自動車保険のミカタ

オフィス

マイカー共済と自動車共済とは?利用しておいたほうが安心で安全?

せっかく買った自動車に傷がついてしまったり、交通事故に巻き込まれてしまったときその損害を補償するのが自動車保険です。自動車保険には最低限の補償のための自賠責保険と、自賠責保険では補えないところをカバーする任意保険があります。

任意保険は主に、代理店型保険と直接保険会社とコンタクトをとるダイレクト型の保険があります。実は保険以外にもう1つ手段があることを知っていますか?保険以外で自動車事故による損害を補償してくれるのが、自動車共済です。

マイカー共済など聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?自動車保険と同じように自動車共済もまた様々な種類があります。ここでは自動車共済の特徴や種類、自動車保険との違いや両者のメリットとデメリットを確認しましょう。

たった3分で自動車保険が72,140円→27,620円に!
同じ保証内容で安い自動保険を探す方法とは?

あ〜。だれか助けて。自動車をローンで購入したら自動車保険の支払いが毎月高くて家計が圧迫されて大変だよ。

自動車保険会社はたくさんあるんだ。同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。私はこういった人をたちを救いたいんだ!ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それは保険スクエアbang無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ!

複数の保険会社から届いたハガキ

運営チームも数名試した結果、同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。中には5,0000円以上も安くなった人まで。

同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません!

保険スクエア!bangなら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。(※2019年現在400万人利用)

無料一括見積もりはこちらから

そもそも自動車共済とは何なのか?

パソコン

自動車共済が自動車保険と同じように、交通事故などによって発生した損害を補償してくれることはわかりました。それなのになぜ、保険と共済は区別されているのでしょうか?自動車共済について、もう少し詳しく見ていきましょう。

自動車保険を運営している、販売しているのが保険会社ならば、自動車共済制度を運営しているのは経済産業省の認可を得た共同組合です。

自動車共済制度は、経済産業省の認可を得た協同組合で運営され、中小企業者の保有する自動車の事故にかかる共済事業を行い、組合員、ご契約者の皆様が自動車事故を起こした場合に共済金をお支払いする制度です。

スーパーワンポイント中小企業の保有している自動車事故における事業を展開し、有事の際に共済金を支払う制度を自動車共済制度と言います。

組合の事業地区内に属する中小企業者等の中で自動車を所有している人ならだれでも加入でき、またその家族も利用できるのが特長です。そもそも共済とはある特定の職業や地域などの団体に限定した人を対象にしています。

一方、保険は法律に基づき認可を得た保険会社が扱うものなので、共済とは根本的な違いがあります。

共済の範囲は特定の地域や職業ではありますが、ハードルが必ずしも高いわけではありません。出資金や組合費の支払いによって共済の組合員になれる可能性もあります。

自動車保険と自動車共済の違いについて

グラフ

自動車保険も自動車共済も名前は聞いたことがあっても、何が違うのか分からない人もいるでしょう。ここでは自動車保険と自動車共済の違いについて見ていきます。

自動車共済と自動車保険は交通事故などの万が一に備えるという点においては、同一の性質を持っています。

定期的に掛け金、保険金を支払い続けリスクにあったときに共済金、保険金を受け取るのが一般的な両者の仕組みです。しかし保険金が保険会社の営利目的を満たすための商品とするならば、共済は生活協同組合による営利を目的としない補償商品です。

スーパーワンポイント元々は保険の仕組みを応用しており、組合員による相互の助け合いで補うのが共済による補償制度です。組合員一人一人の支払った掛け金を集め、もしもの時のリスクによって負ってしまった経済的な損害を補いあうのです。

保険が自分一人で金銭を支払い自分のために備えるものとするならば、共済はいわば、みんなの不安にみんなで備える助け合いと言えるでしょう。

共済と保険では根拠となる法律が異なる

判決

生命保険、損害保険など保険会社は保険業法を根拠法にしています。一方で共済の根拠法は多くの種類があり一つではありません。例えばJA共済は農林共同組合法に基づき、農林水産省が監督官庁となっています。

全労済や県民共済、CO・OP共済は消費生活協同組合法を根拠法にして監督官庁は厚生労働省です。全労済の自動車保険をマイカー共済と言います。同じ共済でも根拠となる法律が違うのが分かるでしょうか?

