はトヨタノアの自動車保険料の相場を様々な観点から算出してみました。

安全性能が充実しているうえ、ファミリー層向けで安全運転を心がけたドライバーが多いからか、車両料率クラスも平均的な低さで、保険料も他と比較したとき、それほど高くはありません。

ただ、どの保険に入るかで、数万円単位で年間の支払額が変わってきます。まずは現在の保険料と、他の保険会社の見積もりを比較することから始めましょう。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る