自動車保険のミカタ

スーツ着てスマホをさわる男性

自動車の任意保険の等級はいつ上がる?1年で1等級上がる!

自動車の任意保険の保険料は、契約内容にもよりますがその人の等級によって大きく金額が変わります。等級が高くなればなるほど保険料の割引率が大きくなり、支払う保険料が少なくて済む仕組みです。

等級は新規契約の段階では6等級ですが、保険を使わなければ基本的に1年で1等級上がっていき最高で20等級まで上がります。

ここでは等級の上がり方や効率よい上げ方、逆に下がってしまう条件などをまとめています。その仕組みを良く知っておきましょう。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

自動車保険(任意保険)はいつ上がる?

考えるビジネスマン

自動車保険(任意保険)は『事故を起こしたら保険料が上がる』と思われがちですが、そうではありません。あくまで保険を使った場合のみで、使わなければ毎年1等級上がります。使った場合、どのタイミングで上がるのでしょうか。

1年無事故なら1等級上がる

自動車保険の等級は、1年無事故なら1等級上がると言われます。ではどれくらいの事故まで無事故になるのかと思うでしょう。これについては明確に言えば事故の有無ではなく、保険を使ったか使わずに済ませたかによります。

仮に事故を起こしてしまい、修理費用その他すべて保険を使わずに支払いを済ませたという場合には保険上は1年間無事故という扱いで1等級上がります。逆に擦り傷程度でも保険で支払えば事故扱いで等級は上がりません。以下が主なケースです。

車と車の事故で修理費を保険で支払った 3等級ダウン
人身事故で相手の治療費を保険で支払った 3等級ダウン
どんな事故でも保険を使わず自費で支払った 1等級アップ
飛び石などでフロントガラスの交換を保険で直した 1等級ダウン
自損事故で車の修理費用を保険で支払った 3等級ダウン

などです。ただし保険を使ってもカウントされないノーカウント事故などもあるので、知っておくといいでしょう。

車保険の見直し

等級によって割引率は変化する!自動車保険の等級別料率制度【一覧】

車保険はノンフリート等級別料率制度で割引率が変化する そもそも自動車保……続きを読む

1等級上がる場合、保険料はどのくらい違うのか?

相談するスーツの男性

1等級上がると保険料の割引率が高くなるといいます。では実際に1等級上がった場合、しはらう保険料はどれくらい変わるものなのでしょうか。保険会社によっても若干異なりますが、おおよその目安を知っておきましょう。

事故あり・なしの場合で等級による割引率が異なる

自動車保険の保険料は等級によって割引率が異なります。等級が上がれば上がるほど割引率が高くなっていきますが、実は事故ありと事故なしの場合でも割引率が異なります。おおまかな割引率は次の項目の通りです。

事故無と事故ありでは最大で20%以上もの割引率に差が出ます。

スーパーワンポイントちなみに6等級以下だと事故の有無は保険料に関係ありません。

保険会社の等級の割引目安(一覧表)

等級 無事故の場合 事故有の場合
1等級 約60%割増
2等級 約30%割増
3等級 約10%割増
4等級 数%割引
5等級 約10%割引
6等級 約20%割引
7等級 約30%割引 約20%割引
8等級 約40%割引 約20%割引
9等級 約40%割引 約20%割引
10等級 約45%割引 約20%割引
11等級 約50%割引 約25%割引
12等級 約50%割引 約30%割引
13等級 約50%割引 約30%割引
14等級 約50%割引 約30%割引
15等級 約50%割引 約30%割引
16等級 約50%割引 約40%割引
17等級 約50%割引 約40%割引
18等級 約50%割引 約40%割引
19等級 約60%割引 約40%割引
20等級 約60%割引 約40%割引

自動車保険(任意保険)の等級が下がる場合

黒板に書かれたポイント

自動車保険の等級は上がるだけでなく下がるケースもあります。下がる等級は事故の状況によって異なり、最大で1回の事故で3等級下がってしまいます。ただ1等級ダウンの事故や事故にカウントされないノーカウント事故もあります。

3等級ダウン事故

自動車保険の等級が一番多くダウンするのが3等級ダウン事故です。以下が主な事故のケースになります。

  • 車と車の事故で相手の車の修理費や治療費を保険で支払った
  • 自損事故で自分の車の修理費を保険で支払った
  • 自損事故で壁やガードレールなどの物の修繕費用を保険で支払った
  • 人を轢いてしまい、その治療費を保険で支払った

などです。主に対人賠償保険、対物賠償保険、車両保険を使用した場合に当てはまります。ただ事故によっては比較的お金がかからずに済むケースもあります。3等級ダウン事故でも自費で支払えば、等級は下がることはありません。

たいていは3等級ダウン事故は数十万円、数百万円かかることもあるので、保険を使ったほうが安心でしょう。

1等級ダウン事故

重要

事故で保険を使ったとしても1等級ダウンで済む事故もあります。以下が主な1等級ダウン事故になります。

  • 他の車や壁に衝突した以外の火災や爆発
  • 飛び石や飛来物による窓ガラスの破損
  • 車上荒らし、盗難
  • 落書きやイタズラ
  • 台風、洪水、竜巻、高潮など

などです。主に自分に故意や過失がない状況で自動車保険を使わなければいけない事故になります。これも事故の程度によって修理費は変わってきますから、少額なら1等級下がるよりも自費で支払ったほうがいいというケースもあります。

基本的に1等級ダウン事故でも、保険を使わなければ翌年度は1等級アップするので、実質2等級差が出ます。

注意!

事故ありだと、1年だけとはいえ割引率も悪くなります。トータルで比較すると3万円から6万円ほどの差がつくこともあります。

ノーカウント事故

赤い車の絵とサラリーマン

基本的に保険を使えば翌年度の等級は3等級もしくは1等級ダウンしてしまいます。ですが、保険を使っても等級が下がらない、厳密に言えば事故として数えないノーカウント事故もあります。

これなら使っても翌年度は等級が1つ上がります。保険会社によってノーカウント事故はいろいろですが、主なノーカウント事故は以下の通りです。

  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害特約
  • ファミリーバイク特約
  • 弁護士特約
  • ロードサービス特約
  • 自転車賠償特約
  • 車内外身の回り品特約

などです。自動車保険に加入するとさまざまな便利な特約が付いている場合が多いです。これらはノーカウント事故に相当するものが多く、上手く使えばとても便利ですのでよく確認しておくといいでしょう。

まとめ

スーツ着てスマホをさわる男性

自動車保険の等級は保険料の割引率に大きく関わってきます。たかが等級がダウンするだけと思って気軽に使ってしまうと、保険料が思った以上に高くなってしまうことも考えられます。3等級ダウンすればトータルで10万円近く差が出ることもあります。

また事故ありだと同じ等級でも割引率に差が出るので、その点もよく検討したほうがいいでしょう。また保険を使うにしても1等級ダウン事故やノーカウント事故などもあるので、その点もよく知っておかないといけません。

万が一の時に備える自動車保険ですが、やはり大きな出費であることは間違いありません。少しでも安く済ませるためには等級が下がらないように安全運転を心がけましょう。

また等級は保険会社を変えても継続するので保険会社選びで安くする方法も考えるといいでしょう。

おもちゃの車とお金

自動車保険『一括見積もりサービス』とは?【メリット・デメリット】

自動車保険の一括見積もりサービスとは? 一括見積もりサービスでは、以下……続きを読む

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る