また保険会社の監督官庁は金融庁ですが、共済の場合は農林水産省や厚生労働省など各共済で異なる監督官庁になります。また保険会社における保険契約者保護機構のような、補償を支払う団体が破産したときの受け皿となるようなものがありません。

各共済の根拠法と監督官庁一覧

チェック

共済というものは数多く存在します。

共済の種類一覧
  • 火災共済
  • 生命共済
  • 傷害共済
  • 自動車共済
  • 年金共済

大まかに見てもこれだけの共済の種類があります。また共済実施組合は主に5つに分かれます

共済実施組合の種類一覧
  • 事業協同組合
  • 漁業協同組合
  • 生活協同組合
  • 農業共済組合
  • 農業協同組合

これらが共済を実施する主な組合です。さらにこの共済のもと会員団体というくくりに分かれます。

共済を実施する主な組合一覧
  • 全労済
  • 生協全共連
  • 日火連
  • 中済連
  • JA共済連
  • JF共水連
  • 全自共
  • コープ共済連
  • 防衛省生協

以上の共済の中でもマイカー共済などで有名で大きな自動車共済がJA共済、全自共、全労済です。

ここの根拠法や監督官庁は重要なので共済を検討している場合は覚えておきましょう。

JA共済 農林共同組合法 農林水産省
全自共 中小企業等共同組合法 経済産業省
全労済 消費生活協同組合法 厚生労働省

左から共済名、根拠法、監督官庁となります。

自動車保険と自動車共済のメリット・デメリット

メリット・デメリット

ここまで自動車保険とは何か、自動車共済は何かについて見てきました。自動車保険は個人の掛け金に対し個人が補償を得るものですが、自動車共済はみんなで出し合った掛け金で誰かの損害を助けるものです。

自動車保険と自動車共済の簡単な特長はつかめたでしょうか?さらに自動車保険と自動車共済のメリットやデメリットを見ていきます。参考にして、どちらの補償が自分に適しているのかを考えましょう。

自動車保険のメリット・デメリット

相談

自賠責保険と任意保険がありますが、任意保険について見ていきましょう。任意保険ダイレクト型保険と代理店型保険の2つになります。代理店型保険は保険会社と契約者の間に代理人が介入する保険です。

代理店型のメリットは対面で直接保険に関することを、担当者に質問できる点でしょう。保険などの知識に乏しい人でも専門家からアドバイスを受けられ、さらに面倒な手続きも担当者が行ってくれます。

しかしその分仲介等で保険料が高めになってしまい、負担が増えます。さらに保険会社同士の比較がしにくいため、保険料が高くなりがちというデメリットがあります。一方ダイレクト型保険では仲介業者はありません。

スーパーワンポイント契約者と保険会社が一対一で手続きをするため、仲介料の負担額がなくなります。またダイレクト型保険は比較して安い保険を選ぶことができます。しかし担当者と対面して相談やアドバイスをもらうことができません。

申し込みは基本インターネットや電子メール、電話を用いて行うため初心者には難しいかもしれません。さらに事故時に担当者が駆けつけてくれないケースもあり、代理店型のような手厚いサービスを受けることができないのがデメリットでしょう。

このように自動車保険は加入する保険がダイレクト型か代理店型かでメリット、デメリットが変わります。また自動車保険全体としてみたときのメリットは、保険会社などが破産したときのセーフティネットがある点でしょう。

さらに保険会社の変更がしやすいのも利点です。しかし自動車共済と比べて保険料が高いという事が、デメリットと言えます。

歴史

全ての始まりはここから!自動車保険の歴史から紐解く【徹底解説】

自動車保険の歴史を辿るとわかる 自動車保険が日本で初めて登場したのは2……続きを読む

自動車共済のメリット・デメリット

話し合い

自動車共済は、被害者を保護する観点から保険を元に考えられた任意の補償です。一見共済と保険は同じように見えますが違いがあります。それは目的です。

スーパーワンポイント自動車保険が利益の獲得を目標としていることに対し、自動車共済は営利目的ではなく相互扶助を目的としています。

自動車共済で有名なのがマイカー共済です。マイカー共済は通勤や通学、レジャーの際など多くの場面での事故を補償してくれる共済で、2016年には215万件以上の契約数となっています。

マイカー共済は全国に77か所で展開しており、事故の発生から事故後の対応も親切に行います。事故の受付も24時間365日対応しており、連絡があれば全労済より委任されたスタッフがサポートを行います。

他にも賠償問題に発展した場合示談対応サービスもしてくれるため、共済に加入した後も安心できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

スーパーワンポイントあくまでも自動車共済は営利目的ではありません。よって自動車保険に比べて掛け金、保険における保険料の支払い額が安くなります。

厚いサポートと安い保険料は、自動車共済の大きなメリットと言えるでしょう。一方で補償額が少ないというデメリットがあります。自動車共済は保険より割安のため最低限の補償しかしてくれません。

またセーフティネットの規模が小さいのもデメリットです。もし中小の共済が破綻してしまうと補償を全く受けられなくなってしまいます。共済によっては破綻によるリスクを軽減、回避する方法をとっているところもあります。

共済に加入する際には、そういった補償も充実しているかどうか見極めましょう。

共済も自動車保険の等級の引き継ぎが一部可能

ペンで説明する女性

既に自動車保険に加入している人が自動車共済への加入を考えた場合、気になるのが等級の引継ぎです。

自動車保険にはノンフリート等級制度という個人の評価基準があり、事故を起こして保険を利用した回数がその加入者の信頼度、もしくは危険度となります。

そのため次年度への移行時に等級によって保険金が割引、割増されます。結論から言うと共済と保険会社の間で等級の引継ぎはできます。

注意!

しかし、すべての共済とすべての保険会社の間で成立するわけではありません。

保険会社によって等級の引継ぎの有無があり、例えば全労済や共済連、全自共や教職員共済などです。これらを見る限り比較的有名で大きな規模の共済なら、保険会社の自動車保険に加入していたとしても等級の引継ぎができるところが多いです。

しかし等級の引継ぎができる共済は、保険会社によってできるところとできないところがあります。加入時に等級の引継ぎを検討している人は、直接共済や保険会社に確認すると良いでしょう。

等級が引き継ぎできる共済一覧

・JA共済

全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)下記の共済
  • 電気通信産業労働者共済生活協同組合
  • 日本郵政グループ労働者共済生活協同組合
  • 全国交通運輸産業労働者共済生活協同組合
  • 全国森林関連産業労働者共済生活協同組合
  • 全日本たばこ産業労働者共済生活協同組合
  • 全日本水道労働者共済生活協同組合

・日火連(全日本火災共済協同組合連合会)

全自共(全国自動車共済協同組合連合会)
  • 北海道自動車共済協同組合
  • 東北自動車共済協同組合
  • 関東自動車共済協同組合
  • 中部自動車共済協同組合
  • 近畿自動車共済共同組合
  • 西日本自動車共済協同組合

※引き継ぐ際には事前に引き継ぎ可能か、等級などについて取扱いが異なるところはないか確認をしてください。

※等級が引き継ぎできる共済一覧は『ALLAboutマネー「自動車共済と自動車保険は何が違う」』を参考にさせていただいています。

保険から共済に乗り換えるメリットは小さい

電話する男性

自動車保険から自動車共済へ乗り換える際に注意しておきたいのが、ノンフリート等級の存在です。ノンフリート等級は保険加入者の保険利用回数などを元に加入者の保険料を増減します。

例えば事故が多く、保険の利用回数も多い人は保険料を増やします。保険会社から見ると支出が保険料を上回るのは痛手です。

スーパーワンポイントつまり事故率、保険利用率が高い人には保険料を上げ、反対に事故率と保険利用率が低い人は保険料が下がるようになります。

こういった等級が自動車保険から自動車共済への乗り換えの際に評価の基準を変えられる、または割引だけでなく等級そのものも意味をなさなくなる可能性があります。そのため、自動車保険から自動車共済への乗り換えはメリットが小さいのです。

一括見積もダイレクト型(通販型)は保険料が安い

グラフメモ

有事の際に補償となる金額が欲しい、しかし掛け金は可能な限り低く抑えたい。そんな人におすすめなのはダイレクト型の自動車保険です。ダイレクト型の自動車保険は、自動車保険の中でも保険料が安めになっています。

安いのは、加入者と保険会社の間に仲介者が入らないからです。

スーパーワンポイント本来の保険料は主に純保険料と付加保険料で構成され、純保険料は契約者に払う保険金を払うための積立金にも似たような保険料です。

一方付加保険料は広告費、代理手数料、人件費、店舗経費など主に保険会社側の運営に関係する保険料です。ダイレクト型保険はインターネットを通じて直接保険会社とやり取りをするので、代理手数料や店舗維持費などが保険料から削れます。

また一括見積もりサービスというものがあり、会社や内容を一括で比較、確認ができるためさらに安い保険を探すことができます。さらに無料で使えるため確実に保険を安くする、それが一括見積もりサービスのダイレクト型保険料です。

まとめ

グラフ

マイカー共済や自動車共済など名前は耳にするものの、実際にはよくわからないという事が多いでしょう。実際に共済の仕組みは保険とほぼ変わらず、有事の際に備えて掛け金を払い、交通事故など損害を補填するために用いるというものです。

しかし、自動車保険と自動車共済には決定的な違いがあります。まず根本とする法律や監督官庁が違います。そのため考え方も大きく異なります。保険会社が保険業法に則り、営利目的で保険商品を販売するのが自動車保険です。

一方、自動車共済はあくまでも相互扶助を目的としている非営利団体の共済です。自動車保険のメリットはセーフティネットの充実と等級の引継ぎです。保険会社の破産という最悪の事態を防ぎ、また事故率や保険利用回数によって割引も望めます。

自動車共済のメリットは、自動車保険の保険料に比べ掛け金が安くなるところです。反対に自動車共済のデメリットは、規模の小さい共済組合の信用ができないという点でしょう。

注意!

小規模共済組合の場合は乗り換え時の等級が引き継げないことがあります。

そのため比較的掛け金を少なくした上で信用の面でも安心したいなら、自動車保険のダイレクト型に一括見積もりサービスを使うことをお勧めします。様々な保険会社や内容の保険を一括で見比べ最安値のものを探すことができます。

保険には個人の適性があるので、自分に合ったものを探したいなら一括見積もりサービスを無料で利用してみましょう。

あなたにぴったり合う
『安い』自動車保険を探す方法

保険bang

自動車保険に入る時に一括見積りを利用した所、同じ保障内容で、保険料が72,140円⇒27,620円と44,520円円も安くなりました。

無料一括見積もり『保険スクエアbang』では最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。時間もたったの3分♪

既に400万人以上が利用し、保険料の節約に成功しています!

わずか3分で無料一括見積もり
保険スクエアbangはこちら

失敗しない!
愛車を一番高く売る方法

車を高く売りたいときは無料一括査定がおすすめです。編集部所有の日産ノートを売却する際に複数の車買取会社から査定を受けた所、一番高い会社と安い会社(ディーラー)で査定額が,16万8000円もの差になりました。

買取価格が増えたため、車買い替えの購入代金も大幅に節約♪一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定が受けられます。

申込は45秒で終わり、すぐに高価買取店が分かります。加えて申し込み直後に愛車の相場がすぐに分かるので大変便利ですよ!

かんたん45秒で無料一括査定
かんたん車査定ガイドはこちら

上に戻る

ページの上に戻る